ダイユウサク単語

ダイユウサク
6.4千文字の記事
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

エンドマークに向けて

果断が笑顔につながり
自信はに流される
ふと舞い込む幸運
あるいは突然の失意

約束された未来など
どこにもない
シナリオは常に書き換えられ
予定調和は崩される

どんなエンディングでも
受け入れる準備はあるか?

JRA「名馬の肖像」ダイユウサクexit

ダイユウサクとは、元日本の競走馬種牡馬である。

1991年有馬記念で14番人気ながら1番人気メジロマックイーン以下を退け、脅威のレコードタイム勝利したである。その後全く勝てなかった事から「世紀の一発屋」「史上最強一発屋とも称される。

齢は特に記載のない限り旧表記です。

概要

誕生日を見ると南半球産?と一見紛うほど、競走馬としては異例の遅生まれである。当然、同期たちにべてその分だけ成長が遅く、そこから起因する虚弱体質故に、成長するまでろくに調教でも追えなかったと言う。87年12月東の内藤厩舎に入厩するが、ニノキヨコを担当していた内藤調教師は、ダイユウサクの体つきと大人しすぎる性格から、タイトルを取るのは理だと、半ばあきらめていた。

競走馬登録された当初は馬主橋本の孫・幸作(3人の孫の中で一番喧嘩が強かったらしい)から名をとって「ダイコウサク」と命名されるはずだったが、内藤師が字を読み違えて「ダイユウサク」となってしまった。名変更も出来たが、その後のあまりの惨敗続きに変える事が出来なかったという。

1988年:虚弱児の悲哀

デビューは遅れに遅れて4歳の、88年10月30日。中央開催場の未勝利戦なんてとっくに終わっており、1勝クラスレースに出て1着から13遅れの大惨敗である。

当時は10月11月福島競馬場で、まだ勝ちを上げていないの救済的で1日のどのレースが4歳未勝利戦という開催が開かれていた。一縷の望みをかけてここに臨むものの、そもそもここに出るような的にかなり厳しいばかりというのに、そこでも1着から7.3遅れの惨敗だった。

体が弱すぎて障害競走への転向も理、橋本オーナーを持っている地方愛知競馬への移籍も獲得賞がないのでそもそも理。さすがにこれはどうしようもないと「乗への転用(という名の何か)」が持ち上がってくるが、内藤師は「体調さえ整えばが出せるのでは」と判断し、現役続行となる。とはいえ、ろくに調教もできず、騙し騙し走らされる虚弱児を担当したがる厩務員はもおらず、最終的に未勝利に担当していた若手・平田修に押し付けられる形となった。

1989年:ユウサクがんばる

5歳になってもダイユウサクは四苦八苦していた。小倉競馬場への出発日に熱を出して遠征中止になったり、追い切りで900万円以下の条件に先着したと思ったら中京競馬場での本戦でソエを発症、惨敗したり。しかしとうとう、4月16日の5戦で未だ未勝利ながら1勝クラスの競争で初勝利し、周囲の期待に応える。枠連3万1640円もついた。

ここからまともに走り始めるようになり、阪神の芝1200mのコースレコード更新するなど、半年で9戦して5勝2着2回4着1回で準オープン入り。掲示板を外したのは格上も格上のG2・高松宮杯で、そこでも11頭中7着だから恥ずかしい走りをしていない。なお、5月京都5歳400万下では初めて熊沢重文が騎乗し、以後の騎手として多くの競争を共に走ることになる。

準オープンでも好走を続け、結局この年は3月から12月までの10ヶ間を休むことなく16戦も走った。までは相変わらず脚部不安と隣り合わせだったが、当時導入が始まっていたプール調教が功を奏したのである。賞だけで7000万円も稼ぎだし、その他の手当などを含めれば購入費や厩舎への預託費くらいは軽く元をとった。つくづく引退させずに良かった。

1990年:いけいけユウサク

年が明け、疲れを取るために半年間の休養を入れるが、6月に復帰した後も好調は続いた。格上挑戦となる重賞でも好走し、その流れで条件戦ムーンライトハンデキャップ(村本善之が騎乗)を制して、遂にオープンに出世したのだ。

GI初挑戦となった天皇賞(秋)は6着のオグリキャップ(ちなみに同期である)に半身差と迫る7着。前年までの状態と相手の量を鑑みれば善戦と言っても過言ではない。後は上が熊沢騎手に戻り、トパーズステークス飛鳥ステークスとオープン特別を2連勝している。

5ヶ間で7戦走って3勝3着1回4着2回、獲得賞7500万円と前年をえた。なんという孝行息子。既に黒字ではあったが、内藤師は橋本オーナーに現役続行を申し出、オーナーもそれを承諾した。

1991年:絶頂期

7歳になると年明けの金杯(西)一番人気快勝、重賞を初制覇する。このレースではメジロマーシャスも抑えている。続く産経大阪杯ではホワイトストーンの2着に入るが、裂蹄のため約半年の休養を余儀なくされる。

9月に復帰し、朝日チャレンジカップで7着、京都大賞典で5着に入った後、スワンステークスではこれまでの好位~中団からの競馬ではなく、思い切った後方待機策を取ると鋭い末脚を見せ、4着に食い込んだ。GI2戦となったマイルチャンピオンシップでも、ダイタクヘリオスダイイチルビーケイエスミラクルなど強メンバーの中で初のGI掲示板確保となる5着に食い込んだ。

マイルCSの好走を受け、平田厩務員と熊沢騎手スプリンターズステークスへの出走を希望したが、内藤師は「ここで1つオープン戦を勝てば有馬記念推薦で出走出来るのでは……」と考え、マイル戦の阪神競馬場新装記念に出走させた。この当時、有馬記念は出走登録したのうちファン投票の上位10頭に優先出走権が与えられ、残りの登録推薦委員会の推薦を受けないと出走できないシステムだったのだ。そしてダイユウサクは、59kgのハンデをものともせずあっさりと勝利する。

第36回有馬記念~前史

これでこの年7戦して重賞勝ちを含む2勝2着1回4着1回5着2回。獲得賞は堂々の1.1億円と大台え。この実績で見事有馬記念推薦に滑り込む……かと思いきや、すったもんだの末に紛れ込む形となった。この年の推薦委員会において、ダイユウサクに推薦を行うかには賛否両論があったらしい。1年を通して重賞路線で堅実に走り続けてきたに対してかなり厳しい評価なのだが、そのくらい当時の推薦委員会とはガチな場所だったのだ。もっともこの後推薦制度は急速に形骸化し程なく消滅、他のG1と同じくファン投票上位以外も賞順に出走可となる。結果後にはレゴラスが出走できるレースにもなったり。

この年の有馬記念は、例年にべると出走メンバーの層が薄かった。敗で二冠を達成したトウカイテイオー菊花賞レオダーバン等4歳の有が故障で出走を取りやめていたのである。

15頭立ての1番人気は当時現役最強と言われたメジロマックイーン天皇賞(秋)では1着入線ながら斜行で18着降着、前走のジャパンカップでも外相手にやられ運の悪さを見せてしまったが、高評価は揺るぎないものであった。その拠に1番人気で単勝も1.7倍、2番人気ナイスネイチャが8.7倍だったのを見れば期待度が分かる。他にGIも居たがそれぞれ故障明けだったり(メジロライアン)、明らか距離が不向きだったり(ダイタクヘリオス、そもそも繰り上げだったり(プレクラスニー)、明らかに終わった扱いだったり(オサイチジョージメジロマックイーンの地位は変わらないものと見られていた。

対してダイユウサクはメンバー一の7歳、それまでのレースも過密ローテ且つ距離バラバラ、好走したレースも最長で2000mまでとあっては、14番人気の単勝137.9倍も致し方ない所であった(15番人気が見ても・絶不調とわかるオースミシャダイ)。が! 当日、中山競馬場に集った競馬関係者は驚いた。何と内藤師が、まるで表式に出るのは当然とでもいわんばかりの正装で現れたではないか。

内藤先生、何してるんすかw」と皆に言われたのは言うまでもない。だが内藤師はダイユウサクが究極に仕上がっていたので「これなら無様レースはしないだろうし、これはもしかするともしかするかも……」と判断し、これまでそんなことは言ったことがないのに「もう1回やれと言われても不可能だ」と断言するほどに勝利を信じていた。さらに言うと、有馬記念を数日後に控えたある内藤師は不思議を見ていたのだ。

5に入ったダイユウサクがメジロマックイーン以下の各完封して勝利。その上、内藤師は何故か、本来調教師は買ってはいけないはずの馬券(当然ダイユウサク絡みのもの)を大量に持っていた。換に行った際に「現にしますか?小切手にしますか??」と聞かれ「億というお金は見たことないから現で」と答え、大量の札束とともにダイユウサクとで帰る……。

内藤師は「5に入ったらうちのの単勝を買ってよ」と冗談交じりで話していたが、ダイユウサクは実際に5に入ったことからその気になり、岡部幸雄騎手に当日の乗り役としてをかけたほどだったという(実際の上はいつもの熊沢騎手であった)。橋本オーナーにも競馬場での観戦を薦めたが、オーナー忘年会への参加を優先して地元・名古屋に留まった。実業としてパーティーをすっぽかすわけにはいかなかったのだが、結局出走時間に抜け出して、幸作少年を始めとする3人の孫と、料亭ロビーのテレビ前に向かった。

ちなみに熊沢騎手は、中山競馬場での騎乗は今回が初めてだったため、競馬場に向かう中に迷っていた。何かどこかで聞いたエピソードのような……。

第36回有馬記念~ダイ波乱!!

レースは、当時はまだ普通逃げだったツインターボ逃げで始まる。メジロマックイーン上の武豊ハイペースを見越してレースを進める。3コーナー途中までダイユウサクの名前は呼ばれなかった(「ダイユウサクもいる!」)。

4コーナー手前でツインターボ普通逃げのように失速すると、まず先頭に立ったのはプレクラスニー。前走の天皇賞(秋)メジロマックイーンに6身差離されながら、メジロマックイーンが降着となったことでの繰り上げの天皇賞。実勝利する為にも負けられないレース。しかし、直線でメジロマックイーンが外から満を持してプレクラスニーに襲いかかる。

その時だった。

後方へ沈んでいくツインターボに引き裂かれるような形で群の内側に出来た隙間、そこから猛脚で迫り、プレクラスニーメジロマックイーンを交わして先頭に立ったのがダイユウサク。気づけば2着メジロマックイーンに1身4分の1の差を付けゴール板前を突き抜けていた。走をの当たりにした平田厩務員は待機所バスの中で大奮し、天井ボコボコに殴りつけていたという。

さぁマックイーン出てくるか! マックイーン3番手! ダイユウサク黄色帽子も伸びてきた!マックイーンは外から、マックイーンは……ッ!?

ダイユウサクだ!ダイユウサクだ!
これはびっくり、ダイユウサク!!

熊沢です! 黄色帽子、ダイユウサク!

フジテレビ 堺正幸アナウンサー

勝ちタイム2分306。従来のイナリワンタイムを11も更新するコースレコードであり、12年後の2003年シンボリクリスエスがコンマ1更新するまでレコードであった。7歳勝利したのはスピードシンボリグリーングラスに次いで3頭有馬記念万馬券になったのは初めて。あまりの事態に、スタンドからは凄まじい歓……というより凄まじいどよめきとざわめき(そして断末魔の叫びまきおこり、ウイニングランから戻ってきたダイユウサクは怯え切ってホームストレッチ前で立ち往生右手に腫らした平田厩務員は引き綱を抱えて200mを全疾走し、熊沢騎手を迎えに行った。

レース後の勝利インタビューで、熊沢重文は言った。
ダイユウサクのファンの皆さん、ごありがとうございました
このとき場内が一静まった。
ね、あのとき言ってしまってから、まずったなって思いましたよ。しまった、今日はダイユウサクのファンは少なかったんだって。今でも後悔しているんですよ(笑)

―取材文・木遵(競馬記者

アナウンサーが自分の名前を連呼している……自分の勝負服を着た熊沢騎手が手を振り上げて……いや、ガッツポーズをしているのか? 橋本オーナーテレビの前で呆然とし、気づけば孫たちに抱きつかれていた。表式には馬主も生産者もおらず、家族東京ディズニーランドに遊びに行くついでに観戦に来ていた橋本オーナーさんとその姪っ子が、それぞれ馬主と生産者台に代理登壇した。期待されていないが勝った時の表式が寂しくなるのは良くある話だが、今回は前述のとおり、内藤師だけは自前の正装という異様なが展開されていた。

平田厩務員は夕食後、熊沢騎手を探しながらダイユウサクの房へ向かったが、そこには缶ビール空き缶『先にダイユウサクと祝杯をあげました』という置き手紙だけが残されていた。熊沢騎手房で平田厩務員を待っていたのだが、新幹線の時間が来てしまったのである。

結局この年は年明けの京都金杯と年末の有馬記念を勝ち、文字通り1991年競馬は「ダイユウサクに始まりダイユウサクに終わった」年となった。尚、このレースで3着になったナイスネイチャは、ここから有馬記念3年連続3着と言う大異業を達成する事になるのだが、それはまた別の話である。

1992年~引退後

一世一代の大走で燃え尽きたのか、翌年は勝利どころが掲示板確保も出来ず、6戦して引退となった。

種牡馬になるも立った産駒が出ずにあっという間に需要がくなる。その後は1998年に出来た観光施設「うらかわ優駿ビレッジAERU」のオープンに際してその玉となる功労牧場入りするの第1号として白羽の矢が立ち、そこへ移動。後に来たニッポーテイオーウイニングチケットと共に余生を過ごした。2013年4月、老衰で永眠。28歳だった。

前述のとおり、手違いで「ユウサク」と名付けられたダイユウサクだったが、有馬記念優勝後では前々年に世した松田優作、2着のメジロマックイーンスティーブ・マックイーン(メジロマックイーン名の由来)に関連付けて話題にするマスコミも多かった。

騎手熊沢重文がダイユウサクの後、次にGIタイトルを手にするのは14年後の2005年阪神ジュベナイルフィリーズ。このレースも8番人気テイエムプリキュアを開けている。

厩務員・平田修は複数の厩舎を移籍した後、2005年調教師となり、自らの厩舎を開業。カレンブラックヒルゴールドドリーム、ケイアイノーテックらGIホースを送り出す名調教師として大成した。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A6%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%82%AF
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダイユウサク

50 ななしのよっしん
2022/04/06(水) 19:10:27 ID: pCsNwga50J
春天さえ出さずに元々の距離で走らせていればまだ善戦していた
大阪杯も8頭立ての6着とはいえそこまで離されてはいないし、安田も得意距離ってだけで本来ならもう少し上はせたはず
51 ななしのよっしん
2022/04/29(金) 01:25:51 ID: P6+kwpypCS
ダイゼンガー的な感じか
52  
2022/05/03(火) 04:50:10 ID: xUIwLiZFGA
一発屋でもいいじゃないか。
ね。
53 ななしのよっしん
2022/05/07(土) 22:36:00 ID: jCzFA+5uxw
やっぱ熊澤迷ったら奇跡起こるんやな…
54 ななしのよっしん
2022/06/04(土) 14:11:18 ID: YN4A0asYn1
おお、ダイユウサク
55 名無し
2022/07/22(金) 19:53:40 ID: 7/r/ExW1Qm
オグリ同期で92年はもう年齢的なものがあったんだろうな
しもステゴやその産駒みたいな晩生活躍できるわけじゃないし
56 ななしのよっしん
2022/08/12(金) 23:39:06 ID: m69ORRt5RG
の肖像で一番好き
このストーリーを全て表現してる
57 ななしのよっしん
2022/08/13(土) 19:11:50 ID: 3Ls6fE+z1R
ダイユウサク自身の生涯もさることながら、関係する人物のエピソードマキバオー並に濃い
58 ななしのよっしん
2022/08/27(土) 12:05:37 ID: W033U8QUbW
本文中の
「これはびっくり、ダイユウサク!?

実況はこんなふうに言ってないぞ? 疑問詞なんて余地もなく叫んでる。
どう聞いたらこんな表現になるんだ?
59 ななしのよっしん
2022/09/09(金) 14:13:46 ID: oGmJBZ6htj
今更だけどゥ!?にした者です
疑いとはいかなくても、アナ、驚愕で「ダイユウサク↑」と語尾が上ずってない? ……聞こえない?
ダイユウサク→」とか「ダイユウサクッ→」とは聞こえなかったので「ダイユウサク!?」にした

あくまでにはそう聞こえたと言っときたかったので、元に戻してくれという気は全くないです(そもそも勝手に変えて追記した文だし)。結局は表記揺れの範疇だと思う
しかし何度見てもいいレースだなぁ91年有馬……