ダイユウサク単語

ダイユウサク

ダイユウサクとは、元日本の競走馬・種である。

1991年有馬記念で14番人気ながら1番人気メジロマックイーン以下を退け、脅威のレコードタイム勝利したである。その後全く勝てなかった事から「世紀(史上最強)の一発屋」とも称される。

齢は特に記載のない限り旧表記です。

デビュー~有馬記念まで

競走馬としては異例の遅生まれで、虚弱体質故に成長するまでろくに調教でも追えなかったと言う。デビューも2戦続けてタイムオーバーと本気で乗登録をされそうになるも、5歳時の5戦で初勝利後はまともに走り始めるようになり、阪神の芝1200mのコースレコード更新するなど自己条件では常に好走を続けた。

6歳になるといつの間にやらオープン、重賞の出走も増え、GI初挑戦となった天皇賞(秋)は6着のオグリキャップに半身差と迫る7着になる(一線級の相手+前年までを考えれば善戦と言っても過言ではない)。

7歳になると年明けの京都杯(GIII)を快勝、重賞初勝利となった。このレースではメジロマーシャスも抑えている。途中故障があり休養するも、スワンステークス(GII)でこれまでの好位~中団からの競馬ではなく思い切った後方待機策を取ると鋭い末脚を見せ4着に食い込む。GI2戦となったマイルチャンピオンシップでもダイタクヘリオスダイイチルビーケイエスミラクルなど強メンバーの中で初のGI掲示板確保となる5着に食い込んだ。

ここで、厩務員や熊沢騎手はスプリンターズS出走を望んだそうだが、レース後、調教師の内藤は「ここで1つオープン戦を勝てば有馬記念推薦で出走出来るのでは・・・」と考え、マイル戦の阪神競馬場新装記念に出走させた。ダイユウサクはここを59kgのハンデをものともせずあっさりと勝利し、見事有馬記念推薦に滑り込む・・・いや、紛れ込む事が出来た。(ただ、意外にもダイユウサクの有馬記念出走には割と賛否両論があったらしい。今ならレゴラスが出走できるレースなのだが

運命の有馬記念

この年は敗で二冠を達成したトウカイテイオー菊花賞レオダーバン等4歳の有が故障で出走を取りやめていた事から、例年にべて層が薄いレースとなっていた。

15頭立ての1番人気は当時現役最強と言われたメジロマックイーン天皇賞(秋)では1着入線ながら斜行で18着降着、前走のジャパンカップでも外相手にやられ運の悪さを見せてしまったが、その称号は揺るぎないものであった。その拠に1番人気で単勝も1.7倍、2番人気ナイスネイチャが8.7倍だったのを見れば期待度が分かる。他にGIも居たがそれぞれ故障明けだったり(メジロライアン)、明らか距離が不向きだったり(ダイタクヘリオス、そもそも繰り上げだったり(プレクラスニー)、明らかに終わった扱いだったり(オサイチジョージメジロマックイーンの地位は変わらないものと見られていた。

対してダイユウサクはメンバー一の7歳、それまでのレースも過密且つ距離バラバラ、好走したレースも最長で2000mまでとあっては、14番人気の単勝137.9倍も致し方ない所であった。

・・・しかし当日、競馬関係者は驚いた。何と内藤師がまるで表式に出る準備でもしてきたかの如く正装で現れたではないか。
内藤先生、何してるんすかw」
と皆に言われたのは言うまでもない。

しかし、内藤師はもう1回やれと言われても不可能なくらいの究極の仕上がりにダイユウサクが仕上がっていた為、「これなら無様レースはしないだろうし、これはもしかするともしかするかも・・・」と思っていたようである。

さらに言うと、有馬記念を数日後に控えたある内藤師はこんな夢を見たという。
その夢は5に入ったダイユウサクがメジロマックイーン以下の各完封
そして、本来、調教師は買ってはいけないはずのダイユウサクの券を内藤師が大量に持っており、換に行った際に「現にしますか?小切手にしますか??」と聞かれ、内藤師は「億というお金は見たことないから現で」と言い、大量の札束とともにダイユウサクとで帰る・・・というものであった。
内藤師は「5に入ったらうちのの単勝を買ってよ」と冗談交じりで話していたが、実際に5に入ったことからその気になり、岡部幸雄騎手に当日の乗り役としてをかけたほどだったという。
(実際の乗り役は後述通り、熊沢重文騎手であった)

ちなみに熊沢騎手は中山競馬場での騎乗が今回が初めてだったため、中山競馬場入りの際にに迷っていた。何かどこかで聞いたエピソードのような・・・

これはビックリ、ダイユウサク!

レースは例の如くツインターボの逃げで始まる。メジロマックイーンハイペースを見越してレースを進める。3コーナー途中までダイユウサクの名前は呼ばれなかった。

4コーナー手前で例の如くツインターボが失速すると、まず先頭に立ったのはプレクラスニー。前走の天皇賞(秋)メジロマックイーンに6身差離されながら、メジロマックイーンが降着となったことでの繰り上げの天皇賞。実勝利する為にも負けられないレース。しかし、直線でメジロマックイーンが外から満を持してプレクラスニーに襲いかかる。

その時だった。

内から猛脚で迫り、プレクラスニーメジロマックイーンを交わして先頭に立ったのがダイユウサク。気づけば2着メジロマックイーンに1身4分の1の差を付けゴール板前を突き抜けていた。

この時に出た名実況堺正幸アナウンサー「これはビックリ、ダイユウサク!」である。勝ちタイム2分306。従来のイナリワンタイムを11も更新するコースレコードであり、2003年シンボリクリスエスがコンマ1更新するまでレコードであった。7歳勝利したのはスピードシンボリグリーングラスに次いで3頭有馬記念万馬券になったのは初めて。色々な意味で衝撃的なレースだった。元幸平氏も勝てる訳がいと思い自宅でテレビ観戦していた為、表式は代理、代行が出席するというやや寂しいものとなったという逸話も残っている。(まあが勝った時には良くある話。しかし先述の通り、なぜか内藤師だけは自前の正装という異様なが展開されていたが)

結局この年は年明けの京都杯と年末の有馬記念を勝ち、文字通り1991年競馬は「ダイユウサクに始まりダイユウサクに終わった」年となった。

尚、このレースで3着になったナイスネイチャが後に有馬記念3年連続3着と言う大偉業を達成する事になるとは、この時まだも思わなかっただろう。

その後とエピソード

有馬記念後は勝利どころが掲示板確保も出来ず、6戦して引退。種になるも立った産駒が出ずにあっという間に需要がくなる。その後は1998年に出来た観光施設「うらかわ優駿ビレッジAERU」のオープンに際してその玉となる功労牧場入りするの第1号として白羽の矢が立ち、そこへ移動。後に来たニッポーテイオーウイニングチケットと共に余生を過ごした。

競走馬登録された当初はの孫の名前から「ダイコウサク」と命名されるはずだったが、手違いで「ダイユウサク」となった。名変更も出来たがあまりの惨敗続きに変える事が出来なかったという。そんなダイユウサクだったが、有馬記念優勝後では前々年に世した松田優作、2着のメジロマックイーンスティーブ・マックイーン(メジロマックイーン名の由来)に関連付けて話題にするマスコミも多かった。

上の熊沢がダイユウサクの後、次にGIタイトルを手にするのは14年後の2005年阪神ジュベナイルフィリーズで、このレースも8番人気テイエムプリキュアを開けている。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A6%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダイユウサク

9 ななしのよっしん
2013/12/10(火) 02:12:21 ID: erHfband4J
有馬記念の時期に、逝くとは…。

今年もがアッと驚かせてくれるのかな。
さて、メジロマックイーンの血を引く1番人気を倒すのは、どのか!
10 ななしのよっしん
2013/12/10(火) 11:41:38 ID: YwX1odEUso
親友のニッポーテイオーには長生きしてほしいもんだ。
11 ななしのよっしん
2014/02/18(火) 17:06:01 ID: Nfs9bqnnBm
ウチのが当時勝ったわ
名前とか数字での買いで偶然だったけど、
レースが終わった間、の会社から即座に電話かかってきたよ
「単勝で買うところを番で買わせてゴメン!」ってねw
ダイユウサクを買うって言ったら、
会社の連中から総出で反対されて妥協して番を買うことになったそうだ、自で三千円
メジロが2着だったからギリギリ勝てた
12 ないちゃん
2014/06/08(日) 19:49:24 ID: p/ycQN0hkz
あっとおどろく
タイトル:だいゆうさく
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する

13 削除しました
削除しました ID: JNeQZEhzZx
削除しました
14 削除しました
削除しました ID: MgtEB50vve
削除しました
15 削除しました
削除しました ID: cE7jMlSRxX
削除しました
16 削除しました
削除しました ID: uiuxY7nUyE
削除しました
17 削除しました
削除しました ID: /K4dqt9l1W
削除しました
18 ななしのよっしん
2018/07/25(水) 13:36:41 ID: T7CgRXDJPF
弱い大穴開けたってイメージだけどオープン3勝にGⅢも1番人気で勝っている立オープンなんだよなぁ。