ファイアウォール・ドラゴン単語

ファイアウォールドラゴン
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

これは…
デッキに眠るサイバースの新たな鼓動
お前はまだ消えていないのか?

モンスターリンクマーカーセット
サーキットコンバイン
これがサイバースの新たな可性だ!

現れろ、LINK-4!

《ファイアウォール・ドラゴン》!!

ファイアウォール・ドラゴンとは、アニメ遊☆戯☆王VRAINS」に登場するカードである。

概要

遊戯王OCGでは、2017年4月15日発売のCODE OF THE DUELISTにて登場。
後に週刊少年ジャンプにて絵柄違いのカードが収録。この絵柄については後述する。

リンク・効果モンスター2019/1/1から禁止カード

LINK-4/属性/サイバース族/攻 2500
リンクマーカー:上/左/右/下】
モンスター2体以上
(1):このカードフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
このカード相互リンクしているモンスターの数まで、
自分または相手の、フィールド墓地モンスターを対として発動できる。
そのモンスターを持ちの手札に戻す。 この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードリンク先のモンスターが、戦闘で破壊された場合、
または墓地へ送られた場合に発動できる。手札からモンスター1体を特殊召喚する。

モンスター2体以上が要件とされているが、LINK-4であるため、召喚補助なしで出すためには4体ものモンスターを用意しなければならず、極めて重いモンスター
これを苦もく行うことのできる程の展開がある【インフェルニティ】では、普通に展開するのは論、効果を使い切った後のエクシーズモンスター素材としてどかすことができるため有用である。
しかし、普通デッキでは素の召喚自体が困難であるため、複数のモンスターを容易に展開できるトークンいはLINK数だけリンク素材を軽減できるリンクモンスター素材に使用して出すのが基本である。
また、このカードEXモンスターゾーンに置くと、左右が駄になる上に正面に相手の召喚を許してしまうリンクマーカーの扱いづらさがどうしてもネックになってしまう。一方メインモンスターゾーンであれば、下のマーカー駄になるが上と左右のリンクマーカー相互リンクが最大3つ狙え、横に展開していくことでエクストラリンクまで視野に入るため、基本的にメインモンスターゾーンに居てこそ活躍できるモンスターである。
その上、効果的に相互リンクが要されるため、基本的にリンクモンスター特化デッキの【杯】や、リンク採用インフェルニティ】で使用される。

(1)の効果は、表側表示で存在するときに一度だけ発動できる効果。
相互リンクしているカードの数だけ、自分・相手問わずフィールド墓地からカードを選択し、それらを全て手札に戻す効果。
に取る効果だが、破壊ではない除去効果であり、相手ターンでも発動できるフリーチェーン効果。
単純に相手モンスターを除去する、自分の墓地からカードを回収するといった使い方だけでなく、相手の墓地利用を阻する使い方も可
(2)の効果は登場後の展開を補佐する効果。
条件こそあれど、戦闘破壊のフォローや、リンク素材墓地に送った場所に再度展開など、非常に応用がきく効果。
難点として手札消費が荒くなってしまうが、(1)の効果を自分のカードの回収に使用していた場合、その消費を補うことができる。

総じて、重い条件の代わりに確かなリターンを与えてくれる、応用性の高いモンスター
リンクモンスター軸としたデッキならば大活躍してくれるだろう。

しかし、(1)の効果の縛りが「表側表示で存在するときに一度だけ」、即ち展開をやり直せばそれだけ発動回数が増えるのが問題となる。
このカードを3体並べ、回収効果をフルに使い、必要パーツを手札に戻し、このカードを一旦除去し再度並べ直し……を繰り返すことでループコンボを発生させることが可になる。
そして、素材に使えるカード定がないこともこループコンボの実用性に拍をかけ、遂に2017年11月後半からは手札誘発モンスターによる相手の妨がなければどのような初手でも先攻1ターンキルが可デッキ開発されてしまうexit_nicovideo
下手をすれば今後近いうちに、主人公エースカードとして初の制限がかかる可性があるかけられた。

2018/1/1からのリミットレギュレーションにてその強さから制限カード(デッキに1枚まで)となった。
主人公エースカード規制されるのは初の事態であり、エースカードければ禁止だったろうとまで言われることもある。このカードの強さがよくわかる出来事である。
まだアニメにもあまり出演できておらず、この先マジシャンオブブラックカオスE・HERO ゴッド・ネオスのような進化系が出ることが予想される中、制限カードとなるのは中々に幸先が悪い出来事となった。
実際、このカードが最も悪性を発揮していたのは先述の「このカードを3枚並べて、同名カードを使い回していく」戦術であるため、制限となったことでこの使い回しが厳しくなる。

なお、【インフェルニティ】の場合、(2)の特殊召喚、(1)の回収効果が「墓地から特殊召喚できない展開用モンスター」であるインフェルニティミラージュと非常にマッチしているため、展開を支えるキーパーツ兼相手ターンの妨要員として機していた。

そして同年12月に発表された2019/1/1からのリミットレギュレーションでは遂に禁止カード定される。海外では日本に先んじて禁止となっており、それに追随した形となっている。
主人公エースモンスターとしては初の出来事であり、それだけ環境に対する脅威が大きかったということが伺える。
果たしてメディアミックスにおいてこのカードの扱いはどうなっていくのであろうか……。

通称は「FWD」「火」「しょごりゅう」など。アニメいての略称は「ファイアウォール」。
前述の【インフェルニティ】にいての暴れ具合から五代満足」と呼ばれることもあるが、ドラゴン族ではいため満足ではないとする閥もある。

メディアミックスにおける活躍

アニメいて、主人公藤木遊作エースモンスター、歴代エースと並ぶ攻撃2500のモンスターであり、事前告知からOPまでしっかりと登場していた。

…が、実際のアニメ内にいては9話まで何の音沙汰もし、10話で遊作のスキルStorm Access」によって手に入れたもののリボルバーによって引き分けに持ち越された為に召喚できず、その間遊作はエースモンスターとしてデコード・トーカーエンコード・トーカーを使用していた。
真打エースモンスターが中々登場せず、その間攻撃2300のモンスターエースとして大活躍をしていた!というのは遊☆戯☆王ファイブディーズスターダスト・ドラゴンジャンク・ウォリアーの関係性を思い起こさせる。

しかし満を持して11話、ライバルリボルバーとのデュエルで窮地に立たされた遊作/Playmakerが召喚。
召喚と同時に火のが破壊され、Aiも同時に帰還するという最高のシチュエーションで登場……したのはいいが、攻撃後の相手ターンに即座にコントロールを奪われ、対抗して遊作が自分でファイアウォールを破壊して自分で再度呼び出すと、エース初登場にも関わらず快な展開が続いた。
そして12話では遂に「このターンで決着をつけないと確実にやられる」という状況まで追い込まれた上、戦闘に対してのカウンターで立て続けに2体のモンスターを破壊され、更にファイアウォール自身も攻撃権を使用し、挙句の果てにヴァレルロード・ドラゴンが破壊耐性を得る[1]…という絶体絶命状態にいて、カードにより追加攻撃を得た上でエンコード・トーカーと永続魔法バトル・バッファの効果で上がった7200の攻撃で破壊耐性の上からぶん殴ってワンショットキルという怒涛の展開でエースの貫を見せつけた。効果自体はあまり活躍できなかったけど

その後、「Playmakervs財前晃」においても使用。にアタッカーとして利用されていた。
デュエルでは、魔法カードによる直接攻撃効果付与だけで勝敗をつけられる状態だったが、遊作は敢えてこのカードの効果を使用。相互リンク2枚の状態で、墓地に存在することでティダングルアキュート・ケルベロスの攻撃を上げていたティダングル・ハウンド》ティダングルエンジェル墓地からの手札に戻し、ティダングルアキュート・ケルベロスを攻撃し決着をつけた。
墓地から手札に戻された2枚は、財前葵の二人の関係に見立てられていたカードである。勝敗を崩さず、その上で「そのカード墓地にあってはいけない」=「二人には己の行く闇のに関わってほしくない」という遊作の決意と優しさをデュエル明したのである。

ちなみに、スキルで入手したためか、遊作はこのカードを1枚しか所持していないものと思われる。
2018年からの制限カード化はある意味原作に準拠した制限といえるのかもしれない。

攻撃名は「テンペストアタック」、(1)の効果名は「エマージェンシーエスケイプ」。
攻撃名の元ネタコンピュータ周辺から漏洩する微弱な電磁波を傍受し、パスワード等のセキュリティデータを不正に得る"TEMPEST Attack"だろう、ファイアウォールって名前してる割にどうなんだ
なお"TEMPEST Attack"は略称で、正式名称は"Transient Electro Magnetic PulsE Surveillance Technology Attack"となる。長い。

攻撃時にはが分離し、背後に円を描くようにエネルギーフィールドを展開、く変色したファイアウォール・ドラゴンから必殺のブレスが放たれるというプロセスとなっている。
CM中にくなる様子が描写された以外は不明だった、雑誌付録における絵柄違いのファイアウォールの様子だったが、ここで攻撃プロセス中の状態だということが漸く明らかになった。

…なお、見事に11話での汚名を返上した12話「鉄壁の守護 ファイアウォール」なのだが、ニコニコあにてれで配信された際、配信動画タイトルにはルビが振られており、以下のようになっていた。

遊☆戯☆王VRAINS 12話「鉄壁(てっぺき)の守護(しごりゅう) ファイアウォール

し ょ ご り ゅ う

KONMAI」などでお染みのKONAMIタイポの系譜に連なる新たな誤字である。

ニコニコいては8月8日0:00配信から、同日11:49に修正されるまでこの状態であったため、学生夏休み社会人深夜配信を見られる状態だった。修正されようが時既に遅し。
以上の経緯から、12話配信以降は「しょごりゅう」と呼ばれることが多くなってしまった。

一応彼(?)や公式の名誉の為に記しておくが、この「しょごりゅう」はあくまで弄りネタであり、このオチも含めて本作やファイアウォールが好意的に受けとめられているである。この誤植きがやたら可愛いこともあり、むしろさらに人気が出る要因となった。

なお、あにてれの方の修正はそれから数日遅れて漸く成された。
あにてれの修正が遅れた理由は不明。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ただし、実際に台詞を追っていくとヴァレルロード戦闘破壊耐性を得る効果の対になっていない。勝敗自体には全く問題はないが。

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ファイアウォール・ドラゴン

785 ななしのよっしん
2020/01/08(水) 00:35:55 ID: iJxxvXn0g+
重めの素材を並べて出して場を打開するって意味ではヴァレルシリーズの方がよっぽど主人公っぽい。
奪うロードはともかく攻撃的かつ一応攻撃牽制の効果を持つソードなんかは特に。
786 ななしのよっしん
2020/01/19(日) 15:45:56 ID: 5CG0BmKOcw
>>769
あのbgm流れながら復活するデコードトーカーカッコいよな
デコードトーカーって曲名かと思った
787 ななしのよっしん
2020/01/28(火) 12:48:37 ID: nvGIudqdwN
Ai戦だとエクストラ15枚使い切ってるから、ラスボス戦なのにデッキに入ってすらいなかったことに気づいてしまっても生えない
788 ななしのよっしん
2020/02/19(水) 21:43:04 ID: +BujeqTp/S
さっさとエラッタして使えるようにしてくれないかね
789 ななしのよっしん
2020/02/20(木) 08:39:55 ID: QZELdWCL6m
反省(エラッタ)すればすぐに社会復帰できるのなら刑務所なんて必要ないんで…
たとえアニメ主人公の元エースとしてもOCG上はそれは例外じゃない
790 ななしのよっしん
2020/02/20(木) 10:30:06 ID: TxPF/irFFv
エクシードダークフルードならともかくこいつ自体はエースらしい活躍してなかったし未視聴り出しに便利
791 ななしのよっしん
2020/03/11(水) 20:30:23 ID: 1iCE7BdpZ6
エラッタされてキラースネークみたいに見るも惨な姿に改造されるくらいならいっそのこと伝説として禁止カードに君臨し続けて欲しい
792 ななしのよっしん
2020/04/25(土) 17:00:02 ID: nqVfGaSMNn
くもセブンスローマジシャンに召喚回数を抜かれた模様
793 ななしのよっしん
2020/05/17(日) 21:17:56 ID: u+gK4qxDty
エラッタするとしたらどうするんだ?
手札SSターン1にするだけでそれ以外の効果をしにするとか?
794 ななしのよっしん
2020/06/11(木) 09:34:43 ID: GfHk5+Nwto
素材と特殊召喚するモンスターサイバースニ限定するとか?

急上昇ワード