袁術単語

エンジュツ
3.9千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

袁術(えんじゅつ)とは三国志に登場する人物である。

概要

155年生~199年没。字は路。「仲」の初代皇帝自称)である。皇帝在位2年。

皇帝以前

袁一族は後漢前期に名を挙げた南袁氏に連なり、"太尉"袁湯、"徒"袁安・袁隗、"司空"袁敞・袁を一族に持つため、袁一族は「四世三(または四世五)」と称されている。そのうちの袁の実の息子が袁術である。
なお同族の袁紹は袁湯の息子袁成の子に当たり、生まれ順で言えばに相当するが、実子なのか養子なのかすらも分かっておらず、さらに名を成す前に袁成が逝している。

後漢末期の頃は兄弟で仲良く宦官を皆殺しにするなど協調をしていたが、反董卓連合瓦解後、袁術は袁紹と対立。それぞれ幾多の群雄と盟約を結び対抗した。袁術は袁紹以上に名族としての「名」を利用し、周辺勢を巧みに動かし勢を広げていく。
曹操からは敗戦と追撃のコンボを七連続で喰らい本拠地を移すことになったが、一方で劉備の保護下にあった呂布をそそのかし、劉備陶謙から譲り受けた徐州を呂布に奪わせる事などもしている。

この頃の皇帝献帝であったが、張角-十常侍-董卓-王允-李カクが引き起こした一連の騒動と、董卓の衣鉢を継いだ李カク郭シ室を巡って政治的に対立してしまったため、室の威がかなり薄れていた。
董卓李カクの暴虐により府であった陽・長安が大いに荒らされ、さらに巾党壊滅後の賊の頻出を抑えられなかったためその名は地に落ちていた。
さらに196年にもなると献帝は"乱世の奸雄"曹操に保護され、身の回りの者から皇后に至るまで曹操に用立てされる事になり室の実権は曹操に移りつつあった。

皇帝僭称

かくして袁術は室の命は尽きたと直感し、四世三の末裔たる自らが位に就かんという野望を抱く。
197正月、袁術は自らを中国神話の血筋を引くと自称して仲王を起こし、寿を都と定めた。
しかし皇帝位は命と血筋によって受け継がれるものであり、単に実績や自称だけで勝ち取れるようなものではない上、本物の皇帝曹操の保護下にある以上、必然的に袁術が僭称者となるのは間違いなかった。
周囲の猛反対を感知せずに皇帝自称したり、幾度となく重税と暴政を繰り返したことで人心が離れた。曹操呂布劉備に荒らされ、孫策には視され、袋叩きにされた。

その頃袁紹曹操と敵対し対立していたが、袁紹軍は強大であったためいずれ曹操を打倒すると考えた袁術は、せっかく自ら作った位を譲る代わりに袁紹軍に保護してほしいと手紙を送った。
袁紹息子の袁譚に命じて袁術を迎えによこし、曹操はそれを阻止するため劉備派遣した。
しかし199年6月袁紹のもとに赴く途上で袁術は病を得て崩御したという。皇帝僭称の2年半後であった。
書では配下の雷薄陳蘭にまで敵に回し「蜂蜜めたい」とき絶命したという記述が見られ、演義でもこの逸話が採用されている。

一時は袁紹をも上回り、天下統一に最も近い位置につける等全くの「無能」ではかった。
しかし、彼に決定的に欠けていたのは、「内政を整備する」という考えが全くかったことである。
そのため、攻めている時は敵国から奪う事で補給が出来ていたが、一度敗戦するとそれもままならなくなり、戦線の維持もできなかったのである。
やはり、彼も「下の器」とは言い難かったようである。

正史におけるエピソード

当時6歳だった陸遜の同族、陸績が袁術の元にいた時の事である。
袁術との食事の際に、供された蜜柑を3つ袖に隠して持ち帰ろうとした。
ところが、一礼して退出しようとすると袖から蜜柑が転げ落ちてしまった。
それを見た袁術は、「君はまだ幼い身でありながら盗人のような真似をするのはなぜかね?」と諭すと、「あまりに見事な蜜柑でしたので、持ち帰ってに食べさせてあげたかったのです。」と答えた。
これを聞いた袁術は、「なんと親孝行な子だ。古今稀なる忠孝と言えるな。」と彼を絶賛したという。
(このエピソードは後世の規範となるように、と孝行に優れた24人の話をまとめた本「二十四孝」に収録されている。)

※その他「袁術」の詳細は、Wikipediaの該当記事exit参照の事。

現代の漫画・ゲームにおける袁術

吉川三国志

最期が演義と若干異なる。甥(正史では従弟)の袁胤しかお供はいなくなるほど落ちぶれて、農家に立ち寄って蜂蜜ではなくめるが、自分が袁術と名乗った途端拒絶され、自らの人望のさを思い知って吐血して死ぬ。

横山光輝三国志

董卓連合時に、孫堅に兵糧を送らない話は袁紹に置き換わっている。最期は吉川三国志に準拠。アニメ版では出番がく、ナレ死で退場した。

蒼天航路

蒼天航路』では初登場の時こそまともな人間だったが、ストーリーが進むにつれてその容姿は徐々にに退化していった。

皇帝を僭称した際には、呂布からは「あれは皇帝徴)ではない。だ」とはっきり扱いされてしまっている。

最後に登場した際にはその全身は毛に覆われ、しっぽまで生えるほどに化している。

ゲームにおける袁術

コーエー『三國志』シリーズ&ニコニコ歴史戦略ゲー

三國志シリーズ作品の値は下記「補足」参照。

プレイ動画架空戦記では、自信過剰になって皇帝に即位したり暴政で自滅した事からネタ扱いされたり、を身代わりにしたり、コーエー三國志田代な顔グラで撮影担当にされたりといじられるのに定評がある

作品によって様々であるため、これといった共通要素はない。逆に言えばいくらでも性格をフリーダムにできる。
そんな偽に振り回される配下が多い中、ただ一人、紀霊は忠実な配下、理解者に置いている作品もある。
役にした作品もあるようだが、やっぱり脇役の方があってるような気がしないでもない。

彼がいるのは長安や陽等の近くなので、登場時期と相まって、開始後すぐ董卓SOSOに攻められ、々と退場することがざらである。逆にそれらを撃退した挙句勢を飲み込み、大勢になることもある。

コーエー『三國無双』シリーズ

無双8にてNPCとして専用グラフィックを獲得。袁のたしなみなのか袁紹と同じく口ひげを生やしている。
なお、これ以前にも無双3では反董卓連合のムービーの間だけ固有のグラフィックになっていた。

セガ『三国志大戦』

三国志大戦』では、制作チームが連載中の漫画を描いている作者に依頼する事がある。ユリアUC(「ユリア100式」by萩尾ノブト)や、主人公(?)UCホウ徳(「ハチワンダイバー」by柴田ヨクサル)などもそれにあたる。そして・・・

ついに降臨したぞ!今度は三国志大戦レイプだ!門を!相手武将を!Go to 三・・志! 

悪魔皇帝 エンジュツ コウ
001 属性
R
三国志大戦3 落城勝ちのみを狙って大尉を目指す(er shi yi) 兵種 特技
歩兵
7 1
武将コスト 士気コスト
1.5 3
Illustration 計略名
若杉 血の渇望
計略内容
自身に掛かっている妨効果を敵武将の中からランダムに選び、効果をうつす。
貴様も悪に魂を売れーーー!!!(落セリフ

塗りに額の「殺」・・・どう見てもクラウザーさん。

計略が流行るVerになれば使用率も上がるであろう。

『恋姫†無双』シリーズ

こ多分に漏れず女性化しておりなのじゃロリ。敵が攻めてきても大好物の蜂蜜を堪するなど頭の方はかなり残念である。真名は美羽(みう)。
一応では個別パートは存在するものの、孫策の怒りに触れ外追放をくらっているために戻れなくなっている。
そのためお供の張勲と共に諸を漫遊してはいろいろちょっかいを出している。
彼女らが起こす騒ぎは曹操劉備にも届いてはいるのだが、一様にして「いくら袁術でもそんなアホなことはするまい」というように考えており何者かが袁術の名を騙っていると思われていた。(それでも没落した袁術を騙る価値がいので首をひねっていたが)
ということで主人公とは追放される時以来全く会わない。じゃあウフンアハンシーンいのかというとお察し下さい。

ほら……アレだよ! 女の子同士しかいない状況でナニをするかというなら……アレだよ!

中の人ネタなのかどうか、中で歌を披露するがなかなか上手で特に老人に人気がある。
さすがわた、袁術さんですね!

補足

コーエー三國志シリーズにおける袁術の力一覧。 最古と最新の差がしすぎる。
袁術の勢は武将の貧弱さが致命的で、初期のが高かった頃は、袁術自身が先頭に出て戦わなければ行けなかった。新しい作品になるにつれて、部下の紀霊有能になっていくのと反例するように、どんどんが下がっていき、近年の作品では雑魚レベルステータスにまで落ちぶれている。ただし、有能な特殊を持っていることが多く、数値のパラメータだけではその価は計り知れない。 

力一 統率 政治 身体 運勢
三國志 95 60 95 89 60
三國志II 80 69 50
三國志III 79 67 61 53 71 63
三國志IV 78 63 67 61 55
三國志V 71 69 14 83
三國志VI 77 59 71 13 90
三國志VII 68 64 34 47
三國志VIII 66 62 35 40
三國志IX 49 66 71 15
三國志X 52 66 72 17 44
三國志11 44 65 61 16 39

関連商品


関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A2%81%E8%A1%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

袁術

216 ななしのよっしん
2021/06/18(金) 19:19:09 ID: X0clE8x04a
ぎょくじとってやくめでしょ
217 ななしのよっしん
2021/06/21(月) 03:40:29 ID: 2xWr1qlexR
>>211
個人的には袁術が暴政を敷いていたというのは疑問が残るがね

や陸績とのエピを見ると袁術儒教価値観を持ち、名を気にする名門の坊っちゃんという印を受ける
呂布曹操にも屈さなかった清廉の士である袁渙劉備の推挙で袁術に出仕している
もしも袁術が暴政を敷く圧政者ならば劉備も推挙しないだろうし袁渙も出仕していないだろう

袁術が根拠地としていた南陽では曹の圧政に対して侯音が反乱を起こしているし、南は孫呉との最前線で戦火で荒れ果て曹は住民の強制移住までやっている
の圧政を袁術に擦り付けた可性はないだろうか?
218 ななしのよっしん
2021/06/23(水) 04:40:05 ID: 2xWr1qlexR
>>214
袁術孫堅を信用してるぞ

麾下に入ったばかりの孫堅を破虜将軍州刺史に上表する厚遇ぶり
孫堅家族を揚州名門の周に紹介して預ける仲介をしたのも袁術(これで孫策周瑜が知り合う)

袁術孫堅が近づき過ぎるのを危惧した取り巻きが讒言して兵糧を止めたこともあったが、孫堅が乗り込んでくると袁術は謝罪して和解してる

連合軍瓦解後も孫堅袁術を支持してその麾下にあり続けており、袁術孫堅を重用してる

孫策に至っては実子並みに可がってる
も実績もない17、8の孫策にわざわざ官職をぶんどってくるくらいには依怙贔屓してる
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
219 ななしのよっしん
2021/07/08(木) 10:58:37 ID: msH0zoo+bH
袁術本人が言うほど搾取をしていなかったとしても、死後の小規模勢割拠による荒っぷりを見ると恨まれてもしゃーないと思う
220 ななしのよっしん
2021/07/23(金) 12:28:06 ID: CrGG1+cwqF
そもそも暴政そのものが後世の付会という可性だってある
例えば袁紹は河北の雄であり大領土を抱えていたし、敵は董卓を除けば公孫サンか(当時)弱小の曹ぐらいなもの
一方袁術は豊かとはいえ南部の狭い土地しか持っておらず、しかも劉表や妖賊と争っていたし孫呉にも翻弄される
さて狭い領土で袁紹並の収入をつけつつ、妖賊や劉表孫呉に対抗するためにはどうするか?
暴政が善だとはとても言えないが、中国大陸ん中にあって極端な手段を取らざるを得ない事情は察して余りある
袁術が益州か州を得ていたら孫一族に対しても余裕ある扱いをして歴史が変わってたかもね
221 ななしのよっしん
2021/08/05(木) 00:09:57 ID: uPFDKtzxx1
劉禅司馬炎に仕えた経験のある人間が書いた正史三国志の本文の一番最初で「度,百姓苦之」って書いてあんのに後世もくそもあるもんじゃないよ
正史三国志だけ、しかも注釈は全部だから本文だけを信用する」という極端な前提条件をつけても袁術の内政についてはフォローできん
222 ななしのよっしん
2021/08/17(火) 15:10:48 ID: msH0zoo+bH
負け戦で揚州に逃げてきたが短時間で勢の立て直しと皇帝即位を果たすには、搾取に継ぐ搾取をしまくるぐらいしか方法はいと思う
223 ななしのよっしん
2021/08/26(木) 11:27:35 ID: W6iV3bfMJN
ちらっと>>205で触れたけど皇帝僭称後はかなりの人材流出が起こってるんだよ
それも県とかの各地の統治者レベルの人材が逃げ同然に曹操孫策の元に

袁術がどこまで自ら暴政してたか?具体的にどんなことしたのかはいかんせん不透明だけど
急に各地のトップがいなくなったら統治機構に混乱が起きるのは必然
結果として時代が時代だからその土地は大荒れ必須なわけで…
それまでどんだけ曹操に負けてても立て直せてたのに
皇帝僭称後の徐州進行が失敗した途端急に立て直せなくなったってのもそういうことだと思う
224 ななしのよっしん
2021/08/31(火) 19:13:08 ID: uPFDKtzxx1
そこの話じゃないだろ
Wikipediaの↓の部分は全に直訳で、このまんまの文章が正史にあるんだよ

南陽は人口が多く豊かであったが、袁術が奢侈な生活追求し、過酷な徴税を行ったために民衆は苦しんだという。 」
225 ななしのよっしん
2021/09/03(金) 11:07:30 ID: W6iV3bfMJN
ああそれはズレた話してすまん

ただ言った通りそれで具体的に袁術統治以前よりどんだけ税が増えたかとか
奢侈な生活とは何をしたのかとか(こういう記述は特に為政者をsageる時の常套句だし)
それらのせいで何が起こったかとかがいからいかんせん話の膨らませようがいのがな
>>222の言う通り徐栄にやられた孫堅軍の立て直しの手際がやたらいいのを見ても民衆からしっかり徴収してたのは違いないんだろうけど…
袁術伝以外の記述で袁術批判されてる部分って陳の言葉が特に分かりやすいけど
皇帝(献帝)差し置いて勝手に太守らを名したりして皇帝の権威に傷を付けるわ
本来袁術に期待されてたことは全部曹操が代わりにやってるわ
その挙句に皇帝僭称なんてありえんって内容ばっかりだし

おすすめトレンド