武市半平太単語

タケチハンペイタ

武市半平太1829~1865)とは、土佐勤皇党の首であり、幕末に活躍した武士である。

墨龍先生・武市半平太

武市伊予で開拓に励んだ公家の子孫と称しており、1440年代の武市康範の代に土佐の仁井田に移ったらしい。武市君・池氏は長宗我部臣であり、長宗我部氏の没落と山内氏の土佐入りによって、武市は他の長宗我部旧臣同様郷氏となった。
しかし郷士の中でも武市の開拓した土地は広く、二代武市半右衛門のころには郷氏御用人としてに仕え、・四代武市半右衛門の代には大変裕福な生活をしていたようだ。

こうした中、武市鹿衛・後の武市半平太小楯は郷士の中でも上の階層に属する身分の柄に生まれた(もちろん江戸時代の身分秩序では限りなく卑しい身分に近いが)。叔父鹿澄は学者であり、傍ではあるものの半平太の幼名、半平太の諱はこの叔父に付けられた可性もあるらしい。

武市半平太は和の勉強と剣術稽古に励み、14歳の頃にはの務めをから代わっている。1849年には両親を失い、その年のうちに郷士・島村次郎の島村結婚している。

1850年にはそれまでの師だった、千頭伝四郎が亡くなり、の次男という大身の浅田勘七の子となり、その年のうちには初伝になっている。1854年には皆伝を許され、子らしき人々も出来始めるが、安政の南海地震を失う。しかしそれにもめげず、を小さくする代わりに場の建築を入れ、以前と変わらず修行に打ち込んでいった。一方で西洋流砲術先生である徳孝蔵に子入りし、剣術以外にも関心を持ち進んでこれを学びに行く人物であった。

やがて幕命で江戸新明智流の蔵の場・志学館に岡田以蔵らと入り、館内の規を正したようだ。しかし山本磨と田那村作八のロシア時計の盗難の事件を処理した後、祖が中で倒れ、1857年に土佐に帰した。

尊王攘夷志士・武市半平太

土佐に帰った武市半平太のもとには100人をえる子がおり、師・浅田勘七の推薦もあり、土佐の中で札・郷士以下の剣術導に関わる役についた。やがて1860年に祖が亡くなったころ、久喜代島村外内、岡田以蔵を連れて武者修行に出た。

しかしすでに世は桜田門外の変で大老・井伊直弼が暗殺される動の時代に突入している。半平太は武者修行から帰ると江戸にわたり、ロシア艦・ポサドニック号が対馬に強引に停泊していることを知ると衝撃を受けた。すでに半平太は大石弥太郎をつてに久坂玄瑞長州の志士と知り合いになっていった。さらに薩摩士・樺山三円とも知り合い、尊王攘夷の実現に向けて動き出したのである。

こうして1861年、武市半平太は土佐勤皇党を結成する。初期のメンバーには大石弥太郎島村衛吉、井健次、河野万寿弥、小笠原池内蔵太広田恕助、岡田以蔵らが集まった。標は「一勤王」を掲げ、土佐に戻るとさらに同士を集めていった。

しかし、当時の土佐合体論を是としており、やがて福岡次、市原八郎右衛門ら大付は彼ら土佐勤皇党の動きを視できなくなり、半平太を説得しようとする。しかし、半平太は逆に山内容堂を尊王攘夷に向かわせようとし、そのために仕置役・吉田東洋が邪魔になりつつあった。

長州久坂玄瑞長井雅楽の説得に苦悩していたが、の中にとどまり「一勤王」を半平太と異なり、玄瑞は莽の志士が立ち上がるほかない、と血気にはやっていた。それに影された吉村太郎坂本龍馬ら脱者が出始めると、半平太はついに吉田東洋を倒す決意をする。
こうして郷士の那須信吾大石団蔵、安岡嘉助が選ばれ、1862年に吉田東洋を暗殺。東洋体制は倒され、土佐は尊王攘夷を掲げるようになったのである。

京から江戸、そして…

1862年、薩摩島津長州毛利敬親の養嗣子・毛利定広らが相次いで入し、他の雄でも着実に尊王攘夷工作が進んでいた。しかし吉田東洋こそ倒したものの、半平太の意向とは裏に、重役は保守的であり、延期に延期を重ねた参勤交代も、ようやく大坂に入った所で麻の流行で止まってしまった。ここで半平太は、このタイムラグを利用し、天皇の意向を「御内沙汰書」として受け取り、土佐にの入にも成功したのである。

さらにでは、島田左近の暗殺をかわぎりに、天誅が行われ始めた。半平太も本間精一郎をはじめとした天誅事件に関わっており、合体論者であった九条尚忠・岩倉具視久我建通・千種有文・富小路敬直・今重子・堀河紀子の「五奸二嬪」の排除をもくろむ。さすがに尊王攘夷公家中山する彼らの暗殺には乗れず、忠中山忠能三条実美らと相談し、彼らの京都追放に成功した。
その後も長野主膳の配下だった役人たちの襲撃を半平太自身が揮し、以降関白近衛忠煕に止められたため半平太自身の関与した天誅はなくなるも、京都は依然として陰惨な空気が漂っていった。

やがて三志士たちは幕府に攘夷の勅使を贈ることをもくろみ、三条実美、姉小路公知の勅使の派遣院宮から伝えられた。この勅使には島村衛吉、小笠原岡田以蔵、久喜代阿部司馬多田太郎ら土佐勤皇党の警護に加え、半平太自身も姉小路の雑柳川左門として勅使に付き添ったのである。

一方江戸では山内容堂が勅使への対応を、尊王攘夷に対する危機感から、行っていた。容堂自身も尊王であったものの、その濃度と攘夷に対する対応では半平太とずれが生じていたのだ。

そして勅使は江戸についたものの、徳茂の麻を利用して、幕府は歩戦術に出ていた。そんなさなか、久坂玄瑞高杉晋作らはイギリス使の襲撃を計画し、半平太や毛利定広の工作で中止の説得には成功したものの、長州士・周布政之助が山内容堂を罵倒し、次第に半平太らと長州士の中心人物たちとの間に齬がきたしていた。

勅使自体は尊王を将軍が明言することで、成功に終わり、嶽らとも会見した半平太は江戸から戻っていった。ところが先行して江戸を発った間崎哲馬健太平井収二郎と、院宮から「旨」を出すように願い出、土佐に帰し、の重役たちに伝えたのである。収二郎と会った半平太は一の不安を感じながらも、で上士・留守居組に昇進することで、依然山内容堂の補佐を務めていくこととなった。

攘夷決定と武市半平太の最期

そんなさなか中山が今度は攘夷決定を他の公家に迫り、久坂玄瑞寺島三郎木武兵衛半平太のアドバイスによって忠に接近し、時の関白鷹司熙邸へ座り込みをし、姉小路公知正親町実徳らの協もあって、孝明天皇に攘夷の実行を幕府に命じさせることに成功したのである。

しかし一慶喜、嶽、容保、山内容堂ら在していた幕府の重鎮たちは、この決定が理に近いことを理解していた。そしてその起点となった半平太と容堂の間の齬がついに表面化しだしていったのである。

その中で最初に犠牲になったのは、先日旨を受け取った平井収二郎である。収二郎は、下士であるにも関わらず、容堂に提言、姉小路公知に護身用のピストルを渡したり、鷹司熙に議論をかけたりと、大胆な行動に出ていた。容堂は、収二郎を叱っただけではなく、役職を取り上げ、止めようとした間崎哲馬健太らに院宮の旨の非を諫め、自書を出させたのである。

半平太は容堂を諫めたが、合体論者である薩摩士・高崎太郎が容堂に次第に接近していた。ここまで歩調を合わしていた薩摩が、島津の意向もあり離脱し始めていたのである。しかし容堂は半平太に限っては自分のもとに留め置こうとし、京都留守居加役につけたのだ。

そして山内容堂と武市半平太は土佐に帰。容堂は尊王攘夷を取り除き、土佐勤皇党の解散を命じた。また院宮からの、旨はやむなく発したものというもあり、平井収二郎間崎哲馬健太切腹させた。

半平太は三人を失い、尊王攘夷を決行するよう容堂の説得を行った。しかしついに八月十八日の政変が起きる。中川宮、つまりかつての院宮が参内し、孝明天皇合体と結びつけ、容保と島津率いる会津薩摩の軍がを制圧。長州と土佐勤皇党、三条実美ら尊王攘夷卿たちが取り除かれたのである。この結果半平太も八方ふさがりに陥っていく。

そして9月21日、武市半平太は逮捕される。苦しい状況に置かれたものの、番たちを魅了し、半平太は同士や家族との交流が行えたようだ。1864年に取り調べが始まり、岡田以蔵逮捕と彼の自によって、土佐勤皇党の党員たちが次々と捕まり、半平太も苦に陥る。実の田内衛吉の自殺、妻・のいとこであった島村衛吉の拷問死等、土佐勤皇党のメンバーが次々と死んでいき、ついに1865年5月11日切腹が決まった。介錯は島村寿太郎・奈美の養子・小笠原が務め、ついに亡くなったのであった。

半平太のその後

土佐勤皇党は、半平太の死で事実上壊滅し、後に土佐が討幕勢に加わった際に中心となったのは、土佐勤皇党の弾圧を行った後藤象二郎や、上士の板垣退助であった。

やがて田中顕らの支援半平太の名誉回復が行われ、1891年4月8日に正四位を追贈されたのであった。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%A6%E5%B8%82%E5%8D%8A%E5%B9%B3%E5%A4%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

武市半平太

1 ななしのよっしん
2018/06/30(土) 18:43:54 ID: DI3tWQfHMg
編集お疲れ様です。結構有名な人なのに記事なかったんですね。
半平太の方が有名かも?
2 ななしのよっしん
2018/06/30(土) 19:36:45 ID: DI3tWQfHMg
編集お疲れ様です。半平太のモデルの人ですね。

急上昇ワード