高杉晋作単語

タカスギシンサク

「高杉晋作」たかすぎ・しんさく 1839年9月27日 ~ 1867年5月17日)とは、幕末における討幕・尊皇攘夷の志士であり、長州士である。またの名を潜蔵(たに・せんぞう)。

元は中級士の息子だったが、松下村塾で西洋軍学や世界情勢(欧列強のアジア進出とアヘン戦争末など)を学んで、日本の将来を憂慮。先鋭的な倒幕論者となり、尊皇攘夷思想を持つに至った。
革新的な軍事導者として、奇兵隊を始めとする長州諸隊の設立と揮に携わり、伊藤博文木戸孝允らと共に長州の実権を握った。同の倒幕運動を牽引した功労者の1人である。

明治維新日本近代化に貢献した英傑の1人であり、維新後も生き存えていれば相応の地位を与えられていたはずだったが、若くして没したためにそれはわなかった。彼が日本史上に及ぼした影の大きさはるに及ばないが、その過程で行った破壊活動や、過かつ自由奔放すぎる言動については意見が分かれる。

 

生涯

激動の時代に生まれ

保10年(1839年)に長州士・高杉小忠太の子として生まれる。
嘉永5年(1852年)に校である明倫館に入学するが、久坂玄瑞に誘われて、身分に因らず入塾できる吉田松陰の私塾・松下村塾にも掛け持ちで入塾。作は優秀な塾生として、当時から周囲にも認知されていた。(松下村塾四天王の1人、とまで呼ばれるようになったとかないとか。)

嘉永6年(1853年)に、船が来航。これに対して何ら有機的な動きの取れない幕府に対して、世人達は不安感を募らせていく。幕末と呼ばれる歴史ピリオドが始まった。
こうした上方における情勢変化を受けてか、作は安政5年(1858年)に命により江戸へ留学し、坂学問所でも学んだ。だがその翌年に安政の大があり、師であった吉田松陰が捕らえられてしまう。急報を受けた作は陰をすぐに見舞うが、その直後に陰は処刑されてしまった。

吉田松陰作のことを評価していたが、剣術ばかりに傾倒して学業には熱心でなかったために、素はあまり褒められる事はなかったとされる。(ただし剣術に関しては本当に熱中していたらしく、柳生新影流免許皆伝という趣味や片手間では済まない腕前を習得していたりする。)
陰は作の同輩で、同じく優秀だった久坂玄瑞を専ら褒めており、作はむしろ陰に隠れがちだったらしい。だが元来負けず嫌いな性格でもあった作はその現状に満足せず、久坂に対抗心を燃やして学業にも徐々に熱意を移していき、その才を開させていったとされる。(実は、作の性格を利用した陰の深謀遠慮であったとも言われているが、その偽は定かではない。)

にもにも、師を幕府によって殺された作は、それ以前に松下村塾で受けていた教育を下敷きとして、徐々に幕府への反感を募らせていった。(ちなみに、安政の大導した幕府大老・井伊直弼は、1860年に桜田門外で暗殺されている。)

海外渡航と旧態幕府への危機感

文久元年(1861年)に、作は保有の軍艦』に乗船する。
丸は長州船来航を受けて建造した初の西洋式軍艦であり、軍艦として特筆する性はあまり持っていなかったが、新生長州軍の徴的な船であった。

作はこれに乗り、「軍修練」と称して各地へ出向。翌文久2年(1862年)には、長崎から大陸都・上海へと渡る。だが彼がそこでにしたのは、かつての大清国が太天国の乱やアヘン戦争の余波で衰退し、欧列強によって植民地化されつつあるという厳しい現実だった。(この時、上海で購入したリボルバー拳銃が、後に坂本龍馬の手に渡る。)
一方、作が大陸渡航している間に、長州では政変が起こっており、桂小五郎木戸孝允)や伊藤俊輔伊藤博文)ら尊皇攘夷思想に基づく倒幕が台頭した。同年帰した作も、旧態依然とした幕府への強い危機感から、この一連の倒幕運動に積極的に参加していく事になる。

作は、久坂玄瑞らと共に英国使の暗殺を論むが、この最初の計画は当時の毛利敬親の長子だった毛利定広(後の元徳)のに入ったために、謹慎を命じられた。
だが作は諦めず、同年暮れに久坂玄瑞伊藤俊輔らと共に江戸品川英国使館を焼き討ちした。これは長州士による倒幕運動において徴的な出来事であり、世間のを集めた。部はこれによる幕府の制裁や外との過度な関係悪化を憂い、作を江戸から召還して再び謹慎を命じた。

列強の脅威と長州の孤立

文久3年(1863年)、長州は幕府から下された(正確には朝廷の勅命である)攘夷命に基づいて、下関に集結していた外船に対して撃する。(下関戦争
だが、その結果は惨憺たるものであり、長州軍は軍艦からの報復を受けて壊滅。従来の軍事による攘夷は不可能であると断じた作は、身分制度に縛られない私兵軍隊『奇兵隊』の創設に乗り出した。(また作は同時期に下関防衛総監に任じられているが、教法寺事件の責任を取らされて間もなく任を解かれている。)

一方、京都では八月十八日の政変によって長州が一掃され、長州は孤立化の一途を辿る。覚悟を決めた作は文久4年(1864年)に脱して京都に潜伏し、情報収集にあたる。その後間もなく作は桂小五郎の説得に応じて帰郷するが、当然の如く脱の咎により投されてしまった。
同年7月禁門の変により長州朝敵として討伐対となり、いよいよ追い込まれていく事になる。この一連の戦いの中で、作の友だった久坂玄瑞が自、他にも多くの志士たちが戦死してしまう。

文久4年8月、下関にの四ヶ国連合艦隊が来襲。これに長州軍は台を増強して応戦したが、新式装備を持つ連合軍には太刀打ちできず、またしても惨敗を喫する。この戦いの時、作は不在であり、奇兵隊を始めとする長州諸隊は山県狂介(山県有)が揮していた。
赦免された作(当時24歳)は、いきなり連合軍との和交渉役を任された。この時の作は終始とても高慢な態度だったが、連合軍の講和条件は全て受け容れた。(ただし、賠償についてはではなく、そもそも攘夷命を出した幕府へと請した。またこの時、連合軍は植民地化をも論んでいたとされるが、作がそれだけは頑として受け容れなかったために実現はせず、第2の香港誕生を未然に防いだ・・・と言われているが、伊藤博文回想による話なので真実か否か不明である。)

四ヶ国連合軍との講和がまったのも束の間、今度は幕府軍による長州征伐(第一次長州征伐)が始まる。
先の連合軍との交戦によって及びとなった長州部は、武による攘夷はもはや不可能、幕府に恭順して生き残りを図ろうという穏健(俗論)が幅を利かせ始めていた。
内が穏健日和見義者達で占められていく中、居心地の悪くなった作は福岡へと一旦逃れる。だが彼はそれしきで諦めるような男ではなく、自らの手足と言っても過言ではない私兵集団・奇兵隊や、伊藤俊輔石川五郎といった股肱の臣達を動かし、長州から穏健を一掃してその実権を握るべく行動を開始する。

元治の内乱と四境戦争

第一次長州征伐(1864年の暮れ)の結果、長州部は三家老福原元僴・国司親相・益田親施)を切腹させ、尊皇攘夷の後ろとなっていた五卿(三条実美・三条西季知東久世壬生基修四条隆謌)を幕府側へ引き渡すことでの存続を図った。
生き残りのため、と言ってしまえば聞こえは良いが、これは幕府への事実上の降伏であった。またこの時期、穏健(俗論)の拠る山口と、強硬長州正義)の拠る萩とで意見対立が深刻となっており、長州そのものも内部分裂を起こしていた。穏健は、幕府による大規模な軍事制裁を招いた責任を、全て強硬を始めとする尊皇攘夷へと転して事態を収束させようと図る。

そんな動きの中、穏健による強硬幹部への粛清が始まり、井上聞多(井上)が襲撃されて重傷を負ってしまう。福岡野村望東尼の元で匿われていた作は、この事を聞いて遂にへのクーデターを決意する。クーデター計画に関して、山県狂介らは謀であるとして反対はしたが、作のことを強くは止めなかった。
1864年12月14日作は伊藤俊輔を筆頭とする私兵部隊84名を率いて、功山寺で挙兵(元治の内乱)する。作らは幕府側へ引き渡されかけていた五卿の身柄を確保すると、の中枢部を武占拠。後から山県の奇兵隊など、クーデター慎重だった諸部隊も合流し、討幕の勢いは大きくなっていった。(ちなみに、12月14日穂浪士による吉良邸討ち入り、吉田松陰の脱と同一日であった。)

作らの行動によって、内部は倒幕・尊皇攘夷(つまり強硬)によって統一された。だが、長州側のこの一連の動きを見ていた幕府側は、再びの長州征伐を計画する。幕府直轄軍と九州の軍を動員して、長州を包囲しようと図った。(当初、幕府は状況を楽観しており、大軍で包囲すれば長州は降伏してくると睨んでいた。)
これに対して、長州側は軍備を増強する。長防士民合議書マニュアルのようなもの)を印刷して領民を士農工商関係なく動員して皆兵制度を構築し、奇兵隊などの長州諸隊を更に増強させる。
またこの動きの中で、作はかつて敵視していたイギリス使ハリーパークスと会談。土佐に依頼して薩摩との関係を取り持ってもらい、長同盟を実現させた。薩摩イギリスとのルート開通により、長州には西洋式の最新鋭火器が入ってきた。
幕府軍もフランス支援によって装備の近代化を進めており、最新鋭火器を多数保有していたが、ごく一部に過ぎなかった。また幕府軍は諸の連合軍だったために意思の疎通が図れておらず、烏合の衆に近かったために、幕府軍監として任命された老中・小笠原長行にも全く統率が取れていなかった。

慶応元年(1866年)、10万の幕府軍は四方面(四・・・大島口、芸州口、石州口、小倉口)から長州へ侵攻。二次長州征伐(四戦争)の始まりである。
作は幕府軍の侵攻に対して、長州軍総督として軍艦丸』に乗艦。周防大島に停泊していた幕府軍の艦隊を夜襲して大打撃を与え、第二奇兵隊(指揮官・世良修蔵)を投入して周防大島を奪還する。また小倉戦線では上からの撃によって幕府側の台と陸上部隊を攻撃し、報隊を始めとする諸隊を上陸させて沿部を制圧する。それ以外の戦線では状況は着状態に近かったが、長州軍の予想外の抵抗に幕府軍は出鼻を挫かれる形となり、長州征伐計画は全に頓挫してしまった。

この戦いで明らかになったのは、長州の強さというよりも幕府軍の惰弱さだった。
わずか5000足らずの長州軍に、10万以上の幕府軍が潰乱してしまったという事実は、下に幕府の終わりを予感させるに十分なものだった。戦いに勝利した長州は、余勢を駆って一気に倒幕を推し進めていく事になるが、その動きの中に高杉晋作の姿はなかった。
彼は、第二次長州征伐の勝利から程なくして病(肺結核)に倒れ、死の床に着く事になったのである。

大政奉還を眼前にしての死没

二次長州征伐の休戦後、幕府の影は低下していき、長州を始め討幕への介入は事実不可能になっていった。
これにより下の情勢は急速に倒幕へと傾いていく事になる。その動きを高杉晋作は歓喜しながら見ていたが、病に倒れた彼はこれに直接関与する事はできなかった。

慶応3年10月14日1867年11月9日)、幕府は遂に大政奉還(日本の統治権の朝廷への返上)に踏み切る。
大政奉還は徳川慶喜による合体政治への移行を論んでの深謀遠慮だったのだが、これは明治維新に向けての更なる波乱の幕開けに過ぎなかった。
当の高杉晋作は、大政奉還の間を見ることなく慶応3年4月14日1867年5月17日)に死没していた。だが、彼は江戸幕府の崩壊とその後の展開を予見していただろう。(仮に彼が維新後まで生き残っても、彼のような苛な人物に活躍の場が残されていたかどうかは、疑問の残るところだが・・・)

享年29歳。短くもしく、苛人生を送った『革命』の最期を看取ったのは、息子といった近親者と、山県狂介や田中顕助といった股肱の臣達だった。
彼のことを、新時代を牽引した『風雲児』『英傑』と表する者もいれば、破壊と狂躁に塗れた『暴君』『テロリスト』と表する者もいる。だが、彼という原動がいなければ、優秀な者も多いが優柔不断な者も多い長州維新志士たちがと意志を持つ事もできなかっただろう。
中立的な形容をしても、彼は『近代日本の元勲の1人』と言い切る事ができるのではないだろうか。(大日本帝国初代総理大臣伊藤博文ですら、当時は伊藤俊輔を名乗って高杉晋作の元で数多くの殺戮や破壊活動に身を染めていた。当時はまだ、自由な言論や政治活動が許された、自由民権も民主主義もない時代だったのだし、仕方がないといえば仕方がない。)

彼の死後、彼が『潜蔵』と名乗ってしていた督は遺児の之進(後に高杉東一)が継いだ。また作のである小忠太は、維新が成功した1891年まで長生きした。
維新後、作は正四位を追贈されて、木戸孝允大村益次郎らによって靖国神社られた。

 

動けば雷電の如く発すればの如し、衆駭然、敢て正視する者なし。

これが東行高杉君に非ずや

高杉晋作について、伊藤博文の評価。彼の人生をまさに表している。

 

辞世の句

「おもしろきこともなき 世"を" おもしろく」

「おもしろきこともなき 世"に" おもしろく」

世にも有名な作の辞世の句であり、現在は上記の二通りの説に分かれている。作自筆の句や遺書は残っていない。
ちなみに、面き~のくだりは作自身が書いたが、病により筆を取り落としてそれ以上は書けず、元にいた野村望東尼すみなすものは心なりけり」と下の句を付けたとされる。それを見て、作は「面いね」と評したとか。

上の句だけを読むと、『くない世の中を、もっと面くできないのか?』または『世の中を面くする事はできなかった』とも『くない世の中を面くしてやったぞ』いう意味にもとれる。だが下の句を付け加えて、全体を読み通すと『くもない世の中を面く生きるには、何事も心意気次第だ』という意味にもなる。


どう受け取るかは、後世に生きる者達の解釈次第であろう。その方が、想像を掻き立てられていし

 

 余談 

坂本龍馬ピストルを渡す役割をし、長州を代表する幕末志士の一人としての知名度を誇っているが、活動をした範囲がほぼ長州中心だった為かNHK大河ドラマでは意外と出番が少なく1977年の『』(演者:中村雅俊)の次に登場する2010年の『龍馬伝』(演者:伊勢友介)までなんと33年の間があった。(なので強い印を残す為にあえてTVドラマ顔出しどしない俳優を起用したのだとか)
そして2015年の『花燃ゆ』で吉田松陰文を役にした長州メインの作品になる事が確定したので当然ながら作も登場する。(演者:高良健吾

 

関連動画

夢なき者に、成功なし。by吉田松陰

 

関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AB%98%E6%9D%89%E6%99%8B%E4%BD%9C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

高杉晋作

19 ななしのよっしん
2014/06/30(月) 12:18:13 ID: N6teGs8WK3
>>16高杉、そして少しランクは下がるけど
伊藤も功労者として評価されるべきなんだけど
実際のところ戦争や禁門の変で攘夷が壊滅状態に
なるまで長州は攘夷テロリストの巣だったわけだし

今後高杉軸として描写する際、
1.久坂玄瑞が志に拘り過ぎて視野が
狭くなり却って進むべきを誤り
長州を危なくする
2.そこから高杉らが盛り返す
という描写はしてもいいかもしれない
20 ななしのよっしん
2014/11/19(水) 20:06:06 ID: aWMUDROUqQ
元祖はるかぜちゃんw
21 ななしのよっしん
2015/02/28(土) 22:05:51 ID: MZWAHNL15e
>>16
高杉晋作の後は奇兵隊参謀の前原が継承し戊辰戦争で活躍して軍のトップなるという栄達を極めた。
徴兵制で恩顧の兵士リストラされることや民衆の負担増に反対すると政府をやめて反乱を起こした。
反乱には不士族だけでなく地元の若者たちが馳せ参じるほど絶大な人気があった。
でも乱が鎮圧されると一転して禁忌になってしまった。
高杉晋作の後継者とされた人でも歴史の敗者になるとこの扱い。
22 ななしのよっしん
2015/04/23(木) 10:40:40 ID: CK4k7L+G3t
>>21
リストラ反対の反乱おじさんと攘夷志士を同じレベルるのはなあ
板垣退助とか「を思う気持ちは同じだ」とか言って
戊辰戦争後に会津の名誉回復に奔走してるし
本当に中身のある連中なら何かしらのフォローがされてたのではないか
23 ななしのよっしん
2015/08/07(金) 22:48:54 ID: erHtwMuhFg
西郷政府の計らいで名誉回復されたが、江藤はされてないしな

彼らがいないと維新は起きなかった(西郷高杉
or
いてもいなくても維新は起きていた(前原江藤

じゃ扱いの差が違うのは当然
24 ななしのよっしん
2016/03/06(日) 20:16:45 ID: 8f7oyTgnNr
>>14
触りのいい…?
低学歴かな?
25 ななしのよっしん
2018/04/26(木) 21:56:27 ID: 7urExcnqOZ
「よっ、征夷大将軍

が効きすぎて好き
26 ななしのよっしん
2018/05/27(日) 19:26:06 ID: htmUzocjK8
>>21
まあわかりきってたことだけどね
高杉も長生きしてたらこうなってた

そもそもこんなな人物が大組織の一員として留まれるわけがない
船にめったやたらに大砲ぶちかますわ、何回も脱するわ、英国使館焼き討ちするわ

途中死んだからむしろ名を残したというのはあると思う
27 ななしのよっしん
2018/05/27(日) 19:41:18 ID: O4JnAUbVYu
>第二次長州征伐の勝利から程なくして病(肺結核)に倒れ


と記事にはあるが、前兆や自覚症状は
いつごろから出始めていたのだろう。

結核感染が「太く短い生き方」に
一層の拍をかけた可性も高い。

28 削除しました
削除しました ID: TfQvsBRFd+
削除しました

急上昇ワード