無人惑星サヴァイヴ単語

ムジンワクセイサヴァイヴ
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

宇宙開発が盛んな時代。スペースコロニーで何不自由なく暮らしていたわたしたち七人と一匹は、
修学旅行に出発したその日に宇宙に会い、見知らぬ惑星に流れ着いた。
そして、私たちのサバイバルが始まった──。


無人惑星サヴァイヴ』とは、2003年10月16日から2004年10月28日までNHK教育テレビで放送されたNHKの本気アニメである。全52話。
アニメ作品一覧

概要

現在からはるか未来惑星開拓やワープ航法による間航行が当たり前になっている時代が舞台地球は人の住めないと化し、人類は銀河中の惑星コロニーを形成して生活している。

修学旅行へ出かけた7人の少年少女と1匹のロボットが見知らぬ惑星に漂着し、サバイバル生活をしつつ自分たちのコロニーに帰ろうと頑物語である。

序盤は純でのサバイバル生活中心のアニメだったが、
中盤には宇宙から脱獄囚の3人組が侵略しに来たり、
39話と40話ではニヤニヤが止まらない程のラブコメアニメになったり、
終盤にはの外へ立ち冒険アクションアニメ
ルナニュータイプ覚醒で本格SFアニメになるなど、一筋縄ではいかない展開に。

サバイバル生活を通じての教訓や仲間との協調、キャラクターの成長など、教育アニメとしての完成度は高い。

七人と一匹+αの大雑把な紹介

ルナCV:岩居由希子)
ルナ
主人公14歳火星出身で、第1話でソリア学園に転校してきた。幼い頃に両親を失っており、それからはチャコと二人暮らし。明るく元気で、道徳心が強い。みんなのリーダー的存在。身体はそこそこで常人並みだが、後にチート級のを得る。あとニュータイプ
チャコCV:小飯塚世江)
チャコ
ルナと暮らしているネコロボット。なぜか関西弁で話す(ついでに言うと、中の人関西出身じゃない。しかもシャアラの中の人関西出身)。スクラップ棄される寸前だったのをルナ修理してもらい、彼女の幼い頃からずっと一緒にいる。機械コンピュータの診断、食物の味役など、何気に高性。「心はいつも青空や!」
ノリ・ヴィスコンティ(CV:安藤麻吹)
メノリ
ツンデレお嬢様でソリア学園の生徒会長14歳。宝物のヴァイオリンを持参。名であるヴィスコンティのためプライドが高く、自他に厳しくするためルナリーダーになりたての頃はしばしば反発したりしていた。不器用で皆と信頼関係を築くのに悩んでいたが、後に参謀役の一人としてルナを支えるようになる。あといつの間にかタイツはいてない
シャアラ(CV:木下菜穂子)
シャアラ
眼鏡っ娘メルヘン少女14歳。第2話でルナに命を助けられて以降、親友になる。身体は低いが想像豊かで、動物や居住地など、なにかに名前をつけるときは大抵彼女が名づける。両親に頼りきりの現代っ子(未来っ子?)でサバイバル経験がなく、厳しい現実に幾度となく涙し挫けそうになりながらも逞しく成長していく。33話でニュータイプ並みのパイロットとして覚醒おばさん←だがそれがいい
ワード(CV:石田彰)
ハワード
ワード財閥の御曹司14歳すべての元凶。性格は自己中心的でわがまま、コロニーではの権を利用してベルをパシリにするなどやりたい放題であり、メノリ達からは問題児扱いされている。しかもホラ吹きの上にヘタレトラブルメーカー。でもなんだかんだ言ってムードメーカー。あと女装すると可愛い
シンゴ(CV:皆川純子)
シンゴ
ガリ勉メガネくん12歳。学園では非常に成績が良く2年飛び級したためにルナ達と同級生だが、精的には他のメンバーよりもまだ子どもコンピュータ機械に強く、チャコとよくコンビを組んでコロニーに帰る手立てを模索する。
(↓若干ネタバレ反転
後に救難信号をキャッチし惑星に不時着した輸送船メカニックポルトと出会い、反重力装置を使ったを渡る船「オリオン号」を共に創った。
カオル(CV:真殿光昭)
カオル
無口クールイケメン14歳。卓越した生存の持ち。というか、人。戦闘バトルマンガ並。口を開けば厳しい言葉が飛び出し、とも打ち解けようとしないが、仲間思い。とある重い過去を背負っている。ポキ。
ベル(CV:高瀬右光)
ベル
タケシ16歳。大柄だが素で優しい。冥王星コロニー出身で、この時代の人間にしてはサバイバルが高く、カオルのような身軽さはないが持ち。学園ではハワードやその仲間から理不尽なイジメを受けていたが、生活では頼りがいのあるナイスガイに。
アダム(アルドゥラムギェット)(CV:奥島和美)
(↓ネタバレ反転
ショタルナたちが漂着したの遺跡でコールスリープ処理を施されていた現地人。体内のナノマシンを用いて、離れていてもルナテレパシーで会話できる。

漫画版

他のNHKオリジナルアニメと同じくNHK出版による漫画版が存在する。全2巻。作者NHKオリジナルアニメの第1作飛べ!イサミ』も手がけた長谷川裕一(ただし、厳密にはちょっと違うのだが・・・)。

が到来するまでの大筋のストーリー展開はアニメ版とほぼ同じだが、結末はかなり異なっている。

関連動画

関連商品

アニメ

音楽

書籍

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%84%A1%E4%BA%BA%E6%83%91%E6%98%9F%E3%82%B5%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

無人惑星サヴァイヴ

121 ななしのよっしん
2017/10/09(月) 16:33:10 ID: eaGMZ5KDvc
この頃の三文字作画はひどかったなあと思う
今の三文字作画はだいぶマシになったもん
122 ななしのよっしん
2017/12/30(土) 04:00:45 ID: pEkwKkTfOg
ルナがなんでテレパシーとか不思議なが使えるか、なんでナノマシンが体に入ってたのか説明あった?
が最後まで明かされなかった気がする。
123 ななしのよっしん
2018/02/05(月) 18:24:41 ID: pbv8teqGAP
どうでもいい話だが、無人惑星サヴァイヴの前半に出てくるARIAの「その、あるはずのないへ」に出てきたがどう見ても一致しているようなのは気のせいだろうか
124 ななしのよっしん
2018/03/08(木) 20:19:06 ID: /hS8KB0D6G
ちょっと前の少女漫画か名劇系の作品で
「親が持ちなライバル」って出てきたけど

ワードってそのテのキャラの男版だと思った
取り巻きの存在といい、性格といい、それっぽい
125 削除しました
削除しました ID: 7vU5X1YlGt
削除しました
126 ななしのよっしん
2018/03/17(土) 18:29:27 ID: 8F1suJ3d1u
ワードを大事な仲間と受け入れるルナ達は甘すぎみたいな意見を見たことあるけど
彼を見捨てなかったからこそルナ達の人っぷりが引き立つのだよ

あと43話のラストでハワードが身を挺してシャアラを助けるシーンも今までの彼じゃ考えられないカッコ良さだった
でも今の時代じゃ、不良がち少し良い事すれば許すのかって立つので
今の放送してたらああいうシーンも「今までが酷すぎて帳消しにならない」「他の仲間の方が頑ってたのに」「迷惑掛けられた仲間の方が可哀相」とかれてしまうんかな
127 ななしのよっしん
2018/03/21(水) 04:03:33 ID: R/Q7urdHKw
>>122
ナノマシンに関しては本編45話の後半に出てるよ。テレパシーに関しては電波ナノマシンが受信してに伝えてるのではないかと
128 ななしのよっしん
2019/05/15(水) 21:33:52 ID: 3C+m6v9c6q
見てみたけど周りの仲間がハワードを見捨てない、殺そうとしないのは不明だった

遭難した元、その後も傍若人に振舞ってトラブルを起こすわでロクなことにならないで
仲間達がヤツを生かしておく理由はあったのかと
129 ななしのよっしん
2019/05/15(水) 21:44:02 ID: P3NlXNoFA0
本来の視聴者層的にもNHKアニメ仲間見捨てる展開とかできねえだろと・・・。
130 ななしのよっしん
2019/07/11(木) 18:55:02 ID: 8xe3TtI/ht
いくら(その時点では)無能しかもたらさないといっても
(見捨てる等の間接的手法だとしても)殺してしまったらパーティ結束は崩壊する

役立たずは消す、という方針でそれを実行しちゃったら
もうどうやってもギスギスにしかならない
ただでさえ精体的に摩耗してくのに、それ+殺人の罪悪感に苛まれ
次は自分かもしれない、という恐怖で疑心暗鬼になる
の隠蔽も理だろうしね、行動域が限られるし死体の処理というのは人力じゃとんでもなく困難
いずれ露見する危険性が極めて高い
待ってるのはお決まりの分裂、対立、台頭、闘争、粛清、崩壊

それなの王でよくねって話だし

急上昇ワード