狂気の山脈にて単語

キョウキノサンミャクニテ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ
エルダーサイン この記事は「ナサニエル・D・ピックマン財団」の管理下にあります。
不定の狂気に侵される危険性がありますので閲覧にはああ窓に!窓に!

『狂気の山脈にて』(At the Mountains of Madness)とは、H.P.ラヴクラフト小説である。

狂気山脈』など別名もあり。

概要

ラヴクラフトによる長編小説。執筆期間は1931年2月から3月と、極端にい。1936年に『アスタウンディング・ストーリーズ』に3回に分けて発表されるが、編集部による変や削除が多く、アーカムハウスから原文が発表されたのは1985年のことだった。

ラヴクラフトが創造、後世に発展したクトゥルフ神話において、ラヴクラフト自身による「古き時代の地球」が描かれた重な一篇。

あらすじ

1930年、南極大陸

ミスカトニック大学の地質学教授である「私」ことウィリアムダイアーは、探検隊を率いて同地に遠征を行った。大陸地下の化石や土砂の採取・研究が的だったが、生物学者のレイ教授は地層の年代と矛盾する、奇妙な縞模様に注する。この地層が伸びる方角への探索をレイクは強硬に、分隊と共に出立した。

その後レイク隊からの線が入り、驚くべき報告がなされる。それは未知の巨大な山脈の発見と、地下の洞窟から見た事もない奇怪な化石が発見されたという報告だった。
動物植物双方の特徴を兼ね備えたそれは、解剖によって外見以上の神経系の発達が認められ、世紀の大発見に探検隊は奮に包まれる。

しかし翌日以降、レイク分隊からの定期連絡は入って来なかった。最悪の事態を懸念した「私」は助手のダンフォーを伴い、レイク分隊の捜索に向かう。
探索から帰還した後、ダンフォースは錯乱状態が続いた。「私」はレイク分隊が強全滅、発見物もすべて失われたと報告した。だがそれは、あの「狂気の山脈」に隠された恐怖を隠蔽する為のだったのだ……

再び南極探検隊が結成・派遣されると聞いた「私」は、意見書という形であの日の相についてり始めるのであった。

その他

タイトルロードダンセイニの短編『ハシッシュの男』の台詞「And we came at last to those ivory hills that are named the Mountains of Madness(かくしてらは「狂気の山脈」と呼ばれる牙の丘へとやって来た)」から取られている。

また、エドガーアラン・ポー小説ナンタケット出身のアーサーゴードンピム物語』における設定も登場している。作中に登場するショゴスの有名な鳴きてけり・り!てけり・り!」は同作に登場する巨の鳴きである。

その他にも様々な作品からの影や着想が摘されており、物語でのみ知る「南極大陸」に寄せたラヴクラフトの夢想を支えていると言える。

映像化がたびたび持ち上がっており、ギレルモ・デル・トロ2006年映画化を計画するも断念している。
1994年ジョン・カーペンターホラー映画マウスオブ・マッドネス』を開。見て解る通り本作のタイトル、およびクトゥルフ神話オマージュしている。

2011年に「Mystery Stories: Mountains of Madness」のタイトルゲーム化。いわゆるアイテム探し系のクリックゲームで、壮麗な殿舞台とした解き、迫りくるショゴスなどを描いている。

2017年に本作からインスパイアを受けたホラーゲームConarium」が発表。本作の後に起きた出来事を別視点で描いている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%8B%82%E6%B0%97%E3%81%AE%E5%B1%B1%E8%84%88%E3%81%AB%E3%81%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

狂気の山脈にて

26 ななしのよっしん
2015/09/13(日) 00:09:18 ID: eh8bzKwcPE
岩男潤子さんの「になれ」が…友人に言われて以降これネタに聞こえて仕方ないww
27 ななしのよっしん
2016/07/18(月) 02:50:49 ID: JEVx0p4KGk
>>25
寝てたらい類人に急に解剖されてびっくりして暴れたら相手が全滅したので埋葬してたら野良ショゴスに襲われてフルボッコにされ死亡とか可哀想
28 ななしのよっしん
2016/07/18(月) 15:35:41 ID: 8QOPOOWRhx
>>27
ひでえw
29 ななしのよっしん
2017/03/27(月) 02:46:33 ID: D106pvT1Bp
今回のドラえもん映画がまんまこれって聞いて飛んできました
30 ななしのよっしん
2017/10/29(日) 10:36:14 ID: PlpHgZfM6y
登山家たちのクトゥルフ神話TRPGリプレイ
>>sm30884037exit_nicovideo

リアルセッション
31 ななしのよっしん
2018/01/10(水) 19:48:40 ID: koFffn0cIr
南極秘の残り香が漂う、6000m級の、あるはずがない、高山…。
32 ななしのよっしん
2018/12/11(火) 03:38:32 ID: JEVx0p4KGk
3万4千フィートだから1万メートル越えてんだよなあ
33 ななしのよっしん
2019/01/23(水) 11:37:17 ID: Pvi2SE0KUk
古のものって、接触の仕方によっては人類と平和的にコミュニケーション取れそうなのが良いよね
地球上のどの生物とも異質な身体を持ってるとはいえ、見ようによってはなんか嬌や格好よさを感じるし
自分らが生み出したテクノロジーに滅ぼされかけるってところも実に「人間くさい」
友達になってみたいもんだわ
34 ななしのよっしん
2019/01/27(日) 06:58:50 ID: TGp3q7eE4A
『古きものたちの墓』は「あれは古のもの本人がラヴクラフトテレパシー送っていたからだぞ! 本性はいろいろアレだぞ!」という話だけど、わた春香属性(懐かしい!)が付いたせいでかえって嬌が出てしまっているのが笑える。
ところで狂気山脈本編人間ふって喰ってたのはなんなの。解剖された敵討ちなのか単に「で、味は?」という意図なのか。
35 ななしのよっしん
2019/07/28(日) 23:50:43 ID: W4AT5jqRyg
>>33
まさに「何であれ、彼らは人間だったのだ」ってことだな