荒木村重単語

アラキムラシゲ
1.9千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

「荒木村重」あらき・むらしげ 1535~1586)とは、織田信長の信任を受け、摂津という大領を任せられながら、突如信長を裏切り、滅ぼされたことで有名な武将。

信長に仕えるまで

1535年、池田池田勝正の臣・荒木義村の子として生まれる。

1569年頃までは池田を含む摂津諸大名は、三好三人衆と争っており、荒木村重もそれに従っていた。しかし1570年、池田勝正を追放し、・知正を擁立する。これにより、池田の実権は、実質上村重が握ることになった。更に三好三人衆と手を結び、織田と戦うを選択、和田惟政を討ち取っている。

信長との出会い~摂津国主時代

1573年、村重は三好党を見限り、上してきた信長に謁見する。これが彼の運命を一変させることとなる。

当時、多方面作戦をしていた信長にとって、摂津方面の定は重要な問題であった。そこにタイミング良く現れた村重は、信長にとって重な存在であった。

翌年には伊丹城となり、堅化し有岡城め、更に摂津族を次々と定し、また信長に従い、石山合戦などにも参加し、武功をあげた。

この頃の彼は、伊丹隅、尼崎など、35万石を有する、織田でも有数の存在になっていた。そんな彼が突如謀反を起こすなど、いったいが予見しえたであろうか。

謀反~敗亡

1578年、突如、彼は信長に反旗を翻す。信長は最初その事実を信じられなかったという。

謀反の理由には諸説あるが、確実なのは、村重は半年前から毛利や本願寺と謀反の連絡をとっていたということである。ちなみにこの時、謀反を引き留めに来た黒田官兵衛に入れてしまい、これが原因で官兵衛は足が不自由になっている。

こうして信長相手に戦いを挑むことになった村重だが、部下の高山右近中川清秀らが速攻で信長に寝返るわ、アテにしていた村上軍が信長フルボッコにされるわと、スタートの時点ですでに嫌な予感しかしない状態であった。

さらに村重は戦いが続く中、わずかな配下とともに有岡城から脱出してしまう。理由についてはこれまた色々言われているが、籠戦の最中に大将だけが逃げるというケースはなかなかない。

結局、有岡城は1年ほどで降。最後に残っていた臣たちも信長との約束を破って逃げ出したため、荒木の一族郎党たちは信長によって処刑されてしまった。しかし当の村重本人は、死ななかった。ついでに言うと、彼の息子である荒木村次や岩佐兵衛(後述)も生き延びている。

なお、謀反を起こす前に明智光秀から思いとどまるように勧められたが断っている。光秀の長女は、村重の嫡男・荒木村次にいでいたが、光秀が及ぶことを恐れた村重は、この時に離縁させている(光秀の長女は後に、明智秀満と再婚した)。

信長の死後

その後彼は毛利領に行き、村重という名を捨て、剃髪して僧形になり、端の・「」と自嘲して名乗っていた(僧にはならなかった)。

1582年、信長が死ぬと、彼はに戻って商人のと再婚したという。そこで人・「」として復帰し、千利休とも交流するなど、意外な才を示した。

1586年没。時代に翻弄された流転人生であった。

逸話

関連動画

▼荒木村重をモデルとした創作MAD

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける荒木村重の力一覧。

織田有数の地方担当官」「謀な反逆」「利休七哲」これらが彼の評価を複雑なものにしている。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 69 政治 64 61 野望 63
武将風雲録(S1) 戦闘 69 政治 54 73 野望 70 教養 84
覇王 采配 70 戦闘 78 智謀 43 政治 24 野望 66
天翔記 戦才 160(A) 智才 92(C) 政才 108(B) 60 野望 67
将星 戦闘 83 智謀 47 政治 52
烈風 采配 61 戦闘 74 智謀 39 政治 46
世紀 采配 63 智謀 28 政治 37 野望 78
蒼天 統率 66 知略 41 政治 35
下創世 統率 64 知略 38 政治 36 教養 72
革新 統率 74 武勇 70 知略 42 政治 65
統率 74 武勇 70 知略 42 政治 65
創造 統率 81 武勇 67 知略 74 政治 64
大志 統率 82 武勇 75 知略 87 内政 64 外政 70

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E6%9D%91%E9%87%8D
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

荒木村重

53 ななしのよっしん
2020/12/11(金) 20:36:53 ID: CpUXLjbYMs
後世の人から見るとほんと意味わからんウンコだけど
本人もウンコと名乗るくらい自覚してた人
54 ななしのよっしん
2021/01/13(水) 08:02:35 ID: VYGskP9jzq
>>48
信雄はアホなだけで寛容だし勇気もあるし教養もあるぞ、アホなだけで
55 ななしのよっしん
2021/02/13(土) 17:52:30 ID: hsDoJpM04s
逃げるほど命惜しいのにわざわざ反逆したのは、まあ、反逆自体あまり重要に思ってなかったんだろうな
将軍なり本願寺の戦なりを過信していて「これで信長も終わりか…」と深く考えず反逆したと考えるのが一番筋が通る
56 ななしのよっしん
2021/04/25(日) 14:17:23 ID: qKACbDuQqS
>>50
これ思い浮かばないんだよな
妻子と共に死ぬはよくあることで、妻子とともに逃げることもあれば、巻き込まれる前に離縁してしまうことも
逃げた時に妻子まで連れていたのかいまいち詳細がわからない武将も多いが、妻子が処刑されたという話がなければまあ生きてはいたのかなと思う

明らかに妻子を犠牲にして逃げたというのでぱっと思い浮かぶのは荒木村重だけ
57 ななしのよっしん
2021/04/30(金) 20:32:26 ID: VtarERR/ft
利休や秀吉名を促したのは、の席で「なんてウンコみたいなもんだからさwww ウンコって呼んでよ、ウンコってwww」とうざかったから説
58 ななしのよっしん
2021/06/04(金) 13:33:07 ID: 9ftkmMuoP6
楽しいお茶会の席で殿と呼び掛けるのもな…が不味くなりそう
名の原因である村重の壮絶な過去を出席者がその度に思い出すのも場の空気を重くしそうだし
59 ななしのよっしん
2021/07/07(水) 16:54:21 ID: YQIivejXeC
細川晴元木沢長政に並ぶくらいの畜生ですわ
60 ななしのよっしん
2021/09/09(木) 23:41:43 ID: zfErrd4p+L
工藤かずや/池上一の「信長」って漫画だと
一門と配下が一向宗の門徒になったために
身動き出来んくなったって感じだったか

自分はへうげものの地位も家族も捨てて敵に諂ってでも
数寄の業と欲を貫いた清々しい俗人っぷりが好きだった
61 ななしのよっしん
2022/02/03(木) 00:51:28 ID: oLzZ72d1nP
宇喜多直家とどこで違ったのか…
・かつての君(上や池田)を裏切り下上する
・類稀な状況察知
・最終的に君を裏切る(織田毛利
対照的な人生よね
62 ななしのよっしん
2022/03/05(土) 19:53:38 ID: 9DtYaYxy+c
を裏切るのは何とかなるけど、を裏切るのはダメという単純なおはなし

おすすめトレンド