荒木村重単語

アラキムラシゲ

「荒木村重」あらき・むらしげ 1535~1586)とは、織田信長の信任を受け、摂津という大領を任せられながら、突如信長を裏切り、滅ぼされたことで有名な武将。

信長に仕えるまで

1535年、池田池田勝正の臣・荒木義村の子として生まれる。

1569年頃までは池田を含む摂津諸大名は、三好三人衆と争っており、荒木村重もそれに従っていた。しかし1570年、池田勝正を追放し、・知正を擁立する。これにより、池田の実権は、実質上村重が握ることになった。更に三好三人衆と手を結び、織田と戦うを選択、和田惟政を討ち取っている。

信長との出会い~摂津国主時代

1573年、村重は三好党を見限り、上してきた信長に謁見する。これが彼の運命を一変させることとなる。

 

当時、多方面作戦をしていた信長にとって、摂津方面の定は重要な問題であった。そこにタイミング良く現れた村重は、信長にとって重な存在であった。

翌年には伊丹城となり、堅化し有岡城め、更に摂津族を次々と定し、また信長に従い、石山合戦などにも参加し、武功をあげた。

この頃の彼は、伊丹隅、尼崎など、35万石を有する、織田でも有数の存在になっていた。そんな彼が突如謀反を起こすなど、いったいが予見しえたであろうか。

謀反~敗亡

1578年、突如、彼は信長に反旗を翻す。信長は最初その事実を信じられなかったという。

謀反の理由には諸説あるが、確実なのは、村重は半年前から毛利や本願寺と謀反の連絡をとっていたということである。ちなみにこの時、謀反を引き留めに来た黒田官兵衛に入れてしまい、これが原因で官兵衛は足が不自由になっている。

こうして信長相手に戦いを挑むことになった村重だが、部下の高山右近中川清秀らが速攻で信長に寝返るわ、アテにしていた村上軍が信長甲船にフルボッコにされるわと、スタートの時点ですでに嫌な予感しかしない状態であった。

さらに村重は戦いが続く中、わずかな配下とともに有岡城から脱出してしまう。理由についてはこれまた色々言われているが、籠戦の最中に大将だけが逃げるというケースはなかなかない。

結局、有岡城は1年ほどで降伏。最後に残っていた臣たちも信長との約束を破って逃げ出したため、荒木の一族郎党たちは信長によって処刑されてしまった。しかし当の村重本人は、死ななかった。ついでに言うと、彼の息子である荒木村次や岩佐兵衛(後述)も生き延びている。

なお、謀反を起こす前に明智光秀から思いとどまるように勧められたが断っている。光秀の長女は、村重の嫡男・荒木村次にいでいたが、光秀が及ぶことを恐れた村重は、この時に離縁させている(光秀の長女は後に、明智秀満と再婚した)。

信長の死後

その後彼は毛利領に行き、村重という名を捨て、剃髪して僧形になり、端の・「」と自嘲して名乗っていた(僧にはならなかった)。

1582年、信長が死ぬと、彼はに戻って商人のと再婚したという。そこで人・「」として復帰し、千利休とも交流するなど、意外な才を示した。

1586年没。時代に翻弄された流転の人生であった。

逸話

関連動画

▼荒木村重をモデルとした創作MAD

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける荒木村重の力一覧。

織田有数の地方担当官」「謀な反逆」「利休七哲」これらが彼の評価を複雑なものにしている。

なお、下創世の村重の顔グラは、チャップリンに似ているとか似ていないとか。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 69 政治 64 61 野望 63
武将風雲録(S1) 戦闘 69 政治 54 73 野望 70 教養 84
覇王 采配 70 戦闘 78 智謀 43 政治 24 野望 66
天翔記 戦才 160(A) 智才 92(C) 政才 108(B) 60 野望 67
将星 戦闘 83 智謀 47 政治 52
烈風 采配 61 戦闘 74 智謀 39 政治 46
世紀 采配 63 智謀 28 政治 37 野望 78
蒼天 統率 66 知略 41 政治 35
下創世 統率 64 知略 38 政治 36 教養 72
革新 統率 74 武勇 70 知略 42 政治 65
統率 74 武勇 70 知略 42 政治 65
創造 統率 81 武勇 67 知略 74 政治 64
大志 統率 82 武勇 75 知略 87 内政 64 外政 70

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E6%9D%91%E9%87%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

荒木村重

42 ななしのよっしん
2016/08/28(日) 21:33:15 ID: /vGC3EnOgb
生涯追っていくと松永久秀よりよっぽど雄なんだよなあ
摂津池田足利織田毛利も全ての勢
自分のために利用するだけ利用して、
バイと思ったらなりふり構わずかなぐり捨ててトンズラこいて
地位も名誉も全部自分の今のためなら捨てられるような武将でしょ
織田信長豊臣秀吉じゃ相手が悪すぎただけで
43 ななしのよっしん
2016/10/24(月) 06:50:00 ID: /0rKkNGwJF
Q.なんで織田を裏切った?
センゴク村重「織田の高転びを見る為」
へうげ村重「数寄の為」
44 ななしのよっしん
2017/03/11(土) 03:44:38 ID: 5AKiLeqK43
>>38
儒教と言うか近代以前の東アジア価値観では長が幹で女子供は枝葉なわけで。君に対する反逆行為が「前代未聞」なわけで妻子を犠牲にすること自体は問題とされていない。あくまで当時は女は子どもを産ませるための具で嫡子が成人すれば用済みだったことを忘れてはいけない。

>>40
>一族郎党もろとも処刑のところを当切腹で済ませるのが当時の慣習
うんなわけねーじゃん。三木合戦の時も別所が切腹した跡、開した三木内は
織田側の軍勢によって略奪や強姦虐殺の乱妨取り限りが尽くされたあと皆殺しにされたわけで。村重が切腹した所で事情は変わらんかっただろうよ。
45 ななしのよっしん
2017/04/08(土) 14:21:59 ID: 9ftkmMuoP6
>>44
まず三木の件は極例なのだが
次に三木で本当に皆殺しが行われたかは疑問も出ている。大量殺戮に関する伝承が地元に残っていない&供養の記録が見つかってないから

また秀吉は「戦果」を極端に誇して宣伝した傾向があったことも考察するべき
賤ヶ岳の戦いについて小早川隆景毛利)や遠藤基信伊達)に誇報告した例
長久手合戦について上杉景勝佐竹義重に誇報告した例などなど

三木の件は宇喜多直家に向けた恫で、この時も秀吉には戦果を誇する動機があったことは理解しておかないといけない
秀吉は最初の播磨定時宇喜多の属では皆殺しを行った。宇喜多直家は、信長が後ろになった浦上宗景を追い落した武将だったから。秀吉は当初から宇喜多に対しては脅しをかけて従わせようとしたわけ

また三木皆殺しが秀吉の書状通りに行われたとして、皆殺しの範囲がどこまで適用されたかも考えてみる必要がある
論開後の雑兵の乱取り黙認と混同してはいけない
46 ななしのよっしん
2017/06/19(月) 18:15:36 ID: sXHcOM6Ke9
少なくとも、本人が胸をれる人生だと考えてなかったから「」と名乗ったんだろうに。
まあ謀反の動機も秀吉への嫉妬だったという説もあるし、後年になって信長も許しを与えている。

有岡城の根切りに関しては、信長も赦免したかったのに当の女子供まで降伏を拒否して徹底抗戦したので、外聞もあって許しようがなかったという話もある。
47 ななしのよっしん
2017/08/30(水) 15:55:28 ID: 6ZiUdtmuv/
電話テレビネットいような時代だし自分の置かれてる立場や上の置かれてる状況を俯瞰的に見るのはかなりのめられるよな
に限らず謀反を起こした敗者がどういった経緯で謀反に踏み切ったのか、謀反を鎮圧した側はどんな危機感を感じていたのかを現地(跡とか)に行って推理するのは面いもんだ
48 ななしのよっしん
2018/01/19(金) 08:42:00 ID: TvtG4uYtEU
まあある意味最後まで毛利に義理立てして織田信長向かった結果
信長有岡城で捕らえていた人質殺すしかなくなったってのはあるな
経歴的にも野心ありありなんで中間管理職みたいな挟みの悲哀イメージはない
そういえばこいつの子供だか孫だか言われてる岩佐兵衛は一時期、
織田信雄臣だったらしいな。親同士は敵の関係になったが、芸術的ウマがあったのか・・・?
49 ななしのよっしん
2018/08/15(水) 22:33:13 ID: 6ZiUdtmuv/
戦国の人はその辺結構ドライだからね
親のを雇って美談になる例もあるし
50 ななしのよっしん
2019/08/10(土) 09:23:20 ID: u0CcTkt+GY
逆に考えてみるん
荒木以外で蔡氏を犠牲に助かった大名か武将は居ただろうか
51 ななしのよっしん
2019/08/24(土) 15:30:21 ID: QRI19vMhYk
>>48
生まれてすぐ村重死んでるし名字も変えてるならしこりはないってことじゃろ

急上昇ワード