菅原由勢単語

8件
スガワラユキナリ
5.6千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

菅原由勢(すがわら ゆきなり、2000年6月28日 - )とは、日本プロサッカー選手である。
オランダエールディヴィジAZアルクマール所属。サッカー日本代表

179cm69㎏。ポジションはDF(右SB)、MF(右WB、右SH)。利き足は右足。

経歴

生い立ち

愛知県豊川市出身。がいる3人兄弟の末っ子として生まれる。5歳のときに仲のいい友達に誘われたことがきっかけでサッカーを始める。小学生の間は地元のASラランジャ豊プレー現在愛知県内でも強チームとなっているが、菅原小学4年生の頃に愛知県サッカー協会に初めてチーム登録をしており、それまでは練習試合しかしたことがなかった。チーム登録から1年で東三河の大会に優勝小学6年生のときに愛知県の大会で準優勝。この頃には地元では注の選手となっていた。当時の名古屋グランパススカウトからは「飛び抜けた選手ではなかったもののキックの質と自己ができてリーダーシップが取れるメンタリティに優れている」と評されていた。

中学生になると、ジュビロ磐田U-15からもオファーを受けていたが、最終的に名古屋グランパスU-15に入団する。この頃から将来プロになると決めていたと述べており、中学2年の頃には1つ上の3年生の練習に参加していた。当初はボランチがメインポジションだったが、15歳になったあたりから右サイドバックプレーするようになる。また、JFAの育成エリートプログラムに参加したり、U-15日本代表に選出するなどエリート街道を歩むようになっていた。2015年JFAプレミアカップではベストイレブンU-15日本クラブユース選手権では大会優秀選手に選出されている。

高校生になった2016年名古屋グランパスU-18に順当に昇格。1年生の入ってすぐの頃からとして試合に出場しており、センターバックとしてもプレーするようになっていた。ただ本人はなんで自分がCBで使われているのか理解できなかったらしい。

名古屋グランパス

高校3年生となった2018年名古屋グランパスより2種登録されたことが発表される。トップチームキャンプに参加すると、風間監督から高く評価され2月23日J1リーグ開幕戦ガンバ大阪戦にスタメンに抜17歳6かでの開幕スタメンは当時の史上2番若さだった。しかしこの開幕戦は2失点に絡むなどプロとの差を痛感させられる試合となり、ほろ苦いJリーグデビューとなった。その後も風間監督からCBのスタメンとして起用され続け、プロA契約締結条件を満たした3月31日クラブ史上最年少となる17歳10か名古屋プロ契約を結ぶ。
その後もCBとしてスタメンで起用されていたが、チームリーグ戦8連敗を喫するなどリーグ最下位に転落する泥沼の状態に陥ってしまう。CBとしては未熟さが立っていた菅原クラブが大補強をおこなったことで出場機会を失うようになり、後半戦はベンチにすら入れず、リーグ戦13試合に出場したものの挫折を味わうことのほうが大きかったプロ1年となった。

2019年になっても信頼を取り戻すことはできず、ルヴァンカップでは出場していたものの、リーグ戦の出場は0試合という状況にあった。だが、この年のFIFA U-20ワールドカップでのプレースカウトのに留まり、出場機会を得られない状況を変えようと19歳での海外移籍を決断する。

AZ

2019年6月19日オランダエールディヴィジAZアルクマールへの期限付き移籍が発表される。背番号は「26」。AZでは本職の右SBで勝負できたこともあり、7月25日UEFAヨーロッパリーグ予選2回戦のBKヘッケン戦で公式戦初出場を果たす。8月4日2019-20シーズンエールディヴィジ開幕戦であるフォルトゥナ・シッタート戦でスタメンに起用されると、デビュー戦にして初ゴール記録。この活躍が認められ、右SBレギュラーの座を勝ち取ることとなる。2020年2月23日にはAZへの全移籍が決定。結局、新型コロナウィルスシーズンが途中で終了するが、16試合2得点1アシストという上々の海外1年となった。

2020-21シーズンも右SBレギュラーとして引き続きプレーチーム監督が途中で解任になるなど開幕から不振に陥っていたが、パスカル・ヤンセン新監督からも信頼を受け、2020年12月13日の第12節トゥウェンテ戦ではニアの上を快にぶち抜いたゴールを決め、勝利に貢献。2021年2月6日の第21節エメン戦ではこの試合一のゴールとなる決勝ゴールを決めている。後半戦に入って盛り返したチームも最終的に3位と上位に入る。

3年となった2021-22シーズンから背番号「2」に変更。課題とされていた守備面で成長が見られるようになり、1対1の対人プレーでの勝率も上がり、これまでよりも安定して試合に出続けるようになる。年末年始に過密日程を強いられたときは右SBのみならず、右WB、右WGでもプレーするマルチプレイヤーぶりでチームを助ける。2021年12月13日には敵地のアヤックス・アムステルダム戦での勝利に貢献するハイパフォーマンスを披露。こういった活躍が認められ、2022年1月にはオランダ間若手MVPに選出。3月30日ヴィレ戦ではAZでの公式100試合出場を達成。エールディヴィジ第32節まで公式戦全試合にスタメンで出場し続けていたが、右膝の負傷を抱えたままプレーしていたこともあり、リーグ戦残り2試合を欠場する。

2022-23シーズンは右膝の手術ので合流が遅れ、2022年8月18日UEFAヨーロッパカンファレンリーグ(ECL)予選のジル・ビセンテ戦で戦線に復帰し、3分のみの出場でアシスト記録。その後しばらくは途中出場が続くが、スタメン復帰となった9月15日ECLのファドゥーツ戦でゴールを決める。以降、スタメンに定着すると、右足のキックの精度にさらに磨きがかかり、プレスキックキッカーを任されるようになったことでアシストが増える。2023年1月25日のゴー・アヘッドイーグル戦ではゴラッソを含む1ゴール2アシストの大活躍で勝利に貢献。一部のオランダメディアからは「リーグ最高の右SB」という評価を得られるようになり、エールディヴィジでは3ゴール8アシストのキャリアハイの成績を残す。また、ECLでもベスト4進出に貢献。充実したシーズンを過ごし、自身の価値を高めることとなった。

2023-24シーズンエールディヴィジ開幕戦のゴー・アヘッドイーグル戦でCKからアシスト記録し、大勝に貢献。9月24日のズヴォレ戦、9月28日ヘラクレス戦では2試合連続アシスト記録10月26日にはECLグループステージ第3節アストン・ヴィラ戦にフル出場し、クラブ記録となる欧州要大会47試合出場を果たす。さらに、8月9月10月と3か連続でエールディヴィジ公式ベストイレブンに選出される。2024年3月2日の第24節スパルタロッテダム戦ではシーズンゴールとなる先制ゴールを決めている。しかしこの試合では後半に足首を負傷し、途中交代となっている。3月17日の第26節フォレンダム戦ではGK長田を相手に鮮やかなFKを含む2ゴールの大活躍を見せる。1試合2ゴールは自身のキャリアで初となり、現地メディアによる第26節のベストイレブンにも選出。

日本代表

15歳だった2015年U-15日本代表に選出。2016年9月にはU-16日本代表としてインドで開催されたAFC U-16アジア選手権2016に出場。さらには2017年インドで開催された2017 U-17 FIFAワールドカップを戦うU-17日本代表にも選出され、ラウンド16までの全4試合に出場。このときのチームには久保建英中村敬斗らがいた。

2018年からはU-19日本代表に選出され、このカテゴリーでもとしてプレー10月AFC U-18選手権では本大会出場権を獲得。さらにU-20日本代表として2019年5月ポーランドで開催された2019 FIFA U-20ワールドカップメンバーにも選出。この頃クラブではCBプレーしていたが、U-20代表では本来の右SBプレーチームはラウンド16で韓国に敗れる不本意な結果に終わるが、「就職活動」と位置付けていた菅原は全4試合にフル出場したパフォーマンススカウトに認められ、オランダへの移籍を勝ち取るきっかけとなった。

2020年10月には海外組のみの選出で欧州遠征をおこなう日本代表に初めて選出される。10月9日カメルーン戦に途中出場し、20歳4かフル代表デビューを果たす。

東京オリンピック出場をU-24日本代表にはU-20ワールドカップ後からたびたび選出されていたが、スタメンに定着するまでには至らず、オリンピック本番にはオーバーエイジで同じ右SB酒井宏樹が選出されたことでメンバーから落選。

2022年6月AZでの活躍が認められ、2年半ぶりにフル代表に選出されるが、膝の負傷のため辞退。ここで代表に合流できなかったことがき、2022 FIFAワールドカップメンバーからも落選となる。

ワールドカップ後の2023年3月日本代表に復帰。3月24日ウルグアイ戦で右SBのスタメンに抜されると、6月エルサルバドル戦、ペルー戦では右WGの伊東純也久保建英と好連携を披露。第二次JAPANの右SBファーストチョイスとして定着するようになる。そして、9月10日の敵地でのドイツ戦では伊東の先制ゴールアシストし、2点の起点になるなど4-1の歴史的快勝に貢献する。
11月21日2026 FIFAワールドカップ アジア二次予選のシリア戦ではFKの流れから快なミドルシュート叩き込み、代表初ゴールマーク

2024年1月カタールで開催されたAFCアジアカップ2023でも右サイドバックの一番手として出場したが、第1戦のベトナム戦と第2戦のイラク戦で不安定なパフォーマンスに終始。サイドを突破されて失点を喫するなどチームとなってしまい、第3戦以降は毎熊晟矢ポジションを奪われ出場機会は訪れなかった。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2018 名古屋グランパス J1リーグ 13 0
2019 名古屋グランパス J1リーグ 0 0
2019-20 AZ エールディヴィジ 16 2
2020-21 AZ エールディヴィジ 25 2
2021-22 AZ エールディヴィジ 32 1
2022-23 AZ エールディヴィジ 31 3
2023-24 AZ エールディヴィジ

プレースタイル

サイドならどこでもこなせる選手だが、もっとも得意としているポジションは右サイドバックモロッコ代表のアクラフ・ハキミプレースタイルが似ていると言われ"和製キミ"を呼ばれる通り、攻撃を持ち味としているサイドバックである。

サイドバックながらもテクニックの高さが持ち味で、名古屋時代に風間監督が評価したのも「止めて蹴る」技術を評価して抜している。そのためパスの高いSBであり、視野が広く、長いレンジのパスを得意としている。また、躍動感のあるドリブル突破も魅の一つで、スプリンで攻撃に厚みを加えることができる。外だけでなく中にも行けるタイプのため、右WGのプレースタイルに応じて立ち振る舞いを変えることも可

中長距離キックの精度も高く、ピンポイントクロスを合わせてアシストをすることがも多い。AZではプレスキックキッカーを任されており、アシストを多く稼げる要因になっている。

課題と言われている守備面だが、オランダで経験を積むことによって当初の課題であった一対一の対人の弱さはかなり善されている。一方、守備の判断や優先順位を間違えたり、ボールホルダーに対して食い付ぎ過ぎる場面がたびたび見られるのが欠点であり、マークを見失ってサイドを破られることもある。また、攻撃参加のせいにい位置を取りすぎて裏のスペースを突かれがちである。

人物・エピソード

若干ヤンキーっぽい強面の貌だが、人懐っこく明るいキャラクターであり、コミュ力も高い。そのためオランダでもすぐにチームメイトと打ち解けることができ、日本代表も含めチームムーメーカー的な役割も果たしている。

Jリーグデビューして間もない時期にSNSに連続で変顔をした動画投稿している。

2021年9月5日に一般女性結婚したことを自身のSNSで発表。このとき21歳。

世代別代表の頃から一緒にプレーしている久保建英中村敬斗と仲が良い。同い年である中村敬斗は実は同じ日のJ1リーグ開幕戦でデビューし、しかも互いに対戦相手として顔を合わせている。2023年10月カナダ代表戦で中村が相手の悪質なタックルで負傷した際は、「あいつの思いしか背負っていない」と決意を述べている。

2024年AFCアジアカップに参加した際、JFATVTeam Comeにおいてミーティング中に居眠りしているように見える画像と別のミーティング時に監督の前に座らされるように見える画像が開されてしまう。当初は笑い話となっていたが、大会中に不調だったこともあって批判を受けることになる。

関連項目

関連リンク

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

天外魔境II (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: は に わ
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

菅原由勢

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 菅原由勢についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!