IKD単語

イケダ

   記事を見る準備はよろしいか?

 ≪YES≫      OK
   ↑         ↑
    さて、どちら?

    

IKDとは、株式会社ケイブCAVE)のプログラマー、池田恒基(いけだつねき)氏の称である。そして人類の敵

概要

元は東亜プランの社員であったが、同社倒産後に元東亜プラン社員らとCAVEを設立。その後は数多くのシューティングゲームの開発に携っている。ゲーム開発部門の部長を経て、2009年に同社取締役に就任。

弾幕シューティング確立させたともいえる偉大な人物のはずだが・・・。狂気じみた難易度ステージボス、どこか妙な設定や言動のキャラクターたち、極めつけが凄まじいネーミングセンスと独特の言い回し(CAVE)を次々と生み出していく。CAVE斜め上っぷりはこの人のお陰(所為)と言えるかもしれない。

それとは裏に、ゲーム制作に対しては「極めて保守的」という評価を、元社員にして漫画家井上淳哉氏と後任の開発部長である浅田氏の二人から受けている。新しい試みをしたい両者にとって、IKDの説得はが折れる物であったようだ。

取締役就任後もゲーム開発の中心人物として顕在。要は仕事が増えただけで、どの社員よりも終業が遅く、オフィス(非性的な意味で)の消・戸締りをしてから帰宅する毎日が続いているという。また、浅田氏がコンシューマを、IKD氏がアーケードをというように担当分けがなされたのだが、厳密に仕切られているわけではなく、お互いのプロジェクト下に入るということもしばしばあるため、「部長にダメ出しされる取締役」という絵図がよく見受けられるという。お疲れ様です。

「影を受けたSTG」に『沙羅曼蛇』『バトルガレッガ』、「影は受けてないけど好きなSTG」に『TATSUJIN』を挙げている。

2016年CAVE祭りでは、氏に内緒でついに像が作られた。

いかにも弾幕を放ちそうな左腕だが、これは参拝者をハイタッチで出迎えるためである。
右腕は握手できるようになっており、単なる楽のわりに能美を有した素敵仕様となっている。
ゴ魔乙ユーザーからは「俺ら課金像になった」とおおむね好評。
単なる一発ネタでは終わらず、イベントごとに素敵な仮装をしたりコラ素材になったりと広報としての活躍はしている。

IKD語録

以下はSTGWikiより引用した語録集である。(一部はwikiにないものを含める)

「ぐわんげ」編

戦車出せ! 戦車!」
世界観を重視するデザイナー井上氏に対して。
く、「人間でなく戦車なら、台をグルグル回すことで自由に攻撃できる」とのことである。IKD氏の「戦車好き」がよく現れた言葉と言える。保守的なIKD氏にとって、STGザコ敵から戦車を外すことなど考えられなかったのかもしれない。
これに対して井上氏は「いい加減、怒首領蜂感覚は捨ててくれ!」と吼えたという。
このように、IKD氏と井上氏はよく大喧を繰り返したらしい。
ぐわんげってタイトルさー、『ずずり』のほうが絶対いいよ」
最終面が出来上がってきたころにぽつりと。「ずずり」が何なのかはよくわからない
2009年12月ケイブ祭りにて、とりあえずは判明した。

「プロギアの嵐」編

「わっはっは(爆笑)本当だ! この面の見せ場の中ボスが! 井上が一所懸命描いた中ボスがこうもあっさりと!!」
テストプレイ中、あっさりと倒される5面中ボスを見て。
何だか不遇なに遭っている井上氏を見るのが嬉しくてたまらないようだ。
市村くん、狂ってる」
テストプレイであっさりと倒された中ボスの攻撃方法を修正した、プログラマー市村氏に対して。
市村氏の調整は、耐久が付いた上に吐き出される弾の量も尋常ではなく、「やりから核兵器」と呼ばれるようになった。
「あれ、まだ処理落ちするから少なくした。弾増やしたし」
デザイナー井上氏とのやりとりで。
『あれ』とは、開発中に、2面の背景で泳いでいたのこと。実際、製品版ではは泳いでいない。
井上氏とはしばしば、弾幕の件で「描いた絵が弾で消える」、背景立ち過ぎて弾避けできない」などと衝突を繰り返していたらしい。
「また明日ね~」
休日の前日、テストプレイヤー今井氏に対して。
今井氏はこの言葉を聞いて、もいない会社へ出勤した。
「ヒドイ? 褒め言葉だ(笑)
まだ調整をしていない2周プレイさせられた今井氏の、「こりゃヒドイ!」という言葉に対して。
とにかく殺人難易度だったらしい。
「うわっ! あっちの方がはえ~よ、クソ~、あっちと戦争だ」
デモプレイの収録中、時間短縮のためにプログラムを組みなおした市村氏を見て。
この後、本来の的そっちのけでスペック競争が始まった。

「ケツイ ~絆地獄たち~」編

「5、いいな…」
デモプレイ収録中、[5]アイテム手に出すプレイを見て。
IKD氏はこのときすでに自分の担当である、「模範でありながら巧すぎないプレイ」を撮り終えていたが、
このあと一介のプレイヤー状態となって、[5]アイテムを出しまくるプレイを撮り直すことに。
「う、やば」
デモプレイ撮り直しの終盤で、ボムを撃つことを忘れていたことに気づいて。
[5]アイテムを出すことにすっかり夢中になってしまったようだ。
結局、「敵のいない間にボムを撃つデモプレイ」が完成した。

「虫姫さま」編

「人類に挑戦してみようかな、と・・・」
攻略DVD内において、ウルトラモードコンセプトを問われて。
かくして今作品から「人類 vs CAVE(IKD)」の図式が顕在化していくこととなる。
しかし、クリアできる人はすでに人類をえちゃってる気が・・・。

「鋳薔薇」編

ミニスカはダメだ。スク水にするがよい」
メイディの周りのデザインに難航していた、デザイナーのコタニ氏に対して。
コタニ氏はこの「の一撃」で、「自分の中のクララが立った」と回想している。
また、テレサについても「露出が足らん」と意見している。

「エスプガルーダ2」編

「どうしてもこれだけはやらせてくれ!」
同作のボスキャラの調整は市村氏が担当したが、IKDたっての希望で5面ボスセセリだけやらせてもらえることに。
へのが存分に感じられる言葉である。その結果が「憎悪に満ちたセセリ(通称:セセリ)」なわけだが。
理論上は避けられます」
セセリ弾幕について。
ちなみに、IKDの考える理論とは、
 1.FPSを半分に落とします。場合によっては1フレームずつ動かします。
 2.それでIKD自身が10回中6回は避けきったとします。
 3.IKDより100倍うまい人なら避けきれるはずなので、これを製品として送り出しても大丈夫
ちなみに、セセリを見た時の浅田Pのコメント。「ゲームでキレたのは初めてだ」「今すぐ(IKDの机に行って)殴ってやろうかと思った
ラスボスとかどうでもいいんで」
へのが存分に・・・。クジャク(´・ω・)カワイソス
「いわゆるピアノメイントランスというか、泣かせるメロディ天文学的に強調するような雰囲気の方向性みたいなイメージというのは、とどのつまりどうですかね?」
エスプガルーダ2 ブラックレーベル』用のアレンジ楽曲を、ゲーム作曲梅本竜氏に発注したときの注文。
梅本氏は「う~ん」と唸りながらも、快諾して素晴らしい楽曲を仕上げてくれた。プロである。

「デススマイルズ」編

コイツ人気ないよ」
ウィンディアについて。井上淳哉氏に対して。
ウィンディア大好きな井上氏にとって、これは相当こたえたらしい。

「虫姫さまふたり」編

「はいてるのがおかしい」
ケイブ祭りで販売された“レコ抱き枕カバー”について。
履いてないのが公式認定されました。

「怒首領蜂大復活」編

「うぁぐぐぐぉおあぇ!」「いつもの感じとも言えますし、いつもの感じとも言えます。」
AOU2008のインタビューにて同作についてIKD氏自ら解説。いつもの感じの解説で皆安心したとか。

「デススマイルズ2」編

「出ません!」
インストに記載されているライフ回復アイテム“大ケーキ”について。
出すつもりはあったのに、どういうわけか製品版からは抜け落ちてしまっていた。ちなみに、デスマ2はVer4.0で最終版とのこと。

その他

ボウリングの玉なんてどう?」
ケイブ祭りで販売する商品の企画会議にて。
誰得
「こいつはいい! まだまだ出せるぞ!」
Xbox360の性について。
「出せる」のはもちろん「敵弾」である。『デススマイルズIIXXbox360)』の開発中調子に乗って弾幕を出しまくっていたため、メインプログラマー市村氏から「いい加減にしてください」と窘められることがしばしばあったそうな。上記【「プロギアの嵐」編】に登場する、あの市村氏に、である。浅田氏をコンシューマ部門の長に据え、IKD氏を遠ざけたCAVE上層部の判断は正しい。
余談だが、YGW氏も『エスプガルーダ2 ブラックレーベル』のアレンジモード(高レベル周)で相当はっちゃけている。箱○は長年アーケード弾幕STGを作ってきたCAVEゲーム開発事業部を惑わす、悪魔ハードなのかもしれない。浅田氏の胸中やいかに。
「いや!いや!セセリは必要でしょう!!担当はしないけど!」
浅田氏の、「もし『エスプガルーダ』の続編を出すとしたら、登場人物を総入れ替えするのはどうか」という提案に対して。
井上淳哉氏のウィンディア笑えないセリフである。後半は信じていいものかどうか。
東亜の作品には、リスペクトがあるんで触れない」
東亜作品の続編やリメイクは作らないのか」という問いに対して。
リスペクトしてるから、しません。ましてや〇〇なんて絶対しません。
アーケードスティックゴ魔乙やりたいんだよな」
ゲーセン1軒作るといくら?」
2016年Steamに参入したSTGメーカーの対談で、参加したCAVEスタッフから判明した発言。
アーケードは撤退したものの、未だに復帰への熱意は消えていない模様。
なおそれを受けた社員は、いちおう上でもあるのでちゃんと予算等を調べて報告した。
ハードソフト一体設計、素晴らしい……それにべてAndroidは!」
こちらも対談での発言。プログラマーとしては思うところがある模様。
戦車は万
怒首領蜂生誕20周年にあたる2017年のIKD誕生祭にて、Twitterで抽選一名に送られたIKD直筆色に書かれた言葉。わざわざこんな言葉を書くことからも氏の戦車への信頼の熱さがうかがえる。

関連動画

人類 VS CAVE(IKD)

御本尊

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/ikd

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

IKD

94 ななしのよっしん
2017/07/04(火) 11:13:59 ID: Lscl/EzRxw
語録最後の戦車の項、信頼は「篤い」だと思うけど風評被害とかの広まった誤用(と言うか定形?)を意識した意図的なもんだろうか
95 ななしのよっしん
2017/08/16(水) 23:55:06 ID: ZXR5yEDDs4
4KテレビだとXBOXoneだの出てる今やろうと思えば人類を葬り去る兵器を世に送り出すことも可なんだよな。
96 ななしのよっしん
2018/01/02(火) 20:43:12 ID: mcEhzR0pBA
戦車は万」と言いながらもゴ魔乙ガルパンコラボ未だにしないのは何故?
97 ななしのよっしん
2018/03/12(月) 15:18:18 ID: KmeQex0vZw
きっとあの程度の戦車じゃ納得しないんだろう。
98 ななしのよっしん
2018/03/12(月) 15:29:29 ID: Sl1ewh9DEK
「あの程度の」ってのは対が大きすぎる場合には使わないのが普通だけどナー

冗談はさておき、戦車戦車言ってるだけの人を持ち上げるために現地で実物の戦車取材とかやりまくってるアニメの程度を貶すとかロクなもんじゃないな
99 ななしのよっしん
2018/04/24(火) 10:17:45 ID: dYKpklboLD
>>98 IKDが望んでるのはイメージレベルだと思われる
100 ななしのよっしん
2018/04/24(火) 11:57:14 ID: iLhRF3hWwE
そもそもIKD戦車なんて一言も言ってないんだけど
戦車が回ってどこにでも撃てるし機動あって旋回もできるからSTGの敵として便利って意味なのに、なに勝手にIKDをだしにして持論展開してるん?
101 ななしのよっしん
2018/05/24(木) 11:23:26 ID: qrTiPa2AsH
ASDもデススマ初移植の頃あたりはまだ良心的だったんだろうけど段々図に乗って私物化していったのがね…
これからは清水の時代だ
102 ななしのよっしん
2018/07/17(火) 00:05:41 ID: oZS/EaMNZd
アーケード撤退してからあんまネタから離れてたんだけど久しぶりに覗いたらIKD語録増えてて笑った
元気そうで何より
103 ななしのよっしん
2018/08/08(水) 22:02:28 ID: DI4OuFFpym
ゴシックは魔法乙女リゼロコラボを行った際
アニメを見ていて、レムしなので(キャラにあてがう)ショット製作をどうしても担当させて欲しい」
と言って他の仕事スケジュールを縫って元々構想にあった形状のショット実装したという裏話が
に行われたケイブ祭りられてた
セセリを思い出すような「やらせてくれ」案件であるという事と、今もなお開発の前線にいるという事で何重にも唸った
Youtubeアーカイブにまだ残ってるかな?

そんなIKDに社員がレムフィギュアプレゼントするもなかなか封を開けて飾らないので理由を聞いたら
「中から出したら汚れるだろう」と言われた話もツイッターられてたw