No.9 天蓋星ダイソン・スフィア単語

ナンバーズキュウテンガイセイダイソンスフィア
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

現れろ、No.9。
が背負いし運命よ、今こそ、銀河を飲み込む巨大な大地となりて降臨せよ!
ダイソンスフィア

No.9 天蓋星ダイソン・スフィアとは、アニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。

概要

ナンバーズの1枚。ランク9のモンスターエクシーズ。初登場時点ではV(ブイ)が所持する。

VSカイト戦で登場。
先攻1ターン、「タンホイザーゲート」でレベル9となった「惑星」と「太陽帆船」をオーバーレイユニットエクシーズ召喚されたが、なぜか姿が見えない。カイトは「フォトンデルタウィング」で攻撃するが、攻撃が防がれてしまう。その後、このカードで「フォトンデルタウィング」は破壊された。

戦闘ダメージからこのカードの攻撃2800と判断したカイトは、「銀河眼の光子竜」を特殊召喚し、攻撃を仕掛けたが、またしても攻撃は届かない。
そして、ダイソンスフィアが姿を現すが、その姿は太陽を覆い尽くすほどに巨大であった。

ここでようやく効果が判明する。Vの説明によれば、オーバーレイユニットがあるとき自身への攻撃を効にできる効果、オーバーレイユニットを1つ使って自身の直接攻撃を可にする効果[1]を持つ。
Vはこのカードの効果を使い、カイトに直接攻撃、「光子化」も「スペースゲート」で効にし、攻撃を決めた。

カイトは「オーバーレイブレイク」で素材を取り除き、No.の戦闘破壊耐性を効化することで戦闘破壊を試みるが、ここでダイソンスフィアの3つの効果が判明、素材がない状態で攻撃されたことにより墓地カードがこのカード素材となった。それにより攻撃効効果が発動、カイトの攻撃は失敗する。

銀河眼の光子竜」を粉砕したかったVは、このカードに「重力」を装備して銀河眼に攻撃。しかし、「ミラーシェード」を発動され倒し損ねてしまう。

次のターンカイト父親からもらったカード、「未来への思い」を発動。それによって特殊召喚された3体のモンスターが「シフトアップ」でレベル8となり、「超銀河眼の光子龍」がエクシーズ召喚される。銀河眼の効果によってこのカードの効果は効になり、さらに「ビッグバンパニック」と銀河眼の効果で「超銀河眼の光子龍」の攻撃6800まで上昇、このカードはそのまま銀河眼に戦闘破壊された。

デュエル終了後、Vはカイトの下にこのカードを残して去って行った。
次回予告後のおまけでは、遊馬カイトにこのカードを使われることを警していた。


その後、WDC決勝大会、カイトVSトロン戦でカイトが使用した。
レベル9で素材2体分となった「フォトンサテライト」をオーバーレイユニットにしてエクシーズ召喚された。その大きさはスタジアムを覆い尽くすほど。
フォトンウィング」の効果(コスト?)でオーバーレイユニットを消費し、「銀河眼の光子竜」の攻撃上昇に貢献したが、次のトロンターンに「No.8 紋章王ゲノム・ヘリター」に攻撃と効果を奪われ、何もできずに戦闘破壊された。

デュエル終了後は他のナンバーズと共にトロンが奪っていると思われる。
その後、トロンナンバーズDr.フェイカーに奪われており、スフィアフィールドの中にDr.フェイカーが手にしたほかのナンバーズと共にこのカードが確認できる。


WDC終了後はすべて遊馬アストラル)の手に渡り、遊馬アストラルが離別したのちは遊馬が所有していた。
その後、アストラル世界へ向かおうとする遊馬を妨する忍者とVがデュエルする際、遊馬からVへ渡された。

そして、カイト、V、忍者バトルロイヤルデュエル
「ディープ・スペースクルーザー・ナイン」と、永続魔法ホログラムプロジェクション」(効果で「ディープ・スペースクルーザー・ナイン」扱い)をオーバーレイユニットとしてエクシーズ召喚された。

Vはこのカード忍者の「No.2 蚊学忍者シャドー・モスキート」へ攻撃したが、シャドー・モスキートの効果によって破壊・ダメージ効にされてしまった。その後、「軍ブラッド・コマンドー」によって幻覚カウンターが乗せられたことで、シャドー・モスキートの効果が適用され効果が封じられてしまう。

その中で、カイト忍者によって幻覚を見せられ、まともなデュエルができなくなってしまう。だが、かつて子のカイトと行った過酷な実験を思い出したVは、カイトを信じ、このカードで「銀河眼の光子竜」を攻撃することでカイトデュエリストとしての本を取り戻させようとする。

その攻撃が決まればカイトライフは0となるところであったが、Vの言葉によって果たしてカイトは正気を取り戻し、「プリベント・リボーン」を発動、それによってダメージが減少し、さらに破壊された「銀河眼の光子竜」は復活した。

その後、Vは「パワー・アナライズ」でこのカードの攻撃を「銀河眼の光子竜」と同じ4000とし、さらに「矛盾の合成」でこのカードカイトフィールドの「ホログラムプロジェクション」([2]効果で「銀河眼の光子竜」扱い)を墓地へ送ることで「銀河眼の光子竜」の攻撃12000まで上昇させ、師忍者を打ち破った。


IIIタッグでのVSミザエル戦でも登場。
「ディープ・スペースクルーザー・ナイン」2体をオーバーレイユニットとしてエクシーズ召喚したが、次のターンに「No.107 銀河眼の時空竜」に効果を効化されて戦闘破壊された。
その後、「ナンバーズリフト」によって復活し、「RUM-アージェント・カオス・フォース」によって「CNo.9 天蓋妖星カオス・ダイソン・スフィア」へとランクアップした。


漫画版ではラストデュエルアストラルが使用。
No.93 希望皇ホープ・カイザー」の効果で効果効でエクストラデッキから特殊召喚されたが、攻撃5000の「SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング」が遊馬フィールドにあったこともあり、特に何もしないまま、次のターンに「破天荒」で強化された「No.39 希望皇ホープ」の攻撃を受けて破壊された。


アニメテキストは以下の通り(本編でもいくつか確認できる場面があるが、公式サイト「必勝!モンスターアカデミーでも紹介されているので、それが最も見やすい)。

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/属性/機械族/ATK 2800/DEF 3000
レベル9モンスター×2
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
このカードエクシーズ素材を持っている状態で
相手モンスターに攻撃された時、その攻撃を効にできる。
このカードエクシーズ素材のない状態で相手モンスターの攻撃対に選択された時、
自分の墓地モンスター2体を選択し、このカードの下に重ねてエクシーズ素材とする事ができる。
このカードの攻撃よりも高い攻撃を持つモンスターが相手フィールド上に存在する場合、
このカードエクシーズ素材1つを取り除いて発動する事ができる。
このターンこのカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。

公式サイト必勝!モンスターアカデミーexit」第18回による

ほぼ間違いなく、遊戯王史上最大のモンスター。ただし、「マスターヒュペリオン」は、イラストの見方によって太陽系より大きいようにも見える。

恒星を覆う部分に自身の数字の09が書かれている。

光子化」を効にした「スペースゲート」は、このカードの存在を発動条件とする。

記事最上部にあるのはVS忍者戦でVがエクシーズ召喚した際の口上。カイトWDCで使用した際の口上は「皮なる運命よ、命じるがいい! V!いや、クリスの思いを鉄槌と変え、愚かなるへ振り落とせ! 出でよ、No.9 天蓋星ダイソン・スフィア!」。
ナンバーズリフト」の効果で墓地から特殊召喚された際の口上は、「再び天空に現れろ!そして、勝利を照らせ!No.9 天蓋星ダイソン・スフィア!」。

ダイソンスフィア(Dyson Sphere)とは、恒星を覆うことで恒星の発するエネルギーすべてを利用しようとする、仮説上の建造物のこと。アメリカ宇宙物理学者、フリーマン・ダイソンが提唱したことからこう呼ばれる。
日本語では「ダイソン球」、「ダイソン球殻」、「ダイソン球」などと訳される。

OCG版

ABYSS RISING」(2012年7月21日発売)でOCGに登場。

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/属性/機械族/ATK 2800/DEF 3000
レベル9モンスター×2
エクシーズ素材を持っているこのカードが攻撃されたバトルステップ時に1度だけ発動できる。
その攻撃を効にする。
このカードエクシーズ素材のない状態で攻撃対に選択された時、
自分の墓地モンスター2体を選択し、このカードの下に重ねてエクシーズ素材とする事ができる。
また、このカードの攻撃より高い攻撃を持つモンスターが相手フィールド上に存在する場合、
自分のメインフェイズ1にこのカードエクシーズ素材を1つ取り除く事で、
このターンこのカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。

※「Vジャンプ 2012年7月号」による

No.共通の戦闘破壊耐性が削除されたほかは、大きな変化はない(攻撃効のタイミングなど細かい挙動の変化はある)。

初のランク9モンスター
呼び出しやすいレベル9のモンスターというのは非常に少ないため、素材をそろえるのは容易ではない。基本的には「タンホイザーゲート」、「ギャラクシー・クィーンズ・ライト」などのレベル変更カードに頼ることになる。
近年では「ディープ・スペースクルーザー・ナイン」、「影依の原核」など呼び出しやすいレベル9モンスターが少しずつ増加しているため、それらを用いるのもいい。

素材消費なしで攻撃を効にできるという強な効果を持つ。素材がなくなっても補充できる効果を持っているため、戦闘で破壊される心配は少ない。守備も非常に高いため、攻守変更や反転などの影を受けることも少ない。

自身の攻撃を上回る相手モンスターを条件として、直接攻撃を可にする効果を持っている。条件を満たせる状態なら攻撃効化と併せて、大幅に相手ライフを削れるが、効果耐性はないため、除去が飛んでくる可性もある。
また、発動条件が受動的なので、こちらから「トーチ・ゴーレム」などを相手に渡して条件を満たしたい。

効果は強だが、素材のそろえにくさをどうするか、効果破壊をどう対処するかが課題となる。
同じランクエクシーズとして「幻子空母エンタープラズニル」という、対をとらない除外効果モンスターも登場し、少々厳しい状況にある。一応、エクシーズ素材を補充できる点などで差別化は可


戦闘破壊されにくく、直接攻撃できるという点でみると、地縛神に類似する。また、「サイバーチュチュ」や「ドリラゴ」も似たような直接攻撃効果を持っている。

素材を復活させる効果があるため、エクシーズモンスターとしてはしく、生系カードとの相性はいい。

効果について

このカードの「バトルステップ時に1度」というのは、各々のバトルステップごとに1度という意味であり、同一ターンに複数回攻撃されても全ての攻撃に対して発動できる。(バトルステップ≠バトルフェイズ
しかし、発売直後の一時期、このテキストを「1ターンに1度、バトルステップ時に」と解釈する裁定が出たため、攻撃効効果が1ターンに1度しか使えないことになってしまっていた。

自分の墓地モンスターが1体しかいない場合、「自分の墓地モンスター2体を選択」できないため、素材補充の効果は使用できない。ただし、効果を発動して墓地モンスターを2体選択した後、「D.D.クロウ」などで1体を除外されてしまった場合には、残りの1体のみを素材とできる。

直接攻撃効果は、効果発動から効果解決時(効果処理)までは「このカードの攻撃より高い攻撃を持つモンスターが相手フィールド上に存在する」という条件を満たす必要があるが、効果解決時より後に条件を満たさなくなっても、そのターン直接攻撃することが可。また、効果解決時以降に効果が効にされても、直接攻撃可

※以下の例では、全て「No.9 天蓋星ダイソン・スフィア」(ATK/2800)をコントロールするのが自分とする。

例1
  1. 相手のフィールドに「銀河眼の光子竜」(ATK/3000)が存在する状態でこのカードの効果を発動する。
  2. 相手はこのカードの効果にチェーンして「の書」を発動。
  3. チェーン2の「の書」の効果処理。「銀河眼の光子竜」が裏側表示となり、このカードより攻撃の高いモンスターが相手フィールド上に存在しなくなる。
  4. チェーン1のこのカードの効果処理。条件を満たさないため、このカードは直接攻撃できない
例2
  1. 相手のフィールドに「銀河眼の光子竜」(ATK/3000)が存在する状態でこのカードの効果を発動する。
  2. チェーン1のこのカードの効果処理。このターン直接攻撃が可となる。
  3. 相手は「の書」を発動。その処理によって「銀河眼の光子竜」が裏側表示となり、このカードより攻撃の高いモンスターが存在しなくなる。
  4. バトルフェイズにこのカードは直接攻撃することができる
例3
  1. 相手のフィールドに「ロード・ウォリアー」(ATK/3000)が存在する状態でこのカードの効果を発動する。
  2. チェーン1のこのカードの効果処理。このターン直接攻撃が可となる。
  3. 相手は「エフェクト・ヴェーラー」の効果を発動。その処理によってこのカードの効果は効となる。
  4. バトルフェイズにこのカードは直接攻撃することができる

※ここでは例を示す的であるため、効果処理より後に「エフェクト・ヴェーラー」の効果を発動させているが、もしこのカードの効果にチェーンして「エフェクト・ヴェーラー」の効果を使用したとすれば、このカードの直接攻撃効果は適用されない。

その他の作品において

3DSソフト激突!デュエルカーニバル!公式サイトでは、「の王者にして機構の覇者よ、日輪を覆え!No.9 天蓋星ダイソン・スフィア!」という口上が確認できる。

ネタとしての扱い

Vの所謂ニートネタにかこつけ、このカードナンバーが「9」(きゅう)である事からナンバーズ「休」(きゅう)などというコメントが時折見られている。
また、OCGプレイヤーからは、えにくいレベルによる大きなコストと、それにしてはやや物足りないと言われる効果から「大損スフィア」などと呼ばれる事がある。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *Vの説明にはないが、テキストを見ると、直接攻撃は相手フィールド上に自身より攻撃の高いモンスターが存在する場合のみ。
  2. *厳密にはそれそのものではなく、永続魔法エターナルマジック」が「ホログラムプロジェクション」の効果を得ている。

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/no.9%20%E5%A4%A9%E8%93%8B%E6%98%9F%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

No.9 天蓋星ダイソン・スフィア

63 ななしのよっしん
2013/11/10(日) 18:15:32 ID: ilbEXn158z
>>61
53だけハブられたというよりは、トーマスだけ優遇されたと見るべきでは。
まぁでも、テーマデッキ度でいえば次男も末も似た者同士、と言うか末の方がカード一般的に手に入る気がするんだよなぁ……

長男? ……取り敢えずレベル9が出せればいいよね(逸らし)
64 ななしのよっしん
2013/11/21(木) 19:29:41 ID: dodeS/VuTM
>>54
2回デュエルしてるのに下級0のギラグさんだっているんだぞ
65  
2013/11/24(日) 23:22:41 ID: cApezjRyJm
3DSでは「の王者にして機構の覇者よ、日輪を覆え!No.9 天蓋星ダイソン・スフィア!」という口上が追加されました。
66 ななしのよっしん
2013/11/30(土) 12:30:03 ID: Ev9J7sWMGB
開発期間や登場キャラから考えるに、∨の本編再登場前にゲーム台詞収録したんだろうな。
67 ななしのよっしん
2014/07/12(土) 15:00:05 ID: XnyXGgBJWX
ナンバーズ召喚時のBGMダイソンスフィアに一番似合う気がする
あの動画の影かもしれんが
68 ななしのよっしん
2014/07/12(土) 15:05:50 ID: p6InrxeGcB
>>67
それは思った
あと、銀河眼で効果が効になってどんどん暗くなっていく演出と貫く信念のサビマッチ具合も異常だった
69 ななしのよっしん
2015/05/21(木) 19:15:35 ID: aNYAp0jw3u
漫画版登場めでたい


安定の手の込んだ爆死っぷりだったがw
てかカイザーの身代わりという点以外仕事してなry
70 ななしのよっしん
2015/06/18(木) 23:19:14 ID: rG8/gIU/94
ただ攻撃ホープより高ければ良いのにわざわざ作画ダルいであろうダイソンを出してくれるとは。
71 ななしのよっしん
2017/07/13(木) 21:57:00 ID: j0+6U4Au2n
いまはエンタープラズニルやザ・ビーストとかいうダイソンよりはるかに強いランク9増えたからな…
V様の明日はどこだ
72 ななしのよっしん
2017/10/24(火) 00:28:50 ID: 4baCf/8O9i
ダイソンスフィアwiki見たら戦闘効は何度でもできるらしいがこれはいかに