TDQ1単語

ティーディーキューワン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

TDQ1とは、X68000用に制作されたドラゴンクエストクローンゲームである。TDQシリーズの第1作。

初期名称の「DRAGON OUEST」(ドラゴンエスト)やその略称ドラオエ」で呼ばれることも多い。

概要

田圃(たんぼ)こと小松秀氏によって制作され、1991年コミックマーケットで頒布された。「TNB製作所」名義で発表されているが、これは「スタッフロールで自分の名前ばかり出てくるのが寂しかった」という理由から団体らしき名前を付けたもので、実際には全な個人製作となっている[1]

本家ドラクエからシステム音楽モンスター具・呪文体系などを拝借しつつも、オリジナルストーリーキャラクターで「ドラクエらしさ」を再現した名作クローンゲームとして話題を呼び、当時の通信手段であるパソコン通信を介して広まっていった。コンプティークなどの雑誌で取り上げられたこともあったという。

思わぬ反に困惑した小松氏はエニックス(現スクウェア・エニックス)に事情を伝えて沙汰を待ったが、特に咎められることもなかったため、後にフリーソフトとして配布されるようになった。またタイトルも「DRAGON OUEST」(ドラゴンエスト)から「T-DRAGON QUEST」(TDQ)へと題された。ただし2001年になって某権利者団体からクレームが付けられたため、公式サイトでのゲームファイル配布は終了している。

本家「4」の発売翌年に制作されているため、本家の「1」から「4」、すなわちファミコンドラクエで登場した要素が全て詰め込まれている。全体として見ると、シビアなゲームバランスや重厚長大ダンジョンルイーダの酒場システムのない固定パーティー制、AIなしの戦闘など、本家「2」に近い印を受ける作品に仕上がっている。

ゲームの特徴

システム面

発表当時の最新作である本家「4」におおむね準拠しているが、AI戦闘システムは導入されておらず、ルイーダの酒場キャラメイキングシステムも存在しない。この点は本家「2」に近いと言える。ただし同時に連れ歩いて戦闘に出せる仲間の人数は主人公を含めて5人と本家より1人多い。

本作では本家で適用されていた味方に対する魔法の被ダメージ値一定カットの恩恵が止されている。代わりに味方も一定確率で攻撃魔法効化するようになったが、全体的に見ると魔法による被ダメージの期待値が高くなっており、このことが特に序盤の冒険を難しくする一因となっている。

フィールド画面で表示されるウィンドウに透過処理が施されているが、見辛いとのもあったためか次回作では本家同様の背景に戻された。

オリジナル要素

ストーリーキャラクターはもちろんのこと、アイテム呪文ザコモンスターなどにもオリジナル要素が盛り込まれている。以下に挙げるのはそのほんの一部である。

ルラミトの雄石・雌石
フィールドで使用できるアイテムダンジョン以外の場所で雌石を使うとその場所が記録され、雄石を使うことで記録した場所へ飛んでいく。その名の通り「」と「リレミト」を足したような使い方が可
デロハ
敵味方双方にかかっている補助呪文状態異常効化する魔法主人公ラスボスしか使えないため普段はあまりにする機会はない。次回作でも登場するが名前が「デロハー」になっている。
スライムモギ
緑色(ヨモギ色?)をしたやや大きめのスライム。本来は中盤に登場するモンスターなのだが、最初の村を出てフィールドを少し東に行くと出現テーブルの都合上いきなり出会えてしまう[2]レベル1のパーティーに容赦なくイオをぶっ放してくる畜生ぶりは多くのプレイヤー衝撃を与えたとか。
そのインパクトからかTDQに登場するオリジナルモンスターの中でも特に知名度が高く、後にドラクエFFクローンゲームドラゴンファンタジー」でゲスト出演を果たしている。

旅の仲間たち

主人公
魔物に攫われた父親を探すに出た少年プレイヤー分身であり、本家主人公たちと同様に「はい」「いいえ」以外のセリフはない。僧侶呪文を覚える戦士というポジションは後に発売された本家「5」の主人公に近い。優秀なに隠れがちだが、アタッカーとしても回復要員としても準以上のを持っている。
TDQ2で描かれた数年後の時代には「カロシス」の名で伝わる伝説勇者となっており、プレイヤーは彼が遺した武具をめて世界中を駆け巡ることになる。
ミル
主人公双子。最初から仲間になっている。ドット絵では分かりにくいがポニテHP・ちから・すばやさに優れ、会心の一撃を連発する武闘タイプ本家「4」のアリーナを彷彿とさせる頼もしいアタッカーである。
TDQ2の時代には「イミルフ」の名で伝わっており、彼女の名を冠したキラーピアス彼女の子孫にあたる武闘兄妹が登場する。
ムルイ
主人公たちの父親が世話をしていたスライムステータス(特にHP)が低い上に一切の装備ができないため、しばしば棺桶具袋と化す[3]。あるアイテムを入手することで一部の武具を装備できるようになるが、それでも戦としてはいささか頼りない。
TDQ2ではスライム国王として登場。成長(?)してキングスライムのような巨体になっている。残念ながら仲間にはならないが、彼が育てたスライムナイト少女を預けてくれる。
セシラン
主人公たちの母親重い病で伏せっているが、「命の」を与えると様態が回復して仲間に加わる。優秀な魔法使いだが病気全に治っていないため、4歩ごとにHPが1減ってしまうハンデを抱えている。後半で手に入る「奇跡の羽衣」を装備することで減少分を相殺
TDQ2の時代では故郷であるルフルの村の跡地が彼女の墓所となっており、副葬品として「奇跡の羽衣」が納められている。
ゼル
イフットスのに住む少女。とある事情から最初は廃人同然だが、イベントを進めていくと正気を取り戻して仲間になる。僧侶タイプベホマラーザオリクを覚えるのは彼女だけ、おまけにパラメーターが異常なほど伸びる頼もしいキャラなのだが、ラスダン突入直前にレベル1で加入するので育てるのは大変。またフラグの立て方が分からず仲間にしないままクリアしてしまうプレイヤーも多かったとか。
その後は者となって聖地から世界を見守っていたようで、なんとTDQ2の時代でも健在。キーパーソンとして要所要所で主人公たちを導いてくれるほか、彼女子にあたる少女仲間に寄越してくれる。
イケタ
勇者を名乗る謎の男戦闘中突然太刀に入ったり、強制的にパーティーに加わったりする。は高いが示を出すことはできず、また装備品の変更や具の受け渡しもできないNPCキャラ。その正体は…?

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *TNB製作所[自己紹介]exitInternet Archive
  2. *「東に行くと危険」という情報はあらかじめ村人から得られるため、情報収集をきちんとしていれば回避可
  3. *公式でもネタにされている。exit

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/tdq1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

TDQ1

1 ななしのよっしん
2013/03/20(水) 19:25:33 ID: WZNUrztzfG
Pixivアカウントがあったのか
TDQ作者ミク絵が見れるとは、すごい時代になったものだ

急上昇ワード改