今注目のニュース
テトリミノが降ってくる『テトリス』時計を作ってみた
異常な“タピオカブーム”に潜む恐怖…「腹痛」「便秘」「激太り」
高嶋ちさ子、ホテルにわざと忘れ物をする外国人観光客に激怒 「すぐに捨てろ」

あんこうチーム単語

アンコウチーム

掲示板をみる(153)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
あんこうチーム

あんこうチームとは、アニメガールズ&パンツァー」に登場する戦車チームである。
使用戦車IV号戦車D

概要、説明します!

所属は大洗女子学園
主人公である西住みほリーダーメインキャラクター達が所属する所謂主人公チームである。そのためスポットが当たる機会も多い。
常に戦果を叩き出しており大洗女子学園戦車道チームの中核とも言えるチーム
メンバー個々のも全体的に高く

・卓越したを誇る
・高い射撃技術を持つ
・非常に素い装填を行う装填手
長の良き支えとなる通信手
天才的運転技術を持つ操縦手

と言った具合である。
使用車両であるIV号戦車D大洗女子の所有する戦車の中では数少ないまともな戦なため撃戦に機動戦にと何かと大忙し。試合中は西住みほが全体揮をとるため車両という面もある。

ちなみに使用戦車であるIV号戦車D大洗女子学園戦車道を復活させるに当たり一、所在が判明していた車両である。

編成内容です!

標章

2、3話で行われた模擬戦時のみ長は武部沙織手は秋山優花里、装填手は西住みほ、操縦手は五十鈴華が担当していた。

OPにおいては、標章のあんこうマークは沙織の携帯トラップとして登場する。

戦果報告です!

第2話/第3話:模擬戦/大洗チーム各車

教官として招かれた蝶野亜美の命で行われたバトルロワイヤル形式での模擬戦。

一の戦車道経験者を有するチームということで各チームから警され袋叩きに合う。
バレーチーム(後のアヒルさんチーム)と歴女チーム(のちのカバさんチーム)による連携攻撃により被弾し途中で操縦手を務めていた五十鈴華が失するという事態になり、車両の上で立ち往生。全に単なる的となるが偶然居合わせた冷泉麻子が代わりの操縦手となり窮地を脱出。
その後は反撃に転じ、歴女チームIII号突撃砲Fバレーチーム八九式中戦車を立て続けに撃破。
さらに別方向から接近してきた生徒会チーム38(t)戦車も撃破した。
すべての車両一発で仕留めるとはすごいぞオッドボール三等軍曹

ちなみに1年生チームはこの戦闘を見てかなわないと思い逃走を図るも沼に履帯を取られ勝手に自滅した。

・戦果:III号突撃砲F×1、八九式中戦車×1、38(t)戦車×1

第4話:練習試合/聖グロリアーナ女学院戦

大洗女子学園生徒会長角谷杏発案により行われた聖グロリアーナ女学院との練習試合。
対戦形式はどちらか一方が全滅するまで続く言わば殲滅戦方式で両校とも5両の戦車を用い行われた。
車両としての役を負っての初めての試合。

開始序盤、聖グロリアーナ女学院車両先制攻撃を加え味方の大洗チームが待ち伏せしている場所まで敵を誘導するおとり役を行う。
だが大洗側の練度不足のため味方から敵と間違えられ攻撃され、待ち伏せ作戦も失敗に終わる。
聖グロリアーナチームからの反撃を受け一年生チームは士気が持たず敵前逃亡、生徒会チーム履帯が外れまともな戦闘行動はとれなくなるという窮地の中、事だったバレーチーム歴女チームを率いて大洗に逃げ込み地の利を生かした機動戦を行う。

終盤、味方車両も全行動不能になる中で聖グロリアーナマチルダII歩兵戦車を地形と機動を最大限利用した戦い方、秋山優花里の素い装填とそれによる五十鈴華の正確な連続射撃などで3両撃破し五分の状態に持ち込む。
残りが聖グロリアーナ指揮官ダージリンの乗るチャーチル歩兵戦車1両だけになると決着をつけるため薄、ほぼ距離での攻撃を行うが相手の装甲を突破できず逆にやられてしまう。

結果的に負けはしたが重な実戦経験と各チームの意識革に一役買うなど得るものも大きく、聖グロリアーナからは好敵手と認められ紅茶が送られた。

・戦果:マチルダII歩兵戦車×3

この戦いのあんこうチームの動きに関しては某黒騎士中隊の中隊長が講評を述べているので気になる人はみてみると良いだろう。

第5話/第6話:全国大会一回戦/サンダース大学付属高校戦

大会の一回戦。相手はケイ率いるサンダース大学付属高校M4中戦車系10両。

序盤は揮を執りながらフラッグを務めるカメさんチームカバさんチームと共に護衛。
だが偵察を行っていたウサギさんチームM4中戦車6両に包囲されかけるとアヒルさんチームと共に救援に向かいしい攻撃の中、味方車両を見事揮し共に事に包囲を突破する。
あまりのサンダース大付属側の動きの良さから西住みほが通信傍受に気が付くとそれを逆手に取りサンダース大付属側を上手く誘導し待ち伏せ攻撃を行う。
その際にカバさんチームウサギさんチームと共同でM4中戦車を1両撃破した。

後半はアヒルさんチームの奮闘で上手くおびき出せたサンダース付属大のアリサ率いるフラッグM4A1」を大洗車両で追撃。途中からケイに率いられたファイアフライ1両とM4中戦車4両が大洗チームの後方より到着し「敵を追撃しつつも自分達も追撃される」という状態になってしまう。
ダージリンさんく「パンに挟まれたきゅうり」の状態。もっと上手い例えはかったんだろうか
長射程を誇るファイアフライの攻撃によりアヒルさんチームウサギさんチームが撃破される中、五十鈴華の提案で稜線射撃を決行。あんこうチームもファイアフライに撃破されてしまうが、その直前に見事サンダース付属大のフラッグを撃破し勝利を収めた。

・戦果:M4中戦車×1(共同撃破)、M4A1×1

第7話:全国大会二回戦/アンツィオ高校戦

大洗戦車道メンバー全員で大浴場でくつろぐ中、西住殿が「みなさん!次も頑りましょう!」と言った間にアンツィオ高校車両爆発
気合だけで見事敵を撃破し3回戦へ駒を進めた。よかったよかった。

…流れ的には上記のとおりなのだがに解説するとアンツィオ高校戦は省略されアンツィオ側の描写もたった1カットで終わった
当初よりアンツィオ高校アンチョビ公式CVが書かれてないことから「ダイジェストなのでは?」とは言われていたがまさか本当になるとは……。

漫画版では、装填手であった秋山優花里ルノー長になったため、4人となった。漫画版を見る限り、みほと沙織が装填している場面はみられない(ことから持ちでもあるが自ら装填している可性がある)。長であるみほは、自軍をP40の射線に引きずり込む敵の陽動を見破って、ルノー長である優里に本隊の戦線を維持することを示し、上方から狙撃するP40をたたいて戦況を逆転させた。別の車両に乗っていても、優里がみほを信じて耐えたこと、みほがみごとにその信頼にこたえたことがあんこうチームのの強さを感じさせた。

ちなみに7話においてこのままでは勝つのは厳しいと言うことで大洗の戦強化のため新しい戦車や強化部品の探索などが行われた。その結果、長身などが見つかりEDにてあんこうチームの戦車IV号戦車DからF2(G初期とも言う。つまりD)と思われる体に変更された。

第8話/第9話/第10話:全国大会準決勝/プラウダ高校戦

準決勝、相手はカチューシャノンナ率いるプラウダ高校。この試合よりあんこうチームのⅣ号戦車F2仕様になった。
プラウダ高校側は2次大戦を代表する傑作戦車T-34を中心とした15輌編成。対する大洗側は新たにカモさんチームを加えた6輌編成となっている。
単純な車両数の上ではプラウダ側が2.5倍、戦場上でプラウダ有利、さらに戦車の質でも圧倒的に大洗側は劣ると言う戦う前から酷い状態であった。
西住みほは当初慎重路線で戦う算段であったが大洗戦車道メンバー全員の意見を尊重し(皆の士気を下げたくないという理由もあった)速攻でプラウダ側のフラッグを攻めるという方針が決定される。

緒戦では長身になったのを活かし先制攻撃を加えあんこうチームがT-34を1輌撃破。さらにカバさんチームも1輌撃破し幸先の良いスタートを切る。
撤退するプラウダ大洗側は全輛で追撃、程なくしてプラウダフラッグを発見する。
西住みほプラウダ側のではないか思い、むやみやたら追撃をしないよう他チームを制止しようとするが他チームはそのまま発見したプラウダフラッグ掛け突撃を続けた。結果的に待ち伏せ攻撃をもろに受ける事となりⅣ号戦車カバさんチームを身を挺して守った際にに直撃を受け故障。一時的に大の建物の中に籠し猛攻をぐが全に包囲されてしまう。

プラウダ側より降伏勧告と共に3時間の猶予が与えられるが生徒会より大洗校の危機していることを知り降伏を拒否し徹底抗戦することを決める。
だが包囲下という絶望的な状況に加え食糧不足、の悪化などがありみるみる大洗側の士気は落ちていった。
それを見た西住みほは皆を元気づけるため渾身のあんこう踊りを披露し見事士気を回復させた。ちなみにプラウダコサックダンスを踊った。
秋山優花里冷泉麻子などが偵察部隊としてプラウダ側の正確な配置を確認して来てくれたためそれを基にプラウダの一番包囲が厚い部分を突破する包囲網突破作戦ところてん作戦」が実施される。
ちなみに故障したに関しては3時間も猶予があったおかげかなんとか修理できた。

カメさんチームを犠牲にしつつもなんとか包囲を突破。プラウダ側より追撃を受けるがあんこうチームとカバさんチームプラウダの隙を突き追撃をやり過ごすことに成功し、両チームプラウダ側のフラッグ撃破に向かうこととなった。
秋山優花里の偵察のおかげでプラウダフラッグを発見し追撃を開始する。途中妨KV-2が現れるがカバさんチームと共同でさくっと撃破。プラウダ側を追い詰めるが、そのころ大洗側もフラッグであるアヒルさんチームを守っていたチーム全滅しいつやられてもおかしくない状況であった。
どちらがフラッグを撃破するかと言う状況の中、高所より偵察をしていた秋山優花里のナビ示を頼りに西住みほカバさんチームに待ち伏せ攻撃を示。あんこうチームもカバさんチームの待ち伏せ場所に見事プラウダフラッグを誘導することに成功し辛くも勝利を収めた。

余談だが包囲網を突破した際のところてん作戦は、関ヶ原の戦い島津義弘が行った「島津の退き口」を彷彿とさせると話題になった。詳細は当該記事を参照。ちなみにこの「島津の退き口」を行った島津九州に本拠地を置いていたが主人公西住みほの出身地もまた九州である。
更に余談だがこの戦法はよっぽどの名将でもない限りは突破できず包囲されてそのままやられると言うのが普通であり歴史上でも成功させた者は少ないので真似しないようにしよう。

・戦果:T-34×1、KV-2×1(共同撃破)、T-34フラッグ)×1(共同撃破)

第10話~:全国大会決勝戦/黒森峰女学院戦。

決勝戦。西住みほである西住まほ率いる黒森峰女学院との戦い。
黒森峰側の使用戦車パンターGヤークトパンターIV号戦車/70(V)、ティーガーⅠティーガーⅡヤークトティーガーエレファント駆逐戦車からなる計20輌。

試合前に義援を得てシュルツェンを取り付け、H装。色も明るめの色に塗り直された。

黒森峰の編制は、「ぼくのかんがえた さいきょうの どいつきこうしだん」と言わんばかりの情け容赦のない二次大戦末期ドイツ軍傑作&重戦車ラインナップである。 

峰女学園は、開始ゲシュタムアウトショートカットし、大洗戦車隊に奇襲をかけ、しい一斉撃を加える。あんこうチームの号は、三式のアリクイさんチームが後退したのがたまたま盾となり撃破を免れる。みほは、冷静に大洗の全に進行方向のへ逃げ込むように示する。

さらに、煙幕をはる「もくもく作戦」を示し、動きのおそいP虎をオスマントルコ越えよろしくワイヤー号と三突とM3リー小山(三の台?)の地まで引き上げた。黒森峰小山を包囲したときにも峰のフラッグを攻撃するように見せかけ、その戦をそぐために「フラッグの前の車両」に一点集中火を試み、の射撃で黒森峰戦車を撃破する。生徒会ヘッツアーによる「おちょくり作戦」で黒森峰の隊列が混乱すると、P虎を先頭にして包囲網の脱出に成功する。

地へ向かう途中の一年生M3がエンストを起こすというピンチにさらされた際、沙織は「いってあげなよ。」と長であるみほの決断を促した。は、「みほさんはやっぱりみほさんね。」と評し、優里は、「それだからわたしたちはここまでこれた。」と評し、麻子は、「前進することよりも仲間を助けることを選ぶとわな。」と感心したようにつぶやく。は「この試合絶対勝ちたいです。みほさん戦車道が正しいことを明するためにも絶対に勝ちたいです。」と叫んでいた。みほは、義経の八艘跳びのようにM3まで跳んでワイヤー戦車につないだ。この行為に大洗戦車隊の一同の気持ちはひとつとなり、援護のために後方の黒森峰に一斉射撃を行った。一年生チームは感極まって「隊長ありがとうございました。」と言うと、みほは言の笑顔で返した。

峰の撃をかろうじて避けて戦に持ち込むことに成功するが、そこで敵の号に遭遇する。ほうっておくと戦でかきまわされるので戦略上やっかいであるため、追跡して撃破しようと試みた。しかし、その先には、ビグザムゴルバ巨大戦艦マウスが隠れており、その強撃を受けてしまう。あんこうチーム自体は冷静な判断で後退するが、大洗は、ルノーと三突を失ってしまう。みほは、沙織の「戦車が乗っかりそうな戦車」の発言にヒントを得て、ヘッツアーマウス体の下にもぐりこませて、八九式をマウス体に乗せてを固定させて、マウスの弱点であるエンジン排気口を露出させることに成功する。は、それを号で撃ち抜き、峰のみならず、観戦者たちの度肝を抜いた。

地では、峰の本隊を巧みに分断させ、みほは、沙織に味方車両の正確な位置の把握、麻子には袋小路に入らないように、優里とにはHS地点(校になった高校の校舎)まで撃ち返さないように示した。P虎と号で、HS地点で、フラッグ峰本隊をさらに分断させることに成功。P虎が重装甲を生かして、峰本隊の撃に対するとして、号(あんこうチーム)とまほの乗るフラッグとの一騎打ちの状況を作り出した。HS地点での隊長であるとの一騎打ちは、量がほぼ拮抗するしい撃ち合いとなった。麻子の操縦で、たくみティーガー撃を避けるものの、部と履帯のシュルツェンが撃で吹き飛ばされた。優里のすばやい装填との正確な撃で数発あてるものの、ティーガーの装甲にはかすり傷でしかなく、ついにP虎が走行不能となってしまう。黒森峰本隊が来る前にフラッグを倒さなければならなくなり、みほは、撃を避けたあとに後ろへ回り込んでエンジンを破壊するしかないと決心し、優里にさらにい装填、麻子に全速で後ろに回りこむよう示した。は0.5でいいので停止射撃をさせてくれとみほに話した。ティーガーの背後に回りこんで、「皆の思いをこめた」の一撃がティーガーエンジンに命中し、あんこうチームは、号の履帯がばらばらになるのと引き換えに、大洗女子を優勝に導いた。

・戦果:Ⅳ号駆逐戦車ラング」×1、マウス×1(共同撃破)、ティーガーⅠフラッグ)×1 

Ⅳ号戦車、頑張ります!

彼女たちあんこうチームの乗るⅣ号戦車のみ複数回にわたる改造修を受けることとなる。 1回は8話にてDからF2仕様に。2回は10話にてF2仕様からH仕様になった。 ロボットアニメなどで良くある前期主人公機から後期主人公機への乗り換えイベントのようなものである。 流石主人公チーム機。強化内容も分かりやすく火力・防御の強化に始まりだいたい上位互換と言って差し支えない内容になっている。(若干機動性が落ちている可性はあるが) また監督である水島努氏のツイッターによると「F2ではなくF2仕様、もしくは号D」「自動車部がちょっと(装甲を)盛ってるかもしれない」とのことで細部まで全なF2、Hと同というわけではない様子。(原文はこちらexit) 「どういう意味?」と思う人もいるかもしれないが要するに「大まかな装備はF2、Hと同じだけど細部はDのものがそのまま使われてたりする各生産パーツごちゃまぜのキメラ」と言うことである。 戦車模型において「あんこうチーム仕様号D(H仕様)」を作ろうとした場合いろんな模型メーカーⅣ号戦車を買って組み合わせなきゃ再現不可能なんて話まである。史実においてもⅣ号戦車は非常に多くのバリエーションが開発されている。(詳しくはⅣ号戦車の記事参照)
これはⅣ号戦車二次大戦の開戦時から終戦時に至るまでドイツ軍として第一線で戦い続け、ソ連はもちろん他の連合の最新鋭戦車り合うために常に良が続けられた結果。
そしてなんだかんだで十分対抗できるぐらいに終始スペックが底上げされていくのだからだからすごい話である。
そのため性も生産時期によって段違いとなっており外見も結構異なる。

ちなみにあんこうチームのような各パーツごちゃ混ぜも実際の戦争で結構あった話だったりもする。
D改造してF2にした車両と最初からF2として工場で生産された車両じゃ当然ながら細部に差が出てしまうのである。
DF2仕様改造した車両についてはイギリスのボービントン戦車博物館という場所に現存しているそうなのであんこうチームファンは行ってみてはいかがだろうか。え?何、遠い?

なにはともあれアニメにおいても史実においてもⅣ号戦車は常にあらゆる手段を用いて強敵相手に頑るのであった。

関連動画、紹介します!

関連静画

関連商品、買います!

関連項目、見に行きます!

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP