今注目のニュース
自衛隊もコンビニトイレ使わせて! 過去に批判も...防衛省が「お願い」
日本一貧乏な函館の観光列車「ながまれ海峡号」 予約が取れない人気の理由
悲報! ムーディかつやまさんがトイレにマイクを置き忘れTwitterで晒される

アサシン(蒼銀のフラグメンツ)単語

アサシン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(46)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アサシン(蒼銀のフラグメンツ)とは、小説Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』に登場するサーヴァントの一騎である。

サーヴァントについては、サーヴァント(聖杯戦争)を参照。

CV千本木彩花Fate/Grand Order

概要

衣を身にった髑髏の仮面少女。そして、装は瑞々しくしなやかな肢体が強調されたものであり、その蠱惑的な女体美を前にしたのならば、同性異性を問わず、異様な仮面など気にならなくなるほど
サーヴァント階位は第七位。マスターは、極東にて古い歴史を持つ魔術師系の末裔である仁賀征爾・・・・だったのだが、彼女によって殺されてしまっている(ただし、アサシン本人には悪意はない)。
以降は、己の現界を保つために魂喰いを繰り返す。その結果、東京においてキス魔のメアリーさんという都市伝説が誕生することとなってしまった。そんな中で、沙条愛歌と出会い、彼女に恭順の意を示す。
ただし、扱いは全にペットそのものであり、魔供給もない。そのために、魂喰いもそのまま続いている。
にもかかわらず、彼女はそんな歌に対して不を述べるどころか、忠えた感情を抱いている。つまりは、そっちの人。
それからは、歌の命に従い、キャスター殿の調や、敵対マスターの殺などを、セイバーとの惚気話を聞かされつつ、淡々と実行していく。そんな中で、彼女が殺したマスターの一人であるについては、時折思い出すほど強く印に残っている。

名は、暗殺教団の頭たる“山の翁”ハサン・サッバーハ。その歴代の長の中でも、“静謐(せいひつ)のハサン”と呼ばれる殺に長けた女暗殺者。
その本質底した暗殺者であり、己の体さえもそのための手段として用いている。
生前は任務との狭間で精が壊れターゲットに自分が暗殺者であることを告げようとした寸前に初代山の翁によって処断された。
彼女の全身に染み込んでいるは、サーヴァントとなった現在では、触れただけで相手を死させるまでの宝具に昇されている。
この特性と、生前において人間らしい触れ合いがわなかったことから“自分に触れても死なず、微笑みを浮かべてくれるか”を聖杯めている。前述のマスターしも、そうした内なる願いのために及んでしまった行為、とも言える。
ただ、そうした願いとは別に“人間らしくかを愛しされたい”という願望も密かに併せ持っているが、本人はそのことに気付いていないらしく、むしろ“自分に触れられるならばでもいい”と思っている節があるという。そんな彼女の様子に苛立ちを覚えたキャスターからのリビングデッドを贈られる、という外道行為に見舞われてしまった。とはいえ、後に彼の意を知ると、一応感謝の言葉を伝えた。

優れた暗殺者でありながらも、以上の経緯から考え方は後ろ向きそのもの。その上、自分が教団の長として胸をれることが、“あの御方”によって討たれたことぐらい、と考えている辺り根が深い。

最終的には、自分に他のかを愛することを知るきっかけを作った歌への忠を貫くことを決意。そうして、生ける屍となりながらも、ひたすらに自身を案じ続けるの隣にいるのが自分であることを詫びながら再び彼を殺。そして、セイバーとの直接対決にて敗北し、消滅した・・・・

ちなみに、本作で登場させる予定だったアサシン補としては“のハサン”なる爆殺専門のハサン。どうして没になってしまったのかは、お察しください

聖杯戦争を知った彼女は召喚される動機がなくなってしまうため、召喚されるたびに記録がリセットされるという稀有なサーヴァント

能力

属性:秩序・悪  カテゴリ:人

身長 / 体重:161cm / 42kg

出典:史実

地域:中東

パラメーター

:D 耐久:D 敏捷:A+ :C 幸運:A 宝具:C

保有スキル

ランクは“Grand Order”準拠。ただし、対のみ現時点では不明。

気配遮断:A+ 自身の気配を消すスキル。攻撃時にはランクが低下する。
単独行動:A マスターの魔提供がなくとも1週間は現界可
生前、暗殺対の元での長期の潜入任務についていたことから取得している。
投擲/短:C を弾丸として放つ。投擲用の短を使用する。
C++ FGOでの追加スキル。投擲/短から進化。相手にを付与する。
変化(潜入特化):C 自分と似た背格好の相手であれば変装可。自在に姿を変え暗殺対へ接近できる。
への耐性。
静寂の舞踏:B 踊りで汗を揮発させを振りまき対を弱らせ宝具使用成功率を上げる。
魅了スキルとしても使用可
楽園への:B+ FGOマテリアル4巻に記載されている詳細不明のスキル

的なアサシンサーヴァント兵戦においては、他のサーヴァントに遅れを取るが、雑魚相手ならば苦もなくこれを返り討ちにできるほどの実を有している。
また、変化のスキルにより、姿格好を自由自在に変えての諜報活動をも可としている。その際の姿は、ワンピースを着た褐色の肌を持った少女の姿をしており、この時は“ジール”という偽名を用いている。ただし、ネットにおいては、この名前よりも“静謐ちゃん”という呼び方が浸透している模様。なお、彼女も他のハサン・サッバーハ同様に顔を潰していると思われていたが、実はキチンと素顔は持っている。これは、暗殺の性質上必要などの理由があるため。ともあれ、これで安心して萌えられます。

しかし、彼女頂は、全身に帯びた猛を用いた暗殺であり、これこそが彼女の切り札たる宝具である。

宝具

ランク:C / 種別:対人宝具 / レンジ:0 / 最大捕捉:1人

の塊と言える彼女体そのもの。、肌、体液、吐息さえも“死”で構成されており、全身が宝具と化している。
その性は幻想種すら殺しうるとされ、特に、液が強性を帯びておいる。それを最大限に活用した殺の手段が接吻で、相手を多幸感に浸らせつつ、その命を奪う。そのため、如何なる魔術師でも、たとえどれほど防護を万全にしていようが、人間である以上はそのに耐えることなく死亡してしまう。論、サーヴァントとて例外ではなく、三度接吻で大抵の存在は死に至ってしまう。

生命以外は宝具でなければ任意で時に腐食させることができる。

この宝具の恐ろしさは、そのアサシン自身が全に制御できないこと。このために、前述のマスター殺しの原因となり、彼女が生前から抱えている孤独感に拍をかけることとなっている。加えて、彼女の餌食となった者の亡骸にも、そのが残留し続けるため、犠牲者がさらに増えるという、性質の悪いもの。

また、踊りなどで流れた汗を揮発させ吸収させることで、直接触れずとも、標的の体・精を緩慢に失わせることも可

これだけでも、十分に脅威であるのに、この宝具歌によって、さらに悪な代物へと変貌を遂げることに。
それは伊勢一族襲撃時に発揮され、前述の踊りによって壊滅させることに成功している。

ちなみに、“Grand Order” では、接吻が用いられている。たとえ敵が異形でも接吻そして、相手が女子だと、どこからどう見ても百合です。本当にありがとうございます

敵に接近し体を爆発四散させることで大量の血を浴びせる死前提の大技もあるが基本的に使わない。

なお、本作で彼女が通じない人物は、歌の他には、如何なる病も傷も受け付けないアーチャーがいる。そして、芳守というそのへんの女子高生である。この世界線東京は何なんだよ。ただ、生贄にされそうになった彼女だが、何気に営に大きな波紋を呼んでいたりする。

ともあれ、彼女平和に生きられる世界は、現時点ではカルデアと“ちびちゅき!”ワールドのみ、ということになる。

Fate/Grand Order

3の中堅アサシンデバフに特化したと、+即死確率が存在する宝具を持った中ボスキラーアサシン
3ゆえに4~5のサーヴァントに特化した仕事で負けてしまいがちなのでスタメンというよりは後詰めで待機させて大物相手の締めをお願いする形が多くなるだろう。
とはいえ、スター生産時から十二分であり、宝具の多デバフ事実上の1ターン停止、2ターン必殺技封印を敵に強要することからリリーフとして十分すぎる働きをしてくれるし、レベルも上げればスタメンでバンバン宝具を回して敵営を機不全にして勝利を収めることもできなくはない絶妙な設定となっている。

2017年11月に追加された「幕間の物語」をクリアすることで『投擲/短(C)』が『(C++)』に強化。
5Tのと「蝕」(によるダメージを増やす状態異常、+100%固定)状態を付与する効果が追加され、の名手の名に恥じぬ強な固有スキルに。レベルMAXにすると1Tだけ蝕の重ねがけが可なるほど回転率も良い。
特に持久戦・高耐久エネミー相手で価を発揮するので、ぜひともを持って育ててあげよう。

また、高いマイルーム性定評がある
出典元ではさほど会話がなかったものの、本作ではしっかりと会話ができる。また、“Grand Order”の主人公も、とある事情から彼女に対して耐性を持っている。そのため、彼女から猛すぎるアプローチを受ける羽に。お前は泣いていい。しかも、リヨぐだ子の餌食になる未来が見えるから、もっと泣いていい
自己評価の低い子がマスターとの触れ合いで少しづつ元気を取り戻してゆく姿はさながら感情を教えるあのブラウザ作品に例えられる。その始終から一気に人気ファンアートを増やした。あと一日中彼女を撫でていたいというマスターも増えた。
難易度の高いチョロイン(もちろん、体質的な意味で)、カルデア3大重いサーヴァント化されるようになったのだが、それはそれで他者との交流が増えたと言うことで、静謐のハサン自身としては喜ばしいことなのかもしれない。

余談

かつて、英雄王ギルガメッシュは言った。

知らぬか?サーヴァント界で最も不遇な者。
その名を、ハサンというのだ。

確かに、それまでのシリーズのハサン・サッバーハといえば、出番が少ない上に活躍も少なかったり数の暴力で圧殺されたり、などと散々な扱いであった。
一応、“Apocrypha”における亜種聖杯戦争では“暗殺者の”と言われるほどのハサン全盛期を迎えていた。だが、全騎が召喚されたことで対策を立てられたために、ギャンブル的な扱いをされるサーヴァントという形で実質的な退場に追いやられる羽に。

そんな中で、彗星の如く現れたのが、この静謐のハサン。
作中における彼女の活躍は、最終的にとして認めた歌の敵対マスターのおよそ半数の殺に成功。このことから仕事のできるハサンとして、一部では評判に。

とはいえ、初の女性ハサンというだけでも注に値するであろう(“ZERO”に登場する百の貌のハサンは、今でこそアサ子の称で親しまれる女性メインることが多くなったものの、彼女はあくまでも一人格に過ぎない。また“strange fake”の狂信者は、そもそもハサンですらない)。

彼女がいたからこそ、後の“Labylinth”にて、かつてのジャスティスハサンである呪腕のハサンが、仕事人としての価を大々的に世に知らしめることができた、というのは言い過ぎだろうか。

少なくとも、“”だったらどうなっていたことやら。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 15:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP