ファビラスラフイン 単語

8件

ファビラスラフイン

3.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

七つの宝石

わずか七度の邂逅
君は鮮な印
に残した。
そのひとつひとつが
大切な思い出だ。

邪気に、懸命に
を駆け、
そしてが来ると
去って行った君を
は忘れない。

―名馬の肖像 ファビラスラフインexit

ファビラスラフインとは、1993年生まれの日本の元競走馬である。秋華賞の記念すべき初代優勝で、後の「女」を打ち負かし、海外相手にも好勝負を演じた「天才少女」。

なお、口頭では「ファビュラスラフイン」とされることがある。これは英字スペルが「Fabulous la Fouine」(IPA:fˈæbjʊləs l' fwin)で、そのまま日本語に起こすと名の9文字制限に引っかかることから、省略してもあまり問題がない「ュ」を省略したため。なおイが捨て仮名(ィ)とされることもあるが、「ラフイン」のイは「oui」と同じ発音のため、こちらは捨て仮名としないほうが正しい。

な勝ち
1996年:秋華賞(GI)、ニュージーランドトロフィー4歳ステークス(GII)

年齢表記は競走馬として活躍した時代に合わせ、旧年齢表記(数え年)とする。

天才少女の躍進と挫折~4歳春まで~

Fabulous Dancer Mercalle Kaldoun
ノーザンダンサー産駒80年代フランスで一世をした種牡馬と、典的なヨーロッパ血統の。というわけでもちろん本フランス産のマル外である。当時のクラシックにはマル外は出られなかったため、この年から創設された4歳混合GINHKマイルカップすこととなった。

デビューは遅れ4歳の2月終わり。上には藤田伸二を迎えた。しかし、ここで先行して7身つけて勝ってしまうのである。次の500万下も2番手先行からの5身差勝利。満を持して初重賞NZT4歳Sに向かうこととなる。
ここではすでに重賞を勝っているエイシンガイモン、スギノハヤカゼ、ゼネラリストを抑え堂々の1番人気。結果は他すら踏ませない逃げ切り勝ち。
ここまで3戦3勝。天才少女傷で初代王者か!と騒がれ、NHKマイルカップでは単勝2.3倍、当然1番人気レースではいつも通りの2番手先行策。しかしハイペースに巻き込まれて消耗してしまう。直線で尽き群に沈み、14着惨敗。天才少女は大舞台で「挫折」を味わうという結果でを終える。

女帝、そして男馬相手の「素晴らしい」走り~4歳秋~

上に松永幹夫を迎え、マイルカップ同様この年創設の4歳牝馬三冠終戦秋華賞に向かうことに。
前年までのエリザベス女王杯から牝馬三冠最後の一冠を引き継いだこの競走。桜花賞ファイトガリバーこそ故障で不在だったが、マイルカップで先着を許したものの小倉記念ローズSと連勝でやってきていた同じマル外シナタリー、そしてクラシック路線を進んだエアグルーヴやエリモシックといった内との突が期待されていた。
既にエアグルーヴはこの世代のナンバーワンとの呼び高く大本命、対抗はトライアルローズSを勝ったヒシナタリー…という訳でこのレース5番人気で迎えることとなったファビラスラフイン。
レースではシルクスプレンダーが逃げる展開の中、いつも通りの先行でレースを進める。他を向けると、エアグルーヴは中断から、そしてヒシナタリーはこれをマークするような形。しかし人気2頭そろって伸びてこない。エアグルーヴに至っては3で既にが入っている。これはおかしいぞ…?
話をファビラスラフインに戻そう。彼女は4コーナーから抜け出す形で先頭に立つと、エリモシックやロゼカラーの末脚も振り切り、初代女王の栄いた。有名な話だがエアグルーヴパドックファンからカメラフラッシュを焚かれたことで集中を欠いてしまった(結果としてこの一件以来、パドックを始めとした競馬場牧場でのフラッシュの厳禁が注意喚起されるようになった)。さらには仕上げすぎたことで逆に調子を落とし、挙句レース中に骨折していたのであった(10着)。
そして、松永にとってはこの年のNZT4歳Sで負かした相手のゼネラリスト調教の際に負傷し、このに復帰したのだが、彼の復活を示すかのような勝利となり、インタビューでは男泣きを見せた。そして、彼が後にキョウエイマーチヘヴンリーロマンスなど共に活躍する「松永」と呼ばれていくことを徴づけるような勝利となった。なお単勝5番人気の割に複勝は9番人気(690円)で、馬連は5番人気-3番人気決着ながら1万5500円ついた。前走からし逆噴射の懸念があり、軸にはなるが紐にはならないと見られたからだろうか。

そして天才少女が次に向かったのは古混合となり、ヒシアマゾンダンスパートナーホクトベガといった強先輩たちが待ち受けるエリザベス女王杯ではなく、どころか海外の強も押し寄せるジャパンカップ。この年の凱旋門賞エリシオ、このの北GI(カナディア際S、BCターフ)で好走していたシングスピールと強海外が参戦、クラシック世代彼女やヒシナタリーのほか、バブルガムフェロータイキフォーチュン、さらには日本勢の古ではエリザベス女王杯から参戦したダンスパートナーなどとったため7番人気で迎えた。
3番手先行でレースを進めたファビラスラフインは直線を迎えてもあのマイルカップのように沈むことなく、余が残っていた。馬場ん中抜け出そうかというところ、やってきたのはシングスピール。200を切ってからは伸びがないヒシナタリーやバブルガムフェロー、そして猛追するエリシオタイキフォーチュンシングスピールとの叩き合いを演じ、なんとハナ差2着という好走。名ファビラスの邦訳通り「素晴らしい」走りを見せた。やはり天才少女天才少女だったのである。

この後営は海外遠征を検討しながらも、その年の最終戦として挑んだ有馬記念は10着に終わり、さらに故障を発症して引退し、繁殖牝馬となった。なかなか重賞ウィナーを出せずにいたものの、2012年には9番ギュスターヴクライ(ハーツクライ)が阪神大笑点 阪神大賞典オルフェーヴル世紀の大暴走・失速からの猛追を振り切って勝ち、ようやく産駒から重賞を輩出した。これに安心したのか、その1年後の2013年5月11日に20歳で死亡した。

血統表

Fabulous Dancer
鹿毛 1974
Northern Dancer
鹿毛 1961
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Danver
Almahmoud
Last of the Line
青鹿毛 1967
The Axe Mahmoud
Blackball
Bryonia Honeyway
Belladonna
Mercalle
芦毛 1981
FNo.3-e
Kaldoun
芦毛 1975
Caro *フォルティノ
Chambord
Katana Le Haar
Embellie
Eole Des Mers
青鹿毛 1965
Carvin *マリー
Coraline
Deesse Des Mers Neptune
Brise de Mer
競走馬の4代血統表

クロスMahmoud 5×4(9.38)

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
シャミ子が悪いんだよ[単語]

提供: まるこお(male)

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/18(木) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/18(木) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP