九条貴利矢単語

クジョウキリヤ

  • 7
  • 0
掲示板をみる(581)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

九条貴利矢とは、特撮ドラマ仮面ライダーエグゼイド』の登場人物。
仮面ライダーレーザーに変身する監察医である。

演:小野塚勇人

んじゃ俺も…概要編集にノるとしますか。

と同じ病院で監察医として働く青年
外見はジャケットアロハシャツといういかにもチャラ男のチンピラのような普段着だがDQNではなく、頭がキレる小ずるい策士
見た通りハワイ好きで好物はロコモコ。また、ブラックコーヒーが飲めず、コーヒーには尋常じゃない程に砂糖ミルクを入れる甘党

に接近した際にも「その昔ゼロデイで友達を亡くした」と発言して彼に取り入り共闘するも、的が果たされたかと思いきや先の発言をと断言、すぐさま彼と手を切る等の非情さを見せている。
彼の的はバグスターサンプリングデータを採取することであり、曲がりなりにも医師としての行動をとっているが、患者に関してはサンプリングするための切っ掛けぐらいにしか思っておらず、初登場回でも死にかけの患者そっちのけでバグスターを追いかけようとした。

しかし、実際は永に接近した際の言葉はではなく、病気の発症を突き止めた際、友人にそれを包み隠さず話してしまったことで友人を追い詰めることとなり、結果的に友人事故死したのが真実
に接近した際の言葉自体はではなかったのだ。
それ故、彼は「」という言葉を使い他人から自らの闇を隠している。その軽薄さも己を隠すためのの可性がある。

ゼロデイの相や仮面ライダーゲンムの正体に気づいてる様子だが、後者については「はない」と永達に話をしたものの、ゲンムこと壇斗が追い詰められた際にパラドが介入し隠蔽工作を行われたことで、最初の印もあって永達から全に吐きと見做されてしまい信用されなかった

後に斗自らが正体を明かし彼の言葉が真実であったことを知った永全に和解する。
互いにの協体制となった二人はバグスターウィルス相を突き止める為に動くことになった。
だが、あまりにも情報を知りすぎたことを危険視した斗によりにハメられ、デンジャラスゾンビガシャットの使用によりライダーゲージを急に減らされた状態でゲンムレベルⅩの攻撃を受けて敗北。後のことを永に託し、エグゼイドライダー初の脱落者となる。
彼の消滅は「人生コンティニューは存在しない」という事を端的に現しており、ゲーマドライバーによる手術が命がけであることをめて再認識させた。

「忘れんなよ…お前笑顔でいる限り…お前お前だ…」
お前の運命は…永お前が変えろ…!」

その後の本編

しかし彼はただ死んだだけでは終わらず、バグスターウイルスのリプログラミングデータパソコンの中に遺していた。鏡飛彩がそれを発見したことにより、斗への対抗策である新規ガシャットの作成に成功。また、消滅時に永に託した遺品のゲーマドライバーは、永のゲーマドライバー斗に破壊されて使用不能になった際に代わりに使われるようになり、エグゼイド新形態マキシマムゲーマーLv99』完成に繋がった。
万一の為に幾つもの保険を仕込んでいた彼の行動がなければ、斗を倒すことはわなかった。彼の存在が永達の運命を変えたのである。斗が彼を危険視していたのは正しかっただろう。

注意 この項は、作品のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消滅した人間データは対応したプロガシャットに保存される。
しかし、プロオリジンを使用して初めて意識を取り戻した斗がそうであったように、檀正宗が呼び出したとある人物はいまわの際の言葉をくだけの存在と化していた。
だが正宗は、データの状態から意識を取り戻すことができると。その左として選ばれたのがこの男であり、疑っていた飛の前で復活させられる。その後、飛が永から強奪してきたゲーマドライバー(本来は上記の通り彼の物であり、元の所有者の下に戻ったと言える)を使い、『仮面ライダーレーザーターボ』に変身バグスターウイルス抑制機により窮地の正宗を救った。
和解して以後共に戦った仲間であり、死後も彼自身の窮地を救ってきた利矢の変貌に戸惑いを隠せない永は、彼が正宗から何かしらの操作を受けていると考え、次の戦闘の際にリプログラミングを行使するが…効果がない。
それどころか、「自らの意志で正宗の左腕として動いている事」「生命を操る仮面ライダークロニクルの存在で医者は不要となった事」「自らが後を任せた永が、結果として人々を守れずに失望した事」を吐露、永を身体・精両方で叩きのめした。

しかしその最中、永に対して、打ちで来週の放送がゴルフで休みである事を伝えたと同時にさらなる言葉を告げ、両者の決裂は決定的となった。

クロノス打倒のために新檀黎斗が開発した「ハイパームテキガシャット」が誰かさんの不注意奪われ、正宗の手に渡る。プロガシャットを報酬として受け取っていた利矢は正宗にさらなる働きを見せた報酬としてムテキガシャットを受け取る約束をこぎつける。そして仮面ライダークロニクルイベントであるクロノス攻略クエスト阻止せんと立ち向かうエグゼイドの前に立ちはだかり、マキシマムゲーマーをも圧倒するほどの働きを見せた利矢は正宗からムテキガシャットを受け取る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ、ノせられちゃった?

しかし次の間、レーザーポーズを仕掛けようとしたクロノスを攻撃し、エグゼイドにムテキガシャットを投げ渡す。実は利矢は正宗からの信頼を得てプロガシャットを手に入れるため、わざと悪役を演じていたのだ。永打ちした言葉は「自分のに乗れ」という言葉で、永だけがこの真実を知っていたということになる。このによりエグゼイドはムテキゲーマー変身し、クロノスを退けることができた。

こうして、バグスターの身となって復活した利矢は、めてCRの一員として協することを約束した。同じ部屋かつて自分をゲームオーバーにした元人間(現・神)がいるが、「お前を受け入れた永の判断を信じる」として、それ以上の禍根は残さないようにするものと思われる。
合流後、バグスターとしての身体を使ってポッピーと共にプロガシャットの調を行うが、プロガシャットデータには仮面ライダークロニクルマスターガシャットでなければ突破できないセキュリティがかけられていた。マスターガシャットを奪うために永・ポッピー両名と共に正宗に挑むが、永ゲーム病=パラドを殺させることでムテキガシャットを結果的に使用不能にさせることを狙った正宗の策略に気づき、撤退のを選んだことで失敗する。
その後もCRの戦として戦っていたが、利矢当人の心情はともかく、反りの合わない斗と行動を共にすることも多かった。

ゲムデウスパンデミックを引き起こした際、ポッピーピポパポの持っていたガシャコンバグヴァイザーを借り受け、斗と自身をゲームエリアに隔離した上で斗をゲムデウスウイルスに感染させる。
利矢の的は、自身と斗のバグスターの身体を用いて抗体を作り出すことであり、実にライフ78分を殺された斗に抗体が生まれたことで論見は成功。

しかし、ワクチンとなるガシャットドクターマイティXX」の完成直後、その隙を突いて利矢は斗をバグヴァイザーに収容。自で出られない斗をそのまま衛生省に引き渡す。
ワクチン製作斗の身柄拘束、二つの成果を成し遂げたことで、今まで協者に留まっていたCRに、遂に利矢も正式に所属することになった

44話では久々レベル1で活躍。さらに最終話では、久方ぶりに元のレベル2に変身し、永を乗せて活躍した。

仮面ライダークロニクルが終わった後の記者会見で、永バグスターになった彼の事も「ゲーム病の患者」として扱い、いつか人間として復活させる決意をった。
それは人ならざる身になってしまった利矢にとって、人間としての救いだったのだろう。
利矢はそのままCRに在籍。最終話エピローグでは、小星作体制の新たな幻コーポレーションと共同で新の開発を進めている。

劇場版においても未だバグスターのままな利矢だが、いつかまた人間として再び永達と並び立つ日は来るのだろうか。だが、人間としての己を待つ相棒に救われた男は、今日もまた戦い続ける。相棒を助けるバイクでもあり、真実めるドクターでもある仮面ライダーレーザー今日も困難なレースを走り続ける。

檀黎斗との決着、そして―――

そして、かつて人間としての自分を殺めた檀黎斗とは、ワクチン作成による78回の殺も含め、奇妙な友情ともいえるものが生まれていた。利矢は斗をからかい半分ながらも「」と呼び、斗自身も利矢との絶妙なコンビネーションを見せていた。

…だが、本編から2年後の『アナザー・エンディング』で斗は、監から脱走、ラスボスと化してしまう。そしての名と彼を一度は破滅に追いやった「マキシマム」の名を併せ持った彼のガシャットレベルはビリオン(10億と全なウイルスの意味の英単とのダブルミーニングと思われる)。
最後のゲームゾンビクロニクル発動により、世界は未曽有のパニックに包まれた。

そして『ゲンムvsレーザーの表題の通り、消滅した正宗にある言葉を託された利矢は、に等しいを手に入れたゲンムレベルリオンに挑むことになる。
ゼロデイから始まるこの因縁の決着の勝敗は《ゲンム》か、それとも一筋の希望レーザー》か。いま戦いの火蓋が切って落とされようとしている―――。

以下、ネタバレ注意(反転処理)

騒動の背後に居た再生医療センター研究員・八乙女衣子違和感を覚えてから、事態を嗅ぎまわっていた利矢は、その裏に居た斗にいちく辿り着く。
ゴッドマキシマムの偉を思い知った利矢だったが、そこに乱入した正宗から、今度は「のない」願いを託される。

衣子感染者未来を託し、永に自身の「白衣」を預け、利矢は自らの命を捨てた決戦に挑む。
櫻子を医療が救えなかったことにより、倫理だけが狂ってしまった孤独天才檀黎斗を止めるために。

だが、逆を言えば、ドクターすらも対処に疲弊し、プレイしなくなってしまった「ゾンビクロニクル」に、一挑んだのが九条貴利矢である。ある意味利矢は最も斗を理解していたのだろう。
決戦正宗の想いを受け、互いに相討ちとなる。斗も、そして利矢もまたライダーゲージが0となり、再びへと還ることになった―――。

はずだったのだが。斗も利矢を理解していたのか、ゴッドマキシマムマイティにより、ゴッドマキシマムを打ち破った利矢は人間としての再生が始まっていた。
互いに救い救われる関係となった紗衣子にも、利矢に対しては思う所があったようであり……利矢に与えられたのは、全くの想定外である希望にあふれた『アナザー・エンディング』であった。

……本当に、斗は消滅したのだろうか?
利矢に一見えた、土管斗は、幻影だったのだろうか?
果てにある未来を知る者は、もいない。

THE GAME IS FOREVER

超スーパーヒーロー大戦…自分、復活するんで。

スーパーヒーロー大戦』『仮面戦隊ゴライダー』ではなんと九条貴利矢が復活する
また、てれびくん6月号で募集される先着一万名様限定セットてれびくん超バトルDVD 仮面ライダーエグゼイド[裏技]仮面ライダーレーザー』では復活どころかメインキャラとして扱われることに。死後ここまで活躍の機会が与えられるのもしい

そしてそれぞれの媒体で永と相対し、重要な役割を果たす。

仮面ライダーレーザー

ガッシャァットォ!

彼が劇中で変身する仮面ライダー
レースゲームモチーフであり、妨等がなんでもありのレースゲーム「爆走バイク」のライダーガシャットを使い変身する。

固有の武器は持たない代わりにレベル2になるとバイクに変形するを持つ。

モチーフから勘違いされがちだがレーサーではなくレーザーである。

なお、バイクになるライダー過去照井竜/仮面ライダーアクセルがおりWを乗せたことがあるが、エグゼイドは専用バイクを持っていないため、レーザー仮面ライダー史上初・仮面ライダーでありながら主人公ライダーの専用バイクという立ち位置となるライダーである。

また利矢自身も永と同じくアイテムを多用した戦い方を得意とする。

バイクゲーマーレベル1

《爆走バイク!》
《レッツ・ゲーム! ムッチャ・ゲーム! メッチャ・ゲーム! ワッチャ・ネーム!?
アイム・ア・カメライダー!》

身長180.0cm
体重:184.0kg
パンチ:7.7t
キック:11.5t
ジャンプ:ひと飛び30.5m
100mを7.6

レーザーレベル1であり、他ライダー同様のSD体系。
ライダーと違い武器を持っていないため肉弾戦を得意とする。
またこの状態でもバイクパーツが体にあるため、それを利用したドリフト攻撃が可

バイクゲーマーレベル2

「二速!」

ガッチャーン! レベル・アァップ!》
《爆走・独走・走・暴走・爆走バイィ~クゥ~!》

全長:222.0cm
重量:144.0kg
150.5ps (110.7kw)
最高時速:278.0km/h

レーザーレベル2形態。上記の通り人ではなくバイクに変形する。
レースゲームモチーフとしているためなのか、単独での走行こそ可だが、人が乗って操作しなければスピードが出ないという他ライダーと違い他人依存なのが特徴。

加えて、利矢の性格上固定パートナーが存在しなかったため、全を出すにはかと手を組む必要がある。
最初に打ち解けた名人こと宝生永夢仮面ライダーエグゼイド)の専用バイクとなるケースが多い。

利矢の死後は、ガシャット所持者が爆走バイクガシャットで専用バイクとして召喚する形で登場しているが、意思を持たないことの表れか瞳が宿っていない。
最終話らび劇場版トゥルー・エンディング』では、瞳のあるこの形態が登場している。しかし共演映画仮面ライダー平成ジェネレーションFINAL』では瞳のない形態で登場しているため、レーザーレベル2が全を出せるかは利矢に大きく左右される。

チャンバラバイクゲーマーレベル3

「三速!」

ガッチャーン! レベル・アァップ!》
《爆走・独走・走・暴走・爆走バイィ~クゥ~!》

《アガッチャ! ギリ・ギリ・ギリ・ギリチャンバラ!》

「ようやく人になれたぜ!」

身長205.0cm
体重:151.5kg
パンチ:15.2t
キック:16.6t
ジャンプ:ひと飛び34.2m
100mを4.1

レーザーレベル3形態。バイクレベル2形態とサポートメカチャンバラゲーマ」が合体形態に戻る。ただしレベル2からレベル3になるには、やはり他人にガシャットを刺してもらう必要がある。
四肢が合体した上に、頭部に装甲が追加され、レベル3以上の他の形態と違い自然な人になる。
専用武器「ガシャコスパロー」はだが、変形して二振りのとして振うことも可遠近両用武器必殺技「ギリギリクリティカルストライク」は大量に発射した矢で敵を貫く。

ハンターバイクゲーマーレベル5

クローッ!

「五速!」

ガッチャーン! レベル・アァップ!》
《爆走・独走・走・暴走・爆走バイィ~クゥ~!》

《アガッチャ! ドッドッドラッゴナナナナァイト! ドラドラドラゴナイトハンターッ!
レーザー!》

身長:202.0cm
体重:155.0kg
パンチ:19.0t
キック25.0t
ジャンプ:ひと飛び49.0m
100mを2.7

エグゼイドとの協力プレイ変身するレーザーレベル5
1度レベル2の姿になった後そこに手足が装備され、固有武器ドラクロー」を使って戦う。
レベル1ではデフォルメされて体系に合っていたレーザーマスクだが、この姿ではちんまりとしたマスクが等身大の体に合わさるためレベル3と違い物凄くアンバランスな姿となっている。

注意 この項は、Vシネマ『アナザー・エンディング』のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮面ライダーレーザーX(チャンバラゲーマーレベルX)

バグル・アァップ!》
《ギリ・ギリ・ギリ・ギリ (ウォー!) チャンバラ! (ウォー!)

身長205.0cm
体重:151.5kg
パンチ92.2t
キック95.1t
ジャンプ:ひと飛び94.7m
100mを0.7

バグスターとして復活していた利矢は、人間では変身に使用不可能ガシャコンバグヴァイザーIIを使用できる。
Vシネマ『アナザー・エンディング 仮面ライダーゲンムvsレーザー』にて、ガシャコンバグヴァイザーIIバグルドライバーIIとし、利矢が変身する新たな形態がこのレベルXである。
バグルドライバー変身した仮面ライダーゲンムが「ゲンムX」と呼称されるように、この形態は「仮面ライダーレーザーX」とも呼称される。正式名称に合わせるならば、「仮面ライダーレーザー チャンバラゲーマーレベルX」となる。

チャンバラゲーマーレベル3の色を水色に変更したようなカラーリングであり、レーザーの他の形態とは明らかに異質。
にも、自分が葬られたレベルXので、かつて自分を葬ったゲンムを葬ることとなる。
果たしてレーザーレベルXに秘められたとは―――?

ネタバレ反転注意→[使用するギリギリチャンバラガシャットは、生前使っていたものと同一。敗北したクリスマスの意趣返しとして、敢えてこのガシャットを選択した。
バグヴァイザーIIの方は、ゴッドマキシマムマイティXを手に入れたゲンムに敗れ消えゆく檀正宗が最期に遺した遺品である。その遺品には、「原初のバグスターウイルス感染者」である正宗の「斗を止めて欲しい」という想いが宿っており、斗のゴッドマキシマムを初期化するモータルリセッタ―」として発現した。

利矢く「対ゲンム専用形態」。決戦後はゴッドマキシマムの新たな作用によって利矢が人間として再生しはじめているため、人間の身でバグヴァイザーIIを使うために必要な抗体を元々所持していなかった利矢はこれがレーザーX最初で最後の変身となる可性が高く、結果的に対ゲンム戦でしか使用されなかったこととなる。]

仮面ライダーレーザーターボ

ある事情で再登場した九条貴利矢が変身する、レーザー亜種ライダー
公式サイトではレーザーと明確に別のライダーに位置付けられている。
レーザーとは違い常に人シンプルな姿が、さらにハンターアクションゲーマーの時の頭部のアンバランスさを際立たせている。登場した経緯は先述のネタバレを参照。
バグスターウイルスの抑制」というプロトマティアクションXオリジン同様の機に加え、プロガシャットを引き出す」追加要素を備える特殊なライダー

なお、レベル0ではあるが、素体として使用しているガシャット檀正宗により新造された爆走バイクガシャットレーザーターボ用のものなのか、通常のレーザーとこれ一本で使い分けできるのかは不明。
ガシャット必殺技を行う場合、先述の通りレーザーレベル2を呼び出すのだが、バイクバイクに乗るという世にもしいシーンに。

変身時の掛けは、バイクゲーマーが「速」、プロガシャットを併用する際は「爆速」となる。

バイクゲーマーレベル0

速、変身

ガッチャーン! レベル・アァップ!》
《爆走・独走・走・暴走・爆走バイィ~クゥ~!》

身長:202.0cm
体重:98.0kg
パンチ:23.0t
キック:29.0t
ジャンプ:ひと飛び52.1m
100mを2.1

レーザーターボ初登場時の状態。プロガシャットを併用していない素体状態と思われる。
蹴り技を中心とした身軽な身のこなしが特徴。
また、人であるためか素体の状態でガシャコスパローをメイン武器としている。
ただやはりガシャコスパローの召喚にはギリギリチャンバラガシャットプロトギリギリチャンバラガシャットの所持が必須。

スポーツバイクゲーマーレベル0

「爆速、変身!」

ガッチャーン! レベル・アァップ!》
《爆走・独走・走・暴走・爆走バイィ~クゥ~!》

《アガッチャ! シャカリキ! メチャコギ! ホットホット! シャカシャカ・コギコギ・シャカリキスポーツ!》

身長:202.0cm
体重:105.2kg
パンチ:69.7t
キック79.2t
ジャンプ:ひと飛び68.1m
100mを1.3

レーザーターボプロトシャカリキスポーツガシャットを使って変身した形態。
レーザーターボプロガシャットの組み合わせの場合、レベルは変わらずレベル0として換算されるが、同じレベル0でも基礎性は飛躍的に向上している。
ゲンムやエグゼイドスポーツアクションゲーマーと同じく、自転車スポーツゲーマをアーマーとして装着する。
色はプロガシャットに合わせてモノクロになっており、プロガシャットによる必殺技字幕も同様。

先述のレーザーレベル2を召喚し搭乗したのもこの形態。
バイクチャリを着てバイクに乗るという色々な意味でインパクトのある必殺技を繰り出した。

コンバットバイクゲーマーレベル0

「爆速、変身

ガッチャーン! レベル・アァップ!》
《爆走・独走・走・暴走・爆走バイィ~クゥ~!》

《ぶっ飛び! ジェット! ドゥ・ザ・スカァイ! フライ! ハイ! スカイ! ジェットコンバァ~ット!》

身長:202.0cm
体重:125.0kg
パンチ70.6t
キック80.9t
ジャンプ:ひと飛び62.9m
100mを1.8

レーザーターボプロジェットコバットガシャットを使って変身した形態。
スナイプのコンバットシューティングゲーマーと同じく戦闘機のコンバットゲーマをアーマーとして装着するが、色はプロガシャットに合わせてモノクロになっている。
正規のジェットコバット同様、中を自在に飛び回ることが可

一度は失った関連動画―――ニコ動の未来に捧げようぜッ!!

関連商品の開発に命を削りすぎたみたいだ、なっ

ああ、関連項目昔荒らされたっていうの嘘だから!

この記事を編集する

掲示板

  • 579ななしのよっしん

    2020/05/20(水) 19:16:28 ID: gQPB4ufDtv

    きりやが使ってるレベル0の爆走バイクは爆走バイクプロトマティオジンの機の一部を搭載したものらしいので、人間に戻ってても副作用なしで使えてるのかな。

  • 580ななしのよっしん

    2020/11/02(月) 00:46:24 ID: 6gnpSB/+Qr

    >>578
    確か、Vシネの方は「ゲームの初期化」って言われてなかったっけ
    本編の方を「リセット」、Vシネの方を「初期化」って言い分ければ混乱しない気がする

  • 581削除しました

    削除しました ID: I6FjcBOWaO

    削除しました

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/11(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/11(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP