今注目のニュース
10代のトランスジェンダー、“女性になった”当日に3人の男から性的暴行…犯人へ怒りの声相次ぐ
死んだ彼氏が“脳”だけになって戻ってきた――“脳”と暮らす彼女の創作漫画が切ない
アニメイト、京アニ放火事件を受け店頭募金開始へ

百鬼夜行シリーズ単語

ヒャッキヤギョウシリーズ

掲示板をみる(77)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「この世には不思議なことなど何もないのだよ」


百鬼夜行(ひゃっきやぎょう)シリーズとは、京極夏彦小説シリーズである。俗に極堂シリーズともいうが、作者は好まない。

概要

古本屋『極堂』を営むが、実は武蔵明神社の宮でもあり副業として拝み屋を行っている中が、『憑き物落とし』として様々な事件を解決する推理小説ノベルス→文庫版→分冊文庫版→四六版という流れで発刊される。ノベルスには毎回次作のタイトルが記載されているのが特徴。

な時代背景として、戦後間もない混沌と高度経済成長の中間にあたる宙ぶらりんな社会がある。このシリーズでは事件にそのまま対応するように解決が与えられる訳ではない。登場人物たちの事実の認識のすれ違いから起きる不可思議や妄想を、探偵役の中が「妖怪」という形に落とし込みそれを『憑物落とし』という形でそれぞれの登場人物に解答を与えるという独特のスタンスを取っている。

俗称である極堂シリーズから極堂=中寺が主人公だと思われがちだが、このシリーズには明確な主人公はいない(最もそれに近しい存在という意味では関口が当てはまる)。更に中寺は探偵ではなくあくまで探偵“役”という立場である。探偵とは榎木二郎のことである。

今後は版元を講談社から角川書店へと変更することが決定しており、文庫版は刷った分がくなり次第絶版という形になる。ファンの方は今のうちに本屋に急ぐように。
(変更理由には諸説あり、よく言われているのが某作家編集者極に対し暴言を吐いたとか吐いていないとか)

主な登場人物

wikipediaに物凄く詳しく紹介されているので、しっかり知りたい人は右上からどうぞ

また、各登場人物の後ろは順に(アニメ声優映画役者ラジオドラマ役者)となっています

主要人物

平田広明堤真一高嶋
古書であり宮であり拝み屋である男。元高校教師。友人・知人たちからは古本屋の屋号から「極堂」とも。
有名な口癖が「この世には不思議なことなど何も無い」であるが、意外とこの言葉のみを発することは少なく大抵末などが変化している。民俗学に明るく、特に妖怪関係となるとがない。ビブリオマニアほどではないがかなりの書痴であり、店内の本は全て読破済み、欲しい本の噂を聞けば重いをすんなり上げて日本どこでも向かってしまうほど。
表情は常に頂面(関口が毎回その頂面加減を様々な言葉を使い表現する)であるが、一度だけ満面の笑みを浮かべる話がある。根拠のないことをるのを嫌い、他人をすぐ煙に巻く。常に和装で、憑き物落としの際には五芒を染め抜いたい着流し・い足袋・い手甲・下駄(鼻緒は)の尽くめの格好で仕事をする。「このは化ける」と聞かされて(名前は柘榴)を飼うなどという一面も。
現在(少なくとも00年代)も中野で古書を営んでいる模様。
榎木二郎森川智之阿部寛佐々木蔵之介
秀麗、頭明晰、運動神経抜群、天衣無縫の私立探偵
族の大財閥の次男坊であり、旧制高校から大に入り戦時中は軍将校という璧な男。…なのだがその性格は奇矯としかいいようがない。の奇を上げ傍若人に振る舞い、他人を下として扱い自らを「」としてやまない。更に他人の視覚の記憶を見ることが出来るを持ち、余計に他人には理解不能な存在になっている。弱点はもそもそしたお菓子クッキー等)とカマドウマらい。
またファッションも奇抜であり、一昔前のアメリカ映画に出てくるパイロットのような格好や江戸時代の放蕩息子のように女物の着流しを羽織ったりと様々。だがそれが似合ってしまうのだから始末に終えない。
初期の榎木は(今とべれば)至って普通の男だったが、出るたびにどんどんエスカレートしている。だがまともな受け答えもこなせるので、どうやら自分の言動について一応把握出来ているらしい。また一度だけ彼の地の文があるがその内容はひどく普通だったりする。戦争時に閃光弾を受け、片ど見えていない。
現在は嫌っていた業の財閥を継いでいる模様。
関口木内秀信永瀬正敏椎名上杉祥三)
小説家であり、この物語主人公を考えた場合一番それに近い男。要人物の中でモデルが判明しているキャラクターである。
学生時代からを患っており、未だに治はしていない。榎木からは「」と呼ばれている。中寺・榎木とは旧制高校時代からの友人(中寺からはいつも知人だと強調される)。小説家ではあるものの、その内容はエッセイに近く出した単行本は物好きにしか売れない。おまけに病の所為で執筆も遅く計は常に火の状態である。対人恐怖症も患い会話も不得手であるため勘違いをされやすく、毎回毎回損な役回りになってしまう。むしろ読んでいるこっちまで不安定になってくる。
粘菌研究者だったが、戦時中は来るはずのない赤紙により前線へ。自分と木場以外小隊全滅してしまったこともトラウマに追加されてしまう。
現在要人物で鬼籍に。
木場修太郎(関昭、宮迫博之、ゴルゴ松本
刑事(最初は警視庁一課。その後何度も飛ばされる)。勧善懲悪のようなはっきりとしたことを好み、何度も暴走する男。
強面、元職業軍人なので堅物かと思いきや内面は非常にナイーブで繊細。だがそのことは表に出さないため多分周囲は分かっていない(読者には魍魎の匣での地の文でバレている)。榎木とは幼少期からの付き合いで、「四」「」などとった顔をネタに渾名をつけられている。逆の性格故に仲が良いわけではないが腐れ縁であり、一緒にを飲んで大暴れしたり榎木作戦に乗ったりしている。口調は乱暴で江戸っ子なため輪をかけて口が悪い。
戦中は関口の部下であり、小隊全滅しかけたときに隊長だった関口を守っている。きっと木場が居なかったら関口は居ない。
現在警察のかなり偉いポジションにいる。

サブキャラクター

敦子桑島法子田中麗奈、 - )
であり雑誌記者。活発な性格と見たとは逆のようだが、その弁舌はどこか似ている。
千鶴子(皆口裕子清水美砂、 - )
の妻。一口で勝てない相手。「極堂」は元々彼女実家和菓子店の屋号。
関口絵(本田貴子篠原涼子、 - )
の妻。とは意外にも恋愛結婚である。計を支え病の関口を支える。千鶴子と仲が良い。
青木文蔵(諏訪部順一、 - )
木場の元相棒刑事。分別わきまえた好青年だが、木場の暴走癖が段々感染する。こけしっぽい。
口守浪川大輔マギー、 - )
カストリ雑誌(三流エログロ雑誌)の編集者カメラマン。粗者だが理解は高い。うへえ。
益田一( - 、 - 、石井正則)
刑事で榎木の下その探偵助手)。自他共に認める「臆病者で卑怯者」。でも、かなり誇部分がある。助手なのに榎木から名前をまともに呼ばれない、そして一般探偵業務は益田しかやらない。
伊佐間一成(浜田賢二、 - 、 - )
釣り「いさま屋」の人。飄々とした口数の少ない男。戦時中は榎木の部下だった。ひょろ長く、顔が貴族だが装は多
今川澄( - 、 - 、斉藤洋介
董店「待古まちこあん)」の店伊佐間と同じく元榎木の部下で、マチコサンと呼ばれる。外見から愚鈍なように見えて実は中々の切れ者なのです。
安和寅吉坂本千夏荒川良々、 - )
探偵秘書。榎木の下その弐。通称和。元々は榎木に仕えていた使用人の息子益田のことは少し見下している。アニメ版では…ノーコメントで。

長編

連作小説集

関連作品

関連項目

掲示板

  • 75ななしのよっしん

    2019/04/07(日) 07:52:11 ID: QwpC9JI7ml

    もしもミユキたんを殺したりしたら・・・明寺で庭詰めしますw

  • 76ななしのよっしん

    2019/05/07(火) 20:15:31 ID: QwpC9JI7ml

    大丈夫だった。おまけに、キャッキャウフフしてる、あの極堂シリーズでw
    なお、古本屋も下駄も出てきません
    過度な期待はしないでください

  • 77ななしのよっしん

    2019/06/28(金) 00:57:39 ID: NTXebVhD2x

    美由紀ちゃんがミニ榎木みたいな立ち位置になっている件

    ていうか天狗は美弥子お嬢様とのコンビってだけで笑えるわw

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP