単語

マグロ

1.8千文字の記事
掲示板をみる(232)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(13)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

(マグロ、まぐろ)とは、に生息する大の回遊である。英語tunaツナというよりトゥーナと発音する)。

曖昧さ回避

概要

クロマグロ

マグロは世界各地の域に生息する大魚類スズキサバ科マグロ属に分類される。常に泳いでないと死ぬ。

で見栄えがよいため、一部の水族館でも泳いでいる姿が見られる。

体のサイズによって名称が変わる「出世」の一つである。地域によって異なるが小さいものから順に「カキノタネ」→「メジ」→「シビ」→「マグロ」などと呼ばれる

かつて「マグロ漁船」といえば重労働・高収入の代名詞であり、そのため借返済の際に「(マグロ)漁に放り込む」という用法が生まれた。が、現在では海外でより安価な人件費で獲られているため、必ずしも高収入とは言えなくなりつつある。

また、冷凍マグロは一部のゲーム武器として有名である。

食材としてのマグロ

本マグロ

マグロは食材としても大人気である。

かつての日本では腐敗しやすいことから「下」として扱われ、同じような理由で海外でもあまり食べられなかったという。しかしツナ缶や冷凍技術などの技術進歩によって、その身に眠る濃厚な味わいから高級となった。

世界中で巻き起こった寿司ブームに乗り、世界で利用されるため乱獲されつつある。

トロ」はマグロの脂の乗った部位である。江戸時代は庶民ですら食べるのが恥ずかしいといわれ捨てられていたが、明治以降は美味とされ高級寿司ネタとされている。豚トロもマグロのように脂の乗った部位という意味で名づけられた。

完全養殖

近畿大学にて1970年からクロマグロ養殖に向けた研究を開始、2002年養殖に成功(人工からのサイクル確立)。2007年からは人工種苗を販売開始、それを導入するマグロ養殖業者が増えている。養殖マグロの特徴として3年程度で30キロ~50キロ以上の成に成長すること(天然の倍近い成長速度)、価格が安定している、需要に応じて計画的に出荷できる、品質がっている点などがある。現在、マルハニチロ、極洋、日本産の3社合計で年間数万尾の安定供給に筋がついている。
近い将来、値ごろ価格でスーパーに並ぶ可性が出てきている。さらなる発展に期待しよう。

隠語

横たわっている人や物のことを市場で競りにかけられる冷凍マグロに見立てて「マグロ」と呼ぶことがあり、様々な分野で使われている。

関連動画

関連商品

関連項目

魚偏の関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 230ななしのよっしん

    2022/01/28(金) 18:57:23 ID: Hjcly3ERWT

    ドラマスシャルマグロがないじゃん

  • 231ななしのよっしん

    2022/05/05(木) 12:09:28 ID: n4LzYyhOSO

    マグロを一晩漬けにしたら固くてネチョネチョしててうまみもくてあんまし美味くないな
    江戸時代マグロ不人気だった理由もわかる

  • 232ななしのよっしん

    2022/05/05(木) 13:12:57 ID: X7RjoqJeQj

    一晩は漬けすぎなんじゃないかな?

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/25(水) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/25(水) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP