とうがらし単語

トウガラシ

一味

とうがらし(唐辛子)とは、辛い野菜の代名詞である。またそれを加工して作った調味料

概要

【分類】ナスナス科トウガラシ属
【学名】Capsicum annuum
(学名の由来)Capsicum→諸説あるが、果実の形から「」というのが有annuum→一年生

中南米原産。辛い果実は食用として重要で、本種は世界で最も多く生産されている香辛料である。辛味成分はカプサイシン

熟したいもののほか、未熟な唐辛子も食用になる。葉も食用になり(葉唐辛子)、これは煮物や佃煮にする。緑色の未熟果は味噌焼き・煮物・揚げ物など、熟果はキムチラー油・豆醤・チリソースタバスコなどの調味料や、辛子明太子ペペロンチーノらっきょ漬けなどの料理に用いられる。

中国料理(特に料理韓国料理タイ料理インド料理メキシコ料理などでは非常に重要な食材である。日本においては、とうがらしは香辛料の中では最も新参の部類に入り、伝統的な料理には用いられていないが、唐辛子をすりつぶして粉状にした一味唐辛子や唐辛子をベースに他の香辛料を混ぜた七味唐辛子はよく使用されており、うどん薬味においては七味唐辛子が胡椒を全に追いやった形になった。沖縄では島唐辛子が栽培されており、それを使った調味料こーれーぐーす」が親しまれている。

最大の生産インド、最大の消費タイである。これらのでは香辛料を日常的に大量に使用するので、人々は幼い頃からが鍛えられており、大量のとうがらしを食べても気なのである。普段食べなれていない者が突然大量に摂取するのは危険である。特にが。何にせよ食べ過ぎると、数日間は地獄のような苦しみが待っている(※実際に食べてみることをおすすめしますが、自己責任でお願いします)。

その他の利用

テレビ番組では罰ゲームにおいて、視聴者の笑いを誘う事を的として用いられる。また、その皮膚刺性を利用して、古来から懲罰・拷問魔除けに用いられてきた。イン帝国の人々はコンキスタドーレに対して、山盛りのとうがらしを燃やしてくらましにするなど、武器として使用したという。

防犯用(痴漢よけ)のスプレーには、トウガラシエキスを噴射するものがある。これがに入ると痛みを引き起こし、一時的に視を奪うが、後遺症が一切残らないので好んで用いられている。また、このことから分かる通り、料理中に唐辛子をいじった手でをこすると地獄を見るので注意が必要。

果実の抽出物は食品・医薬品化粧品産業で広く用いられる。化粧品にとうがらしというと意外かもしれないが、刺剤・血行促進剤の役を果たすので、ごく微量が加えられていることがある。

とうがらしの仲間たち

とうがらしの仲間には、カプサイシンを含まず、辛くない実をつけるものもある。特に、トウガラシとピーマンパプリカ)は植物学的には同種で、その界があいまいな品種もある。逆に辛い唐辛子で有名なのは、ハバネロブート・ジョロキなどである。

果実を燥させた形状を喩えて「鷹の爪」という品種があるが、これは日本の唐辛子の中で最も辛い品種である。辛味づけに用いられ、これを粉末にしたものが一味唐辛子で、さらに山椒胡麻などの薬味を混ぜたものが七味唐辛子である。

ニコニコ動画におけるとうがらし

辛いものに挑戦する動画で過剰に用いられる例が多い。下の関連動画にもいくつかそれがある。

Dolls

Alstroemeria Recordsの楽曲。曲調が「ひぐらしのなく頃に」を思わせることから、が考えたのか、東方+ひぐらしでとうがらしというタグがつけられ、話題になっている。

関連動画

お絵カキコ

疑人化 赤いとこよりも種のほうが辛い気がする。 赤ペヤング辛い

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%8C%E3%82%89%E3%81%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

とうがらし

42 ななしのよっしん
2018/08/20(月) 14:55:11 ID: yRP2Et1aeP
>>41
輪切りの場合、辛いものの苦手な人も唐辛子をよければ食べることができる。
粉末ではそうはいかない。
43 ななしのよっしん
2018/08/21(火) 10:50:59 ID: kB+T4x+Fma
え…輪切りでもホールでも辛味は滲みてくんですけども…
辛いもの好きは漬けた唐辛子丸ごと食べるんですかね?
44 ななしのよっしん
2018/09/21(金) 11:44:33 ID: 8fDfzeWYU3
トウガラシは中南生まれ。大航海時代のガレオン船団に乗って、世界各地を征した
インドの食生活は一変してトウガラシまみれになり、韓国タイもほぼ全征
遠く中国の四まで制圧している
キリスト教とともに日本にも伝わっているが、近世にはあまり広がらなかったのはである
45 ななしのよっしん
2018/09/21(金) 18:29:47 ID: zg7XB/c3mR
辛味つけるのと殺菌用途とは別に色味としてが添えられるから輪切りも漬けてるってのはあるじゃろ。>漬物とうがらし
46 ななしのよっしん
2018/10/06(土) 13:43:27 ID: pQRap1uj6E
アヒージョに沈んでるアレは食べていいのか、それとも味付けを兼ねた単なるつまモノなのか…
まぁはそのままジンのつまみにしてるけども
47 ななしのよっしん
2018/12/30(日) 19:28:44 ID: laIEXBGi91
>>44
日本では唐辛子は麺類の薬味として広まった程度だったな、とはいえ七味唐辛子として一定の広がりは見せているが
日本料理塩分が多いからかあまり辛味やスパイス類を必要としないし、すでにわさびと言う日本固有の辛味調味料があるからなー
48 ななしのよっしん
2019/02/14(木) 00:43:26 ID: fFd+tsb2t6
素人考えだけど日本で流行らなかったのはだからかな。ならワサビ生姜からし
(現代人からすると?だが、江戸時代まではカツオなどの生からし醤油流)が既に
あったのでメインディッシュについては影は限定的だったのかも。

それ以外の麺類などは>>47さんが言ってる通り胡椒から唐辛子になってるのも傍だと思う。
49 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 13:23:58 ID: g+guiBxYKD
ストレス溜まってる時に唐辛子食べると気持ちいい
50 ななしのよっしん
2019/05/07(火) 01:33:34 ID: Wg5n36BM6q
こいつの辛味が錯覚だと最近知った
51 ななしのよっしん
2019/05/22(水) 13:00:13 ID: Q1yHWi4Snn
ナス植物が沈んでるを使って育てた唐辛子は辛味が増すというのを聞いたんだが、本当かな