徐晃単語

ジョコウ

徐晃とは後漢末期から三時代にかけてのの武将である。やたら曹操に褒められることに定評のある人物である。

概要

詳しいことはWikipediaを参照してもらうとしてここでは簡潔に書かせてもらう。

最初は楊奉に仕えており後に曹操に帰順する。
曹操帰順後は官渡以降の要な戦の多くに参戦し武功を上げた。中でも最大のものは樊関羽を破ったことであろう。この時の戦いぶりは曹操に「わしは古の戦上手な将を数多く知っているが、徐晃のような用兵を見せたものはいなかった。将軍の功績は、かの孫武司馬穰苴にも勝るものだ」とまで言わしめた。

人柄としては決して奢らず、部下に親身に接した人望の厚い武将である。樊の戦いの後の宴では徐晃の軍だけは将兵が整然とに着いていて持ち場を離れる事が皆無だった。
これを見た曹操は「徐晃には周亜夫(楚七の乱を鎮圧した前漢の名将)の格がある」と称えた

「昔の人はよく明君に出会えぬことを嘆いたものだが、わしは幸運にもその明君にお会いする事ができた。だから、功績をあげてこの幸運に答えなければならぬ。個人の功名など何ほどのこともない」

とよく言ってたらしい。

戦においては間者を用いた情報戦を重視し、常に敗戦時の対策を念頭に置いた上で戦を進める堅実ぶり。故に最後まで大敗を喫することがなかった。
また、好機と見るやいなや、配下に食事を与えぬほどの猛な追撃を見せたという。
「己を知り相手を知れば戦危うからず」「慎重かつ大胆」
を体言したようなを代表する名将である。

227年に「葬儀は質素に頼む」と言い残し病死。閥を作ることもなく、最期まで武人であり続けたという。

陳寿曹操の時代の優れた将軍といえば「張遼楽進于禁張郃徐晃」の五人が第一であろう、と述べている。

KOEI三国志シリーズではシリーズを重ねるごとに知が上がり、最近では知勇兼備の名将となっている。

三国志演義の徐晃

用する猛将として登場する。やや短気で脳筋気味に描かれており、副将の王平と意見が衝突し結果として王平へ寝返らせてしまう。
最後は孟達矢で額を打ち抜かれての戦死に変わっている。

蒼天航路の徐晃

なまずトレードマークで、袁紹の大軍団を見て部下を巻き込んで裸になって逃げるなどのユニークキャラになっている。通称「敗けずの徐晃」。物語クライマックスとなる樊での関羽との死闘では、李典の発明した数々の武器を用いて武神に挑む。物語終盤で覚醒したので、多くの読者が「やっぱお前、強かったんだよな!」と安堵したとか。

SWEET三国志の徐晃

徐晃ちゃんでごじゃいますよ」

使用する武器は道路標識の「徐行」。

三国志大戦の徐晃

3ではアンコモンで登場。コスト2・騎属性・8/5・特技し・「速戦法」
コスト2は戦区であるが汎用性の高さが売りの1枚になっている。
と言うより徐晃の性は弾を重ねる毎におかしくなっており、1では7/3復活とパッとしない性だったのだが2では7/5・復活連計持ちに変わり、そして3でコレである。なお、実は2までレアだった。
そしてハゲ

DS版の「三国志大戦」限定版付属のEXカードコストが0.5上がって2.5に、にも関わらず特技「復活」が付いただけの残念な1枚に・・・

しかしver3.59になって久々レアカードが登場。では数少ない兵、しかも2.5コストで活もちは排出停止を除くと一のスペック。しかし武8/知5と物足りないうえ、計略名が「行け、王平」。内容は戦場に「おうへい」という名前の兵を召喚するというものである。

こんなんでも軍初で一の召喚系計略なのだが……。セリフツッコミどころ満載

新・三国志大戦で登場しているのは1枚のみ。久々レアついでにハゲじゃない
…なのだが、コスト2にして武8・知6・征圧1と言う一人だけ何か間違えた性を持つ。
相変わらず速戦法持ちなのだが、全体的に控えめ性になった新作では明らか異常な高性であり採用率も高い。おかげでまさかの速弱体化である

三國無双の徐晃

真・三國無双2から参戦。(CV山本圭一郎)。武器は大。5では戟のコンパチになってしまった。
武を極めんとす者というキャラ付けがされている。5では武を究めすぎて司馬懿の反乱に同調し、曹操に挑む場面もある。OROCHIではシナリオで最初から使える。続編の魔王再臨では宮本武蔵とのムービーも追加された。
的にはどの作品においても中の上以上はあり通常攻撃の範囲の広さから初心者にも扱いやすい。
無双4(+OROCHIシリーズ)ではジャンプチャージ攻撃が自分ごとクルクルまわる、通称「ジョコプター」を習得した。
無双6では武の頂に開眼Exチャージで武の頂を見ることで、ハイパーアーマー難易度修羅でもミリ単位ダメージしか受けないというガチガチの堅物になり、最強の名を得ることとなった。ちなみに地味なせいかそれが判明したのは発売から10日後であった。

無双乱舞(6以降)

BB戦士三国伝の徐晃

徐晃サーペントとして、何故か董卓呂布配下の武将として初登場。
しかし董卓の非に耐えかねて曹操のもとに降り、以後は曹操軍『機駕』の武将として活躍する。

アニメCV宮崎寛務)では呂布隊(徐晃貂蝉陳宮高順張遼)が自分以外全滅したと思い曹操に降るも、
実は全員生きてて
「へー、徐晃寝返ったんだー(意訳)」
「わー、はんぱもーん(意訳)」
などとなじられた(後に張遼曹操の元へ降るのだが)

曹操の強化装備を預けられており、キットにも同梱(曹操曹丕とのセット商品もあった)されたり、処刑されかけたところを曹操に助けられたり(取説コミックワールド版)、闇の洗脳されたところを曹操の拳で正気に戻ったり(ケロケロエース版)、夏侯惇張遼ですら闇に取り込まれた最終決戦でも最後まで正気を保つと、ストーリー的には優遇されている。

mugenの徐晃

「あ!」
くわしくはニコニコMUGENwikiの徐晃の項exitを参照してください。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%BE%90%E6%99%83

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

徐晃

50 ななしのよっしん
2013/02/08(金) 09:26:56 ID: AKmNX9lA4O
>>45
実際戦争での負傷原因として矢が多い、という事情もある。

戦争での矢って斜めに撃って敵に降り注がせるものなので、先にいない指揮官にも当たるし。
まあ、そのときに致命傷を受けないために兜があるわけだけど……。
51 ななしのよっしん
2013/02/10(日) 10:29:41 ID: zFH/Y69Xq2
徐晃って関羽に二回とも勝ってるけど、周瑜には負けてる(?)から生涯不敗ではないよねたしか
52 ななしのよっしん
2013/03/11(月) 21:28:46 ID: kAynDX77Tn
実際のところ、局地戦も含めて生涯不敗の武将なんて、
少なくとも三国志には存在しないでしょうね。
しもが、一度は意外な敗戦・手痛い敗戦を経験しているはず。
徐晃ちゃんとて、例外ではありますまい。
53 ななしのよっしん
2013/03/13(水) 11:22:59 ID: FXoWAJyDIO
立伝されてる武将で負けた(退いた)ことのい武将を探したことがあるけど、結局「敗北」の定義が難しすぎてやめたなぁ。
54 ななしのよっしん
2013/03/13(水) 17:05:25 ID: 833kmxL955
大敗を喫するという意味じゃ敗でいいんじゃないの
55 ななしのよっしん
2013/03/14(木) 18:56:32 ID: t7t8e8Q/Kk
都督クラスならともかく、配下の武官なんてどうあっても勝てないような状況に置かれることも少なくないしな
できる範囲で被を最大限抑えればそれは必ずしも敗北ではないと言えるかもしれない
56 ななしのよっしん
2013/03/22(金) 09:50:49 ID: 0faVxeY98r
戦いといっても
・自分が命してかに出撃させた責任者としての戦い
・自分が現場で軍隊部隊を揮した指揮官としての戦い
・自分が戦場に出て雑兵をなぎ払った武将としての戦い
・どちらの計略が最終的に効果を発揮したか計略戦
・敵武将と直接やりあういわゆる一騎打ちの類
こういう戦い方や立場の違いが色々あって、勝ち負けの基準も色々あるよね多分
57 ななしのよっしん
2013/07/12(金) 20:46:45 ID: Gf1nDdHVPm
横山光輝三国志では「あの最期」以外でも不憫な扱いだったなあ。

特に王平離反のキッカケになった「策で背水の陣」と
「その後の敗戦責任を全部なすりつけたり殺そうとした事」は
色々な意味で最悪過ぎた
58 ななしのよっしん
2013/10/21(月) 18:51:56 ID: b6GJTT2EEf
無双次回作では曹操営へ徐晃を導いた満寵との絡みが見たいものだ。満寵は他にも樊曹仁徐晃と組んで関羽を打ち払った活躍もあるし、
夏侯惇夏侯淵べると陰に隠れがちな2人を引き立てるキャラとして参戦して欲しい。
59 ななしのよっしん
2015/04/11(土) 10:56:03 ID: odcBw2h73x
孟達無双化して徐晃の最期をよりドラマチックにするとかありちゃう?

この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。