宮本武蔵単語

ミヤモトムサシ

宮本武蔵(みやもと・むさし 1584? ~ 1645)とは、戦国時代末期から江戸時代初期に活躍した剣豪

概要

いわゆる二刀流である二天一流兵法の開祖であり、兵法書「五輪書」や数多くの絵や書を残している。13歳の初決闘以来60余の決闘全てに勝利したといわれている(五輪書より)。

しかし武蔵に関する客観的な記述がされた歴史書は少なく、まともなものは先述の五輪書ぐらいしか残っていないという。

生涯

美作の族である藤原姓新免氏・新免二斎の実子とも養子ともいわれる。「宮本」の名字は美作の宮本村生まれであることに由来するという。…が「五輪書」の中では播磨生まれと称している。諱は玄信(はるのぶ)、号は二

関ヶ原の戦いにおいては、新免氏が宇喜多秀家の配下であったことから西軍であったとの説もあったが、新免二斎が黒田官兵衛に仕官した文書が見つかっているため、どうやら東軍側で会ったようである。

関ヶ原の戦いが終わった後、武蔵21歳の頃から、京都などで多くの決闘に挑んで勝利した(五輪書より)。特に有名なのは決闘であろう(後述)。

武名は高かったようで、大坂の陣の際には水野勝成息子の護衛役として武蔵を従軍させている。以降も特に仕官はせず、各地の大名に立ち寄るフリー剣術として活動していたらしい。原の乱では、養子の宮本伊織が当時小倉小笠原に仕えていた縁で、小笠原勢の客将として従軍。

1640年、剣術大好きな熊本細川忠利に招待されて以降は熊本で余生を過ごす。五輪書を記したり、絵画を制作したりしたのはこの頃。1645年に死去した。伊織とその子孫はそのまま小倉家老として仕えた。

巌流島の決闘

宮本武蔵といえば佐々木小次郎との決闘、そして決闘舞台となったが有名である。小次郎から決闘を申し込まれた武蔵は、約束の時間からわざと遅れて到着してから決闘に臨んだ。武蔵を捨てた小次郎に対し、戦う前から「小次郎敗れたり」と発言し、その言葉の通り決着は武蔵勝利で決まった。

というのが大まかなあらすじだが、なんせ決闘相手の佐々木小次郎武蔵以上によくわからない人物(そもそも実在したかさえ怪しいレベル)なので、決闘に関する記述も「武蔵一人で向かった」「子たちとともに向かった」「約束の時間に遅れた」「約束通りに現れた」など書物によってバラバラである。

創作物における宮本武蔵

近代から現代にかけて映像作品や文学作品など、武蔵を扱った創作物は多い。基本的には江戸時代の人物として描かれるが、作品によっては「関ヶ原の戦いで西軍にいた(らしい)」「いやいや東軍にいた(らしい)」「大坂の陣に参戦した(これは信憑性高い)」ということで戦国時代の人物として描かれることもある。

中でも吉川英治が書いた小説「宮本武蔵」は、現代における「剣豪・宮本武蔵」のイメージを定着させた作品として有名。「ハエを箸でつかんだ」という逸話はこの小説による創作である。近年では同作品を原作とした井上雄彦漫画「バガボンド」などがある。

とはいえ詳しいことはよくわからない人物なので、作品によってはトンデモ設定をつけられることが多い。魔界転生」では堂々のラスボス

海を渡った五輪書

武蔵が立合いの極意を記した五輪書が、思わぬ形で現代のサムライ達に影を与えているのをご存知だろうか。それはかというと、アメリカビジネスマンである。

ビジネスの最前線では、厳しい交渉の現場でも己を常に冷静に保ち、大局的勝利を掴み取る者こそが一流である。こうした精のタフさが兵法の心構えに通じるということで、ビジネスマンの間で五輪書を読むことが流行したという。武蔵もまさか自分の著作がアメリカでこんなふうに読まれるとは思っていなかっただろう。

ゲームにおける宮本武蔵

戦国無双

戦国無双シリーズでは2からPCとして登場。金子英彦

無双」と背中に書かれたをまとい、二を用いて戦う。の振りが素く攻撃も高いため、2においては最強武将の一人とされていた。
武蔵ストーリー関ヶ原の戦いで西軍が敗北した所から始まり、佐々木小次郎真田幸村らとの出会いを通じて「人を活かす」を捜しめつつ戦う。決戦ムービーで表現される。
その後は3で小次郎共々リストラされる。その間無双OROCHIシリーズに登場するが、他のPCが最新作のアクションに準拠しているのに対して新モーションもないままな武蔵は非常に使いづらく、同じく1でリストラされてそれっきりだった石川五右衛門ら共々可哀想な状態だった。
4でリストラ組と共にPCに復帰。待望の新アクションもあるよ!

戦国BASARA

戦国BASARAシリーズでは2のみに登場。MUSASHI -GUN道-浪川大輔

ギリギリ戦国時代人間ということで少年の姿である。

信長の野望

信長の野望」(PCシリーズにおける宮本武蔵の力一覧。

(登場)が1599年以降とかなり遅いため、史実シナリオではなかなか見かけられない。武勇は高いが適正や統率などに問題があり、副将に据えるのが難、というケースが多い。天翔記ではイベントが存在する。

軍事 内政
戦国群雄伝 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S2) 戦闘 80 政治 26 68 野望 78 教養 52
武将風雲録(S3) 戦闘 96 政治 26 87 野望 78 教養 69
覇王 采配 27 戦闘 96 智謀 53 政治 11 野望 78
天翔記 戦才 190(A) 智才 108(A) 政才 22(C) 42 野望 78
将星 戦闘 95 智謀 56 政治 13
烈風 采配 7 戦闘 86 智謀 47 政治 8
世記 采配 智謀 政治 野望
蒼天 統率 知略 政治
下創世(註) 統率 90 知略 42 政治 1 教養 69
革新 統率 27 武勇 102 知略 53 政治 11
統率 27 武勇 102 知略 53 政治 11
創造 統率 32 武勇 73 知略 11 政治 12
戦国立志伝 統率 32 武勇 83 知略 56 政治 12

その他

龍が如く 見参!」では、主人公桐生一馬之介の本当の名前が宮本武蔵であるという設定である。黒田崇矢

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%AE%E6%9C%AC%E6%AD%A6%E8%94%B5

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宮本武蔵

113 ななしのよっしん
2018/05/26(土) 13:21:29 ID: /2lrLYNH6r
でも大工でも自分の信じるを間違えずに歩もうぜって感じの割と個人義な哲学書書いてるからな
現代から見ても古臭く感じない考え方してると思う
信長武蔵創作人気なのは当時の価値観より自分の価値観を大事にしてるのが魅の一つだと思う
114 ななしのよっしん
2018/08/17(金) 14:25:14 ID: nf5SjvQibR
もしかするとチンピラみたいなだったのかもしれない。五輪書も与沢翼同然のクズ本で、適当プロの受け売りで書いただけなのかもしれない。その逆で物凄くストイックな人物だったのかもしれない。を振る本当の楽しさを知っていたのかもしれない。一人で何十人もれるわけがない(これは確定)。小次郎子の諍いで騙し討ちしただけなのかもしれない。

出世欲?人間性?倫理観?正義感?悪人

ハッキリ言うと現代の々には確実に武蔵の実態は掴めない。でも残されたものの練度から間違いなく全に中身のない無能バカではなかったことだけは推測できる。武術も恐らくそこそこの準だったことは推測できる。多分優秀な人物だったと自分は推測している。最も現代の準とは全く違った世界の話。々には推測しかできない。
115 ななしのよっしん
2018/08/17(金) 14:36:18 ID: nf5SjvQibR
1、根性あってっすぐで職人気質のスポーツマン
2、ヒッピー野郎で悪さもするが、芸術気質のあるおっさん
3、与沢翼同然の中身がすっからかんな詐欺師

あえて現代の言葉で分けたけど、皆はどれが近いと思う?は2だと推測してる。最も2も実物の武蔵とはかけ離れているとは思うが、少なくとも1、3とは違うタイプ
116 ななしのよっしん
2018/08/26(日) 18:41:20 ID: nf5SjvQibR
もし仮に一人で中世70人の敵に勝つなら
⓪、木村政彦になるレベル剣術を鍛錬する。
①、防具を適度に装備し、下の意識の向いていない影の多い場所から不意討ちして5人位
②、敵が自分に気が付いて、戦闘態勢を整える前に一対一を5回繰り返して5人位
③、10人位ったことで敵に動揺が生じ、下がるものと下がらない者に分かれるから下がらない者を5人位る。
④、下がらない勇敢な兵が結構な数で集まって来るから、上手に引いてはってを繰り返し、15人位る。
⑤1~4までの手順は概ね計画的且つ流動的に行うが、4までやって30人もれば中世戦争データなどから言ってどれだけ忠の高い軍でも恐らく他の兵はもう逃げ出すから、それを出来る限りり伏せる。
⑥30人位って70人に勝ったのを70ったと吹聴する

まぁ理だな。せいぜい池田屋事件みたくフル装備で子と一緒に矢やまで交えて不意打ちしたとか、1~4を20人相手にやって70ったと吹聴したとかそんなもんだろ。全員が死を覚悟して
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
117 ななしのよっしん
2018/10/07(日) 08:08:49 ID: Q6dmdXcBwb
エビデンス忘れたんだけど、「代理人をっては下らない吉岡衆を散々り散らして駆け抜けたのさ、が見てもの勝ちだろ!」っていう話じゃなかったっけ?
ガボンドみたいに全員の首を取ったわけじゃないと思う
118 ななしのよっしん
2018/12/16(日) 00:09:21 ID: nf5SjvQibR
>>117まあそれが一番現実的だわな。世渡り上手で自分を強い!優秀だ!と触れ回る才に関してはとても優秀だったんだと思う。やっぱ与沢翼によく似た人物なんじゃないかね。
119 ななしのよっしん
2018/12/26(水) 20:20:26 ID: QVvYTM124n
かったら複数の大名(戦国経験者)から厚遇されるわけないじゃん
仕官しようと思えばいつでも出来ただろうに、していない事の説明もつかないし
っていうか吉岡一門との決闘伝説って小倉碑文が初出で、武蔵が明言したわけじゃないんだけど…

なんか武蔵は有名すぎて、くやつが多い印
批判するなとは言わんが、少しは調べてからにして欲しいわ
120 ななしのよっしん
2019/03/10(日) 22:24:17 ID: a3s07lSvGi
吉岡一門との決着は本さんの小説のやつが一番好きだな
導入はバガボンドとほとんど一緒だけど不意討ちで植田ポジの人と取り巻き数人殺してさっさとトンズラの僅か数ページでの決着
121 ななしのよっしん
2019/06/02(日) 22:20:30 ID: 98npM+rRk1
ガボンドのは
山に誘ってゲリラ戦に持ち込んで
バラけたところを一人一人殺していく戦法なら普通に最終的に70人やれるかもしれないが
普通に原っぱで正面から全員切り伏せてるからなあ
いくら漫画とはいえあれはないわな
122 ななしのよっしん
2019/06/07(金) 03:26:10 ID: inKIhy1LZn
養子二人を大名に仕官させてるから自分が仕官しようと思えばできた。しなかったのはこの時代の他の通例として、仕官した先のが潰れるケースが多かったので複数の子供を他のに仕官させる場合がある。
自分はあえてフリーな立場でいつでも他のに行けるようにして、そののお衝動に巻きもまれないようにする。
そうやって自分のを守る生存戦略だったのだろう。

急上昇ワード