成田翔単語

ナリタカケル

成田翔(なりた かける、1998年2月3日-)とは、秋田県出身のプロ野球選手投手)である。現在千葉ロッテマリーンズに所属。
「しょう」ではなく「かける」である。

概要

小学校4年生から野球を始める。秋田商業高校では3年の甲子園に出場。エースとして同校を80年ぶりのベスト8に導く好投を見せるも、準々決勝では仙台育英高校と対戦し、後にドラフト同期となる同い年の平沢大河ホームランを浴びるなどして敗退。その後も内の大会や際大会(WBSC U-18ワールドカップ)等に先発として出場し好投を見せている。

高校卒業後は社会人野球に進む予定だったが、大舞台での経験を踏まえプロ志願届を提出。同年2015年ドラフト3位で千葉ロッテマリーンズから名を受け契約した。背番号41

ロッテ時代

2016年(1年)は一軍への登録自体もなく二軍での登板・調整が中心となった。6月18日東京ヤクルトスワローズ戦で二軍戦初登板を果たし、5回を投げ被安打2、四球失点という上々のスタートを切るが、その後は上手くいかず、最終的には7試合に登板し0勝0敗防御率6.00という成績に終わる。三振はほとんど直球でしか取れず、投球の生命線だったスライダーは見切られ、四球を出して自滅するというパターンに陥った。更にには体調を崩し肘の炎症もあり、ノースロー調整を余儀なくされるなど悔しいシーズンとなった。


2017年もほとんどを二軍で過ごしたが、最下位に低迷する一軍のBクラスが確定した直後のシーズン終盤に一軍に合流した。二軍では前年より登板数を伸ばし、一軍に昇格するまでの成績は18試合に先発防御率3.32という成績で、変化球の制球には相変わらず課題を残すも(38四球)、三振率は高く(40奪三振)、二軍のローテーションや同期の選手の中ではまずまずの成績を残していた。
にはフレッシュオールスター2017にも選出され、1イニングを失点に抑えている。この時TBSで解説していた川口和久は「もう一軍に上げていいんじゃないの?中継ぎでも十分通用すると思う」と評した。
一軍には9月5日に合流。翌9月6日に登録されると、その日の対埼玉西武ライオンズ21回戦(メットライフドーム)にて中継ぎとしてプロ登板を果たす。この試合では6回途中からめの継投に入り9回までに2点のリードを保っていたが、6番手の守護内竜也が打ちこまれ同点となると、その後1点を勝ち越しての延長10回裏に初登板の機会が舞い込むという厳しい状況での初登板となった。先頭打者を打ち取るも、その後四球ヒットを浴び交代。8番手の田中靖洋併殺に仕留めシャットアウトしたため、セーブこそ付かなかったが初ホールドを記録し、初めてのヒーローインタビューを経験した。


2018年は一軍では5試合登板、4投球回に留まったが、U-23ワールドカップ日米野球世界戦に日本代表として出場した。

人物

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2017年 ロッテ 40 2 0 0 0 2 0 1 .000 12.1 4 8 8 6 4.38
2018年 5 0 0 0 0 0 0 0 .--- 4.0 2 1 2 2 4.50
NPB:2年 45 2 0 0 0 2 0 1 .000 16.1 6 9 10 8 4.41

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%88%90%E7%94%B0%E7%BF%94

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

成田翔

1 ななしのよっしん
2017/09/07(木) 00:15:07 ID: NkbM2o4du9
作成乙。2年前から千葉成田と聞いてピクッとはしていた。
2 ななしのよっしん
2017/09/08(金) 08:47:19 ID: VvlcjjEJe+
>二重の意味でプロの洗礼を浴びた
抑えてるんだから洗礼とは言わないしその文章追記して何が面いの?

あと名前だけで成瀬較したり、成瀬と名前が似てるからホームランが増えるとか成田にも成瀬にも失礼だしリスペクトを感じない。
ユーモアとかでもなくただネガティブなだけだから差し戻します。
3 ななしのよっしん
2017/09/08(金) 21:36:46 ID: PdNLY0PF5Q
まだプロ登板したばっかだっていうのに記事の内容が充実しまくってて
まあ充実するにこしたことはないけど