編集  

福田己津央単語

フクダミツオ

福田己津央(ふくだみつお)とは、アニメーター・演出である。別名に『福田満夫』『ふくだみつお』など。
代表作は『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』『機動戦士ガンダムSEED』など。自称・神田武幸の一番子。

通称は「プクダ」「負債(妻・両澤千晶と合わせて呼ばれる)」など。

概要

演出としては高い実を持つ、という意見もあるが、性格に問題がある人物として非常に有名。
発言が二転三転したり、その発言や方針に傲慢・自信過剰・無知と取れる物が非常に多く(信憑性は別として)多くの人の怒りを買っている。
特に有名なのは『サイバーフォーミュラSAGA』以降での監督作品においてシリーズ構成脚本家に自身の妻である両澤千晶を必ず起用している事や『SEED』『SEED DESTINY』の制作が遅れて総集編バンクを多用しなければならない状況を生み出した事だと思われる(後者については当時作画監督をしていたアニメーター洋介氏からブログにて批判が来るほど。なお、その時のブログ記事は削除されお詫びイラストシン・アスカ笑顔)が掲載された)。
ガンダムSEEDシリーズ批判は彼(と両澤)が原因と言えるものが大半を占めていることからもその人物像が伺える。
ただし前述の通り、演出としては高い実を持っていると言われており、福田批判した氏は同時に福田の演出としての腕を尊敬しているとも発言している。また、ガンダムSEEDシリーズアンチの中にもハイマットフルバーストやキラアスランの死闘など個人的に気に入っているシーンがあるのも事実とするも少なくはなかった。(もっとも演出としての腕をも疑問視するも数多くある)

2006年劇場版ガンダムSEED製作が発表される。が、続報は全くいまま5年以上の時が過ぎ去ってしまった。
一応、両澤千晶の体調不良が原因で製作が遅れているという事になっていたのだが…。
2009年1月には情報を発表できればいいと発言していたがご覧の有様である。
そうこうしている間に新作『機動戦士ガンダム00』『機動戦士ガンダムAGE』『Gのレコンギスタ』『鉄血のオルフェンズ』といった新作が次々と発表され、久々劇場版ガンダムも『00』に取って代わられてしまうこととなった。
正式にアナウンスはされていないが、事実上の製作中止であると世間には見られている。 

SEED DESTINYスペシャルエディション制作以降は『SEEDシリーズ関連の仕事以外で立った活動はしていなかったが、2014年10月より放映開始となったアニメクロスアンジュ 天使と竜の輪舞」でクリエティプロデューサーとして参加している。ちなみに両澤千晶一切関わっていない。
氏が関わる事でくも賛否のが上がり、いざ放送されてみるとゲスい事極まりない作になったものの一貫したキャラクター描写が好評となり、アニメーターとしての評価をある程度挽回する結果となった。
同時に「と一緒に仕事しなけりゃそれなりにいい物が作れる」という説を裏付ける事にもなった

(全くの余談ですが、この概要は当初発言なども軽く紹介しようと思っていましたが、発言を書いていったらかなりアンチ寄りの記事となってしまったために今のような感じの概要になりました。理由は察してください。by記事作成者)

両澤千晶

氏をる上で、よくセットられる脚本家福田己津央の妻で、ドラマ脚本家の両沢和幸は実

元々脚本家志望ではなく、あくまで私生活におけるアドバイザーのような役割(要するに素人)であった。
その後、『サイバーフォーミュラ』の脚本清書を手伝っていくうちに、ストーリーに対して意見するようになり「やってみるか」と福田に薦められ、脚本家として登板する事となった。
このためか、両澤が脚本を担当した作品は『サイバーフォーミュラSAGA』『SIN』『GEAR戦士電童』『ガンダムSEEDシリーズ』と福田監督した作品にほぼ限られ、他には『星方武侠アウトロースター』を一本書いたのみである。

経歴の時点で身内人事である上に福田同様に問題発言や作品の私物化といったい噂も多く、書き上げたストーリーの内容とも相まって夫共々アンチが非常に多い。
なお、度々噂された病弱である事については本当らしく、実際2002年頃から子宮筋腫と卵巣嚢腫で体調を崩しており遅筆である一因にもなっている。

2016年2月19日に大動脈解離で死去。享年56歳。
いずれにせよ、様々な面で脚本家としては異例の人物であったと言える…かもしれない。

なお、上記の通りあまりのアンチの多さにより訃報に対して「朗報」「死んでくれて本当に良かった」「これでもうガンダムSEEDを変にいじられずに済む」と発言する人が多く見られた上、亡くなった現在でも誹謗中傷が絶えていない状態にある。死体蹴り同然の異常かれようであり「流石に故人に対してそのように言うのはどうなんだ」と不快に思う人も多い。
とはいえ、かれる土壌を自ら築き上げる言動を繰り返し続けた両澤の生前の所業を考えれば、自業自得あるいは因果応報であるのは否めない事実であろう。

主な制作作品

監督

演出

その他

関連動画


関連商品


関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E5%B7%B1%E6%B4%A5%E5%A4%AE
ページ番号: 4696857 リビジョン番号: 2642866
読み:フクダミツオ
初版作成日: 11/08/11 22:14 ◆ 最終更新日: 18/11/18 06:27
編集内容についての説明/コメント: 両澤千晶の項に文章を少し修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

福田己津央について語るスレ

2215 : ななしのよっしん :2018/10/14(日) 23:34:57 ID: ZClEp2grCz
それだけ傷はデカいということだ
しばらくなかったアナザーで心機一転からこれだもん
2216 : ななしのよっしん :2018/10/30(火) 19:18:58 ID: 7QGJnlfTrA
新作ポシャったってね
https://dotup.org/uploda/dotup.org1679018.jpg

この情報を奇特にもしてくれたのは
自分がかれてるスレに突撃して来た
ガンダムまとめ速報(笑)管理人である
http://hissi.org/read.php/tubo/20181029/ODNOMVJDY2swTklLVQ.html
2217 : ななしのよっしん :2018/10/30(火) 19:29:27 ID: VpsdsY2Psb
いまだに粘着してるアンチの情熱って何処から来るんだろうな
も実のところ当時はアンチよりだったが、流石にもう許してるわ
2218 : ななしのよっしん :2018/10/30(火) 19:38:18 ID: O/1OYjewh6
そのクライアントとやらは正しい判断が出来るようだな
2219 : ななしのよっしん :2018/10/30(火) 20:27:26 ID: qFWvvch1Vy
その情報が本当だとしたらますます引くわぁ
なんか悪いことはだいたい全部クライアントのせいみたいなこと言ってるけど、こいつが言っても説得い…
2220 : ななしのよっしん :2018/11/09(金) 03:19:04 ID: JVVtuki5AG
他の作品を気でこき下ろす癖に自分や身内への批判は絶対許さない
自己投影した主人公を露に持ち上げる作

こいつ自己愛性人格障害だろ
2221 : ななしのよっしん :2018/11/14(水) 10:44:26 ID: t3dgvBdixa
>>2220
だから受けたんでしょ。少なくとも種のころは。
自己投影する対キラしかいなかったから。

ところが、種死で複数主人公とかやって、投影先を二つも作った上に、キラまで引っりだして、最終的に、キャスト欄にてシン3番のあの結末だぜ? そりゃ荒れるよ。

つくづく、種で終わらしときゃよかったと思うよ。
2222 : ななしのよっしん :2018/11/16(金) 01:24:47 ID: kgdx77fk3b
まだやってるよ犯罪者ども。さっさと消えれば世の中平和になるのに。
2223 : ななしのよっしん :2018/11/16(金) 01:40:35 ID: QrASs1pTHb
マルチで暴れてる口悪い子に言われてもな…
2224 : ななしのよっしん :2018/11/16(金) 01:41:58 ID: aVmBVUDtzr
56って結構いね
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス