メタナイト単語

メタナイト

6.8千文字の記事
掲示板をみる(1,206)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(23)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

メタナイトとは、星のカービィシリーズの登場キャラクターである。

世界一かっこいい一頭身

概要

カービィ達の住むポップスターではしく、シリアスハードな雰囲気を漂わせる仮面の騎士。それ故か世界一カッコイイ一頭身などと評される。ギャラクシアという名の専用の両を持ち、素い動きと多技で麗に戦う。プププランドの現状を良く思わないが為に自ら謀反を起こしたり、カービィ敗北すれば自分を鍛え直す修行に出たりと、かなり冷でストイックな性格の持ち仮面の下の顔はカービィ二つだが、両者の関係は未だ不明のまま。
武装豊富で巨大な飛行戦艦ハルバードを所有し、メタナイト軍団(一部のエリートの部下達はメタナイツと呼ばれる)を率いて活動している。たまに勘違いされるが、デデデ大王とは従属関係にある訳ではなく、あくまで個人の意志で行動しているようだ。
ボスとして相対する時はの邪魔も入らず必ず1対1で、場合によっては同士の一騎打ちを要してくるなど、彼の騎士が見受けられる。作品ごとに差異はあるがカービィと一定の間合いを保ち、不意に切りつけてきたり、大技を放つという戦闘スタイルが定番となっている。作品ごとの細かい設定は以下の通りである。

星のカービィ 夢の泉の物語/夢の泉DX

初登場作品(FC)とそのリメイク(GBA)。LEVEL6のボスとして登場。

何故かカービィ無敵キャンディーを与えて去っていったり(リメイク版では普通に置いてある)、しばしば部下のメタナイツ達を仕掛け、まるでカービィの実を見る様になっている等、当初から中立的な存在として描かれていた。
カービィで戦おうとするスタイルはこの時から健在。公式絵での配色は体がく、仮面と足が紫色マントい。ちなみにゲーム内のグラフィックでは肩当てが確認できるが、何故か公式絵には描かれていない。

夢の泉DXでは、隠しモード「メタナイトでゴー!」でメタナイトを操作できる。
HPは3しかないがカービィより素く糸をることは論、導火線に火を点けられるし、を打つこともできる。
戦いはデデデ大王を倒すまでセーブは不可である。ちなみにステージ6ではメタナイトとミラーマッチとなる。

なお、アニメもあって『夢の泉DX』以降は全なレギュラーキャラとなり、シリーズ全作品に何らかの形で登場するようになる。

カービィのピンボール

ある条件を満たすとクラッコランドに出現する。
ちなみにゲームボーイでメタナイトが出演したのはこの作品だけである。

星のカービィ スーパーデラックス/ウルトラスーパーデラックス

メタナイトの逆襲」に登場。堕落した(と本人が思っている)プププランド粛清する為、戦艦ハルバードで制圧にかかる。それを阻止するべく現れたカービィをあの手この手で撃退しようと奮闘するが、次第にハルバードがカービィによって破壊されてゆき作戦は失敗。部下が先に脱出する中、自ら単身でカービィ一騎打ちを挑むが敗北。敗れた後も羽を生やしどこから取り出したのか一騎打ち割れ仮面を新調してカービィを追って一矢報いようとするが取り逃がし、自らもハルバードを脱出した。
 この作品で初めてコウモリの様な羽を使った飛行を披露した。また、『夢の泉の物語』登場時とデザインも多少変更されており、体色はくなり、手にはが描かれ、仮面く、さらに装飾も追加された。マントデザイン手になっている。性格・口調等も初めて明確に描かれ、現在のメタナイトの方向性・人気を決定付けたと言える。

リメイク版であるウルトラスーパーデラックスにある隠しモード、「メタナイトでゴーDX」でもメタナイトを操作することができる。「メタナイトでゴー!」同様、メタナイトは全てのギミックを発動させることができ、カービィより素く脆い。
全部で5レベル存在し、最後は専用ボス銀河最強のしいたけギャラクティックナイト対決する。

カービィのきらきらきっず

SFC版のおはなしモードVSモードに登場。
メタナイトのキャラ崩壊すごい事になっている為、ある意味必見である。

カービィのエアライド

一定の条件を満たすとエアライドシティトライアルドライブで使えるようになる。
ウィングカービィにソードが使えるようになった感じで加速と飛行が高く、スピンアタックが強
ただしチャージできない、スタースリップが使えない、コピーができない為、順位を抜かされてしまったり上位と差が付けられたら逆転しにくいという欠点がある。さらに飛行や加速ウィングカービィ全に劣っており、武器による攻撃はソードの劣化版。
故にエアライド最弱のキャラと言われてしまっている。

星のカービィ 鏡の大迷宮

操作キャラではないが、キャラとして登場。
カービィより先に異変が起こったに行くものの、そこで出会った自身の心の闇「ダークメタナイト」に倒されて監禁されてしまう。
この作品からメタナイトは立場上カービィの味方として行動する事が多くなり、戦闘前にを渡される事も少なくなる。

タッチ!カービィ

ある条件を満たすとメタナイトボールとして使えるようになる。
ダッシュが高くで攻撃できるが体が3しかない(全5種類中最低)ため上級者向けタイムアタックを発揮してくれるはず。

星のカービィ 参上!ドロッチェ団

レベル7ボスとして登場。
ダークゼロ復活阻止するため、ダークゼロが入っていた宝箱カービィから奪い取り、戦艦ハルバード内で戦いを挑んでくる。ちなみに戦闘BGMは何故かデデデ大王のものである。

毛糸のカービィ

スペースランドボスとして登場。
プププランドの異変に気付くものの、アミーボアモーレに捕まって、操られてしまう。
ちなみに本作ではメタナイトを倒しても彼の素顔を拝むことはできない。残念
撃破後はプププランドの状況を説明したり、ラスボス戦でメタルリングを渡すなどしてカービィに協してくれる。

あつめて! カービィ

本編での出番はいが、サブゲームの「中探検隊EOS」と「カービィマスター」に登場する。

星のカービィwii

操作キャラの一人として登場。カービィバンダナワドルディデデデ大王と共にローアパーツを探しにに出る。
キャラとしての性はソードとウィングを併せ持つ感じで、『スマブラX』における上必殺技であるシャトルループ(滑攻撃も可)も使うことができる。ただし他のキャラ3人よりHPは低い。
ちなみに彼のマントに関してだが、この作品では元の「羽に変化させられる」という設定がくなり、「マントは単なる衣装で羽は元から身体に生えている」ということになっている。

星のカービィ 20周年スペシャルコレクション

OPとEDに登場。収録されている夢の泉の物語スーパーデラックスアニメにも登場している。

星のカービィ トリプルデラックス

本編すれ違い通信であつまるキーホルダーの柄として登場する。
他にもコピー能力でもあるサーカスバルーンアートとストーンの柄として登場する。
だがストーリーに関わらない為かメタナイトご本人本編及びサブゲームにはまったく登場しない。

メタナイト“本人”が登場しないのであって、『鏡の大迷宮』のダークメタナイト復活を果たした「ダークメタナイトリベンジ」が、クリア後にプレイできる「デデデでゴー!」のラスボスとして登場。撃破後は「真・格闘王への道」でも戦える。

タッチ!カービィ スーパーレインボー

残念ながら前作に続いて本編での出番はし。
ただし、宝箱の中にメタナイトのフィギュアが存在したり、メタナイトのamiiboを使うことでカービィにメタナイトのお面を装備させて貫通をつけることができる。

あとエリーヌのひみつノートにもいることはいるが、カービィからの伝聞によるイメージイラストのためかタキシード仮面を一頭身化させたような腹筋に悪いビジュアルにされている。

星のカービィ ロボボプラネット

スマブラfor』の新デザイン逆輸入され、こちらでも両手に籠手を装着するようになった。マントに関しては『Wii』とは異なり、再び羽に変形する設定に戻った模様。

ハルトマンワークスカンパニーによるポップスター侵略が始まった事を逸く察知し、戦艦ハルバードを発進させて敵の母艦に突撃するがあえなく撃退される。そしてメタナイト自身も敵に拘束され、本人の意思とは関係に動くサイボーグ兵士メタナイトボーグ」に改造されてしまう。
メタナイトボーグとして相対する際は、ハルトマン社によってジェットパックやモノアイレンズなど様々な兵器が取り付けられており、使用するビームサーベル状に変化している。エリア4で一度撃破した後もエリア6で再び「メタナイトボーグ」として大アップデートされた上で再戦する事になる。カラーリングを基調としたものに変わる他、背中にはサソリの尾のような巨大なアームを装備し、一戦より強な攻撃を繰り出してくる。

メタナイトボーグの撃破に成功すると、本編としてはかなり久々に素顔を正気を取り戻して飛び去っていくが、彼の出番はここで終わりではない。暴走したマザーコンピューター星の夢」を止めるべく最後の戦いに赴こうとするカービィの元へハルバードと共に援護に駆けつけてくれる。そしてカービィが乗り込むロボボアーマーハルバードが文字通りの融合を果たした「最終決戦ハルバーモード」でカービィと共に星の夢に立ち向かう。

さらに、ストーリーモード全編クリア後にはシリーズ三度となる専用スピンオフモードメタナイトでゴー リターン」が解禁。基本的な仕様は『USDX』から変わっていないが、『Wii』で実装された「シャトルループ」、またも『スマブラ』からの逆輸入となる「ギャラクシアダークネス」といった技や、メタナイツを召喚して敵に大ダメージを与える「メタナイツでゴー!」という新たな必殺技が追加されている。

星のカービィ スターアライズ 

 『セイントスクエアーズ』のボスキャラクター(従来でいう2面ボス)として登場。基本的にを使って戦うが、ジャマハートを受けて僅かな邪心を増幅させられているせいか『TDX』のダークメタナイトのように分身技も使う。一度セイントスクエアーズをクリアするとドリームフレンズとして仲間にでき、更に条件をクリアすれば一部モードで操作可となる。

素の使い勝手については今までと大差いが付加属性によって挙動が変わる他、アプデでカウンター技として「ギャラクティックカウンター」が追加されている。

「アナザーメタナイト」や「バルフレイナイト」が登場しまたしてもナイト系の仲間が増えた。

星のカービィディスカバリー

ワドルディに「コロシアム」が完成すると飛来、以降コロシアムに居座りボスラッシュで戦う事が出来る様になる(ようするに本編での出番はなし)

最初の難易度、メタナイトカップクリアするとメタナイトソードを作れる様になり、ソードカービィでメタナイトの技を振るう事が出来る様になる。

アニメ「星のカービィ」

CV:私市淳
デデデ大王に仕える、”戦士”の生き残り。カービィ先輩的存在で、カービィフームサポートする役として活躍している。部下にソードナイトとブレイドナイトがいる。
性格はまじめでクールな柄であるがナルシスト天然じみている所もある。
カービィに対するストーカー行為、低所恐怖症の可性、このアニメの見どころの一つである問題発言をメタナイトもしていたりと注すべき所はいっぱいあるので見る機会があったら是非見てみよう。
なお、パイロット版では魔獣(カービィの敵)として登場し、なすすべもなくカービィにやられる役だった。

大乱闘スマッシュブラザーズDX

フィギュアで登場。地味に初めてメタナイトが3D化された作品でもある。

大乱闘スマッシュブラザーズX

ファイターの一人。カービィ並に吹っ飛びやすい、飛び道具を持たない、緊急回避時間が短い、相殺判定を持たない技が多い、単発の攻撃が低いという弱点を持つが、それらを十分に補える機動、攻撃速度リーチ、復帰、強な技(マッハトルネイド、シャトルループ、下スマッシュ、滑攻撃)などを持つスマブラXどころかシリーズ髄一の厨キャラ困った時のメタナイト
CVアニメ版と同じく私市淳
勝利ファンファーレカービィデデデ大王とは違う物が用意されている。
亜空の使者では、戦場の砦にて亜が広がるを前に立つマルスに急に襲い掛かり戦いを挑むが、途中で敵対勢の亜空軍が現れ共闘。おそらくマルスを亜空軍の者と勘違いしたのか。その後は氷山の辺でルカリオにも戦いを挑み友情を育んだ。
戦艦ハルバードを亜空軍に強奪されている。実はデデデバッジ復活する計画を知っていたがムービーカットされた為、作中ではそれが分かる描写はい。
また、メイリンナルシスト呼ばわりされている。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U

前作に引き続き大・参・戦!!参戦。籠手を装備している。
WiiU版では前作にあった彼のステージである戦艦ハルバードも続投している。
キャラに関しては、前作で明らかにぶっ壊れていた復帰や攻撃速度・判定、硬直の短さ等にかなりの修正が加えられ、大分落ち着いた性になった。とはいえ、依然として中戦と技の差し込みには強く、ダッシュ攻撃や下投げから始動する高火力コンボや、横スマッシュや下必殺技などふっ飛ばしが大幅上昇している技もある関係で、強キャラの地位は保っている。
ちなみにMiiファイターの装備にメタナイトのぼうし(どうみても被り物だが)が用意されており、彼のコスプレも可となっている。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

全員参戦につき続投。
前作をベースに肩当てと靴のデザインが変更された他、が暗くなるといったエフェクトが追加された。
最後の切りふだ相手の背後に分身を生み出して挟み撃ちにする中で連続で撃を浴びせる「ダークネスイリュージョン」に変更されている。

Kirby's Avalanche

海外版のす~ぱ~ぷよぷよキャラ差し替え版でルルーポジションとして登場する。
メタナイトが負けるとでなく旗を持つ。

KIRBY CAFÉ

上記のように数々の作品にて(ほぼ)クールかっこいいキャラとして描写されていたのだが、2016年カービィカフェメニューで起き掛けにいきなりアフォガードを食べたり、なこっそりパフェを食べているなど突如として甘党キャラを暴露されることに。その後の公式サイトメディアミックスでの描写を見るにどうやらこの設定は公式からも定着したものとみなされているようである。実に20年以上隠し続けていた計算になる。

角川つばさ文庫の小説

苦労人且つ常識的なメインキャラとして登場。
ゲームと同じく冷静沈着で正義感の強く、知的な性格となっている。
そして宇宙に知れ渡るほどの有名な戦士でもあり、交友関係はとても広い。
トラブルメーカーであるカービィデデデを毛嫌いしているが、それでも強や共闘をしている上、彼らの実を認めているところもあるため(特にカービィ)、全に敵対しているわけではない。
しかし強いものに挑むのが好きな戦闘狂なところもあり、タガが外れたら一切話しを聞かず襲いにかかるという危険なところもある。カービィに一置くのは、彼が自分と違い戦闘中も常に他者を思いやる心を忘れないからというのもある。
部下にバル艦長、ソードナイト、ブレイドナイトアックスナイトメイスナイトトライデントナイトジャベリンナイトがいる。

ニコニコ動画におけるメタナイトの扱い

仮面を取ったらカービィ似のかわいい顔が出てくる事から、それを描いたりする動画も多数。
また、アニメ版における彼のイメージに似つかわしくないシュールな言動、台詞を使ったMAD等も多く存在する。

関連動画



関連静画

お絵カキコ

SDXのメタナイト……のつもり メタ様 コードギアスのパクリ元ってデスノよりメタナイトだと思うんだ。 ラストに仮面割れとか世界の転換とかR2の戦艦とか。 え?最終回は撃墜でおじゃん?うわなにをするやめr 世界一かっこいい一頭身! 仮面=かっこいい というのもあるのだろうか。 メタ様
最近はどのカービィ動画でも「メタ様」って言ってるよな。 ホント自重してほしい。 ヘタナイトになってしまった・・・ マスターソード派の俺が通りますよ メタナイトの逆襲 素顔かいてみた 確かスーファミではこんなんだった希ガスw はやくマスク使いたい・・・塗りずらい ペイントはぜんぶ塗っちゃうから嫌
ちなみにこれはメタナイトじゃないぜ!つーかこの絵 関係ないんじゃ・・・orzでもメタの要素は入ってるぜ!! ≫34それはカービィ・・・いや、メタナイトだな どちらにしろ絵がうまいw ちなみに俺のは剣描き忘れた メタナイト、かっこいい メタ メタナイトの逆襲、好きだったなあ。
逆襲っぽく見えたら嬉しいです めっためたにしてやんよ!(本来の意味で メタ様 ・・・で、スゴイ絵師さんがたくさんでている中、 いつになったら素メタがでてくるのかね? ヘタだけど書いてみた。 誰を描こうかで悩む。
マントに剣に翼に仮面に・・・ 自分にとってかっこよさの塊みたいな一頭身だ アニメの影響で出番がかなり増えたのはすごく嬉しいんだけど、 個人的に1番好きなのは「メタナイトの逆襲」のメタナイト様。 近年のゲームでもかなりはっちゃけてるというか丸くなってる感じだし、もう敵にはならないんだろうか…orz SDXから入った自分としては、歪んだ正義を持ったイメージが強すぎる… いや、どんなメタナイトもいいけどね!! メタナイトのゲームだったら、ギャラクシアを絡ませたものはどうだろうか。 アニメでも結構なストーリーあったしね。 シリカとか好きだったなぁ。 変な時間に目が覚めたからって、俺は何を描いているんだ…。 いよいよ私もレア物か・・・
きゃー!メタ様ぁ! メタナイトの仮面ってどんな風にくっ付いてんだろうと ふと気になったからやった とても後悔している  というわけでSDXデザインでメタナイト様。 メタナイト様ー!俺だー!だらくにみちたプププランドをその手で変えてくれー!!  メタナイトがラスボスの超シリアス大ボリュームカービィがしたいです(´・ω・`) メタナイトの参戦が決定した夢をまた見た まさかの扉絵! 選者様とお祝いコメを下さった皆さんへの感謝を込めて、 あと私の生存報告も兼ねて、お絵カキコしておきます。
メタナイトは歴史で振り返ってみれば カービィシリーズ初期である90年代は出番がある作品は数える程度だったのに(夢の泉、スーパーデラックス、きらきらきっず) 今となってはスマブラに出るほどの主要キャラとなっている分物凄い成長を遂げたなとよく思う。 失礼します アメくれる人って印象が強いせいで、実は甘いものが好きって設定でも全然アリに感じる レベル6ボス メタナイト いざ決戦へ はじめてのたたかい
見られた!
ドット絵メタナイト かっこ悪い? きらきらきっずのメタナイト スーパーデラックスのメタナイト 甲板付近のものは戦闘準備!他のものは離陸にそなえよ! (…すまない) 後ろ向きです 戦いが始まる… さすがに素顔はかけないね 本文中のやつが未完っぽかったので、 そのままじゃ見栄えが悪いと思い手打ちでコピー。 メタナイト 編集ありがとうございます 内藤 仮面の剣士

関連立体

関連商品



関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/01(水) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/01(水) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP