料理の鉄人単語

リョウリノテツジン

  • 4
  • 0
掲示板をみる(36)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

私の記憶が確かならば、

料理の鉄人とは、フジテレビで放送された伝説料理番組である。
放送期間は1993年10月1999年9月2002年1月に特番として放送された事もある。

概要

料理講座」の意味合いが強かった料理番組にいて、「料理人同士を対戦させる」というコンセプトを前面に打ち出した革命的な番組で、後の料理番組に多大なを及ぼしている。

の団体「美食アカデミー」の宰が、美味しい料理を食べる為にアカデミー所属の料理人「鉄人」と、挑戦者を特設会場「キッチンスタジアム」で対戦させる、という背景の下で構成されている。
宰役には鹿賀丈史が抜され、「私の記憶が確かならば~」という謳い文句から番組は始まる。この謳い文句は、審員の朝子が試食後に述べる「美味しゅうございました」と並んで有名な台詞となっている。

放送開始当初は日曜ゴールデン30分番組として放送されていたが、半年後に放送の都合上金曜日へ移動すると同時に放送時間が30分繰り下げられ、午後11時放送開始の深夜番組となった(放送時間は45分に延長)。しかし人気が沸騰したのはむしろ深夜へ移動してからのことである。

スポンサーは、番組開始から1999年に至るまで日産自動車一社提供となっていて、当時放送された日産CMでは鹿賀丈史朝子が当番組の設定を用いたドラマを演じている。しかし、1999年日産一社提供から降した事で予算が厳しくなったのをはじめとして、出演者のスケジュールが合わないなどの問題も抱えた事もあって、1999年9月レギュラー放送の幕を下ろす事になった。

なお、最終回開された番組費用は、食材だけで8億円えるとされている。また、最終回の審員には総理経験を持つ橋本龍太郎が招かれ、番組開始から最後まで鉄人を務めた陳健一のスピーチで幕を下ろしている。

3年後の2002年1月に特番として復活。先代の甥という設定で、本木アカデミー宰となって進行された。
この時の設定では過去鉄人全員「名誉鉄人」として、新たな鉄人を打ちたてている。が、この時はまだ「鉄人補」でありアカデミーが抜した挑戦者と対戦させ、定するという内容になっている。また、先代の宰は「フグにあたって亡くなった」と設定され、番組中追悼シーンが放送された。この事で一部の視聴者から反感を買い、物議を醸している。

さらに9年後の2012年に『アイアンシェフ』の番組名で復活玉木宏アカデミー宰に据えるも、わずか半年で終了した。

余談であるが、この番組が発祥となった単も非常に多く、「鉄人」や「食材」といった今では広く用いられる言葉もこの番組発祥である。また、この番組以降料理人が料理番組以外にも出演するきっかけになっている。

ルール

  • 制限時間60分。
  • 挑戦者は直前に戦う鉄人名する。
    • 実際には、事前に打ち合わせがされており、同じ鉄人が極連続して出演しないよう配慮されている。
  • テーマ食材は直前に表される。
  • 料理点数は自由。但し、テーマ食材を必ず使用しなければならない。
  • 調理器具の持ち込みは可。また、出汁スープを1点のみ持込可となっている。
    • 番組初期は持ち込み不可だったが、後に変更された。
  • 員は3名。(後に4名に増員された。)
    • 員の中に必ず料理関係者以外の者を1名以上入れていて、負けた側の顔が立つように配慮されている。
    • 員には「料理人に失礼のいよう」と注意されているとか。
  • 員は各料理人を最高20点で評価・採点する。必ず1点以上はつけないといけない。
  • 点数の高かった方を1票とし、獲得票数が多かった者を勝者とする。
    • 同票だった場合は、合計点数の高い方を勝者とする。
    • 合計点数が同点だった場合は、異なるテーマで再試合となる。その場合は次週持ち越しとなる。
      • 例外として「評価に値せず」再戦となったケースが存在する。

美食アカデミー関係者

主宰

鹿賀丈史

初代の宰。

まさしく番組の「顔」で、衣装や大仰な立ち振る舞いを演じた事で注を集めた。オープニングパプリカをかじるシーンがあるが、鹿賀本人は不味いのを慢していたらしい。
また、あまりにもはまり役だった為か、本当に宰だとか、相当な美食だと勘違いされた事があったとか。

本木雅弘

2002年放送の特番で1度だけ登場した2代目宰。

先述したとおり、フグで他界した先代に代わり、後を継いだ甥という設定となっている。

実況席

審査員

ここでは番組に出演した審員を列挙するが、筆者が把握している範囲である為、全員ではない事を予めご了承いただきたい。

アカデミー所属鉄人

美食アカデミーが誇る一つの分野を極めた料理人の事で、総勢7名の精鋭である。
論、番組設定だけでなく実際に活動している料理人で、自分の店を持っている者がどである。
鉄人が現役から退いた場合、その者には「名誉鉄人」という称号を与えられている。

この番組以降、一つの分野を極めた者を「鉄人」と称するケースが多くなっている。

和食

道場六三郎

初代和の鉄人

日本料理界の異端児」と称され、対戦成績27勝3敗1分と勝率9割を誇る、番組認の最強鉄人
引退後も鉄人対決などで出演した他、解説者として招かれた事もある。

和食というジャンルに捕らわれない柔軟すぎる発想で、第二回放送の「フォアグラ」をはじめ「ロブスター」「チーズ」などなお題で連勝を重ね、後に続く鉄人ハードルを上げ続けた。

中村孝明

2代目和の鉄人

料理界の諸葛孔明」と称され、1996年3月から出演。
粉の舞などな趣向を持つが、食材の使い方に困った時には寿司を作ってしまう傾向があった。
初代鉄人補の一人で、当時は本業を優先した為に辞退している。
後に場の推薦で就任した。

森本正治

3代和の鉄人

料理界の織田信長」と称され、1998年2月から出演。
ニューヨーク仕込みの破りな和食などが武器
また、後に製作される「IRON CHEF AMERICA」でも和の鉄人を務めている。

中華

陳健一

「四神様」と称された陳健民の息子で、番組開始から最終回まで番組を支え続けた一の鉄人

程一とのタコ対決いては、圧倒的なハンデを覆す事が敵わず鉄人で初めて敗北した経歴を持つ。それ以外にも女性の挑戦者に対して危なっかしい試合を繰り広げることがあり、番組初期においては鉄人の中のネタキャラ扱いだった。

フレンチ

石鍋裕

初代。

フランス料理界のヴィスコガンディ」と称されたが、本業と番組の両立が難しかった為に、僅か5回の出演で引退した初の「名誉鉄人」。
但し、後に挑戦者から「石と戦いたい」という名を受け、スポット参戦した事がある。

坂井宏行

2代目

 「フランス料理界のドラクロワ」と称され、1994年2月から出演。
魚介対決では圧倒的に強く「フィッシュ坂井」の異名をとるが、何故かオマール海老テーマの時には3連敗を喫した事があり負け犬マールの異名もとってしまっている。
フランス修行していないフレンチシェフとしても有名。

イタリアン

神戸雅彦

1997年6月から出演した第4分野の鉄人

鉄人の中では最年少で、試合開始と同時に食材が置かれている宰席に猛ダッシュする特徴がある。
鉄人の中ではスタートだった。

2019年3月14日、不慮の転落事故で死去。49歳というあまりにもすぎる死であった。

海外に於ける「料理の鉄人」

「料理の鉄人」は海外でも放送され大いに話題を呼び、1995年にはエミーポピュラーアーツ部門にノミネートされるほどであった。
また、アメリカではケーブルTV専門局により吹き替え放送されたが、視聴者希望により鹿賀の台詞には吹き替えが行われず、字幕で放送されたというエピソードがある。この吹き替え版はオーストラリアでも放送され、後に公式ブックが発売されるほどの知名度を誇っている。

2005年には本家スタッフの監修の下、同局により製作された「Iron Chef America」という正正銘のアメリカ版「料理の鉄人」が放送され、日本でもBSフジで放送されている。この番組には本家鉄人森本正治がレギュラー出演している他、坂井行もスポット参戦という形で出演している。

この番組以外にも、2002年フジテレビから版権を購入して製作された「Iron Chef USA」という番組が存在するが、こちらは本家とはあまりにも違っていた為に不評で、僅か1クールで終わっている。

料理の鉄人トリビア

  • 番組初期には予選があった。
    挑戦者数名により、決勝とは異なるテーマ食材を用いた予選を行い、勝ち上がった1名が鉄人に挑戦する権利を与えられる、という形をとっていた。この模様は番組冒頭で放送されていたが、本戦の印が薄くなる事などを考慮し、1993年11月止された。
  • 鉄人に不利な食材がテーマとなる事が多い。
    基本的に旬の食材がテーマとなるが、それ以外にも鉄人に不利な食材をテーマとされる事が多い。
    これは挑戦者の腕を遺憾なく披露させるためとも、鉄人へのハンディキャップとも言われている。ただ少なくとも、場の引退試合で「今だから言えるが、彼の苦しむ顔が見たくて何度意地悪なお題を出してきたことか」宰に言わせているあたり、番組的にワザとやっていた面もあったようだ。
    逆に言うなら、このハンデを跳ね除けてこその鉄人でもあるだろうか。
  • 海外へ遠征した事がある。
    先述した海外版以外にも、本家番組が海外舞台にした遠征試合を行った事がある。
    遠征した中国フランスなど。フランス遠征試合では、鉄人が1勝も出来ないという異例の事態となった。
  • 宰がボイコットした試合がある。
    鉄人が負け続けた時期に、「これ以上鉄人無様な姿を見たくない」と宰が出演をボイコットした事がある。
    この時は服部宰代理を務め、鉄人勝利を収めている。
    結果発表時に、鹿賀がスタジアムの陰から鉄人勝利を弱々しくも祝福していた事から、本当にボイコットした訳ではなく、そういう設定だったものと思われる。
  • 島田紳助が挑戦者として出演した事がある。
    料理ができる芸人」という印が薄い島田だが、大正エビ対決いては見事な腕前を披露している。結果は島田敗北であった。
  • 深夜番組がゴールデンタイムに移動するケース現在では当たり前のように見られるが、ゴールデンタイムで始まった番組が深夜に移動した後深夜人気が沸騰し、その後再びゴールデンに戻らずそのまま終了した番組は後にも先にも「料理の鉄人」以外にはいであろう(ただし復刻版の「アイアンシェフ」を別番組とみなした場合の話ではあるが)。

関連動画 

残念ながら、番組本編動画削除となっている為、ニコニコ動画には確認されていない。
しかし、1996年セガサターンで発売されたゲーム動画が存在する。

 

 

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/24(火) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/24(火) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP