森岡浩之 単語

6件

モリオカヒロユキ

2.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

森岡浩之もりおか ひゆき)とは、SF小説界の冨樫SF作家である。代表作に『星界の紋章』『星界の戦旗』など。

概要

1962年兵庫県生まれ。1991年のハヤカワ・SFコンテストに「が接げたなら」で入選して作家デビュー

デビューからしばらくはS-Fマガジンにぽつぽつ短編を発表する程度でなかなか本が出なかったが、96年にハヤカワ文庫JAで『星界の紋章』全3巻を3ヶ連続刊行[1]ライトノベル的なキャラクターの活躍するスペースオペラを、ハードSFの緻密な設定・考を用いて描くという作で幅広い読者を獲得し、アニメ化もされる人気作品となった。同作で第28回星雲賞日本長編部門受賞。

が、続編となる『星界の戦旗シリーズは刊行が2~3年に1冊という非常にスローペースシリーズとなり、続刊への引きを作って終わった第4巻(2004年刊行)を最後にストップ。4巻のあとがきで

しかし、今回は中途半端な終わりかたをしたかわりに、次の巻の組みの作業はかなり進んでいます。

まあ、なにがいいたいかと申しますと、「今回はあまりお待たせせずにすみました」と後書きに書けるのではないか、と……。これを書くのがなのです。いや、ほんとうのは「今回もお待たせせずにすみました」と書くことなのですが。

星界の戦旗 軋む時 P247より

と書いたにもかかわらず、なんとその後5巻が出るまで9年を要することになった(その間、星界シリーズ短編集『星界の断章』が2冊出ている)。

2013年3月22日、9年ぶりの続刊『星界の戦旗V 宿命の調べ』が刊行され、第1部となった。本巻のあとがきに下記の記載がある。


不摂生のあげく、体調が悪いと思って病院に行ったらじつは死にかけていてその場で入院させられたり、直後に発生した震災の余震に怯えながら血管内治療をしてもらったり、術後の絶対安静をめられる時間にけっこう大きな余震が来たり、という体験を経て、現在はわりと健康的な日常を送っています。 

星界の戦旗V -宿命の調べ-』 P288より

……ということで刊行が9年ぶりになったのも致し方がないのかもしれない。ちなみに東日本大震災が発生したのは2011年3月11日、4巻刊行から約6年後である。2018年には『星界の戦旗 帝国鳴』で第2部が5年ぶりにスタート

他に『と炎の戦記』『優しい煉』『機械どもの荒野(メタルダム)』『突変』、短編集『が接げたなら』など。2016年、『突変』で第36回日本SF大賞を受賞。

大学時代は国語学を専攻していたためか、星界シリーズでアーヴという人工言語を作り上げ、デビュー作「が接げたなら」も人工言語の話であるなど、言に対してのこだわりが非常に強い。

星界の断章』に「ワローシュ人」という名前2ちゃんねらーを登場させたり同人ネタをやったりいろいろアレなところも。あと雑誌デビューから『星界の紋章』が出るまでの間、某出版社にて別名義エロ小説を書いていたことは然の秘密

2ちゃんねるでは「デーヴ」と呼ばれている。理由はお察しください。

作品リスト(刊行順)

  1. 星界の紋章帝国王女1996年ハヤカワ文庫JA
  2. 星界の紋章さやかな戦い1996年ハヤカワ文庫JA
  3. 星界の紋章 異郷への帰還1996年ハヤカワ文庫JA
  4. 星界の戦旗のかたち1996年ハヤカワ文庫JA
  5. 機械どもの荒野1997年ソノラマ文庫2008年ハヤカワ文庫JA
  6. 星界の戦旗 守るべきもの1998年ハヤカワ文庫JA
  7. が接げたなら1999年早川書房2002年ハヤカワ文庫JA
  8. と炎の戦記1999年、スニーカーブックス→2000年角川スニーカー文庫
  9. 星界の戦旗 家族食卓2001年ハヤカワ文庫JA
  10. と闇の戦記(一) 退魔師はがけっぷち。2001年角川スニーカー文庫
  11. と闇の戦記(二) 守護者はぶっちぎり。2002年角川スニーカー文庫
  12. と闇の戦記(三) 神様はしらんぷり。2004年角川スニーカー文庫
  13. 星界の戦旗む時2004年ハヤカワ文庫JA
  14. 優しい煉2005年トクノベルズEdge2007年徳間デュアル文庫2015年、徳間文庫[2]
  15. 星界の断章Ⅰ2005年ハヤカワ文庫JA
  16. 星界の断章2007年ハヤカワ文庫JA
  17. 優しい煉2 騒がしい死者の2008年トクノベルズEdge
  18. のまた 決戦大坂の陣2011年朝日新聞出版
    → のまた 若武者の誕生2023年、徳間文庫[題])
  19. 地獄で見る2012年徳間書店2015年、徳間文庫
  20. 星界の戦旗Ⅴ 宿命の調べ2013年ハヤカワ文庫JA
  21. 星界の断章2014年ハヤカワ文庫JA
  22. 突変2014年、徳間文庫
  23. 突変世界2016年、徳間文庫
  24. 星界の戦旗 帝国2018年ハヤカワ文庫JA
  25. タンポポ惑星物語2019年アークライトノベルス
  26. プライベートな戦争2023年星海社FICTIONS)

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *ちなみに当時日本SFは「の時代」まっただ中で、森岡デビュー時「最後の純日本SF作家」になるかもしれない、とまで一部で言われていた。
  2. *『優しい煉』と『騒がしい死者の』の合本
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP