折原一単語

オリハライチ

4.0千文字の記事
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

折原一(おりはら いち)とは、日本推理小説叙述トリック作家として知られる。

概要

1951年埼玉県生まれ。筆名は読みまで含めて本名。ワセダミステリクラブ出身で、北村薫は同クラブ先輩である。デビュー前には本名のアナグラム「針尾一良(はりお いちら)」名義でライターをしており、1986年には『東西ミステリーベスト100』の作品解説北村とともに匿名で手掛けたりしていた。北村薫作家デビューも、折原デビューに触発されたからだとか。

1985年クラブ先輩だった相川との共作ペンネームである「川原つなお」名義でオール推理小説新人賞に投稿した「おせっかいな密室」が最終補に残る。1988年、同作を含む短編連作『五つの』で東京創元社から折原一としてデビュー。同年、江戸川乱歩賞に『倒錯のロンド』を投稿、元々は「乱歩賞を受賞すること」まで作品内のトリックの一部にする趣向だったが、最終補まで残ったものの、選考委員のうち高く評価したのは渡英だけだったようであえなく落選。しかし翌年、講談社に拾われて刊行され、現在ではその年の乱歩賞受賞作(坂本一『白色の残像』)よりずっと高く評価されており、2021年には元々の趣向を復活させた「完成版」が出ている。

以降、叙述トリックメタ趣向などを駆使した凝り凝りのミステリーを多数発表して人気を集める。1995年、『沈黙の教室』で第48回日本推理作家協会賞長編部門を受賞。1997年には『冤罪者』でなぜか直木賞補になった。

妻はホラー作家新津きよみで、合作もしている。また「山月記」でおなじみ中島伯父にあたる。

作風

折原一作品と言えば叙述トリックである。これはネタバレではない。

叙述トリックの項で解説されている通り、叙述トリックというものはその性質上、「叙述トリックが仕掛けられていること」自体が重大ネタバレとなってしまうため、通常は叙述トリック作品を紹介するときはそのことを伏せるのがマナーである。しかし、折原作品に限っては大半の作品が叙述トリックものである(そうでないものもある)ため、ただ叙述トリックであると言ってもネタバレにならないという希有な作家である。

折原ファンは当然叙述トリックがあるものとして折原作品を読み作者読者叙述トリックを疑ってかかることを前提に、それでもなお読者を驚かせようと仕掛けを凝らしている。新本格以前はマイナーな手法であった叙述トリックが、現在では一般的な手法になったのは、折原一の功績がわりと大きい(と本項作成者は思う)。

作中に、登場人物の書く作中作新聞記事、雑誌記事、インタビューなどを大量に盛りこんでメタな仕掛けを施した作品が多いことも特徴。そのため、本の前からでも後ろからでも読める『倒錯の帰結』『』、入り2分冊だった『遭難者』、別名義の覆面作家として刊行した『チェーンレター』など、本の体裁そのものがやたら凝った作りになっている作品もある。

また、実際に起きた事件をモデルにした作品が多いことも特徴。冤罪者』で直木賞補になったのは、冤罪テーマ社会ミステリと勘違いされたからであろうか……。

ファンの間で衆の一致する代表作は『倒錯のロンド』『異人たちの館』『沈黙の教室』『冤罪者』『誘拐者』あたりだろう。最初に読むなら『倒錯のロンド』がオススメ。なお作者の自選ベスト5は『異人たちの館』『冤罪者』『誘拐者』『暗闇の教室』『グランドマンション』らしい。

文庫化・再文庫化に際して題された作品が非常に多く、複数の出版社から文庫が出ている作品も多く、ついでにタイトルが似ていて紛らわしい作品も多いので、書店や古書店で購入する際はダブりに注意。

作品リスト(刊行順)

太字2021年1月現在新品で入手可なもの。警部シリーズ

  1. 五つの1988年東京創元社
    → 七つの 密室殺人が多すぎる1992年、創元推理文庫[増補・題]→2013年、創元推理文庫[新装版])
  2. 倒錯の死 201号室の女1988年東京創元社1994年、創元推理文庫1999年講談社文庫
  3. が来たりてホラを吹く 面村殺人事件 (1989年カッパノベルス
    → 面村の殺人1993年光文社文庫[題]→2018年光文社文庫[新装版])
  4. 白鳥は虚に叫ぶ 特急白鳥」60の死1989年カッパノベルス
    → 「白鳥」の殺人1994年光文社文庫
  5. 倒錯のロン1989年講談社1992年講談社文庫
    → 倒錯のロン完成2021年講談社文庫
  6. 螺旋館の殺人盗作ロンド』 (1990年講談社ノベルス
    → 螺旋館の殺人1993年講談社文庫[題])
    → 螺旋館の奇想 (2005年、文文庫[再題])
  7. 館の殺人 モンキーパズル1990年カッパノベルス1995年光文社文庫[題]→2018年光文社文庫[新装版])
  8. 灰色仮面1990年講談社1992年講談社ノベルス[訂版]→1995年講談社文庫[訂版]→1998年、徳間文庫[オリジナル版])
  9. 死の変奏曲 (1990年徳間書店
    → 衣の女 (1995年、徳間文庫[題]→1998年講談社文庫
  10. 丹波殺人事件 (1991年日本経済新聞社→1994年講談社文庫
    → 丹波殺人2004年光文社文庫[題]→2018年光文社文庫[新装版])
  11. 覆面作家1991年、立書房→1996年講談社文庫2013年光文社文庫
  12. 仮面劇 Masque1992年講談社1995年講談社文庫
    → 殺者 (2014年、文文庫[題])
  13. 能登殺人旅行1992年カッパノベルス
    → 蜃気楼の殺人1996年光文社文庫[題]→2005年講談社文庫
  14. 異人たちの館1993年新潮社1996年新潮文庫2002年講談社文庫2016年、文文庫
  15. 底の殺意 (1993年講談社
    → 殺人者 (1996年講談社文庫[題])
  16. 天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記1993年角川文庫2011年講談社文庫
  17. 沈黙の教室1994年早川書房1997年ハヤカワ文庫JA2009年双葉文庫
  18. 荘の殺人 サプライズパーティー1994年カッパノベルス1997年光文社文庫
  19. 誘拐者 (1995年東京創元社2002年、文文庫
  20. 幸福荘の秘密 新・天井裏の散歩者 (1995年角川書店1997年角川文庫
    → 天井裏の奇術師 幸福荘殺人日記2 (2011年講談社文庫[題])
  21. ファンレター1996年講談社1999年講談社文庫
    → 読者 ファンレター2007年、文文庫[題])
  22. 漂流者 (1996年角川書店
    → セーラ号の -漂流者- (1999年角川文庫[題])
    → 漂流者 (2011年、文文庫[再題])
  23. 二重生活1996年双葉社2000年講談社文庫2016年光文社文庫) ※新津きよみとの合作
  24. 101号室の女 (1997年講談社2000年講談社文庫
  25. 遭難者 (1997年実業之日本社[入り2分冊]→2000年角川文庫[入り2分冊]→2014年、文文庫[合本])
  26. 冤罪者 (1997年文藝春秋2000年、文文庫
  27. 黄色館の秘密1998年光文社文庫2018年光文社文庫[新装版])
  28. 失踪者 (1998年文藝春秋2001年、文文庫
  29. 暗闇の教室1999年早川書房
    → 暗闇の教室 1 物語 / 2 悪夢、ふたたび2001年ハヤカワ文庫JA[2分冊])
  30. すます部屋2000年講談社2003年講談社文庫
  31. 倒錯の帰結 (2000年講談社2003年講談社ノベルス2004年講談社文庫
  32. チェーンレター2001年角川書店[沼静也名義]→2004年角川ホラー文庫
    → 棒の手紙2020年光文社文庫[題])
  33. 沈黙者 (2001年文藝春秋2004年、文文庫
  34. 樹海伝説 騙しのへ (2002年祥伝社文庫
  35. 倒錯のオブジェ 天井男の奇想 (2002年文藝春秋2006年、文文庫
  36. 模倣密室2003年光文社2006年光文社文庫2019年光文社文庫[新装版])
  37. 被告A (2003年早川書房2006年ハヤカワ文庫JA
  38. 鬼頭の惨劇 忌まわしきへ (2003年祥伝社文庫
  39. 偽りの館 叔母殺人事件 (2004年講談社
    → 叔母殺人事件 (2007年講談社文庫[題])
  40. 黙の部屋2005年文藝春秋2008年、文文庫
  41. グッドバイ 叔父殺人事件 (2005年原書房2008年講談社文庫
  42. 行方不明者 (2006年文藝春秋2009年、文文庫
  43. タイムカプセル2007年理論社→2012年講談社文庫
  44. 疑惑 (2007年文藝春秋
    → 放火魔2010年、文文庫[題])
  45. 生存者/殺人2007年祥伝社2010年祥伝社文庫
  46. クラスルーム (2008年理論社→2013年講談社文庫
  47. 逃亡者 (2009年文藝春秋2012年、文文庫
  48. 2010年祥伝社2013年祥伝社文庫
  49. 追悼者 (2010年文藝春秋2013年、文文庫) 
  50. 帝王、死すべし (2011年講談社2014年講談社文庫
  51. 潜伏者 (2012年文藝春秋2015年、文文庫
  52. グランドマンション2013年光文社2015年光文社文庫
  53. 侵入者 自称小説家2014年文藝春秋2017年、文文庫
  54. 仮面2016年文藝春秋2019年、文文庫
  55. 双生児2017年早川書房
  56. ポストカプセル2018年光文社
  57. 傍聴者2020年文藝春秋

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/24(金) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/24(金) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP