編集  

イエス・キリスト単語

イエスキリスト

イエス・キリストとは、紀元1世紀にパレスチナ宗教活動を行ったとされる、ナザレ(イスラエル北部)出身のユダヤ人男性である。

概要

アヤソフィア聖堂のイエス・キリストを描いたイコンいうまでもなくキリスト教における「キリスト」その人。「キリスト」とは救世主を意味するで、つまり「イエス・キリスト」とは「キリスト救世主)であるイエス」という意味の美称・尊称である。

キリスト教においては、信仰対である唯一神イエス・キリストは同一の存在であるとされる。よって、同宗教において神の子と同一の者として崇められる人物でもある。2012年現在キリスト教徒は19~20億人(全宗教において最多)とされるため、世界で最も多くの人間から崇拝・崇敬されている人物であるとも言える。

死後、ペテロパウロなどの子達やその流れをむ者たちによって、彼の言行録が著され伝承された。これを後にまとめたものが「新約聖書」である。彼を視する宗教キリスト教」が誕生しこの新約聖書典として伝えられたため、現在でもこの書物を通して彼の思想・行動・伝説などを知ることができる。例えば、分け隔てのない償の(アガペー)を説いたことや、十字架での死と復活の伝承などがそれである。

彼、そして彼の死後に形成されたキリスト教の影(後述)は数知れず、現在でも多くのや地域、そして思想や芸術に及ぶ。とくによりも人を重んじる精隣人は、欧を中心に徳観の基盤となった。

伝承

大工ヨセフとマリアのもと、ローマ帝国の支配下にあったイスラエルのベツレヘムに生まれた。誕生日は記録に残っていないため不明。「クリスマスイエス・キリスト誕生祭である」と聞いたことがある人も多いかと思うが、誕生日がいつか分からないので、とりあえず12月25日に祝っているだけのことである。

人物像

おそらく30歳ごろに洗礼者ヨハネから洗礼を受け、以来、当時のユダヤ教に対し革的な運動をし始め、ペテロシモン)をはじめ多くの子と信者の信仰を得た。ちなみに30歳以前にどう過ごしていたのかは聖書には明記されていないため不明。だが父親大工だったことや他人から「あの人は大工ではないか」と呼ばれる節があることなどから、おそらく大工だったのではないかと推測されることが多い。

おもに徳的な導、つまり説教をし、とくに当時社会的に低い位置にある人々(奴隷婦、etc)の心を掴むのが得意だったようである。「(精的に)貧しいものは幸いである。神の国は彼らのものである」といい、「敵を愛し、自分を迫するもののために祈りなさい」と述べた他、「明日のことで思い悩むな」とった。

彼はまたたいへん機転がきく人物であったようで、たとえばユダヤ教の一であるファリサに「この貨はのものか、それともカエサルローマ皇帝)のものとして納めるべきか」と問われた時のエピソードは有名である。当時のユダヤ人ローマに支配されていたので、単純に「のもの」と答えた場合は権向かうものとして問題が生じる。逆に「カエサルのもの」と答えた場合でも権って信仰を曲げたとして宗教導者としての券が傷つく、つまり非常に答えにくい質問であった。これに対してイエスは、貨の銘がローマ皇帝であったため「のものはのものに、カエサルのものはカエサルに返せ」と答えたとされる。

しばしば病人奴隷婦に対し他の人々と同等かそれ以上に扱い、そしてその多くを心身ともに救済したことから、弱者の味方として多くの信者を抱えたとされる。彼の思想はや相互の思いやりに根差したものが多かった。

死と復活

イエスはまた、その伝承から十字架と切っても切り離せない関係にある。十二子(使徒)の一人、イスカリオテのユダ30枚でイエスを裏切ったのが原因し、十字架に掛けられて処刑されたのは有名だろう。その結果イエスは十字架で「人々の罪を贖う」形でこの世を去るが、これが十字架に処刑具としてではなくイエスの贖罪という付加価値を与え、今日の十字架の印を形成したのである。

特筆すべき点として、新約聖書に残されている子達が書き記した内容によれば、処刑されて数日経った後に復活を遂げたという。この復活の伝承を信じることこそがキリスト教における中心的な教義であり、伝パウロ布教の際そう宣伝した。
また余談だが、このイエス・キリストの復活を祝う日として「イースター」というお祭りがある。が、このいわゆる復活祭は日付が毎年変わることなどが関係してか、日本においてはクリスマス較して格段にマイナーである。

上記の内容は『キリスト教』の項の『歴史』の段にも詳しいため、そちらも参照のこと。

名前の意味

まず「イエス」だが、これは古代イスラエルにおいて、とその子孫であるイスラエルの民に繋がる名である。ヘブライ語で発音するとヨシュアあるいはイェホシュア(Yehoshua)となり、アラムではそれが短縮されイェシュア(Yeshua)となる。これがギリシア語イイススと音訳され、日本イエスとなるわけである。本来は「ヤハウェ)は救いなり」を意味し、ヘブライ人の名前としてはごくありふれた名前であった。よって、他の「イエス」という名の者と区別するために、ナザレが出身地であったことから特に「ナザレのイエス」と呼ばれることもあった。

「キリスト」は冒頭に記載したように救世主を意味するである。これは古代ギリシア語からの転用であり、正しくはクリストス(Khristos)と発音する。本来はヘブライ語マシーアハ(mashiah)と言い、「油を注がれしもの」、すなわちで特別な存在という意味であり、これが救いと意訳されるのである。つまり、一種の称号である。

は救い、救世主、というこれらの二からなる名前であるから、イエス・キリストとは非常に宗教色彩のある呼び名といえよう。「救世主であるイエス」、「油を注がれしイエス」を意味するこの「イエス・キリスト」いう名は、イエスをこの世の救いと考える立場からの呼称である。

イエスに対する考え

キリスト教においては教によるが、と同質あるいは受したそのものとして扱われている。ユダヤ教においても、イエス・キリストの権威を認める教がある。イスラム教では預言者の一人として教典に登場する。これらの詳細は下記を参照のこと。

イエスに対する考えや意見は古今東西異なるだろう。少なくとも当時のイスラエル、とりわけ彼がよく活動したガリラヤの周辺では、イエス救世主メシア)として多くの民に受け入れられていた。しかし一方で、ローマ皇帝や当時のイスラエル王であるヘロデ王らからすれば、「なる」以外を同じ人間であると見るイエス、および彼の思想や信者は危険因子であった。

キリスト教において

当然ながら宗により異なる。

カトリック教会正教会イギリス教会ルーテル教会、そして教会など、一般にキリスト教イエス・キリストは以下のように解釈されている。

特に重要な「三位一体」についてだが、これは、イエス・キリストとは「なる」と「子(イエス本人)」と「霊」が一体である、という解釈である。つまりイエス・キリストであり神の子であり霊である、一のということ。

神の子イエスなのにイエス? それに神様って一じゃないの?」と思うこと必至であろうが、ようはイエスとは、や人の組みを越えたすんごい何か、ということなのだろう。

三位一体を教義として採用していない宗も少数ながらあるが、多数からは異端視され、「もはやキリスト教とはいえない」と見なされることも稀ではない。

イスラム教において

イスラム教では「預言者イーサー」としてマリア共々教典であるコーランクルアーン)に登場する。もっともイスラム教ムハンマドを最後にして最高の預言者とするため、イエスの立場はもちろん最高位ではなく、また上記の「と一体である」という三位一体説は明確に否定される。

といっても、旧約聖書の『出エジプト』で知られる「モーセ」とほぼ同等の高位の扱いを受けているらしく、救世主マスィーフ)として描かれている。

ユダヤ教において

ユダヤ教では基本的にはイエス預言者メシアとしては認めていない。

とすれば、多くのユダヤ教徒にとってはイエスは「偽預言者」ということになるはずだが、ユダヤ教布教に熱心な宗教ではないことから、現代のユダヤ教内部でイエスについてどう捉えられているのかの実際は非ユダヤ教徒にとってあまり明らかではない。

ユダヤ教の信徒数がキリスト教のそれと較して格段に少数であることや、ユダヤ民族国家であるイスラエルアメリカ保守(キリスト教を重視する層が多い)のバックアップを受けていることなどのパワーバランスの関係上、現在ユダヤ教にとってキリスト教を刺することが得策でないと言う事情もある。

ただ、初期のユダヤ教徒の一部が「浮気した女の言い訳の結果、神の子という扱いをされた不貞の子」とイエスのことを評していたとの記録は残っている。

一部にはイエスメシアとして認める立場のユダヤ教徒も居るとされるが、キリスト教徒となったわけでなくユダヤ教徒でありつづけている以上、その場合でも教義上の何らかの差異が存在していると思われる。

後世への影響

イエスの思想は中世から現代のヨーロッパ芸術や思想に大きく表れている。さらにはイエス・キリストへの信仰の有に関わらず、例えば神道仏教が多数日本においても、サブカルチャーなどへ少なからず影を及ぼしている。

イエス・キリストの影歴史においても顕著であり、それは古代ローマ帝国に色濃く表れている。またキリスト教教とした東ローマ帝国や、神聖ローマ帝国をはじめとする西欧々、そして十字軍宗教改革などの事件がその最たる例である。とくに中世ヨーロッパへのそれは甚大であり、ローマ教皇が絶大な権威を有するに至った。また騎士皇帝の戴冠式、フランスなどに見られる王権授説も、イエス・キリストの権威によるところが大きい。

中世に教皇権が頂点を極めたため、しばしば近世以降は影の低下を想像されるが、大航海時代以降は、アメリカ大陸でも大きな影をもつようになる。また日本にも、イエズス会により戦国時代から幾らかの影を及ぼした。

日本との関係

戦国時代フランシスコ・ザビエルらによりキリスト教日本に伝播した。ところが、イエス・キリストとして日本に宣教しても、当の日本がご存知の通り「八百万」を信仰する土であったから、人々はキリスト教唯一神(=イエス・キリスト)についてもまた数の々の一員として解釈したとされる。

和風な概念で現すとイエス・キリストは「現人神」の一種とも取れるが、イエス同一視されたのは彼の死後であるため「生きている人間をとして見なす」現人神とは微妙に異なる。むしろ死後の「格化」に近いかもしれないが、キリスト教本来の立場ではイエス・キリストは「最初からである」ため「となった」「とされた」とは見なされない。

日本におけるイエス・キリストの影は、先述したように現代のサブカルチャーにも独特の形で表れている。RPGカードゲーム漫画には長男性として登場することがある。→『聖☆おにいさん
またこれはキリスト教に対するものであるが、よく漫画アニメなどでは十字架や騎士団がそのかっこよさから用いられることもある様子。他にも狂信的な神父戦闘力の高いシスターさんなどが登場する場合もあるようだ。
→『HELLSING』『とある魔術の禁書目録

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88
ページ番号: 4793768 リビジョン番号: 2455305
読み:イエスキリスト
初版作成日: 12/01/02 12:12 ◆ 最終更新日: 17/02/03 00:45
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「聖書アラム語」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イエス・キリストについて語るスレ

109 : ななしのよっしん :2016/06/26(日) 11:49:11 ID: AxYnh4Dd9B
その支配欲がキリスト教そのものをよく表してると思うよ。
世界の全てをその影下に置きたい、自分に伺いを立てない者達、自分の預かり知らぬ所で勝手を働く者達を看過・許容できない、それでいて他者の功労に乗じて後付で全てを飲み込まんとする肥大化した欲望、正に妬心をとしその申し子として地に生まれた者の成せる業というべきか。

そしてその精性に同調した者達をその手先として取り込み、恰もカースト性に拘泥する不可触民達の如くその言動の全てを聖書バインドさせることで生きながらにして地縛霊と化していく教化の技法、それがYHWH(You hodads were held).




110 : ななしのよっしん :2016/06/26(日) 11:57:24 ID: cBKqj7qwGl
>>108
たった2~3レスなのに、何故そんなにしつこく神経質に言うんだ?
>>109の方が余程ユーザー記事でやるべき内容だよ。
111 : ななしのよっしん :2016/06/26(日) 11:59:17 ID: JYr/Gp9IyY
前科者が警されるのは当然だろうが
ましてや反してないしないことをあけっぴろげにしてるようなやつは
112 : ななしのよっしん :2016/06/26(日) 12:07:24 ID: ZcMYabgKnZ
関連記事全部規制されるまで荒らすつもりなのか?
まずモラルというものを身につけたらどうだ
113 : ななしのよっしん :2016/06/26(日) 12:08:22 ID: xfYs+8lBQm
キリスト教関連の掲示板を全部焦土にする気なら悪質と言う他ない

そもそも掲示板てのは持論が受け入れられるまで粘着する場所じゃないんだ
一歩譲るとしても言いたいことは一度ですませろ、受け入れられないならそこまでだと思って諦めろ
114 : ななしのよっしん :2016/06/26(日) 12:13:22 ID: ZcMYabgKnZ
リスト関連にこだわりたいん粗なら
ユーザーネームイエス・キリストなりキリスト教なりにしてユーザ記事作ればいいのに。
ユーザー記事ならプレミアムでなくても編集できるんだから
115 : ななしのよっしん :2016/06/26(日) 20:02:27 ID: 8A5KfvoIfr
>>110
>たった2~3レスなのに、何故そんなにしつこく神経質に言うんだ?
は?
>>83から>>90までJaPSgIhDL0で長文連投で荒らしたことと、>>41からS5lObKppBaで荒らしたのをもう忘れたのか?
116 : ななしのよっしん :2016/08/27(土) 18:52:52 ID: ihmLD/lpPZ
Yes! キリスト!
No! イラスム!
117 : ななしのよっしん :2016/10/05(水) 08:15:08 ID: AxYnh4Dd9B
「セム人が如何に気持ち悪いか」っていうのを身内から初めて摘したセム人が彼ヨシュアなんじゃないかな。いやもうそのキモさは旧約で出ってたんだけどそれまでユダヤ人はまだあれがセム人のキモい生態大辞典っていう認識持ってなかったんだと思う。
118 : ななしのよっしん :2018/01/02(火) 08:01:35 ID: WT5FhCT7pI
イエス・キリストは紀元前生まれらしい
この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829