単語記事: スネ夫の自慢話の一覧

編集

この記事は、てんとう虫コミックスドラえもん』1~45巻に収録されたエピソードでの「スネ夫の自慢話」を集めたものである。現時点では、大長編ドラえもん+、その他コミックス未収録作品での自慢話は扱っていない。

原則として、原文ママで記事にしているため、読みづらい部分があることをご了承ください。またセリフかの表記に略称を用いています。

一覧

1-10巻


1巻「古具きょう争」
ス:むかしのレコードプレイヤーだよ。ちくおん機というんだ。
の:めずらしいなあ。
し:おもしろいわね
の:どうして、こんな古くさいものばっかり集めるの?
ス:アハハハ、きみにはわからないだろうな、こういう高級なしゅみは。
  ぼくのうちにみたいにさ、とかクーラーとか電子レンジとか。便利なものが、なにもかもそろっちゃうとさ、古くさいのもが、すごおなつかしく感じられるんだ。
  のび太のうちには、古いものないだろ。
の:あるぞ、うちのテレビはもう十年も使ってるぞ!
ス:ウシシャシャ

1巻「ご先祖さまがんばれ」
ス:れい!!
の・し・ジ:ははあっ。
の:なんで、そんなおじぎしなくちゃいけないの?
ス:これはうちのご先祖が、とのさまからいただいた宝だぞ。
し:スネ夫さんのご先祖ってさむらいだったの?
ス:強かったんだぞ。とのさまのあぶないところをすくったんだ。それいらい、うちはずうっと老をつとめてきた。

2巻「勉強べやの大なだれ」
ス:(スキーを持って)いいだろ、新しく買ってもらったんだぞ。

4巻「ソノウソホント」
ス:うちのパパえらいんだぞ、社長だぞ

4巻「月の光
ス:いいだろう
の:うん、ほんとにいいだなあ。
ド:うっとりするよ。
ス:じゃあ、の聞きちん、五円ずつ、いただきましょう。
の・ド・し:を聞くのに、お金がいるの。
ス:デパートで買ってきたんだぞ、高かったんだ。

5巻「バッジを作ろう」
の:これ、みんなスネ夫くんのバッジ? よく集めたなあ。
ス:六十三こあるんだ。ぼくがなんたって一ばんだね。
ジ:おれ、十八こだから、二ばんね。
し:わたし、たった六こ。でも三ばんね。
の:ぼく一こで四ばん!
ジ:ようし、がんばって一ばんになるぞ。
し:わたしも、もっと集めるわ。
ス:三人できょうそうしよう。

6巻「こいのぼり
ス:大きいだろう。うちのこいのぼりは。ぼくがうまれると、すぐかってくれたんだ。
  あのこいのようにと、元気にそだてといのって……。ぼくは、つくづくしあわせだと思うなあ。
  こいのぼりもかってもらえない子はあわれだよなあ。

6巻「せん艦でへ行こう」
ス:(モーターボートの写真を見せて)こんなのかったんだよ。につないであるんだ、これからのりにいくんだ。
し:のせて。
ス:いいともどうぞどうぞ
ジ:おれものせろ。
ス:ああいいよ。
の:ぼくも。
ス:だめ。パパがうんてんして、あと三人のったら、まんいんだもん。
※この回でスネ夫パパが初登場

7巻「とぶさかな
ス:(にえさをやりながら)どう、よくなれているでしょう。ぼくがくんれんしたんだ。さかなもなれると、かわいいよ。きみたちもかってみな。
  あっ! ごめんごめん。わるいこといって。このへんで、にわに池があるのは、うちだけだった。
※この回でスネ夫おじさんが登場。船長でよく外にいく。

7巻「行かない旅行の記念写真
ス:ハワイですよ、ハワイ! 夏休みをりようして行ってきたの。いやあ、よかったねえ。おもしろかったねえ。
  君たちは行けなくてかわいそうだ。せめてしゃしんで楽しみな。

7巻「未来からの買いもの」
ス:(自転車して)また新買ったよ。八段変速だぞ。

9巻「王かんコレクション」
ス:ありがたあくおがめよ。これを手に入れるために、どんなに苦労したことか。
し:「に雁」?
ジ:あの有名な!
の:一万八千円もしたって?
ス:切手マニアなら、この程度の物を一つくらいもちたいもんだねえ。
  ぼくのパパはこっとう品のコレクション。ママは宝石。
  それぞれはちがうけど…、うちの家族に共通してるのは、一級品しかあいてにしないってことだね。

10巻「のび太の恐竜
ス:ざっと一億年も昔、亜紀とよばれる時代……。地球上は、は虫類下だった。その中でも、王者とよぶのにふさわしいのがチラノザウルスだ!
  これがそのツメの化石だ。ユタ州の恐竜公園で発掘されたんだ。パパアメリカみやげさ。
の:ヒェーッこれが? ホーッ恐竜カケラ? 本物? どれどれもっとよくみせて
ジ:フーム……。これが何億年前には生きて動いてたってわけか。
の:つぎぼく!みせてみせて!
ジ:たいしたもんだ。しずちゃんみな。
し:じっとみてると、その時代がみえてくるような気がするわ。うっそうとしげったシダのジャングルを、小山のような恐竜が……。
の:ねえ、もういいだろ、みせてよはやく!
ス:しまっとこう。重なものだからこわされるとこまる。

11-21


14巻「ラジコン戦」
ス:いやあきのどくだったね。ぐうぜんにもきみらのボートが大和の前をうろうろしちゃって…。
ド・の:そんなあやまりかたってないぞ!
ス:かりかりするなって。べんしょうしてやるよ。あんな安物。
  それにくらべてぼくの大和! 縮尺150分の1 全長1.75メートルの大模型だぜ。
  いとこの大学生ラジコン天才でね。作ってもらったんだよ。
  みてくれ、この重量感!この迫真! まさにというべき…。なんだいないのか。
※いとこのスネ吉にいさんが初登場。4機のプラモを同時操縦する離れ業を見せる。

17巻「役はめこみ機」
の・し・ジ:ほんとかい!?
の:あのテレビの人気番組の。
し:「ウルトラボーイ」にスネ夫さんが。
ジ:出演してるって!?
ス:なにね、ちょっとした気まぐれでね。ぼくは出たくなかったけど。テレビ局プロダクション社長がぜひ出てくれってうるさいの!ぼく、よわっちゃって。
  で、まあ、役だけはかんべんしてくれと、わき役なら出てあげてもいいですと。なぜってさ、人気スターなんかになるより学校の勉強を大事にしたいもんね。
  今七時から放映されるよ。よかったら、うちのテレビでみなよ。二十四インチの大画面!迫あるよ!
  でも、うらやましくてしゃくにさわって見てられないという人には、すすめないけど。アハハ。

18巻「ドライブはそうじ機に乗って」
ス:どう? すごいだろ。いとこが買ったんだぞ。
スネ吉:乗せてあげようか
ジ:おっ、乗せて乗せて。
の:ぜひぜひ!
スネ吉:まてっ、そんなに多すぎるよ。
の:いつもはみだすのはぼくなんだ。

19巻「に入らず海底を散歩する方法」
スネ夫からの手紙
ス『遠泳大会やらボート遊びやら楽しい毎日です。きみもさそってあげられなくざんねんです』
の:な、なにいってんだ。そんなとこ、さそわれなくたって……行くぞ!
ス『はなれなので海底のけしきのきれいなこと、とれたてのサザエアワビのおいしいこと………。きみも食べてみたいでしょう。』
の:く~だらない!そんなものちっとも食べたいぞっ!
  こんな手紙、ち~ともうらやましい!!

19巻「影とりプロジェクター
ス:ぼくのパパの友だちに、テレビ局のレポーターがいて、いろんな情報が入ってくるんだ。
  ちょっと人にもらしちゃぐあいの悪い話もね。
し:えっ!?
女の子:どんな!?
の:聞かせて!?
ス:のび太は、口がかるいからだめ。

19巻「大雪山がやってきた」
ス:スキーに行くんだよ。スキーだぞ!!スキー
の:アハハ、今ごろ行ったって、人が多くてすべれないだろ。
ス:知らないやつはこれだから困っちゃう。飛行機でひとっ飛び。北海道夕日岳へ行くんだよ。
  人が少ないから、のびのびとすべれるんだ。
  うんと技術をみがいてくるつもりだよ。帰ってきたら、名スキーヤーぶりを開するから楽しみにね。
よく日
の:なんだ、スネ夫か。
ス:やあ、ごぶさた!今ロッジにいるんだ。これからすべるんだよ。
  質がいいんだ。フワフワ軽くて。すべれないきみにこんなこといってもわからないだろうけど。

20巻「天の川鉄道
ス:強い汽! ピストンゆっくりと動き出し、やがて…巨大なのかたまりが、大地をゆるがせてばく進するんだ。
  SLはよかったなあ…………。でも、もうすっかりすたれちゃって、日本ではあそこでしかのれないんだ。
  きみたちもおさまにおねがいして、つれてってもらったら? だめかもしれないけど。

21-31


23巻「おざしき水族館
ス:エレベーターをおりると、そこはもうの底だ。厚いガラスばりの展望室になっていて、
  の外を泳いでいくたちのゆめのような美しさ……。いや、この話はもうよそう。いくら口でいってもむだだ。
  公園のすばらしさは、いってみた者じゃないとわからないよ。

23巻「大あばれ、手作り巨大ロボ
の:自由に動くんだね、こんなのみたことない。
ス:ラジコンマニアのいとこが作ったんだ。
の:おっ。なんだこいつ。
ス:にげちゃ困るんだよ。パンチをためしたいんだ。
の:やだよ、そんな。
ジ:おれがおさえてやる。

24巻「のび太ヘリコプター
ス:ヘリコプターにのせてもらって、とったんだ。
  ヘリコプターはおもしろいよ。中でとまったり、地上すれすれまでおりてきたり。
の:「きみらものせてもらったら? むりだろうけど」だって。

24巻「アニメ制作なんてわけないよ」
ス:物置を改造したスタジオだ。
ジ:へ~。で、ここでなにをしてるんだい?
ス:きいておどろくな。アニメーション映画制作だ!
ジ:アニメーション!?
し:ほんとに動くの!?
ス:動かないアニメってあるか。そのうちテレビや劇場にうりこもうと思ってるんだ。
ジ:ほ、ほんとかい。
ス:そこでしょくんに相談だ。アニメというのはたいへんな仕事なんだ。資はたっぷりあるが、人手がたりない。手伝ってもらえないかな。
ジ:おもしろそうだ。
し:やらせて!
の:ぼくも。
ス:のび太にはむりだよ。絵がへたくそだもの。

25巻「四次元ポケットにスペアがあったのだ」
ス:すごい物手にいれたよ。
の:へんならくがき
の:ええっ、田野金平サイン!?
し:いま人気絶頂のタレント
ス:パパテレビ局のおえら方と友だちだったから、手に入ったんだ。きみたちもほしいだろうけど、ま、みるだけでがまんしな。

25巻「ブルートレインはぼくの
ス:すばらしかったよ。ブルートレイン
  ベッドはゆったり。町のあかりが、矢のようにの外をすぎていく。まるで、をとんでいるみたい。
  終点九州鹿児島さ。宿のでたっぷり泳いで帰ってきたんだ。楽しかったなあ!!

26巻「テレビとりもち
ス:これが、大評判の宇宙アドベンチャーゲーム
ジ:えっ、もうかったのか。
の:うりだされたばかりなのに。
ス:ぼかァね。新しいものがでると、人よりくパッとかわないと、気がすまないのよね。
の:おもしろそう。やろうやろう。
の:三人でやるゲームだからだめだって。そんなら、初めからよぶなってんだ!!

26巻「アワビとり潜水艦出航」
ス:ふうん、かぜをひいたの。それはざんねんだなあ。
  四丈半島の別荘へいくんだよ。ぜひきみも、さそおうと思っていたのに。
の:えっ!
ス:ウニアワビサザエごろごろ……。とりたてをツボヤキにすると、おいしいのなんのって…。
  ジャイアンしずちゃんもくるんだけど、かぜじゃしょうがないな。

26巻「空気継衛
ス:世界空気のかんづめだよ。南極ハワイワイキキビーチや、マッターホルンの頂上や……。
ジ:空気の?ほんとかい?
ス:もちろん、それぞれその場所でかんに空気をつめたんだ。
  ハワイ空気のかんづめなんか、こうやってをとじると、波の音やハワイアンがきこえてくるような。

27巻「コンチュウ飛行機にのろう」
ス:自飛行機だぜ。アメリカ持ちってちがうんだよなあ。持ちパパの友だち、ミリオネヤ・カネダさん。
  それをのりまわしてハワイめぐりをやったんだ。自用機はいいね。いつでもどこへでもすきなところを
  とびまわれるんだから。パパなんかすっかり気に入っちゃってさ。うちでもかおうかなんて。
  毎学校へいくにも、自用機でグランドスーッと……。

28巻「の原寸大プラモ
ス:クイーンエリザベス二世号のプラモラジコンだよ。いとこが作ってくれたんだ。
ジ:すげえ…。
し:うかべて走らせてみたいわね。
の:よっぽど広いとこじゃないとつまんないよね。
ス:これから四丈半島の、別荘へもってくんだ。きみらもどう?
し・ジ:つれてってくれるの!?
ス:泳いで、プラモを作ろう。いっぱいあるんだ。
し・ジ:わあい!
の:どうせ、ぼくはまたなかまはずれなんだろうね。
ス:あたり!

29巻「宇宙探検ごっこ」
ス:ものすごくおもしろいんだぞ。
の:やろうやろう。
ス:悪いなあ、このゲーム三人までしかできないんだよ。
し:いつもそんなこといって、のび太さんをなかまはずれにするなら、あたしも帰るわ。

29巻「広~い宇宙浴」
ス:うちは四丈半島に別荘があってさ。そこへいけばはきれいで、すいてて、ま、うちのかしきりみたいなもんだけどさ。
  たまには、人びとでごったがえす浴場も、おもしろいのではあるまいかと…。
し・ジ:尾のへつれてってくれるの。
ス:あれ、のび太くんどったの? むずかしい顔して。
  どうせなかまはずれ? と~んでもない。そんなことしませんよ。

の:一人だけ泳げなくてさぞつまんないだろうけど、ぜひ砂遊びにいらっしゃいだって。

29巻「ちゃんがうちへきた」
?:ワッ、スネ夫が丸師丸広子とならんで………。
?:でめきんトリオ写真を………。
ス:なに、、こないだテレビ局へふらっと遊びにいってね。局のえらい人が、パパの友だちだもんで、タレントと…。
  そうだ!きょうは伊東の誕生パーティーによばれてたんだっけ。

30巻「人気スターがまっけ」
ス:田の手がただよ。ほかにも有名歌手タレントの手がたがいっぱい。
ジ:めずらしいなあ。プロレスラーやすもうのならみたことあるけど。
ス:ただのサインなんてつまんない。手がたをながめてると、その本人が身近にいるような気がするんだ。
  この女性タレントのコレクションがすごい
ジ:ほう……。
ス:なんと!キスマークなのだ!!
ジ:おおっ、松木代に伊藤つばさ優もあるぞ!!
ス:こんなのが手に入るのも、うちのパパテレビ局社長の友だちだからだけどね。
  ジャイアンしずちゃんにすきなのあげる。ぼくはいつでももらえるから。

30巻「き地にジョーズ
ス:パパづりにいってきたんだ。つり舟をだしてもらってさ。
  どこまでも広がるゆられながら心しずかにつり糸を…。

31-45


31巻「恐竜さん日本へどうぞ」
ス:それよりうちにおいでよ。パパアメリカ恐竜の化石を買ってきたんだ。本物だぜ。

31巻「まんがのつづき」
ス:ぼくなんか、もう来週の「アバレちゃん」よんじゃったもんね。
  うちのパパが、出版社の社長さんと友だちでね。ためし刷りのページをもらってきたんだ。特別にしずちゃんジャイアンだけにみせてあげよう。

31巻「改造チョロQ
ス:ぼくぐらいのマニアになると、いろいろ改造してたのしんでいるんだ。
  デコレーションチョロQトレーラーの後ろに電池をつみこんで、豆電球らせる。走らせるときれいだよ。
  水上チョロQ、後輪から画用の筒をのばし、キビガラをつめて、プラスチックさしこみ、発泡スチロールの船体にとりつけた。
  ぷろぺた飛行機改造したかったんだけど、むりなのでグライダーにしたんだ。一階のから発進させると、けっこうとぶんだよ。
  これはじょうだん。ねんどのおそなえをかぶせて、ミニだこをひかせるんだ。正月むきで、おもしろいだろ。
の:へ~おもしろいなあ。
ス:さわるなってのに。
ジ:スネ夫、おまえなかなかやるじゃないか。
ス:きみたちもやってみたら?アイディアさえでればかんたんだよ。
  ぼくのコレクションから、すきなのもってっていいよ。のび太はだめ、改造なんてできっこないから。

32巻「巨大立体スクリーンの中へ」
ス:どう?四十八インチの大テレビ。劇場の大スクリーンでみてるみたいだろ。
ジ:ああ……。
ス:こんなの売ってないぜ、上電機の社長パパの友だちで、とくに作ってくれたんだ。
  これをみたあとは、もうふつうのテレビなんてみられないね。おもちゃみたいでさアハハ…。

32巻「リアルジオラマ大作戦」
ス:プラモは広く深い。そのプラモにどれだけ真剣にとりくむかという心がまえが、二枚の写真
  ちがいとなってあらわれているのだ!!
ジ:へ~、そんなもんかねえ。
ス:ぼくなんか、毎日研究にあけくれているんだぞ。
の:どんな研究?
ス:「プラコン大作」をよんだり、いとこに教師をたのんだり、
の・ジ:教師!!
ス:物置を特設ジオラマスタジオにしてるんだ。
の:みせてよ、参考にしたいんだ。
ス:ぼくのプラモ場だぞ。のび太がみたがるなんて十年い。

32巻「フェザープレーン」
の:ずいぶん、ゆっくりと飛ぶんだね。
ス:フェザープレーンだもの。はねのようにかるいからゆっくり長いあいだ飛びつづけていられるんだ。
の:ハー…ハクショーン
(フラフラ ガツン)
ス:かるいからちょっとしたにでも飛ばされちゃうんだぞ。きみなんか帰れ!

33巻「ポスターになったのび太
の:ひゃ~、たくさんのポスター
し:こんなによくあつめたわね。
ス:まあね、部屋のムード作りのためさ。きみらもはるといいよ。ポスターは高いから、むりかもしれないけど。

33巻「フィーバー!!ジャイアンF・C」
ス:伊藤ファンクラブ大会にいってきたんだけどさ。熱狂的もりあがりで、すごいというかなんというか…。
  このクールなぼくさえつりこまれてのどがかれるほどさけんじゃって。
  ま、彼女の人気なら当然のことではあるが……。

34巻「たまりのピラルク
ス:おじさんの別荘のうらが谷川になっててね。こんなのが、どさどさつれるわけ。
  もちろん、つる人の腕によることは、いうまでもないがね。
の:フン。
し:おもしろそうね。
ジ:いってみたいなあ。
の:フン。
ス:あすの日曜日、つれてってあげてもいいよ。
し・ジ:ほんと!?
の:ほ~ら、はじまった。ただし、二人だけというんだろ。どうせぼくは、のけものなんだろ。
ス:よくわかったなあ。
の:いつもそうじゃないか。いいよ~だ。そんないじわるされてまでだれが!!

35巻「ぶりは巻きもどして…」
ス:長編アニメ「うるケニヤ」のビデオを買ったんだ。みたけりゃみせてやるぜ。
の:みたくない!!
ド:ぼく、みたいもんね。
ス:まだ、発売されてないビデオだぞ。しかも、劇場開に先立ってみられるなんて、感だろ。

35巻「ジャイアンへのホットなレター」
ス:ほら、ほら。
し:伊藤つばさちゃんの、
の・ジ:サイン入りパネル!!
の・し:みせて、みせて!
ス:気安くみせてたまるか。「つばさちゃんへのホットなレター」コンクールで優勝してもらったんだぞ。
  つまり、ほんとに熱心なファンだけがもらえるパネルだよ。
  今度、ぼくクラブの幹部になったんだ。つばさちゃんをかこむ会など、いろんな企画や会誌の編集にも
  タッチしたり、いやもう、いそがしいのなんのって………。

38巻「時計タマゴからかえる」
し:おもしろい時計ね。
の:いいなあ。
ス:パパスイスみやげ。ほしがっても、売っていないよ。

38巻「バショー扇の使いみち」
ス:うちの庭って広いじゃない。木がいっぱいしげってるじゃない。だからガラス戸をあけると………。
  さわやかのかおりをのせてふきぬけていくんだよ。
し:ほんと!軽井沢にいるみたい。
ジ:気分いいなあ。
ス:ゆっくりしてっていいよ。せまいに帰りたくないだろう。

38巻「庭でたけがり」
ス:たけ山へいったんだ。も~、とりほうだいのたべほうだい。
  土びんむしやらやきたけ、たけめしにすい物…。とりたてだからさ、かおりも舌ざわりもなんともいえないんだ。
  いっぱいたべちゃった。きみたちもぜひいくといいよ。いや、高いからむりかな。アハハハアハハハ。

39巻「ジャストホンネ」
ス:伊藤つばさちゃんのバースデイパーティーによばれてさ。あいにく薬師丸知世ちゃんのパーティーとぶつかって
  どっちをひいきしても悪いから両方ことわったよ。

40巻「ミニ熱気球」
ジ:どうだ、おどろいたか。
ス:いとこが作ってくれたんだよ。たまにはこんな、のんびりしたラジコンもいいだろ。

41巻「世界昆虫を集めよう」
の:ワー、こんなによく集めたなあ。
ス:そりゃ、ずいぶんくろうしたよ。
  めずらしいのさがして、あちこちのデパートを……。
の:デパート? なーんだ、自分でとったんじゃないのか。
ス:だれがとろうが、にかわりがあるか。

41巻「深夜の町はの底」
ス:いとこがさあ…、スキューバダイビングベテランで…。

42巻「は口ほどに物を食べ」
ス:食べたことのない人にはわからないだろうけど、とにかくおいしいのなんのって……。
の:いつものじまん話か!
ス:つぎはエスカルゴ・ブルゴーニュ…。

42巻「運動コントローラー
ス:すごいだろ。ラジコンマニアのいとこが作ってくれたんだ。

42巻「やりすぎ!のぞみ実現機」
ス:とつぜんサッポロラーメンが、食べたいといいだして…。思い立ったらすぐ実行するのが、うちの家族なんだ。
  さっそくジャンボジェット北海道へ……。金曜日の夕方だよ。
  は寒かったけど、あついあついバターラーメンのうまかったこと!!
  あのうまさはとても言葉ではあらわせないね!
ジ:ちきしょう、うらやましい。
ス:土曜日曜レンタカーで気ままなドライブさ。北海道もなかなかいいもんだよ。
  そして、日曜最終便で東京へ。

44巻「アニメばこ」
ス:パパビデオ会社の社長さんと友だちでね、できたての見本をもらってきたんだ。
の:その先はきかなくてもわかってんだ。「みんなでうちにみにこない。」
  「あ、悪いけどのび太はだめ、このビデオ三人用だから。」とかなんとかいうんだ。
ス:なんと、三人用のビデオなんだよ。だから悪いけどのび太は…。あれ、もう帰ったの。

44巻「よせボード
の:わーーでっかいかぶと。どこにいたの。
ス:うちの庭でつかまえたんだ。
  うちの庭広いだろ。いろんな木やがいっぱいはえてる。だからいろんながくるの。
  きみたち庭がせまくてかわいそうだなあ。

44巻「バランストレーナー
ス:もうすぐがくる。四丈半島辺は、まだほとんど人気がない。
  きこえるのはの音ばかり…。
し:ロマンチックねえ。ぜひつれてって。
の:チェッ…、どうせぼくだけなかまはずれだろ。
ス:波の立つ日には、サーフィンなんかできるんだよ。
ジ:おれ一ぺんやってみたい! でもむずかしいんだろ。
ス:ぼくが教えてやるよ。
ジ:ほんとか!楽しみにしてるぜ。
ス:牧場があって、にも乗れる。
ジ:おっ、かっこいいな。
し:あたしも乗りたい!でもこわいわ。
ス:ぼくに教われば、すぐ乗れるさ。
の:関係ないや。
ス:そうそう、のび太もいっしょにきていいよ。

44巻「ハワイがやってくる」
の:ぼくあての航空便だ!! なんだ、スネ夫からか。写真がいっぱい、いやーな予感…。
ス『ぼくみたいに海外旅行ベテランになると、ハワイなんて今さらと思うけど、きてみるとけっこう気軽で
  楽しいよ。この楽しさを、きみにもわけてあげたくて写真を送る。
  たぶん、どこへもいけなくてみじめな夏休みをすごしているだろうから…。』

45巻「自然観察プラモシリーズ
ジ:ひゃー、でっかい恐竜プラモデル!!
の:こんなすごいの、みたことない。
ス:ただのプラモじゃないぞ、ガレージキットっていうんだ。ほんの少ししか作らないから、デパートなんかじゃ買えないよ。
  きみらが手に入れようとしても、ぜったいむりだろうね。

45巻「ボトルシップ戦」
ス:あはははは。その程度でおどろいてちゃ困るなあ。本式のボトルシップをみせてあげる。
  コロブスが乗ってたサンタ・マリア号だ!!
ド・の・し・ジ:す ご い !!

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B9%E3%83%8D%E5%A4%AB%E3%81%AE%E8%87%AA%E6%85%A2%E8%A9%B1%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
ページ番号: 4153067 リビジョン番号: 2104339
読み:スネオノジマンバナシノイチラン
初版作成日: 09/09/05 13:11 ◆ 最終更新日: 14/10/20 18:47
編集内容についての説明/コメント: 掲示板>>69反映、概要→一覧、数字半角統一、ulタグ使用
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スネ夫の自慢話の一覧について語るスレ

63 : ななしのよっしん :2014/10/16(木) 02:04:13 ID: +n9UsVRmtv
今週のオススメ記事おめ
64 : ななしのよっしん :2014/10/16(木) 06:18:23 ID: pfGEzyuyjI
>>56
二十四インチの大画面もなかなか
65 : ななしのよっしん :2014/10/16(木) 13:32:52 ID: PviOPNy/ug
17巻で二十四インチの大画面
32巻で四十八インチの大テレビ
66 : ななしのよっしん :2014/10/18(土) 01:20:21 ID: vEFgFQhP76
名前欄縦読みで吹いたw
67 : ななしのよっしん :2014/10/18(土) 20:50:58 ID: wwyJzaEeNQ
スネ夫「いいだろ、パパにお願いして今週のオススメ記事にしてもらったんだ
     パパの知り合いが未来検索ブラジルに勤めてるんでね」
68 : ななしのよっしん :2014/10/19(日) 11:47:06 ID: yVT+z2KqZC
スネ夫の自慢話ってパパすごいのであって
スネ夫自身は何もすごくないよなってつくづく思う
69 : ななしのよっしん :2014/10/20(月) 01:40:09 ID: 6FKREt+o4w
なんとなく既視感を感じると思ったら「パパの知り合い万能説」があったんだった
パパの知り合い万能説を記事に追加してもらえるとうれしいです。
70 : ななしのよっしん :2015/01/12(月) 16:24:33 ID: igjwOnsz/H
>>68
現実の自慢話も似たようなもんだろ
71 : ななしのよっしん :2015/04/20(月) 23:37:56 ID: qWRokhg3mN
>動かないアニメってあるか。

あるんだよね・・・うん。
72 : ななしのよっしん :2016/05/16(月) 20:57:01 ID: DWW7WHgWa5
大長編に至るきっかけは大体こいつのせい
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015