単語記事: 週刊少年チャンピオン

編集

週刊少年チャンピオンとは、日本が誇る4大週刊少年誌(漫画雑誌)の1つである。

ちなみに、週刊少年誌は4つしかない。
かつては発行部数が250万部をえたこともあったが、今では良い思い出である。

日本の雑誌で史上初の200万部突破を達成した雑誌でもある。

概要

秋田書店が発行する週刊少年誌である。通称は、「週チャン」、「チャンピオン」、「バキが連載しているアレ」など。分厚さは他3誌と互。毎週木曜日発売(北海道九州では金曜)、基本的に毎号270円。2005年10月より「サワー沢様」「ブチレロ」「初老」こと沢孝史が編集長に就任した。

メジャー漫画しか知らない人はもちろん、マイナー志向の漫画通、アニオタなどからもハブられ、本屋によってはコミックスコーナーすら用意されていないなど、が読んでるのかよく分からない雑誌である。一説には読者変態と言われ、チャンピオン好きの変態は自らを男性チャンピオン紳士女性チャンピオン淑女と呼称する。

低迷期に入った1980年代前半~1990年代前半までは男性読者が圧倒的であり、全なる工業高校状態であったが、1995年に「特攻女」の連載がスタートした事でチャンピオン淑女と呼ばれる人種が現れる。「星矢」や「弱虫ペダル」などの影で最近では徐々に増加傾向にある。

読者ファンに言わせれば内容は非常に充実しており、太のストーリーや勢いある描写が魅スポーツ・格闘マンガ(バチバチANGEL VOICE弱虫ペダル)。設定が個性的な可愛いショートギャグコメディ(みつどもえ侵略!イカ娘木曜日のフルット)。 喧シーンもほのぼの青春シーンも面おかしい不良物(クローバーシュガーレス)。2011年連載スタートの新鋭(てんむす、囚人リク空が灰色だから)などバランスの取れた誌面構成となっている。

2代前の読者投稿ページCTC」は少年誌の読者ページでも異質でマニアックハガキが多かった。あの投稿三峯徹(CTCでは三峰徹表記)も投稿していた程である。

歴史

史上初の新書版コミックレーベルサンデーコミックス」の大ヒットにより、秋田書店が週刊少年漫画誌に進出し、1969年7月15日に隔週誌として創刊。1970年に週刊化される。キングを含む5大少年漫画誌では最後発である。

最後発のハンデキャップなどもあり、創刊当初は部数が振るわずに苦戦する。1972年伝説の男、村耐三が編集長に就任し、誌面革が行われる。基本的に全作品1話完結。続き物の場合は山場を必ず入れる。不人気作品の徹底的打ち切り。他所で燻っている若手の積極起用などが行われ、ドカベンの大ヒットが生まれる。

1973年。当時、アニメ事業の失敗で多額の負債を背負った上、漫画家としてもピークを過ぎたと各方面から干されていた中年ニート手塚治虫に執筆を依頼。少年誌では異色の医療マンガであるブラックジャックの連載がスタート。当初は3回の掲載予定であったが、一大人気作品となり本格連載化。手塚はこの「ブラックジャック」の大ヒットにより全に中年ニートから漫画神様として復活を果たす事になる。

その後も「しまっていこうぜ」「ゆうひが丘の総理大臣」「恐怖新聞」「エコエコアザラク」「750ライダー」「がきデカ」「らんぽう」「マカロニほうれん荘」「スッポン」「ふたりと5人」「よたろう」「レース0777とこれでもかとヒット作が連発。1973年には飯田秋田書店の自社ビルを建築1978年新年号でついに週刊少年ジャンプを抜き、1978年から1979年にかけて約250万部の部数となり少年漫画誌のトップに君臨した。

しかしその栄も長くは続かなかった。1981年村が病魔に倒れ、編集長を辞任。引き継ぎや新人発掘の失敗、生え抜き作家放出、他社の企業規模の違いからのメディアミックスの遅れなどが重なり、「すくらっぷブック」「プラレス3四郎」「くるくるクリン」「本気!」などのヒット作は出たものの、あっという間に部数争いから転落していった。

10年近くに渡る低迷期の後、1991年。入社3年の新人編集者村耐三最後の部下である沢孝史が手掛けたグラップラー刃牙が大ヒット。沢は後に覚悟のススメ!」も大ヒットさせ、一躍秋田書店の名物編集者となった。この頃から熱狂的なチャンピオン読者チャンピオン紳士という栄誉ある名が付き出す事に。

1990年代には先述した「グラップラー刃牙」「特攻女」「覚悟のススメ!」のほか浦安鉄筋家族」「学校怪談」「鉄鍋のジャン!」「四郎」「フルアヘッド!ココ」「オヤマ!菊之助」「おまかせ!ピース電器」などがヒット。さらに往年の名作「ドカベン」のキャラクタープロ野球へ進んだドカベン プロ野球編」が開始し話題になるなど、最盛期ほどの勢いはなくとも、誌面は安定傾向にあった。

だが、2000年代に入ると、それら人気作品が軒並み終了、それに代わる作品も少なく、看作品である「バキ」「浦安」「ドカベン」以外、これといった有名作がない状態が続いた。この時期、読者ページが「デ・ジ・キャラット」とタイアップするなど、エイケン」「舞-HiMEなど萌え系作品に一時を入れていた。この2000年代前半期がチャンピオン史上、最も低迷(迷走)していた時期といえるかもしれない。

2005年10月に先述した沢孝史が編集長に就任。これまでの連載作品の大半を打ち切り、新鋭作家に4~5週の短期連載作品を描かせ、誌上で次々に発表し、その中から反のあるものを正連載に昇格させるサババル方式を導入。
この革の結果、みつどもえ侵略!イカ娘といったアニメ化作品の輩出に成功する。2012年現在もこの短期連載昇格システムは続いており、空が灰色だからの大ヒットを生んだ。

2006年頃から生え抜きを育てる方針へ大きく動き、引き抜き作家は減少傾向にある。新人漫画賞の受賞を大幅に増やし、2011年頃からは積極的に生え抜き新人を連載起用する方針がとられている。

2012年6月12日には週刊少年チャンピオン直系の刊誌として別冊少年チャンピオンを創刊した。

沢体勢となってからはチャンピオン独特の変態成分が薄れつつあり、「マニア向け」のイメージからの脱却が図られている。変態成分の強い作品や、極端すぎる萌え作品はチャンピオンREDに移っている。乳首券も「範刃牙」以外使えないようだ。

壁村耐三という男

チャンピオンる上で欠かせない男。それが村耐三である。

1934年生まれ、岡山県出身。日本大学卒業後、秋田書店に入社。手塚治虫の担当となる。20代の頃から血気盛んな男であり、締め切り破りの常習犯であった手塚治虫ブチ切れ、手塚をぶん殴ったり、「先生、今更原稿貰っても載せられませんから」と手塚の生原稿を床に投げ捨てたり、編集長時代にあまりにも原稿が上がらない事にれを切らせ、リンゴを食べながら手塚プロに突入。リンゴ手塚マネージャーに投げつけたり、「今から包丁持ってそっち行くから動くな!」と恫したりしていた。

赤塚不二夫とも親しく、漫画家として行き詰まっていた塚にギャグマンガを描くことを勧めたのも村である。塚もまた、締め切り破りの常習で村の逆鱗に触れる事が多かった。居留守を使って引きこもっていたトキワ荘の2階に電柱をよじ登ってから突入、の形相で塚を引きずり出すなどしていた。このように今であれば大問題になる行動のオンパレードであった。

「がきデカは下品すぎるから打ち切れ」と上層部に言われた際も激怒し、上層部の示を視。手塚の原稿が遅れに遅れ、印刷屋から「もう(原稿を)落とせ」と言われた時に「手塚が描くと言ってるんだから黙って待ってろ!」と、例えお上や取引先が相手であっても噛みつく時は噛みついた。

しかし常に怒鳴り散らしていた訳ではなく、庭に戻れば編集部にいる時とは考えられないくらい大人しく、温厚な人物であったという。生前のインタビューで顔写真が掲載されているが、とても↑のような事をするようには見えない、細身の初老の紳士であった。
だが締め切り破りの漫画家や、理不尽な要を言い放つ物には容赦がなかった。編集長時代は必ず、秋田書店近くのスナック」にて最後の原稿が届くのを待ち、原稿を持って帰ってくる部下を労っていた。

若手漫画家の先見を見いだすのも大得意であり、他誌でくすぶっていた永井豪やすがやみつる鴨川つばめ石井いさみ、立原あゆみといった面々に絶大なサポートをし、売れっ子作家に育て上げた。

1981年に体調を崩し編集長を退任。その後、1985年に復帰するも1989年に後進に譲る形で編集長職を勇退した。大飲みでヘビスモーカーという体質が祟り、その後は入退院を繰り返す生活が続き、1998年に膵臓がんで64歳で死去。亡くなる直前、記憶が全くい中でも病院ベッドの上で「まだ原稿は間に合うかな」などと独り言をいていたという。

村自身は大の漫画好きというわけではなく、むしろ漫画には疎いくらいであった。しかしそれが「漫画はこうでなければいけない」という固定概念を排し、当時としては非情に新なアイデアを生み出す要因になったとも言われる。

な部下として現・幻冬舎コミックス社長伊藤。現・コミックビームの編集長である奥村。副編集長の岩井好典。現・週刊少年チャンピオン編集長の沢孝史がいる。

2015年31号(7月2日売り)現在の連載作品(読み切り・短期連載は含まず)及び読み物

連載終了(他誌移籍)作品のうちニコニコ大百科に記事が存在する作品

連載終了、各年代の代表作など(上記にあるもの除く)

70・80年代

90年代

 

00年代

関連動画



関連商品


コミュニティ


関連項目

関連外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%80%B1%E5%88%8A%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%82%AA%E3%83%B3
ページ番号: 3106739 リビジョン番号: 2227233
読み:シュウカンショウネンチャンピオン
初版作成日: 09/05/10 20:21 ◆ 最終更新日: 15/07/03 17:57
編集内容についての説明/コメント: 連載作品更新
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


死因:パンツ

トムクルーズもオススメの漫画「実は私は」

ドレッシング

イマキマキ

ち○こじゃないよ!

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

週刊少年チャンピオンについて語るスレ

366 : ななしのよっしん :2016/09/11(日) 00:42:16 ID: 4AoMQSCv6E
他の週刊少年漫画誌を読んでないから分からないんだけれども……
新連載攻勢って一年に何回もやるもんなの?
大丈夫なの? まじで
367 : ななしのよっしん :2016/09/11(日) 00:57:08 ID: iX4/Cgrzw4
新連載の擬人化動物の話は全然チャンピオンらしくないけど面かった
368 : ななしのよっしん :2016/09/12(月) 02:25:18 ID: 7t8/GqaVKr
前回短期連載しただよね。
少年誌っぽくないけどチャンピオンの連載ジャンルが広すぎて最ちょうどいいと感じる。
369 : ななしのよっしん :2016/09/12(月) 11:58:51 ID: hLgcZdqh6Q
>>366
チャンピオンはそういう雑誌。上位が少なく、中堅が安定しているおかげで、良くも悪くも不人気作品の打ち切りと新作連載・短期連載にいがい。
季節が変わるごとにいつもやっている。年四回をえるとさすがに多いと思うけど、その中からハリガネサービスBEASTARSみたいなものも出てくるし、全な悪手ではない。
370 : ななしのよっしん :2016/10/02(日) 22:30:08 ID: P6DJ6Vijvi
AIの遺電子もビースターズ少年誌としてはめっちゃ性的な内容よな
371 : ななしのよっしん :2016/10/11(火) 23:38:41 ID: 4AoMQSCv6E
一話完結でないストーリー漫画、どれも展開が遅いような気がする……
刃牙鈍足ペース編集者連が慣れすぎちゃってるんじゃないか
372 : ななしのよっしん :2016/10/22(土) 22:11:32 ID: rWmZB4jKqF
>>371
読者の方もあのペースに慣れてるから何とも思わないんじゃないか
囚人リクなんてもうスラムに戻って打倒院の戦略立ててもいい頃だと思うんだけどまだ地編やってるし、
ミドリノユーグレなんかはもう連載終了してもいい時期だと思う
373 : ななしのよっしん :2016/10/22(土) 23:31:21 ID: U+eCtCk3ua
ビースターズいな!
374 : ななしのよっしん :2016/11/03(木) 01:11:34 ID: fbfnHl3KWW
刃牙はもう雑誌が終わるまで続けさせそうなレベルだけど正直もういいよ
ページ捲るたびに失望させられるから
375 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 02:35:41 ID: 7t8/GqaVKr
バーサスアースの続編を原作者が出してたのね。
つか原作者も漫画家だったのか…
こういう自分の作品を完結させたいって動き好き。
支援300万近く集まってるとこ見るとやはりファンはいたのね…
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015