ときめきメモリアル ドラマシリーズ単語

トキメキメモリアルドラマシリーズ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

ときめきメモリアル ドラマシリーズとは、コナミアドベンチャーゲームである。

概要

コナミ恋愛シミュレーションゲームときめきメモリアル」の外伝的作品で全3作。
プレイステーションセガサターンで発売された。
本編キャラの他にもオリジナルキャラが数名登場する。

作品の特徴は、本編が3年間の学生生活を楽しむ作品だったのに対して、こちらは特定の季節の2~3週間程度の期間とキャラに特化した作りになっていること。
高校生の登場人物たちが様々な悩みやにぶつかりつつも立ち向かう姿を丁寧に描き、本編生作品の中でも高い評価を受けた。
ヒロインは当時人気があったキャラが選ばれており、1作体育会系、2作文化系、3作卒業を控えた主人公物語となっていた。
最終作はときめきメモリアルヒロインである藤崎詩織と隠しキャラであり高い人気を誇っていた館林見晴ダブルヒロイン形式という異例の構成となっており、当時のユーザーを驚かせた。

制作小島秀夫率いる小島組(現・小島プロダクション)。
ポリスノーツゲームシステムを踏襲しており、作中の映画館では同チーム過去作であるポリスノーツメタルギアなどが背景に映っているという形ではあるものの、上映されていた。

特にポリスノーツネタ映画館だけではなく細かいところにあったり、メタルギアソリッドに至ってはとあるイベントからのネタ、そして今シリーズセーブデータはきちんとメタルギアソリッドで認識してそのとあるイベントで反映される始末である。

本編との比較・繋がり

ゲームシステムシミュレーションからアドベンチャー寄りになったこともあり原作べると自由度は低めだが、その分キャラごとの台詞や掛け合いなどが増えており、濃密なシナリオが楽しめるようになっている。
特に会話のパターンにはかなりが入っており、原作較して長く喋るシーンが多く、過去や好きなことや意外な一面など、多くの情報シナリオから得ることが出来ることだろう。
後半のイベント時の盛り上げ方も素らしく、『ドラマシリーズ』の名に恥じない作品に仕上がっている。

また、メインヒロイン以外のサブキャラとして登場する本編出身のキャラにも個別のイベントが用意されているので、他のキャラが好きな人にも楽しめる作りになっているのも嬉しいところ。
1作は最初の作品ということもあってかイベントが少なめだったが、後のシリーズではかなり善された。
1作と2作には登場しないキャラもいたが、3作では念願の全員登場と相成った。

注意点

古い作品だが残念ながらDL販売はされていないため、今プレイする場合は実機とソフトを用意する必要あり。
1作と2作クリアしたデータがあれば3作でその後のシナリオが楽しめるようになっているので、全てえておきたいところである。どうしても入手困難の場合PS版だとポケットステーションが必要だが、出現可
また、3作はサターン版は限定版のみ販売されているためPSの通常版にべると入手しにくいという点に注意しておくこと。

タイトル メインヒロイン 発売日 備考
ドラマシリーズvol.1 虹色の青春 虹野沙希 1997年7月10日
ドラマシリーズvol.2 彩のラブソング 片桐彩子 1998年3月26日
ドラマシリーズvol.3 旅立ちの詩 藤崎詩織館林見晴 1999年4月1日 SS版は限定生産

関連動画

動画へのタグづけは「ときめきメモリアルドラマシリーズ」よりも「ときめきメモリアル」「ドラマシリーズ」の2タグ併用が多く見られるため、検索する際は注意されたし。


関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%82%81%E3%81%8D%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%20%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ときめきメモリアル ドラマシリーズ

15 ななしのよっしん
2015/03/20(金) 21:28:56 ID: GraSd4bK5Z
小島監督が作ってるだけにギャルゲーよりドラマやってる感じに
16 ななしのよっしん
2015/08/31(月) 11:13:38 ID: f58FIek7DD
ぶっちゃけときメモ本編より面かった
17 ななしのよっしん
2015/08/31(月) 19:46:29 ID: BewbYF6IST
おいこれ小島秀夫監督が手掛けたのかよwww
MGSポリスノーツなどの硬な作品を生んだスタッフと同じとは思えんww

でもどれも評価が高くて驚いたわ。さすがとしか言いようがない。
18 ななしのよっしん
2015/09/03(木) 03:47:21 ID: yHmVZjQAJE
ときメモ好きなようだな」
19 ななしのよっしん
2015/10/15(木) 06:33:59 ID: Iy4YalI62a
演出、BGMストーリーが凄い良くて何度も何度もやった神ゲー
当時、主人公と同じ年齢だったからより感情移入もしやすかった。
20 ななしのよっしん
2015/10/16(金) 18:57:21 ID: WeN1rFF/tW
ミニゲームの出来が総じて良かった
取り分け虹色の青春PK戦を模したサッカーゲームが好きでヒントが出なくなる位のレベルまで続けたっけ
このミニゲームが一定レベルまでクリア出来ないと最後の最後でバッドエンドになるという落とし穴もあるけれど、
普通はまずそういった事態にならない位その基準は低いから気にする必要は
21 ななしのよっしん
2016/05/26(木) 02:51:41 ID: Xuv122/yuK
旅立ちの詩は自分自身が高校卒業するまでプレイしなかった。それくらい特別なゲーム
22 ななしのよっしん
2016/08/17(水) 00:00:10 ID: xbTQou9tIl
色での虹野さん留守電は今でもギャルゲー史上最高の演出だと思う
23 ななしのよっしん
2017/03/31(金) 00:10:33 ID: KlGIbWd7nl
>>22
本当にね。あれほど感動的な演出はないな
24 ななしのよっしん
2017/09/06(水) 22:48:02 ID: zVb9YG93JQ
ときメモ2サブストーリーズが押し並べてクソで、小島組の地の高さを思い知らされた。
旅立ちの詩』が素らしかったので、『Memories Ringing on』には心底がっかりしたな。
ときメモ1~2を通じて先生が一番好きだったから。

急上昇ワード