ときめきメモリアル ドラマシリーズ単語

トキメキメモリアルドラマシリーズ
3.7千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

『ときめきメモリアル ドラマシリーズ』とは、コナミアドベンチャーゲームである。

概要

コナミ恋愛シミュレーションゲームときめきメモリアル』の外伝的作品。
プレイステーションセガサターンで全3作が発売された。
本編キャラの他にもオリジナルキャラが数名登場する。

ときメモ本編が3年間の学生生活を楽しむ作品だったのに対して、こちらは2~3週間程度という期間におけるキャラクターの描写に特化しているのが特徴。
高校生の登場人物たちが様々な悩みやにぶつかりつつも立ち向かう姿を丁寧に描き、本編生作品の中でも高い評価を受けた。
ヒロインは当時人気があったキャラが選ばれており、1作体育会系、2作文化系、3作卒業式間近と、作品ごとに異なる遇の主人公を設定したことで、様々な度から世界観を表現することに成功している。

制作の経緯

制作小島秀夫率いる「小島組」ことコナミコンピュータエンタテイメントジャパンKCEJ、後の小島プロダクション)。
コナミ神戸開発センター開発5部が阪神淡路大震災で被災したためコナミコンピュータエンタテイメント大阪に移転、その後独立して東京恵比寿ガーデンプレイスに設立されたのがKCEJである。

当時、コナミ開発チームはそれぞれ子会社として独立しており、会社の運営からソフト開発まで全な独立採算制が取られていた。
後に看板タイトルとなる『メタルギアソリッド』の開発が始まる一方、小島は一刻もく会社の黒字化をすべくMGS発売までの空白を埋めるタイトルを模索していた。往年の名作ゲームボーイ移植した『コナミGBコレクション』、『beatmania』の庭用移植小島AC版稼働前にAMショーで直談判した)と並んで企画されたのがこの『ときめきメモリアル ドラマシリーズ』である。

vol.1・vol.2のディレクターである岡村明によれば、『ポリスノーツ制作の際に開発された「汎用的なアドベンチャーゲーム開発ツール」を使って何かできないか? というアイデアを元に、当時コナミ制作されていたドラマCDときめきメモリアル』を見て「ドラマCDが1本1ヶで作れるなら、アドベンチャーゲームは1本3ヶで作れるのではないか」と思ったという。
つまり、初期段階では「1年4作、3年12作で、ヒロイン全員分のアドベンチャーゲームを作る」という企画だったわけである。
結果としては、岡村本人も「謀」と回顧するように第1作『虹色の青春』までに1年の開発期間を費やし、シリーズとしては3本で打ち止めとなった。

作中の映画館ではKCEJ作品である『ポリスノーツ』や『メタルギアソリッド』等が映画館での上映作品として登場。他にもモブキャラクターデザイン背景美術など細かなところにネタが散りばめられている。
また、『メタルギアソリッドプレイ時に本シリーズセーブデータメモリーカード内に存在すると、あのサイコマンティスの有名な台詞を聞くことも出来る。

本編との比較・繋がり

ゲームシステムシミュレーションからアドベンチャー寄りになったこともあり原作べると自由度は低めだが、その分キャラごとの台詞や掛け合いなどが増えており、濃密なシナリオが楽しめるようになっている。
特に会話のパターンにはかなりが入っており、原作較して長く喋るシーンが多く、過去や好きなことや意外な一面など、多くの情報シナリオから得ることが出来ることだろう。
後半のイベント時の盛り上げ方も素らしく、『ドラマシリーズ』の名に恥じない作品に仕上がっている。

また、メインヒロイン以外のサブキャラとして登場する本編出身のキャラにも個別のイベントが用意されているので、他のキャラが好きな人にも楽しめる作りになっているのも嬉しいところ。
1作は最初の作品ということもあってかイベントが少なめだったが、後のシリーズではかなり善された。
1作と2作には登場しないキャラもいたが、3作では念願の全員登場と相成った。

タイトル一覧

タイトル メインヒロイン 発売日 備考
ドラマシリーズvol.1 虹色の青春 虹野沙希 1997年7月10日
ドラマシリーズvol.2 彩のラブソング 片桐彩子 1998年3月26日
ドラマシリーズvol.3 旅立ちの詩 藤崎詩織館林見晴 1999年4月1日 SS版は限定生産

vol.1 虹色の青春

1997年きらめき高校サッカー部に所属する主人公は、努しくレギュラー昇格を逃してしまう。2週間後に迫る他校との対抗試合に向けて一縷の望みをかけた特訓を行う中、ふとしたきっかけからサッカーマネージャー虹野沙希と交友を深めていくこととなる。

記念すべきドラマシリーズ第1作。ストーリーの合間に挿入されるミニゲームメインヒロイン以外のキャラクターとの交流が楽しめる放課後モードなど、基本的なゲームシステムはこの時点ですでに確立している。

王道青春ドラマのようなストーリー展開だが、演出の巧みさやプレイヤーを飽きさせないイベントの数々によって決して陳腐なものとして見せることのないゲームプレイを実現している。特に終盤における「留守電」は多くのプレイヤーを流させた名演出。

虹野沙希主人公のために作ってくれるお弁当、通称「弁」をはじめとする「きらめき高校三種の神器」がゲーム中に登場人物によって言及されたのはこの作品が初。

vol.2 彩のラブソング

1997年学生ロックバンド」のギター作詞作曲担当の主人公は、文化祭で開催されるバンドコンテストに向けて練習を重ねていた。コンテスト用の新曲も完成し、メンバーからの評判も上々。しかしどこか言い知れぬ物足りなさを感じていた主人公は、ふとしたきっかけから美術部の片桐彩子と知り合う。さっぱりした性格の彼女に半ば翻弄されるようにして付き合うこととなった主人公は、やがて真似でもない、自分だけの「オリジナル」をして奮闘する……。

ドラマシリーズ第2作。本作からディスク2枚組となり、演出・ミニゲームサイドストーリーなどボリューム大幅増。クリア後の追加要素として「放課後モード」のみを遊べる機が追加されたことでよりプレイアビリティが高められた。

サッカーゲーム(ストラックアウト)1つのみだった前作に対し、本編クリアに必須な作曲ギターゲームをはじめとして、編み物対決や紐緒閣下制作したシューティングゲーム「コンカー」など多種多様なミニゲームが遊べるようになったのも特長のひとつである。

vol.3 旅立ちの詩

1999年。容姿端麗・文武両才色兼備……きらめき高校アイドル的存在・藤崎詩織彼女幼馴染な一高校生である主人公は、あの手この手で彼女を振り向かせようと努してきたが、そのすべてに挫折したまま卒業の日を迎えようとしていた。バレンタインデー当日、詩織から言われた一言に衝撃を受けた主人公は、今までの高校生活を振り返り、自分が何もなしてこなかったことに苦しむ。そんな折、クラスメートの好雄からマラソンに誘われた主人公は、詩織への想いとこれまでの高校生活のすべてをこのマラソンに懸けようと決意する……。

ドラマシリーズ第3作にして最終作。発売時期の関係や、同年11月に発売される『ときめきメモリアル2』にメディア展開が徐々にシフトしていく中で発売された本作は、「卒業」をテーマに据えた『ときメモ1』の集大成的作品となった。

1のメインヒロインと言える藤崎詩織と、隠しキャラとして高い人気を誇っていた館林見晴ダブルヒロインという異例の構成は当時のプレイヤーを驚かせた。
vol.1・vol.2に登場しなかった本編キャラクターもすべて登場。放課後モードではそれぞれのキャラクター卒業に向けてどのような生活を送っているかを垣間見ることが出来る。

更に、一定の条件を満たすと『色の卒業式』『卒業式』というモードが出現し、vol.1・vol.2では描かれなかった物語の結末を見ることが出来るなど、まさにシリーズを締めくくるにふさわしい作品に仕上がっている。

注意点

古い作品だが残念ながらDL販売はされていないため、今プレイする場合は実機とソフトを用意する必要あり。
1作と2作クリアしたデータがあれば3作でその後のシナリオが楽しめるようになっているので、全てえておきたいところである。どうしても入手困難の場合PS版だとポケットステーションが必要だが、出現可
また、3作サターン版は限定版のみ販売されているためPSの通常版にべると入手しにくいという点に注意しておくこと。

関連動画

動画へのタグづけは「ときめきメモリアルドラマシリーズ」よりも「ときめきメモリアル」「ドラマシリーズ」の2タグ併用が多く見られるため、検索する際は注意されたし。


関連商品

 

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ときめきメモリアル ドラマシリーズ

16 ななしのよっしん
2015/08/31(月) 11:13:38 ID: f58FIek7DD
👍
高評価
0
👎
低評価
0
17 ななしのよっしん
2015/08/31(月) 19:46:29 ID: BewbYF6IST
おいこれ小島秀夫監督が手掛けたのかよwww
MGSポリスノーツなどの硬な作品を生んだスタッフと同じとは思えんww

でもどれも評価が高くて驚いたわ。さすがとしか言いようがない。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
18 ななしのよっしん
2015/09/03(木) 03:47:21 ID: yHmVZjQAJE
ときメモ好きなようだな」
👍
高評価
0
👎
低評価
0
19 ななしのよっしん
2015/10/15(木) 06:33:59 ID: Iy4YalI62a
演出、BGMストーリーが凄い良くて何度も何度もやった神ゲー
当時、主人公と同じ年齢だったからより感情移入もしやすかった。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
20 ななしのよっしん
2015/10/16(金) 18:57:21 ID: WeN1rFF/tW
ミニゲームの出来が総じて良かった
取り分け虹色の青春PK戦を模したサッカーゲームが好きでヒントが出なくなる位のレベルまで続けたっけ
このミニゲームが一定レベルまでクリア出来ないと最後の最後でバッドエンドになるという落とし穴もあるけれど、
普通はまずそういった事態にならない位その基準は低いから気にする必要は
👍
高評価
0
👎
低評価
0
21 ななしのよっしん
2016/05/26(木) 02:51:41 ID: Xuv122/yuK
旅立ちの詩は自分自身が高校卒業するまでプレイしなかった。それくらい特別なゲーム
👍
高評価
0
👎
低評価
0
22 ななしのよっしん
2016/08/17(水) 00:00:10 ID: xbTQou9tIl
色での虹野さん留守電は今でもギャルゲー史上最高の演出だと思う
👍
高評価
1
👎
低評価
0
23 ななしのよっしん
2017/03/31(金) 00:10:33 ID: KlGIbWd7nl
>>22
本当にね。あれほど感動的な演出はないな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
24 ななしのよっしん
2017/09/06(水) 22:48:02 ID: zVb9YG93JQ
ときメモ2サブストーリーズが押し並べてクソで、小島組の地の高さを思い知らされた。
旅立ちの詩』が素らしかったので、『Memories Ringing on』には心底がっかりしたな。
ときメモ1~2を通じて先生が一番好きだったから。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
25 ななしのよっしん
2023/12/28(木) 18:38:48 ID: Wx0z3reQ7L
👍
高評価
0
👎
低評価
0