ひたち(列車)単語

ヒタチ
4.5千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

E653系 前頭部ロゴ

ひたちとは、常磐線特急列車である。
この項では生として現在運行されているときわ号(以前運行していた急行列車とは別)についても述べる。

概要

東京品川上野から常磐線沿線の各都市を結び、中・長距離需要を担う列車常磐線仙台から東北本線にも接続しており、かつては一部に仙台発着もあったが東日本大震災などにより、不通となっていたため長らく存在しなかった。2020年3月ダイヤ正で常磐線が全線で運転再開し、仙台発着の列車復活している。
北方の発着列車によってまちまちであるが、おおむね茨城県内から上野への便を図った設定となっている。

列車名の由来は、「ひたち」は常磐線の走行区間である茨城県旧国名常陸」から、「ときわ」は「常陸」および福島県旧国名磐城」をす「常磐(ときわ)」から。日立製作所のお膝元・日立市ではないらしいが、日立駅構内の某にはひらがな三つの「ひたち」がトレインマークのように描かれている。狙っているのか否か・・・

現在、停を絞り遠くいわき仙台まで足を伸ばす速達・長距離の「ひたち」と、中規模をこまめに拾い勝田高萩までで折り返す地域密着・中距離の「ときわ」の2種が名を区別され運行している。2015年3月13日までは「スーパーひたち」「フレッシュひたち」として運行されていた。

定席となっており、定席料も他の特急とは異なる。「歴史」節も参照。

ひたち号とときわ号は、上野着発時刻が30分ごとの交互に設定されている(つまりそれぞれは1時間間隔)。

かつて651系E653系で運行されていた頃は、時間帯や走行区間ごとの乗客の多寡に応じて増解結が行われていたが、現在E657系は10両編成固定となっている。

ひたち(2015年3月14日~)

品川上野いわき仙台 で発着

E657系:10両

ときわ(2015年3月14日~)

品川上野土浦勝田高萩 で発着

E657系:10両

停車駅

カッコ書きの名は一部列車が停。臨時停は含まない。

ひたち(2015年3月14日~)

ときわ(2015年3月14日~)

車両

2013年3月16日ダイヤ正以降はE657系のみで運転されているが、それ以前にはスーパーひたち号には651系E657系が、フレッシュひたち号にはE653系E657系が使用されていた。なお、一部のフレッシュひたち号は651系でも運転されていた。

列車の性格の違いから、651系グリーン車を持ちE653系は加速性が高いといった使い分けがされている。しかし停が多く乗降がしいフレッシュひたち号のE653系が少なく、この点は仕様ミスと言わざるを得ない。

なお2012年以降651系の運用離脱・他線区への転用及びE653系いわき以北での限定運用とし、スーパーひたちのいわき仙台間を分割して新たに特急列車を設定される予定であったが、震災と原発事故により常磐線全線復旧のめどが立たなくなったことから計画を変更。E653系については新潟地区へ転属し特急いなほ」や「しらゆき」に転用されている。また651系については「あかぎ」、「スワローあかぎ」などに転用された。なお、常磐線全線復旧の際、特急列車も運行されることになったが、いわき仙台間はE657系を増備し、いわき以南から直通運転を行う形となった。

651系は、E657系改造工事(何の改造工事なのかは後述)に入っていた2013年3月2015年3月までの、期間限定で「フレッシュひたち」1往復の運用に就いていた。

歴史

ひたちの名を冠する列車常磐線に登場したのは1963年上野~準急電車から。当時は常磐線経由青森行の特急はつかり号が運行されていたため形はそちらだったのかも知れない。その後準急列車急行列車に昇格したものの、急行ときわ」に吸収されいったん消滅した。

1969年ひたち号は季節列車ながら復活した。しかもキハ80系を使用した特急として。臨時ながら運転日数はほぼ毎日確保されており、すぐに自由席の設定や定期列車への昇格など地位を確立していく。

1972年485系特急電車ひたち号の任に就いた。以後長らくに渡って同列車を支えていく運命共同体となる。同時に増発や運転区間の延長など飛躍のダイヤ正であった。

基本的にグリーン車食堂車を1両ずつ連結した8M4Tの12両編成で運転されていたが、一部の列車はクロ481を連結し、MM'ユニット1組とサロ481を1両減した6M3Tの9両編成で運転していた。これは共通運用していた特急「あいづ」が、磐越西線ホーム有効長の関係で最大9両編成に制限されていたためである。当時の特急列車常識から、グリーン車食堂車を減することは考えられなかったための苦の策であった。

東北新幹線の開業は東北本線バイパスであった常磐線にもを与え、多くの東北方面列車止された。しかし常磐線内の需要に応えるひたち号には追い、減った優等列車を補うかたちでさらに勢いを付け当時国鉄最多の運行本数となった。同時にアコモデーション善として、普通車の座席を回転クロスシートからフリーストップ式のリクライニングシートに交換し、サービス準の底上げを行った。

国鉄解体後、常磐自動車道を走る高速バスへの対抗策として、JR東日本は同社のフラッグシップとして651系電車を開発、130km/h運転の速達・スーパーひたち号を新たに設定しこれに投入する。同の増備了を以てスーパーひたち号とひたち号は本数がほぼ拮抗する。ひたち号の大半は長距離運用とグリーン車を失い、編成も短くなり、だんだんと停も増えていく。このとき短編成化による先頭不足を補うため、運用を失ったサロ481をクハ481-1100番代に改造する工事が行われた。

その後、1993年に共通運用していたあいづが磐越西線のみを走るビバあいづ号となった。車両も専用編成が用意されたため、共通運用を解除することになった。その結果ひたち用編成からグリーン車連結止され、全にモノクラス編成となった。

1997年485系の老朽化に伴いE653系の投入が発表、列車名も従来のひたち号を置き換えフレッシュひたち号として運行を開始した。その後485系常磐線絶滅を以てひたち号の運行も終了。スーパーひたち・フレッシュひたちの二本体制が確立された。

2012年3月ダイヤ正により新車両E657系が投入され、それから1年間は651系E653系E657系3形式体制となったが2013年3月16日ダイヤ正以降はE657系1形式に統一された。が、先述の通り、2013年10月から651系が再び定期運用に就いていた(2015年3月まで)。

2015年3月14日ダイヤ正により、「スーパーひたち」「フレッシュひたち」は、速達タイプとなる「ひたち」と停タイプとなる「ときわ」に再編された。また、上野東京ラインが開業することから、データイムの全列車と夕間時間帯の一部列車品川駅まで乗り入れる(東京駅も停)。

同時に普通車において着席サービスを開始し、普通車は全定席扱いとなる。中身は「スワローあかぎ」で実施している「スワローサービス」と似たようなサービスとなる(ただし、「スワローサービス」も「ひたちときわ」と同じシステムに変更される)。これに加え、普通列車グリーン車で実施している事前内料も導入する(差額は260円)。
普通車に乗できるのは従来の定席特急券と座席を定しない「座席未定券」(料は同額)、インターネットで座席定ができる「えきねっとチケットレスサービス」となる(100円割引。6月末まではキャンペーンとして300円割引される)。座席未定券は後で座席定を受けることができるほか、内に席があれば着席することができる。実はE657系改造工事は、この着席サービスに関するものであり、席状況をひとで確認することができるランプが座席上部に取り付けられる。赤色席、黄色は次の停から定席発売済みの席(次の停までは席)、緑色定席発売済みの席となる。
なお、この着席サービス導入により、回数券定期券間料金券止となる代替として「定期券ウィークリー料金券」を発売する)。また、水戸駅勝田駅での乗り継ぎ特例も止となる
詳細についてはプレスリリースexitexit)を参照のこと。

2020年3月14日ダイヤ正により、「ひたち」の3往復が仙台駅まで直通運転を開始(品川駅発着。の下り1本のみ上野駅発だったが、2022年3月品川駅発に変更された)。ダイヤはかつての仙台駅発着のスーパーひたちをほぼ踏襲する形となったが、いわき駅仙台駅間の区間列車原ノ町駅発着の列車は運行されず、また停が変更になり所要時間が延びているなど、多少の変更がある。一方でいわき駅発着の「ときわ」は止され、北限は高萩駅となった。

東日本大震災から10年となる2021年2月13日深夜福島県地震が発生。東北新幹線は不通となった一方で常磐線は翌14日に再開。15日から東北新幹線ルートとして「ひたち」を5往復(初日は4.5往復)運行することになった(増発分はいわき仙台間を原ノ町・相馬・岩沼に停する普通車自由席の臨時快速として運行)。仙台まで10両固定編成で運行していることもあり、回輸送に大きく貢献した。
なお、初日の15日は強で運休が多発する中で、延長したひたち22号代替便もいことから約4時間遅れで発。徐行と停止を繰り返しそのまま「ムーンライトひたち」と化して上野駅には翌日未明の2時台に到着。JRは途中で何回か食料・マスクを配布し、到着したひたち22号4時台まで開放。感謝や評価のが上がった。

2022年にも3月16日深夜福島県地震が発生し、またもや東北新幹線は不通に。常磐線は一部区間でホーム脚の一部の崩落があったため運転見合わせとなったが、24日以降に運転再開予定。「ひたち」も増発することになっている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ひたち(列車)

12 名無し
2014/12/23(火) 08:19:45 ID: /ndI7XyKbE
距離区間では、松戸駅取手駅特急が取りやめになるようだぞ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
13 ななしのよっしん
2015/02/01(日) 13:02:55 ID: wnM266iaJt
ひたち単独の名称は485系引退して以来17年ぶりになるのか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
14 ななしのよっしん
2015/03/19(木) 00:29:11 ID: RBNEpRnUCn
それを言ったら急行ときわ止になったのが1978年なわけで・・・
しかし何故今更ときわ・・・
👍
高評価
0
👎
低評価
0
15 ななしのよっしん
2015/05/27(水) 22:21:51 ID: M+8v0gtK0d
構内に入った時に見れるひたちときわの停表に
もう常磐線から行けるはずのない"仙台"という文字

日本はこの先何年経とうとも、必ずひたち仙台へ行かせるのかな。なんだか未練がましいものを感じる
👍
高評価
0
👎
低評価
0
16 ななしのよっしん
2015/07/25(土) 01:50:01 ID: tKPKETCe1D
には何年掛ってでもひたち仙台の地に!という心構えに見えるがな。
ともあれ、行けないからと言って本来の終着である仙台をはずすようなことをしなかった点については評価したい。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
17 ななしのよっしん
2016/03/11(金) 18:29:06 ID: 1kL51iDJ0L
福島県浜通り(特に南部)からすると東京圏にも仙台にもいけるひたちは便利なのでさっさと復旧して頂きたいものだが。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
18 ななしのよっしん
2017/01/19(木) 18:35:18 ID: imUM74KoZ1
常磐線全線復旧まであと3年程になり
仙台まで特急を走らせるとなるとそろそろ車両増備や新の製造の動きが出てくる頃になった
さてどうなるか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
19 ななしのよっしん
2017/02/22(水) 00:58:21 ID: XmSuaqnRrj
今度の3月正からひたち1号列車番号1001Mから1Mへと変更になるっぽい
やったぜ。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
20 削除しました
削除しました ID: +BRSxpaL6l
削除しました
21 ななしのよっしん
2021/07/30(金) 15:33:19 ID: WzT3KcSwOP
>>7
関西在住で乗ったことはないが、旧スーパーひたちフレッシュひたち時代はバカみたいなネタが多い迷列車として好きだった。
特に停パターンはフレッシュは全便通過のくせにスーパーが1便だけ停まる松戸を筆頭に1、2便しか停まらないが多すぎ、佐貫から石東横線急行なみの停、それと相まって夕方以降の複雑すぎる停パターン等々…。
が多い勝田行きの短距離列車がたくさん運転されているのも面かった。グリーン車付き15両が走る区間で露特急誘導。
編成も基本編成を2つ繋いだ14両、カラフルで良かった。あとスーパーとフレッシュでわざわざ新造で車両を分けるパターンも他にあまりなくて良かった。
上野東京ライン開業時に「じゃあ今までのは何の意味があったんや」というくらい整理されてしまった。今のほうが使いやすいとは思うが、すべき迷列車であり名列車だったと思う。
👍
高評価
0
👎
低評価
0