ガールズ×戦士シリーズ単語

ガールズセンシシリーズ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ガールズ×戦士シリーズ(あるいはガールズ×ヒロイン!シリーズ[1])は、テレビ東京系にて放映されている少女向け特撮ドラマ番組の総称である。

少女向け特撮作品としては美少女戦士セーラームーン実写版(東映2003年)以来14年ぶりの大作品である。

概要

OLMタカラトミーの原案で、2017年4月より毎週日曜に放送されている変身ヒロインドラマシリーズ。すべての作品で三池崇史が総監督を担当。

各作品にて戦士を演じるキャストダンスボーカルユニットとしてデビューし、番組のOP、ED曲を担当するため、EXILEが所属する芸事務所LDHのバックアップのもとダンスや歌のトレーニングを受けている。したがって、俳優として養成された本職の子役戦士に起用されていない。

なお放送上ガールズ×戦士シリーズの呼称が正式に用いられるようになったのは、3作品に当たる「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」からである。

共通の設定、ストーリー

年齢設定、パートナー妖精の存在、物語の進展に伴う追加戦士の登場や新アイテムを駆使しての戦闘など、1990年代以降の戦闘魔法少女戦闘少女アニメ作品の王道パターンを踏襲しつつテレビ朝日系ニチアサ作品のように毎年度キャストモチーフテーマを一新して制作されている。いずれの作品でもピンク戦士主人公に位置づけ、妖精を介し変身を得て、仲間とともに敵組織の論見を阻止する為に戦うというのが話の軸。物語終盤では組織のボスと直接対決するのが定番となっている。

なお敵とは言うもののどこか憎めないコミカルで間抜けな人物ばかりで、ギャグシーンも多く盛り込まれている。そうした戦士たちを取り巻く人物、各話ごとに登場するゲストキャラクターを著名な俳優や個性バイプレイヤータレント芸人が務めるのも見どころの一つ。

戦闘にはシリーズを一貫してダンス要素が取り入れられ、変身、浄化技バンクでは長尺のダンス映像が挿入される。特に1作の「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」の変身バンクは5人合わせて3分をえていた(次作からは内容に応じ短く編集されるケースが多くなった)。

本邦初の本格ガールズ特撮

アニメではない特撮実写)技法を用いた変身ヒロイン作品(特撮ヒロイン作品、のちに美少女戦士セーラームーンの成功を受けヒロインの複数設定化を試みたガールズ特撮)は東映石ノ森章太郎武内直子両氏の原作の元、過去にも多数制作してた。またかつ特撮ヒーロー甲勇士」制作の時、円谷プロダクション制作導、支援を受けていた中国制作会社2社がシリーズ各2本を制作をしていた(巴啦啦小魔仙シリーズ2008年)、舞法天女シリーズ2016年))。

広告代理店電通。偶然か前作の実写セーラームーンと同じ。中部日本放送CBC名古屋制作TBS系テレビネットワークは違うもののもしかしたらセーラームーン当時の電通のノウハウも活かされているかもしれない。

シリーズ子供役とし且つ4クール(=1年間)を基本として放送されるという、女児向け特撮実写)作品としてはビジネス面でも本邦で初めて本格的なものとなった。

同じく日曜に放送され、ターゲット層が重複しているプリキュアシリーズとは設定、戦略上の共通点も多く、玩具アパレルバンダイ東映アニメーションが得意とする商品展開の手法に実写作品という形でタカラトミーも本格参入することとなった。
この点については、プロジェクトマネージャーを務める(マジマジョ以降。ミラちゅーでは脚本協として参加)小学館佐々木礼子が、過去プリキュアシリーズ[2]にてプロデューサーを担当した経験が活かされているものと思われる。

そして、子供たちにとってこの作品の最大の魅本物の戦士に会いに行くことができるという点である。本家本元の戦士が全のショッピングモールやイベント会場へステージショーのためにやってきてくれるのだ。放送開始当初こそ集客が振るわないことも多かったが、じわじわと人気を集めるにつれ多くのファンが詰めかけるようになった。

2020年現在、ガールズ×戦士シリーズは4作品に渡って続くコンテンツへと成長した。作品の成功を受け、キャストメディアへの露出機会も増加傾向にある。その要因には魔法少女アニメ着ぐるみによるキャラクターショーや、アニメを元にした実写版作品とは違う本作品ならではのメディアミックスが可な点が、魅、新鮮さを生んでいることも少なからず影したと考えられる。

作品一覧

タイトルは何れも「〇〇×戦士 ~~!」の形で統一されている。

Girls2

先述の通り、シリーズそれぞれの作品からダンスボーカルユニットデビューしているが、それらの選抜メンバーにて構成されるガールパフォーマンスグループGirls2」がファントミの放送を控えた2019年3月に結成された。以降、当シリーズオープニングをすべて担当している。また、おはガールとしておはスタに出演する他、映画アニメ等のタイアップ曲をリリースするなど幅広く活動中である。

名前 誕生日 作品内所属ユニット 備考
小田柚葉 2004年11月7日 miracle2
2004年11月20日 magical2
鶴屋美咲 2003年4月18日 リーダー
小川桜花 2004年4月2日
増田 2003年8月19日
菱田未 2006年12月26日 mirage2
山口綺羅 2004年1月20日
原田 2005年4月2日
石井 2004年8月7日 ファントミ追加戦士のため、2019年7月に遅れて加入。

関連項目

脚注

  1. *ページではテレビ東京公式サイトに倣い前者で統一
  2. *ハートキャッチプリキュア!26話~ドキドキ!プリキュア41話まで

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%C3%97%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガールズ×戦士シリーズ

7 ななしのよっしん
2020/07/18(土) 09:56:11 ID: iUJFrXdzt+
ついランで七夕=特撮の日と知った時はビビったが案の定これには全く触れられてなかったな
世間一般に特撮として認知されるにはまだまだ時間が入らしい
見守って行こう
8 ななしのよっしん
2020/08/11(火) 01:18:55 ID: JDsNz+ZXwi
いよいよ他社も視できないジャンルになっちまったな
9 ななしのよっしん
2020/08/18(火) 19:17:22 ID: Hpcip6StY0
ガル学。~聖ガールズスクエア学院~もよろしく
10 ななしのよっしん
2020/09/27(日) 20:28:00 ID: UYh8z8dxx6
ラブパトリーナの記事はまだできてないのか。
11 ななしのよっしん
2020/11/13(金) 17:55:40 ID: 62MVpGPAI6
ガールズ戦士ウルトラマン仮面ライダースーパー戦隊ガンダムプリキュア並みに大きいシリーズになる可性はありますか?
12 ななしのよっしん
2020/12/05(土) 20:59:45 ID: VTXgEcedhO
よくぞシリーズを続けてくれた!と感謝してる。ラブパト映画化決定したしな
良くも悪くも設定とかフワフワしてるとこがあると思う…けど好きなシリーズ。時々本気で泣かしにかかってくるのも好き(そして少し泣く)
13 削除しました
削除しました ID: ZYbAtfIXdu
削除しました
14 ななしのよっしん
2021/01/02(土) 11:22:16 ID: /IeyBKhcvH
>>11
ウルトラシリーズと同じく海外でもリメイクされるくらい人気あるので今後も続くだろうね
卒業生の中には、そのまま別ユニットとして活動継続しておはガールとかの進路行く子もいる
15 ななしのよっしん
2021/03/02(火) 07:24:02 ID: 62MVpGPAI6
ガールズ戦士シリーズ内田亜紗香さんと足立さんと薄倉里奈さんと西山さんそして三好季さんが帰って来るはありますか?
例えば仮面ライダーディケイドゴーカイジャー等的な作品なら再登場しますか?
16 ななしのよっしん
2021/03/05(金) 18:21:48 ID: VTXgEcedhO
劇場版ラブパト、歴代戦士変身して出演。やったぜ
さすがに次回作の映画で出れる先輩全員出すとしたら大所帯になるだろうし、次の映画で出てくる先輩戦士ラブパトだけかな。これだけうのは今回限りかも

そもそもガル戦の次回作はあるんやろうか…あるよね、きっと
警察の次は消防モチーフだったりしないかなー。レスキュー×戦士とか

急上昇ワード改