追加戦士単語

ツイカセンシ
8.3千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

追加戦士とは、スーパー戦隊シリーズの作品で、ストーリー中盤からヒーロー側で参戦する戦士の総称である。

概要

6人目の戦士

追加戦士、とりわけ6人戦士の起は「恐竜戦隊ジュウレンジャー」のドラゴンレンジャーに遡る。
当時のスーパー戦隊シリーズの作品放映期間中、7月ごろに新しいロボ(通称2号ロボ)が登場するのがお約束となっていたが、大手スポンサーであるバンダイ幹部から、プロモーション戦略として2号ロボにも対応する戦士を登場させたいと提案があった。キャラクターとして売り出すため、この6人戦士を元の戦士達とは一線を画す強キャラとして設定し、見たにも違いが分かるようアーマーを装備させた。これがドラゴンレンジャーが登場したいきさつである。

ドラゴンレンジャーの登場が成功したため、以降の戦隊でも6人戦士が定番化する。ドラゴンレンジャーの方式にならい、6人ポジション戦士達は元のメンバーに対して必ず何かしらのデザイン上の差別が存在する(元のメンバーと同じフォーマットスーツに上からアーマーを装着する、デザインは同じだが配色が元メンバーパターンと異なる、全に元メンバーと別物デザインなど)。また、新しい変身アイテムが割り当てられ、新しい変身おもちゃの販売に貢献することになる

その他の追加戦士

前節で触れたとおり、玩具販売戦略から生まれた6人戦士であるが、作品によってはこうした概念関係に新キャラなどが登場する場合があり、あいまいに6人戦士とは区別され扱われる。
また、登場のいきさつは6人戦士変わらないものの、人間態を持たず変身しない途中参戦キャラなども存在するため、歴代追加戦士を画一的に分類することは困難を極める(最近では人間態を持たない上からさらにスーツを身に変身するキャラも登場して複雑化している)。

追加戦士の一覧

以下の一覧表は「海賊戦隊ゴーカイジャー」での取り扱いを元に分類し作成。
特命戦隊ゴーバスターズ」 以降は便宜上、分けておく。

6人目ポジション

「ゴーカイジャー」まで

作品名 戦士 個人装備 備考
恐竜戦隊ジュウレンジャー ドラゴンレンジャー
ドラゴンアーマー(防具)
初の6人
五星戦隊ダイレンジャー キバレンジャー 白虎真剣
キバクター(防具)
最年少戦士
超力戦隊オーレンジャー キングレンジャー キングスティック
キングクター(防具)
設定上では最年長戦士(6億歳)
パワーレンジャーでは色扱い
電磁戦隊メガレンジャー メガシルバー シルバーレイザー(銃剣兼用武器 初のシルバー戦士
未来戦隊タイムレンジャー タイムファイヤー DVディフェンダー銃剣兼用武器 既存の戦士と色が被っている
一の追加戦士
百獣戦隊ガオレンジャー ガオシルバー ガオハスラーロッド兼用武器
忍風戦隊ハリケンジャー シュリケンジャー シュリケンズバット
バットマイクの兼用武器
ハリケンジャーとも
ゴウライジャーとも異なる
宇宙統一忍者流」の天空忍者
爆竜戦隊アバレンジャー アバレキラー ウイングペンタクト
揮棒とペンの兼用武器
人数的には5人
特捜戦隊デカレンジャー デカブレイク ブレスロットル(多機ツール パワーアップ形態はい。
魔法戦隊マジレンジャー マジシャイン マジランプバスター
魔法(防具)
轟轟戦隊ボウケンジャー ボウケンシルバー サガスナイパー/サガスピア(/ 味方組織直々にスカウトされた戦士
炎神戦隊ゴーオンジャー ゴーオンゴールド ロケットダガー 2人合わせて「ゴーオンウィングス」
シルバーは初の女性追加戦士
ゴーオンシルバー ウィングブースター
侍戦隊シンケンジャー シンケンゴールド サカナマル
天装戦隊ゴセイジャー ゴセイナイト レオンレイザー銃剣兼用武器 6人
人間の姿を持たない
海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイシルバー ゴーカイスピア
(?)の兼用武器

「ゴーバスターズ」以降

作品名 戦士 個人装備 備考
特命戦隊ゴーバスターズ ビートバスター モーフィンブラスター
変身アイテム兼用
ドライブレード(
タッグバスター変身前は
人間の姿ではない
レンジャーキーでは変身前の姿も登場)
タッグバスター
獣電戦隊
キョウリュウジャー
キョウリュウゴールド ブリチェンジャー
銃剣兼用変身ツール
ザンダーサンダー
歴代追加戦士最速(当時)の10話
変身者自体は9話)から登場
登場自体は7番だがナンバリングは6番
烈車戦隊
トッキュウジャー
トッキュウ6号 ユウウブレイカー
(誘導武器
初のオレンジ色の追加戦士
元敵組織の幹部であり、仲間入り後も
怪人の姿に変身する事もある。
手裏剣戦隊ニンニンジャー スターニンジャー スターソードガン
ギター銃剣
歴代追加戦士最速記録をさらに更新
(9話で戦士が登場)
動物戦隊ジュウオウジャー ジュウオウザワールド ジュウオウザライト
懐中電灯変身ツール
ジュウオウザガンロッド
釣り竿銃剣
敵組織によって生み出された戦士
宇宙戦隊キュウレンジャー リュウコマンダー リュウツエーダー
変身アイテムも兼ねるにもなる
当初は「リュウバイオレット」を名乗っていた。
コグマスカイブルー コグマフラー
の付いた伸縮自在のマフラー
ダイレンジャー以来となる少年変身する戦士
ホウオウソルジャー ホウオウシールド&ホウオウブレード
(変身アイテムを兼ねる)
演者は過去スーパー戦隊ゲスト出演していた。
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンエックス エックスロッドソード(/十手)
エックスチェンジャー(変身アイテムを兼ねる)
快盗と警察、二つの姿を持つ戦士
パトレンエックス
騎士竜戦隊リュウソウジャー リュウソウゴールド モサチェンジャー(変身アイテムを兼ねる)
サブレード()
魔進戦隊キラメイジャー キラメイシルバー シャイニーブレイカー(削岩機)
機界戦隊ゼンカイジャー ツーカイザー ギアダリンガー変身アイテムを兼ねる銃剣 変身者自身の他に二人の兄弟憑依させて戦う。

それ以外のレジェンド戦隊

作品名 戦士 劇中の役割 備考
忍者戦隊カクレンジャー ニンジャマン 将の子で設定上、一応人間 レジェンド大戦には参戦できなかったため、
レンジャーキーが存在しない
激走戦隊カーレンジャー シグナルマン 宇宙から単身赴任してきた宇宙警官 変身しているわけではない
星獣戦隊ギンガマン 黒騎士ヒュウガ ヒュウガ黒騎士ブルブラックを引き継いだ 本来ギンレッドになるはずだった
特捜戦隊デカレンジャー デカマスター 宇宙警察地球署最高責任 鼻は気にするな
デカスワン メカニック担当 本人く4年に1度の変身
魔法戦隊マジレンジャー マジマザー マジレンジャー一家 メンバー変身するのは初
ウルザードファイヤー 伝説天空 敵の時は
轟轟戦隊ボウケンジャー バーン レムリアのプレシャス 武器変身する事も可
獣拳戦隊ゲキレンジャー 獅子リオ 拳当 立場上、ゲキレンジャーとは敵対
メレ 拳""の戦士 同上
侍戦隊シンケンジャー シンケンレッド 志葉第18代 存在自体がネタバレ
初の女レッド

「ゴーバスターズ」以降

獣電戦隊
キョウリュウジャー
キョウリュウシアン 初の水色戦士
登場自体は6番だが
ナンバリングは7番
キョウリュウシアン(二代 演者は過去黄色戦士を演じた
初の水色女性戦士
キョウリュウグレー 初の灰色戦士
シルバーではない)
演者は過去にも追加戦士を演じた
キョウリュウグレー(二代 演者は過去にも追加戦士を演じた
キョウリュウバイオレット(初代) 年齢が歴代最年長の戦士
↑同番組内で最年長記録が破られる
キョウリュウバイオレット(二代 超電子バイオマン』以来の2代目戦士にして、
先代と性別が変わった初の戦士
女性戦士としても初)
キョウリュウシバー 変身トリンデカマスター以来となる
ポジションにして地球人ではない戦士
キョウリュウシバー(二代 年齢が歴代最年長の戦士
動物戦隊ジュウオウジャー ジュウオウバー 演者は過去仮面ライダーを演じていた。
騎士竜戦隊リュウソウジャー ガイソーグ 登場当初は敵対していたが、第32話で変身者共々仲間になった。
だが、その次の回で変身者が殉職してしまい、その後のマックスリュウソウレッドに受け継がれた。
リュウソウブラック(先代) 物語終盤で敵幹部に変装していたマスターブラック変身した先代戦士
演者は過去タイムレンジャーにも出演していた。

正規メンバーに含まれる追加戦士

作品名 戦士 備考
ジャッカー電撃隊 ビッ 追加戦士でありながら役の座を奪ったことは有名
超獣戦隊ライブマン ブラックバイソン 初期3人戦隊の4人5人
初の追加戦士
グリーンサイ
忍風戦隊ハリケンジャー カブトライジャー ハリケンジャーとは別部隊
2人合わせて電光石火ゴウライジャー
クワガラジャー
爆竜戦隊アバレンジャー アバレブラック 本来なら1人になるはずだった
獣拳戦隊ゲキレンジャー キバイオレット 敵時のウルザードを除けば
歴代戦隊で初のバイオレット)色の戦士
ゲキチョッパー

レジェンドに含まれない追加戦士

作品名 戦士 備考
五星戦隊ダイレンジャー ダイムゲン 設定上、一応
超力戦隊オーレンジャー ガンマジン カギの所有者の言うことを聞く。
侍戦隊シンケンジャー ダイゴヨウ 巨大化以外では、寿司屋台の提
天装戦隊ゴセイジャー データス どうみても外見はおもちゃ屋にあったアレ

ゲストキャラ

作品名 戦士 備考
光戦隊マスクマン X1マスク 第39話に登場。
6人の元祖として知られる。
鳥人戦隊ジェットマン ディメンシア 28・29話に登場した3人1組の戦士
演じた俳優はいずれも戦隊経験者。
ネオジェットマン 40・41話に登場した五人組。
戦いのプロだが指揮官一条同様、人間性に欠ける。
五星戦隊ダイレンジャー ダイレンジャー
(二代
最終話に登場。
初代ダイレンジャーの孫たちが変身
救急戦隊ゴーゴーファイブ 装甲ジーク Vシネマに登場。
役者リュウレンジャーを演じた和田圭市氏。
ジークジェンヌ Vシネマに登場。
未来戦隊タイムレンジャー タイムレッド
リュウヤ
チームワーク視したため苦戦の連続であった。
忍風戦隊ハリケンジャー シュリケンジャー(2代目) Vシネマに登場。少年界が変身した姿。
演者はゴーバスターズにも出演。
特捜戦隊デカレンジャー デカブライト Episode.40に登場。
デカゴールド 劇場版に登場。
変身後の姿は一のみの登場であるため、
具体的な全身像は不明。
天装戦隊ゴセイジャー マジ epic10に登場。
変身後の姿は一のみの登場であるため、
具体的な全身像は不明。
作外ではゴセイグリーンの通り名あり。
魔進戦隊キラメイジャー キラメイレッド(ファイヤ) エピソード19に登場。
ミカエ邪面のによって魂を入れ替えられた魔進が変身
キラメイブルー(ジェッタ)
キラメイイエロー(ショベロー)
キラメイグリーン(マッハ)
キラメイピンク(ヘリコ)
機界戦隊ゼンカイジャー ゼンカイレッド スピンオフに登場。
ノーマル悪役ワルドの妄想によって生まれた戦士

「ゴーバスターズ」以降

動物戦隊ゴーバスターズ
(特命戦隊ゴーバスターズ)
レッドチーター 特命戦隊ゴーバスターズVシネマに登場した。
いわゆるパラレルワールド戦士たちだが、
終盤で特命戦隊動物戦隊が共闘したため
特命戦隊の追加戦士という見方もできる。
ブルーゴリラ
イエローラビット
ゴールドビートル
シルバータッグ
グリーンポポタマス
ピンクキャット
ブラックピューマ
獣電戦隊キョウリュウジャー キョウリュウネイビー Vシネマに登場した100年後のキョウリュウジャー
全員100年前のキョウリュウジャーの子孫で
最初は本来の色を知らずまともに戦えなかったが
後にご先祖様と同じ色に変身し戦うようになる。
キョウリュウシバー(3代)
キョウリュウブルー(2代目)
キョウリュウグレー(3代)
キョウリュウシアン(3代)
キョウリュウバイオレット(3代)
烈車戦隊トッキュウジャー トッキュウ7号 Vシネマに登場する7人トッキュウジャー
手裏剣戦隊ニンニンジャー アカニンジャー(好 賀崎一族の長・賀崎好変身した。
アカニンジャー(旋 息子風花兄妹賀崎旋変身した。
ドニジャー Vシネマに登場する戦士で初の女性グリーンスーツアカ改造
アカニンジャー快晴 劇場版に登場。賀崎未来息子快晴変身した。何で赤が3人おんねん!
動物戦隊ジュウオウジャー ジュウオウコンドル イーグルバードがコンドルで一体化。
だが実は実体がないキューブコンドルによる幻
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー パトレン1号(利) 劇場版で登場。
快盗戦隊ルパンレンジャー警察チェンジした姿。
パトレン2号(透)
パトレン3号(初美)
ルパンレッド(コウ) 劇場版で登場。
騎士竜戦隊リュウソウジャールパンチェンジした姿。
ルパンブルー(メルト)
ルパンイエロー(アスナ)
騎士竜戦隊リュウソウジャー リュウソウレッド(先代) 第1話で登場。
先代のリュウソウジャー
戦士マスター(師匠)が変身した。
リュウソウブルー(先代)
リュウソウピンク(先代)
リュウソウブラウン 第46話で登場。正式メンバーとしては史上初となる色の戦士

その他一般人

作品名 戦士 備考
太陽戦隊サンバルカン バラ仮面 ただのコスプレ少女でした。
(変装は第29話)
超電子バイオマン 山守正太 35話に登場。自称バイオマン6番戦士」。
36話にて新帝国ギアに唆されマグネ戦士にされてしまう。
高速戦隊ターボレンジャー ブルーターボ健一 43話に登場。洋クラスメイトである健一変身した。
激走戦隊カーレンジャー ホワイトレーサー ただのコスプレ少女でした。
途中でキャストが変更されている。
爆竜戦隊アバレンジャー アバピッグピンク ただのコスプレ少女・・・と思いきや
ゴーカイジャーレンジャーキーごと登場。
侍戦隊シンケンジャー シンケンブラウン シンケンブルー押しかけ子。
海賊戦隊ゴーカイジャー シンケンレッド ゲスト少年ゴーカイチェンジした。
ゴーカイイエロー 木下ゲスト少女)がゴーカイチェンジした。
動物戦隊ジュウオウジャー ジュウオウヒューマン 人間だって動物だ!
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 勝利 51で登場。
最終決戦後にコグレによって招集された「新たなる快盗」。
大平
一ノ瀬

その他

他作品の追加戦士

スーパー戦隊シリーズ以外にもこの記事で定義される追加戦士が登場する事がある。有名なのが平成ライダープリキュアシリーズなどのバンダイの回し者ニチアサキッズタイム作品に登場する追加戦士で、それぞれ「2号ライダー」「追加プリキュア」などと呼ばれる。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E6%88%A6%E5%A3%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

追加戦士

142 ななしのよっしん
2021/04/20(火) 16:46:04 ID: bkGSoSe9f+
>>139
映画では撮スケジュールの関係で脚本家がまだキャラクターをつかめていないのと、追加戦士役者がそこで初めて演技するを可性が高いので活躍させずらいってのがある。
キョウリュウジャーニンニンジャーめに登場したので、映画でもそこそこ出番がある。
143 ななしのよっしん
2021/04/25(日) 10:21:30 ID: ClbjaHFLQB
追加戦士の区分についてだけど、
ゴーバスターズからゼンカイジャーまでで区切った方が良いと思われ。
144 ななしのよっしん
2021/06/10(木) 21:01:50 ID: AsN2bIwJdL
デスリュウジャーは?
全な敵だけど
145 ななしのよっしん
2021/06/11(金) 20:00:44 ID: AsN2bIwJdL
デスリュウジャーは悪の戦士
146 ななしのよっしん
2021/06/26(土) 08:57:35 ID: 634SZXy//o
2代目レンジャー以外にゴレンジャー作戦の為に用意した替え玉ゴレンジャー(中身はイーグルの一般兵+レギュラー女性)ってのもいるけどこういうのまで入れるときりがなさそう。ゴーバスでも室組の変装があったし
147 ななしのよっしん
2021/06/30(水) 00:09:31 ID: VBx3IFW8NY
追加戦士がどの作品でも「最初だけ強くて後半は初期メンバー以下に弱い」理由は一号ロボと二号の間のつなぎとして玩具を売るために存在する期間限定の使い捨てキャラだからなのか。
例外として思い当たった、結構強かったニンジャマンだけは登場時期が二号ロボの後だったから事実上最後に売るおもちゃだったため活躍させてもらえたんだな。
あれで三将の子って信じられん。どう見ても初期の無敵将軍や中盤のツバサマルより強いじゃん。甘やかしたがりの三将が半永遠に封印してた理由は罪滅ぼしというより、戦にするには危険なやべー人物だと気付いて隔離してた感じかな?
148 ななしのよっしん
2021/07/21(水) 08:41:23 ID: 634SZXy//o
ボウケンシルバーはちゃんとした理由付けがあったな。

追加勢主人公の装備に対してガンメタってそれに対抗できるのが新装備を持った追加戦士しかいなかったって理由でその後初期装備をアップデートしたので6人とも同じ強さになった。って感じで
149 ななしのよっしん
2021/08/06(金) 21:47:23 ID: K4gDEH7uMZ
アカレッドってどういうポジションなんすかね
自分としてはゴーカイジャーの番外戦士でいい気がするんだけど
150 ななしのよっしん
2021/09/15(水) 08:47:15 ID: ClbjaHFLQB
つべで配信中のデカレンジャーに登場したレオン人ギョク・ロウルパパト東雲悟の2名は
「初代メンバーになるだった男」という旨の説明文を付けて「その他一般人に含んだ方が良いと思われ。
151 ななしのよっしん
2021/10/01(金) 09:49:23 ID: 634SZXy//o
その他一般人というとゴレンジャー007も入れていい気がするんだよなぁ。メカは動かすしモモレンジャーになったこともあるしで。
いや一般人ではないんだけどさ

急上昇ワード改