追加戦士単語

ツイカセンシ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

追加戦士とは、スーパー戦隊シリーズの作品で、ストーリー中盤からヒーロー側で参戦する戦士の総称である。

概要

6人目の戦士

追加戦士、とりわけ6人戦士の起は「恐竜戦隊ジュウレンジャー」のドラゴンレンジャーに遡る。
当時のスーパー戦隊シリーズの作品放映期間中、7月ごろに新しいロボ(通称2号ロボ)が登場するのがお約束となっていたが、大手スポンサーであるバンダイ幹部から、プロモーション戦略として2号ロボにも対応する戦士を登場させたいと提案があった。キャラクターとして売り出すため、この6人戦士を元の戦士達とは一線を画す強キャラとして設定し、見たにも違いが分かるようアーマーを装備させた。これがドラゴンレンジャーが登場したいきさつである。

ドラゴンレンジャーの登場が成功したため、以降の戦隊でも6人戦士が定番化する。ドラゴンレンジャーの方式にならい、6人ポジション戦士達は元のメンバーに対して必ず何かしらのデザイン上の差別が存在する(元のメンバーと同じフォーマットスーツに上からアーマーを装着する、デザインは同じだが配色が元メンバーパターンと異なる、全に元メンバーと別物デザインなど)。また、新しい変身アイテムが割り当てられ、新しい変身おもちゃの販売に貢献することになる

その他の追加戦士

前節で触れたとおり、玩具販売戦略から生まれた6人戦士であるが、作品によってはこうした概念と関係に新キャラなどが登場する場合があり、あいまいに6人戦士とは区別され扱われる。
また、登場のいきさつは6人戦士変わらないものの、人間態を持たず変身しない途中参戦キャラなども存在するため、歴代追加戦士を画一的に分類することは困難を極める(最近では人間態を持たない上からさらにスーツを身に変身するキャラも登場して複雑化している)。

追加戦士の一覧

以下の一覧表は「海賊戦隊ゴーカイジャー」での取り扱いを元に分類し作成。
特命戦隊ゴーバスターズ」 以降は便宜上、分けておく。

6人目ポジション

「ゴーカイジャー」まで

作品名 戦士 個人装備 備考
恐竜戦隊ジュウレンジャー ドラゴンレンジャー
ドラゴンアーマー(防具)
初の6人
五星戦隊ダイレンジャー キバレンジャー 白虎真剣
キバクター(防具)
最年少戦士
超力戦隊オーレンジャー キングレンジャー キングスティック
キングクター(防具)
設定上では最年長戦士(6億歳)
パワーレンジャーでは色扱い
電磁戦隊メガレンジャー メガシルバー シルバーレイザー(銃剣兼用武器) 初のシルバー戦士
未来戦隊タイムレンジャー タイムファイヤー DVディフェンダー銃剣兼用武器) 既存の戦士と色が被っている
一の追加戦士
百獣戦隊ガオレンジャー ガオシルバー ガオハスラーロッド兼用武器)
忍風戦隊ハリケンジャー シュリケンジャー シュリケンズバット
バットマイクの兼用武器)
ハリケンジャーとも
ゴウライジャーとも異なる
宇宙統一忍者流」の天空忍者
爆竜戦隊アバレンジャー アバレキラー ウイングペンタクト
揮棒とペンの兼用武器)
人数的には5人
特捜戦隊デカレンジャー カブレイ レスロットル(多機ツール パワーアップ形態はい。
魔法戦隊マジレンジャー マジシャイン マジランプバスター
魔法(防具)
轟轟戦隊ボウケンジャー ボウケンシルバー サガスナイパー/サガスピア(/ 味方組織直々にスカウトされた戦士
炎神戦隊ゴーオンジャー ゴーオンゴールド ロケットダガー

2人合わせて「ゴーオンウィングス」
シルバーは初の女性追加戦士
ゴーオンシルバー ウィングブースター
侍戦隊シンケンジャー シンケンゴールド サカナマル(
天装戦隊ゴセイジャー ゴセイナイト レオンレイザー(銃剣兼用武器) 6人
人間の姿を持たない
海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイシルバー ゴーカイスピア
(?)の兼用武器)

「ゴーバスターズ」以降

作品名 戦士 個人装備 備考
特命戦隊ゴーバスターズ ビートバスター モーフィンブラスター
変身アイテム兼用
ドライブレード(
タッグバスター変身前は
人間の姿ではない
レンジャーキーでは変身前の姿も登場)
タッグバスター
獣電戦隊
キョウリュウジャー
キョウリュウゴールド ブリチェンジャー
銃剣兼用変身ツール
ザンダーサンダー
歴代追加戦士最速(当時)の10話
変身者自体は9話)から登場
登場自体は7番だがナンバリングは6番
烈車戦隊
トッキュウジャー
トッキュウ6号 ユウウブレイカー
(誘導武器)
初のオレンジ色の追加戦士
元敵組織の幹部であり、仲間入り後も
怪人の姿に変身する事もある。
手裏剣戦隊ニンニンジャー スターニンジャ スターソードガン
ギター銃剣
歴代追加戦士最速記録をさらに更新
(9話で戦士が登場)
動物戦隊ジュウオウジャー ジュウオウザワールド ジュウオウザライト
懐中電灯変身ツール
ジュウオウザガンロッド
釣り竿銃剣
敵組織によって生み出された戦士
宇宙戦隊キュウレンジャー リュウコマンダー リュウツエーダー
変身アイテムも兼ねるにもなる
当初は「リュウバイオレット」を名乗っていた。
コグマスカイブルー コグマフラー
の付いた伸縮自在のマフラー
ダイレンジャー以来となる少年変身する戦士
ホウオウソルジャー ホウオウシールド&ホウオウブレード
(変身アイテムを兼ねる)
演者は過去スーパー戦隊ゲスト出演していた。
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンエックス エックスロッドソード(/十手)
エックスチェンジャー(変身アイテムを兼ねる)
快盗と警察、二つの姿を持つ戦士
パトレンエックス
騎士竜戦隊リュウソウジャー リュウソウゴールド サチェンジャー(変身アイテムを兼ねる)
サブレード()

それ以外のレジェンド戦隊

作品名 戦士 劇中の役割 備考
忍者戦隊カクレンジャー ニンジャマン 将の子で設定上、一応人間 レジェンド大戦には参戦できなかったため、
レンジャーキーが存在しない
激走戦隊カーレンジャー シグナルマン 宇宙から単身赴任してきた宇宙警官 変身しているわけではない
星獣戦隊ギンガマン 黒騎士ヒュウガ ヒュウガ黒騎士ブルブラックを引き継いだ 本来ギンレッドになるはずだった
特捜戦隊デカレンジャー デカマスター 宇宙警察地球署最高責任 鼻は気にするな
カスワン メカニック担当 本人く4年に1度の変身
魔法戦隊マジレンジャー マジマザー マジレンジャー一家 メンバー変身するのは初
ウルザードファイヤー 伝説天空 敵の時は
轟轟戦隊ボウケンジャー バーン レムリアのプレシャス 武器に変身する事も可
獣拳戦隊ゲキレンジャー 獅子リオ 拳当 立場上、ゲキレンジャーとは敵対
メレ 拳""の戦士 同上
侍戦隊シンケンジャー シンケンレッド 志葉第18代 存在自体がネタバレ
初の女レッド

「ゴーバスターズ」以降

獣電戦隊
キョウリュウジャー
キョウリュウシアン 初の水色戦士
登場自体は6番だが
ナンバリングは7番
キョウリュウシアン(二代 演者は過去黄色戦士を演じた
初の水色女性戦士
キョウリュウグレー 初の灰色戦士
シルバーではない)
演者は過去にも追加戦士を演じた
キョウリュウグレー(二代 演者は過去にも追加戦士を演じた
キョウリュウバイオレット(初代) 体年齢が歴代最年長の戦士
↑同番組内で最年長記録が破られる
キョウリュウバイオレット(二代 超電子バイオマン』以来の2代目戦士にして、
先代と性別が変わった初の戦士
女性戦士としても初)
キョウリュウシバー 変身トリンデカマスター以来となる
ポジションにして地球人ではない戦士
キョウリュウシバー(二代 体年齢が歴代最年長の戦士
動物戦隊ジュウオウジャー ジュウオウバー 演者は過去仮面ライダーを演じていた。

正規メンバーに含まれる追加戦士

作品名 戦士 備考
ジャッカー電撃隊 ビッ 追加戦士でありながら役の座を奪ったことは有名
超獣戦隊ライブマン ブラックバイソン 初期3人戦隊の4人5人
初の追加戦士
グリーンサイ
忍風戦隊ハリケンジャー カブトライジャー ハリケンジャーとは別部隊
2人合わせて電光石火ゴウライジャー
クワガラジャー
爆竜戦隊アバレンジャー アバブラック 本来なら1人になるはずだった
獣拳戦隊ゲキレンジャー キバイオレット 敵時のウルザードを除けば
歴代戦隊で初のバイオレット)色の戦士
ゲキチョッパー

レジェンドに含まれない追加戦士

作品名 戦士 備考
五星戦隊ダイレンジャー ダイムゲン 設定上、一応
超力戦隊オーレンジャー ガンマジン カギの所有者の言うことを聞く。
侍戦隊シンケンジャー ダイゴヨウ 巨大化以外では、寿司屋台の提
天装戦隊ゴセイジャー データ どうみても外見はおもちゃ屋にあったアレ

ゲストキャラ

作品名 戦士 備考
光戦隊マスクマン X1マスク 39話に登場。
6人の元祖として知られる。
鳥人戦隊ジェットマン ディメンシア 28・29話に登場した3人1組の戦士
演じた俳優はいずれも戦隊経験者。
ネオジェットマン 4041話に登場した五人組。
戦いのプロだが指揮官一条同様、人間性に欠ける。
五星戦隊ダイレンジャー ダイレンジャー
(二代
最終話に登場。
初代ダイレンジャーの孫たちが変身
救急戦隊ゴーゴーファイブ 装甲ジーク Vシネマに登場。
役者リュウレンジャーを演じた和田圭市氏。
ジークジェンヌ Vシネマに登場。
未来戦隊タイムレンジャー タイムレッド
リュウヤ
チームワーク視したため苦戦の連続であった。
特捜戦隊デカレンジャー カブライト Episode.40に登場。
デカゴールド 劇場版に登場。
変身後の姿は一のみの登場であるため、
具体的な全身像は不明。
天装戦隊ゴセイジャー マジ epic10に登場。
変身後の姿は一のみの登場であるため、
具体的な全身像は不明。
作外ではゴセイグリーンの通り名あり。

「ゴーバスターズ」以降

動物戦隊ゴーバスターズ
(特命戦隊ゴーバスターズ)
レッドチーター 特命戦隊ゴーバスターズVシネマに登場した。
いわゆるパラレルワールド戦士たちだが、
終盤で特命戦隊動物戦隊が共闘したため
特命戦隊の追加戦士という見方もできる。
ブルーゴリラ
イエローラビット
ゴールドビートル
シルバータッグ
グリーンポポタマス
ピンクキャット
ブラックピューマ
獣電戦隊キョウリュウジャー キョウリュウネイビー Vシネマに登場した100年後のキョウリュウジャー
全員100年前のキョウリュウジャーの子孫で
最初は本来の色を知らずまともに戦えなかったが
後にご先祖様と同じ色に変身し戦うようになる。
キョウリュウシバー(3代)
キョウリュウブルー(2代目)
キョウリュウグレー(3代)
キョウリュウシアン(3代)
キョウリュウバイオレット(3代)
烈車戦隊トッキュウジャー トッキュウ7号 Vシネマに登場する7人トッキュウジャー
手裏剣戦隊ニンニンジャー アカニンジャー(好 賀崎一族の長・賀崎好変身した。
アカニンジャー(旋 息子風花兄妹賀崎旋変身した。
ドニジャー Vシネマに登場する戦士で初の女性グリーンスーツアカ改造
アカニンジャー(快晴 劇場版に登場。賀崎未来息子快晴変身した。何で赤が3人おんねん!
動物戦隊ジュウオウジャー ジュウオウコンドル イーグルバードがコンドルで一体化。
だが実は実体がないキューブコンドルによる幻影。
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー パトレン1号(利) 劇場版で登場。
快盗戦隊ルパンレンジャー警察チェンジした姿。
パトレン2号(透)
パトレン3号(初美)
騎士竜戦隊リュウソウジャー リュウソウレッド(先代) 第1話で登場。
先代のリュウソウジャー
戦士マスター(師匠)が変身した。
リュウソウブルー(先代)
リュウソウピンク(先代)

その他一般人

作品名 戦士 備考
太陽戦隊サンバルカン バラ仮面 ただのコスプレ少女でした。
(変装は第29話)
超電子バイオマン 山守正太 35話に登場。自称「バイオマン6番戦士」。
36話にて新帝国ギアに唆されマグネ戦士にされてしまう。
高速戦隊ターボレンジャー ブルーターボ(健一 43話に登場。洋クラスメイトである健一変身した。
激走戦隊カーレンジャー ホワイトレーサー ただのコスプレ少女でした。
途中でキャストが変更されている。
爆竜戦隊アバレンジャー アバピッグピンク ただのコスプレ少女・・・と思いきや
ゴーカイジャーレンジャーキーごと登場。
侍戦隊シンケンジャー シンケンブラウン シンケンブルー押しかけ子。
海賊戦隊ゴーカイジャー シンケンレッド ゲスト少年ゴーカイチェンジした。
ゴーカイイエロー 木下ゲスト少女)がゴーカイチェンジした。
動物戦隊ジュウオウジャー ジュウオウヒューマン 人間だって動物だ!
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 勝利 51で登場。
最終決戦後にコグレによって招集された「新たなる快盗」。
大平
一ノ瀬
騎士竜戦隊リュウソウジャー ナダ 中盤より登場した「7人騎士」。
心の弱みに付け込まれ意思を持つガイソーグ」に取り込まれてしまう。

その他

他作品の追加戦士

スーパー戦隊シリーズ以外にもこの記事で定義される追加戦士が登場する事がある。有名なのが平成ライダープリキュアシリーズなどのバンダイの回し者ニチアサキッズタイム作品に登場する追加戦士で、それぞれ「2号ライダー」「追加プリキュア」などと呼ばれる。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E6%88%A6%E5%A3%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

追加戦士

124 ななしのよっしん
2018/07/23(月) 20:16:00 ID: ClbjaHFLQB
10 yers afterシリーズ限定戦士(界シュリケンジャーネオデカレンジャー、ケガイエロー)の記事での扱いはどうしましょうか?
125 ななしのよっしん
2018/08/15(水) 13:19:01 ID: cwIwSS41U9
124
ガイエローはまだ何とも言うことはできないが、
シュリケンジャーの場合は代替わりという意味での追加戦士とみなすことはできるものの、
ネオデカレンジャーは断じて違うと思えてくる。
126 ななしのよっしん
2018/10/15(月) 22:56:56 ID: J6qnzUPrbZ
黒騎士みたいな「ひとまず退場→かが受け継ぐ」のパターンをもっと見たいなあ。最終盤で似たような展開を見せる作品はあるけど、違うんだ…
127 ななしのよっしん
2018/10/28(日) 08:36:49 ID: FFPJeik2YB
スーパー戦隊戦隊にしてもプリキュアにしても、追加戦士は元からいる人とか、敵キャラが寝返るとかより、突如あらわれて「なんだアイツ」ってなるパターンが好きです。
128 ななしのよっしん
2018/10/28(日) 14:27:18 ID: Erje+v/euo
>>127
分かる気がする
自分はそれに加えて「初期メンバーサポーターの知り合い」とか「所属する部隊の別チームから合流」とかじゃなくて関係なの他人がいきなり追加戦士として現れるパターンが好き

ただ戦隊だとこのパターンゴーカイシルバーまで遡るから結構レアケースなのかな…
129 ななしのよっしん
2018/10/28(日) 15:48:50 ID: FFPJeik2YB
>>127
修正

スーパー戦隊にしてもプリキュアにしても、追加戦士は元からいる人とか、敵キャラが寝返るとかより、突如あらわれて「なんだアイツ」ってなるパターンが好きです。
130 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 12:56:03 ID: 634SZXy//o
>>125
ガイエローはホワイトレーサーとかシンケンブラウンとかあんな感じの部類だった本編見たら。
それに変身するの一だし。
あと少なくともそのときは普通に味方だった。
本編ネタバレになるけど三人がジャンクワールドを気に入ってヒューマンワールド汚す気なくなってたし。
131 ななしのよっしん
2019/03/18(月) 08:33:37 ID: ClbjaHFLQB
すぎると思うけど、
「その他追加戦士」の欄にリュウソウジャーマスター3名。
リュウソウレッド(先代)、リュウソウブルー(先代)、リュウソウピンク(先代)
132 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 22:33:48 ID: ClbjaHFLQB
ルパパトVSキュウレンに登場するパトレンジャー(ルパンレンジャー変身)はポジションとしてはゲスト戦士に位置づけられるのですね。
133 ななしのよっしん
2019/05/22(水) 13:21:59 ID: YpI7OBo+wT
外部リンクピクシブ百科事典

https://dic.pixiv.net/a/exit追加戦士
https://dic.pixiv.net/a/exit番外戦士

急上昇ワード