マックス・フェルスタッペン単語

マックスフェルスタッペン
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

マックスエミリアン・フェルスタッペン(本名:Max Emilian Verstappen,1997年9月30日- )とは、アストンマーティンレッドブル・レーシング所属のレーシングドライバーである。
ベルギーリンブルフ州ハッセルト出身。オランダベルギーの二重籍ではあるが、F1においてはオランダ籍を選択している。

は元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペン(ヨス・ザ・ボス)、も元GTドライバー叔父耐久ドライバーと言うレーシング一家である。

経歴

カート時代

4歳の時にカートを始め、ベルギーオランダを中心に各地を転戦する。2007年にはオランダカートRotax Max Challenge Mini Maxクラスチャンピオンに、2008年にはベルギーのCadatクラスチャンピオンとなる。

2010年にはKF3のカート世界選手権とヨーロッパ選手権に出場し、両選手権でチャンピオンを獲得する。翌年にもヨーロッパ選手権でチャンピオンを獲得する。

2012年にはKF2のマスターシリーズチャンピオンを獲得。2013年にはKF2のヨーロッパチャンピオンとなり、KZクラス世界選手権、ヨーロッパ選手権でチャンピオンを獲得。KZ2のマスターシリーズチャンピオンKZ1のヨーロッパチャンピオンとなる。

チャンピオンって何回書いたっけ…と言いたくなるが、ともかくそれほど多くのシリーズチャンピオンを獲得しているのである。

F3時代

2013年フォーミュラルノー2.0とF3テストを行い、2014年フェラーリドライバーアカデミー催のフロリダ・ウィンター・シリーズから本格的なフォーミュラカーでのデビューを果たす。
この選手権を3位で終えたフェルスタッペンヨーロッパF3選手権デビュー。同選手権も3位で終えると、F3最高峰のレースマスターF3ぶっちぎりの優勝をしてみせた。

その後もう一つのF3最高峰、マカオGPに出場するも、予選でリタイアし決勝は7位で終えた。

F1時代

アグレッシブながらも驚異的な強さが注されていたフェルスタッペンは、メルセデスレッドブルの両育成プログラムからスカウトされていたが、2014年レッドブルジュニアチームの一員となることが発表された。
すると2015年よりレッドブルジュニアチームスクーデリア・トロ・ロッソよりF1デビューすることが決定した。
プライベートテストによりスーパーライセンスが認められ、正正銘F1ドライバーになることをFIAより承認されたのだが、これが後に議論を生むことになる。(後述)。

2015年チームメイトカルロス・サインツjrデビュー戦、オーストラリアGPは史上最年少出走(17歳165日)を記録する。
よく言えばアグレッシブ、悪く言えばやや向こう見ずな走りでマレーシアGP7位、ハンガリーGP4位、アメリカGP4位を含む10度の入賞を果たすなど、中堅チームトロ・ロッソからすれば十分すぎる成績を残し、ルーキーオブ・ザ・イヤー、アクションオブ・ザ・イヤー、パーソナリティオブ・ザ・イヤーを獲得する。またマレーシアGPでは史上最年少入賞(17歳180日)を記録する。
ただしそのアグレッシブすぎる走りは時にとなり、年間ペナルティポイント8を受けてしまい来季出場停止の危機となってしまう。

2016年は開幕戦のオーストラリアGPでチームメイトサインツと追突してしまう。しかし第2戦バーレーンGP6位、中国GP8位を獲得すると、第5戦スペインGPよりトップチームレッドブルへの昇格が発表されることとなった。当時のレッドブルドライバーダニール・クビアトを押しのけてのシーズン中の電撃トレードである。しかもレッドブル移籍最初のレースでいきなり優勝を勝ち取った。これには観客やファンばかりかF1関係者も大いに驚愕した。レジェンドドライバーでありライバルチームメルセデスの非常勤会長(当時)のニキ・ラウダでさえ「今にしているのは100年に1人の天才だよ」という賛辞を送った。
その後もオーストリアGP、マレーシアGP、日本GPで2位台を獲得するなど、類稀なる才を遺憾なく発揮した。

2017年ジャンエリック・ベルニュがシートを喪失したため、略称をVESからVERに変更する。前半戦ルノーPUに苦しめられるも、後半戦のマレーシアGPでぶっちぎりの優勝日本GPで2位メキシコGPでもフロントローを勝ち取るとスタートで前に出てそのまま優勝と、最終的に総合6位でシーズンを終えた。
余談だが、何故かチームメイトダニエル・リチャルドとキャンピングカーレースをし、終わった後にチョリソーを食べる動画が撮られている。どういうことなの・・・

2018年は前半戦のアゼルバイジャンGPにおいて、チームメイトのリチャルドと同士討ちを演じてしまう。さらにモナコGPは予選で大クラッシュをしてしまうなど、アグレッシブさが悪い方向へと立つ結果となっていた。
しかしレッドブルチーム代表、クリスチャン・ホーナーはアゼルバイジャンGPの後、「多くのドライバーミスを犯し、も注意を払わなかったが、マックスは違う。私は彼が成功することを信じている」というコメントを残した。その言葉に応えたのか、後半戦は人が変わったかの様にテクニカルドライビングを見せるようになる。レッドブルの地元オーストリアGPで優勝、そしてアメリカGPではメルセデスルイス・ハミルトンとの熱いバトルを制し2位メキシコGPでは優勝という結果を残した。最終的にランキングは4位となり、チームメイトのリチャルドよりも上位でシーズンを終えた。
チャルドはこの年限りでレッドブルからルノーへ移籍したため、来季のチームメイトトロ・ロッソから昇格するピエール・ガスリーを迎え、名実ともにレッドブルエースドライバーとなった。

2019年シーズンより、これまでレッドブルに搭載されていたパワーユニットルノーからホンダに代わることとなった。2019年シーズンはこれまで以上にメルセデスが強になり、フェラーリ俺達になり、またレッドブル体のが予想よりも下振れた結果となってしまった。
それでもフェルスタッペン体の性限界まで発揮させ、開幕戦のオーストラリアGPでは3位表台を獲得し、ホンダに11年ぶりの表台をもたらした。
その後もスペインGPで3位、モナコGPでは4位(5ペナルティ加算の結果でチェッカーを受けた入線順位は2位)と、メルセデスには及ばないものの、フェラーリとは互以上の戦績を上げてみせた。
そしてオーストリアGPではレッドブルマシーンアップデートが行われ体の戦闘力が増加した。序盤で出遅れたものの、メルセデスエンジン猛暑に弱いという欠点が明るみになった事や、タイヤマネジメントを成功させた上に持ち前のアグレッシブさでレース終盤にオーバーテイクを連発し、ホンダに13年ぶりの優勝をもたらした。
イギリスGPではベッテルミサイルもあり5位に終わったが、ドイツGPではによる大荒れのレースとなり、ハミルトンはスピンにより下位に沈み、ボッタス、ルクレールクラッシュを喫する中、フェルスタッペンは驚異的なドライビングスキルで2度優勝を飾った。その後はアップデートを行い戦闘力を増したメルセデスフェラーリに及ばないレースが続いていたが、ブラジルGPではホンダPUが高地による空気の薄さに強かった事もありメルセデスハミルトンでねじ伏せ、シーズン3度優勝を果たした。このシーズンドライバーズラキング3位で終え、自身最も上位のシーズンを送った。
フェルスタッペン自身らは正しいを進んでいる。エンジンパワー較でいうと、らはメルセデスにかなり近いところにいる。来年に向けてとても心強い」とっている。またホンダPUの信頼性についても「ホンダの高い信頼性はタイトルを争う上で大きな武器になる」と評価した。

人物

17歳デビューの衝撃

フェルスタッペン17歳F1デビューをしたという事実は、世界中で議論を生んだ。

まずフェルスタッペン自動車免許を所得しておらず、所得できる年齢でもない。さらには飲な年齢でもないためシャンパンファイトにも参加できない。またフォーミュラカーの経験も1年弱しかなく、才はあっても経験が不足しているという意見も出された。

彼のような例が常態化することを恐れたのか、FIA2016年度よりスーパーライセンス発給の条件を「18歳以上である事」「自動車運転免許を所得している事」「最低2年のフォーミュラを経験している事」とした。更にはライセンスポイント制度を設けた。この条項にある18歳以上という制限がある以上は、今後フェルスタッペンの記録を抜くことは不可能となった。

2017年にはドライバーズラセンス制度を設け、FIA世界中のレースに設定したポイントを合計40ポイント獲得することが条件に追加された。詳しくはwikipediaを参照されたし。

関連動画

関連市場

関連コミュニティ・チャンネル

フジテレビネクストスマートチャンネルexit_nicochannel

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%9A%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マックス・フェルスタッペン

1 ななしのよっしん
2019/07/03(水) 15:07:55 ID: sFWlXDIQEa
おめでとう!そしてありがとう
2 ななしのよっしん
2019/07/04(木) 05:44:01 ID: vz+BMJZKrR
フェルスタッペンルクレールノリス、アルボンと新世代のレーサー達がどんどん出てきて面い。ラッセルマシンさえ良ければ確実に速いだろうね
しかし、オーストリアでの応援団がヤバすぎるw オランダGPとかどうなるのやら
3 ななしのよっしん
2019/07/31(水) 09:15:41 ID: gbxHUX42ta
2世F1ドライバーで明確に親父より上と言える一の存在な気がする
記録だけならヒルヴィルヌーヴは息子が上だろうけど、時代とチームと記憶を考えるとな…
4 名無し
2019/07/31(水) 21:49:24 ID: hKROhRW5Hq
本当に人間として成長した
小憎らしいヤンチャ小僧だった頃が思い出せないくらいw
5 ななしのよっしん
2019/08/04(日) 11:29:39 ID: 2QOVGY4nVp
PPおめ
6 ななしのよっしん
2020/01/17(金) 00:32:31 ID: vTMGTrUeMe
本人は大なんだろうけど、ハミルトンりの弱気線が去年は多かったな