上里翔流単語

カミサトカケル
  • 13
  • 0pt
掲示板へ

上里翔流(かみさと かける)とは、ライトノベル新約とある魔術の禁書目録』に登場する、どこにでもいるような少年である。
あと新約17巻のヒロインである。

平凡な概要

初登場は新約13巻。

数日前まで学園都市外のとある高校に通っていた高校生
どころか貧相だと自ら認めるぐらいの特に鍛えられているわけでもない体格。
口癖は「好きでこんなことをやっているわけじゃないよ」。

趣味個性なことを悩んで首の関節を鳴らす癖をつけてみようとしたが、なかなか鳴らない。
不良系の幼馴染がいたが少し前まで疎遠になり、再接近は果たしたが中々上手く会話できない。
クラス園芸部員にちょっと憧れているが遠で眺めるだけで満足できる程度だった。しかし向こうのちょっとムッツリスケベな内面を知ってしまい少々辟易している。
…という、本当にどこにでもいるような少年である。後半二行をつけ。

 

――上条当麻の『幻想殺し』に匹敵するだけの特異な右手「理想送り(ワールドリジェクター)」を持ち、
100人規模の女の子で構成される『上里』を引き連れていること以外は。

新約13巻ラスト魔神「娘々」を『新地』に追放し、また裏では他の魔神達を新地に追放していた。
彼自身、自分の運命をめた魔神をかなり憎んでいる様子。

アレイスター=クロウリー木原幹は上里の事を知らなかった。
一方、ローラ=スチュアートだけは上里の事を知っており、クロウリーにとっての「イレギュラー」として上里学園都市に誘導した(その意図は彼女の「正体」に隠されていた)。

平凡な少年(高校生)

初登場時から強調されている皮めいた言葉である。世界をいとも容易く壊す『魔神』の天敵と呼べるを秘めた少年に対しては、不適切と言える。
なお、これに関しては本当に皮であったことが後に判明している。

理想送り(ワールドリジェクター)

願い・・可性を集積した右手幻想殺しと同質、そして対極と呼べる

理想郷を願ったものを『新地』へ追放するとされている。
効果の対は「願望の重複」…わかりやすく言えば「軸がブレてる者」がこの右腕の対となる。

だって、願っただろう?
絶対にわないと分かっていても、それでも願ってしまっただろう、魔神ども。
宇宙の果ても重なる位相も調べ尽くして、もう新しいものなんかないと分かってしまって。けれどもしもそんな事ができるのならば、煩わしい俗世の全てを捨て去って────誰も知らない地で羽を伸ばしてみたい、って

上条たちの「世界」は時間や間のように伸縮するが、一方で容量に駄が多く、人間が認識できる以外にもスペース(余剰領域)が生じている。
フィルムコマ割りで説明されているが、本来あるべき60コマフィルムを10コマしか使用してない状態らしい。その余剰領域の中を「新地」と称し、そこに対を送っているわけである。

だが、人が認識できない時系列に飛ばすということは「今ある世界から存在を消し去る」事と同義なので、そういった意味で実は幻想殺しの消去と大差ないのかもしれない。

新たな地を望むか」という言葉が発動トリガーとなっている。…って作中で言われてたのに言でやったシーンも結構あるのでなんとも言えない。
また、幻想殺しと異なり右手ではなく右手の影がその効果範囲である。

効果対は人だけでなく該当人物の所有物にも及び、アレイスター=クロウリーの場合は対魔術式駆動鎧ロケットブースターまで新地に送られている。
新約13巻ではネフテュスの位相を握り潰したり、上里右手を開閉すると理想送りで新地へ追放された魔神ヌアダのの腕がいきなり現れた事がある(後者は単なるブラフだったようだが)。

常時発動中の幻想殺しとは違い、ある程度は使用者の意志で制御が可なようだが、日常生活や社会活動で役立つような特性は今のところ余りみられない。精々自衛や瓦礫・土砂の撤去等に使える程度か。

ネフテュスの仮説を要約すると
上条当麻オティヌスの理解者となった事で、焦った魔神意識に願って生まれた」。
魔術サイドの99.9%魔神が占めるのだから、その理想が反映されるらしい。なんて迷惑な神様

魔術師は「願いをえるため」に魔術を行使する。
しかし、魔術を究め神様にまで到達した魔神は「既に願いをえてしまった存在」であるからこそ次なる新地に理想を抱くという。これは生理欲求に近い。
例えるなら右手は「甘い香り・液(願い・希望)を分泌する食植物」と言える物であり、対希望を集積した右手の誘惑に駆られた末に新地へと追放される。上里は“喰う”と表現している。

恐怖や痛みはく、希望で支配される。漫画北斗の拳』に登場するトキが得意とした「北斗有情拳」の快楽を希望に置き換えてみてほしい。大体あってる

あと幻想殺しと実際にぶつかるとなると、こっちの方が強いらしい。

理想送りを喰らった魔神の反応

ふ、ふふ。やっと終われる、これで解放される……。わたしわたしい!! ネフテュスすごいよこれえ!わたし、ああ、わたしは、このすんごい安心を待っていたあ!!あはははは!!

魔神にとって、ただ「存在」できる新地はそれだけで理想郷だった。上里どの魔神からかなり嫌われていたが、魔神も新地自体は気に入っている様子。

理想送りを引き寄せた特異な何か

アレイスター=クロウリー魔神は、幻想殺しではなく上条当麻こそが「の中心」だと述べていたが、やはりそれに匹敵するような何かが上里にもあるらしい。

幻想殺し」「神浄」「右手」は、クロウリーしていた「ホルスの時代exit」(テレマ教exit)の概念を適用しないと説明しきれない代物らしいのだが、理想送りや上里にも当てはまるかは不明。

だけど、暮植物に近かったり、琉華がブードゥーと海賊を結びつけてレグバ=アディボンとやらの魔術を使えるようになったりしたのはやっぱりおかしいと思う。何かがねじれている。そっちについては、右手の影も少なからずあったんじゃないかなって

だとすれば、きみの周辺でも同じような歪みは存在するのかもしれない

でも一方で、きみの周りにあるものはきみの常識で説明できるもののはずだ。つまり、ぼくとは違って周りの人達に伝染していくような歪みじゃないんだ

上里もこの特異性には勘付いており、新約17上里ラスト上条との会話でこう述べていた。
※一応補足しておくと、きみ=上条

上里勢力

別名……というか実態「上里ハーレム」とでもいうべき集団。その数はなんと約100

から降ってくるお隣在住再会系幼馴染み不良縦セタおっぱいベルト巨乳強調狐耳尻尾庭的魔法少女(ばんそうこうガード)、はんなり系京都弁ぶかぶか引きこもりピザ好き白衣科学者、植物ツインテールムッツリスケベ純薄着エプロン出しバイオ系元園芸部員眼鏡っ娘

…など、個性あふれる者がっている。
出番に恵まれたのは年齢詐称自在な回り系海賊少女自作サイボーグ義妹毒舌UFOうさぎ少女あたりだが、この他にも幽霊だのだの色々と濃いキャラ属性を有する面々である。

上条勢力と同じく損得勘定ではなく感情で動く。上条は勢としての自覚がく、世界中に点在して協関係が希薄な部分があるのに対し、 上里の協は明確に勢としての自覚を持っており、上里に対しては絶対的な協関係を持つ者が上里本人の身近に集まっている。

そしてなにより大きな違いは上里に対しはっきりとした好意を表現してくるところ」である。もげろ
ちなみに結成までの期間は推定1カほど。妹達ブーストを抜きにしたらあのフラグゲッター上条当麻でさえ追いつけない凄い速度での膨れ上がりである。

なお彼女達は上里に本気で惚れ込んでいるが、上里自身は『理想送り』が作用した結果だと思っている

しかし、その異常なまでにい結成期間とインフレ故に、問題も見え隠れしている。
上条勢力に入るのも裏切るのもあっさりな土御門裂の抜けた後も特殊かつ粒ぞろいの天草式十字凄教という組織をまとめられた建宮のような、次期頭首や代役のような存在が用意できなかった様子。

上里義妹の談からして、両親はストッパーとして当てにならず、結成動機が動機なだけに親船やオルソラのような一時的にでも導役になれる存在との縁がなかったことも、厄介である。

活躍

サンプル=ショゴスに侵食されたパトリシア=バードウェイを保護し、最終的に上条当麻と協してサンプル=ショゴスを引き剥がすことに成功。
さらにアレイスター=クロウリーに遣わされた木原幹に勝利幹は結果的にコールドスリープでいつ覚めるともしれぬ眠りにつく程の重体となる。
上条との対決では幻想殺しに打ち勝ったが、上条の肩口から現れた『の存在』を前に撤退している。

新約15巻では、木原幹の一件で彼の子である木原一の復讐となり、不意をつく形で腕を切断され『理想送り』を奪われる。理想送りを取り戻すまでの繋ぎとして木原一の腕を代用(縫合)した。

新約16巻では、木原一が作ったエレメントに対抗するために尽
高温に弱いというエレメントの弱点を見破り、学園都市全体に不思議UFO少女こと烏丸マイクロ波を照射し大熱波を発生させる。しかし、そのせいで学園都市インフラが使用不可となり、学園都市全体がの奪い合いに躍起になるという世紀末状態になってしまった。

木原一との『窓のないビル』内での直接対決において、巧みな話術・心理戦と上里の協で圧勝。腕を取り戻すことには成功した。 しかし、実は窓のないビルとはクロウリー地球依存した魔術を捨てるために、宇宙に発射するロケットそのものであった。木原一はそのロケットを使い、相打ち覚悟で大気層を突破する際に生じる熱を以って上里を殺しようとする。

仮の所有者の木原一と較しても、現在上里魔神への復讐という軸がブレ始め、内面は上条との接触をに少しずつ変化が蓄積していた。それこそ自身が理想送りの対となってしまう程に。
上里の心情の変化は少なからず上条によってもたらされた。例えば上里が理想送りではなく「上里という人間性に惚れ込んで自然と作られた勢」という事実を気付かせたのは上条である)。

『願望の重複』が生じていた上里は、世界からの消失を承知の上で、木原一と自分の腕を直接切り落とし、理想送りを自分の体に再び縫いつけた。

「……全部、のせいだっていうのか。お前を苦しめているものは、全部……」

「ははっ、そいつは違うな」
「確かにきみは戦いの決定打にはならなかった。役には立ったけど、別の駒でも話はそのまま進んだかもしれなかった。だとしたら、きみの役割は『そこ』じゃなかったんだ。きっと、こんな一言を届けるために今も立ち続けているんだろうさ

「何を……」

「簡単な事だよ」
この子達を頼む。大丈夫、きみならいつもやってきた事だろう?

そして上条少女たちを託してブースターを理想送りで消し飛ばすことに成功。
直後、上里の存在が世界から消失した。

その後

木原一はその場に残された右腕を再度手に入れ、残された理想送りを「上里が現世に復活する残された可性」だと示唆した事で、上里どは万が一の可性を考慮して木原一に付いてしまう。

一方の上条は「上里をこの世界へと連れ戻す」と決意。まるで上里ヒロインのようだ

新約17巻で上条木原一側に付かなかった上里UFO少女と協し、上里を助ける方法を模索する事となる。そして上里海賊少女を味方に引き入れ、御坂美琴パトリシア=バードウェイの協を得て、遂には上里を隔絶された世界から連れ戻すことに成功する。
記事では流石にかなり端折っているが、丸々1巻使っての大スペクタクルである。

余談だがこの時の上里は、新地で『魔神』同士のちょっとスケールがおかしい遊びに巻き込まれていた。具体的には魔神たちからボコられそうになり、何故かネフテュス娘々に気に入られて味方されたり…。

あと帰還直前に溜め込んだ心中ぶっちゃけている。前に似たような事やった人がいた気がする…。

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 13
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%8A%E9%87%8C%E7%BF%94%E6%B5%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

上里翔流

109 ななしのよっしん
2020/01/30(木) 01:28:08 ID: SOiptvQS+j
女性キャラなんて身勝手なもんよ
上里に限らず
そうじゃなきゃ理不尽暴力ヒロインなぞ生まれない
110 ななしのよっしん
2020/03/02(月) 18:24:20 ID: 4vfMIwL3rD
>>109
なんで女性に限定してるんだ?
ろくでもない人生送ってそう
111 ななしのよっしん
2020/03/15(日) 01:50:52 ID: SOiptvQS+j
>>110
上里自身は魔神らにボコられたり謝罪反省したりしてるのに
上里ヒロインたちは上条さんたちに迷惑かけまくったにも関わらず
一部を除いて謝罪もしないし報いも受けずに済んでるのがおかしいという話よ
それが禁書に限らず理不尽にみえるってだけ
112 ななしのよっしん
2020/03/15(日) 01:55:40 ID: sSMh0mpqNX
なろう主人公
113 ななしのよっしん
2020/04/07(火) 00:48:36 ID: 6AGHWVL3uX
僧正倒してコイツ出てきて(引き伸ばしの予感に)萎えて以降読んでなかったがTで禁書熱再燃してきたわ
ここ見てても上里逆張りメタ要素や単純にキャラの性格が不快そうで受け付けない自信ある
出来れば綺麗に上里出る巻を避けたいわ
電撃文庫HP見るにの18巻から読めばいいかにゃ?16巻はか?
114 ななしのよっしん
2020/05/04(月) 01:08:13 ID: 1ZhSMr40Oz
自分が同じような感じで18巻から読んだけどまぁ話についていけなくはないから大丈夫
16巻は御坂も食も出るけど上里ガッツリ絡んでくるよw
115 ななしのよっしん
2020/06/28(日) 16:28:40 ID: 0tFIRwBxWn
18巻でのあれこれとか上里編終盤の上条さん上里女性への反応とか含めると
最終的なオチは「上条さんが間違ってました、上里の言い分の方が常識的で正しかったです」ってことになるからなぁ
全体の流れからすると上里編は学園都市常識世界常識として学習してしまっていた上条当麻歪みの前フリって要素が大きい
116 ななしのよっしん
2020/09/08(火) 06:37:44 ID: ugFZ5jIkQW
上里編においては主人公上里上条さん心する敵役だからな
大体発端が魔神「あー幻想殺しムカつく世界諸共滅べ」上里理想送りどうぞ」魔神助けて幻想殺し変なに襲われた」
これで上条さん魔神の言い分に受けてるからな
それにハーレム嫉妬したの説明信じて上里と対立した挙句上里自体がやられてその勢をそっくり利用されるっていう
最初から上里に味方してりゃこうはならねえって状況だった
117 ななしのよっしん
2020/09/09(水) 02:12:12 ID: 8EEleXv6B2
上里編はなろうってよりエコーチェンバーネタにしてる気がするな
どんだけ残虐な発想でも周りが肯定してくれるから行動に移せてしまう恐怖
それは上里はもちろん、学園都市という聖域の中で上条もおかしくなってる、ってことを見せたかったんだと思う
まあでも、そういったメタ的なテーマ性が先行しすぎて評価が低くなったのも分かるけど、自分は結構好きな話だった
118 ななしのよっしん
2020/10/08(木) 20:12:22 ID: KURM/amiVD
>>116
基本敵に上条さん上里は相容れないんだから一っていう共通の敵がいないうちは仲間になるのはありえない
というかそもそもオティヌスを狙ってる以上
あと、仮に仲間になってても16巻の展開は避けられない
直前まで共闘してたのにあれだったわけだし