アネクドート単語

アネクドート

掲示板をみる(41)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アネクドートとは、ソビエト連邦で発達した政治風刺を持つジョーク、小話である。

概要

アネクドートのは、ギリシア語アネクドトン、「にならなかったもの」であるとされる。

ソビエト連邦憲法で「言論の自由」を謳っていたが、現実には反社会主義活動にはチェーカーKGBのような秘密警察による弾圧が常に行われてきた言論統制社会であったため、の通りこのような風刺ジョークソ連崩壊まではおおっぴらにられるものではなく、地下でり継がれてきたと言われている。

むしろそのような圧政社会であったからこそ、不満のはけ口としてこのような皮めいたジョークが多く作られることになったと考えられる向きも存在する。
しかしながらソ連刑法58条においては反プロパガンダ活動は最高刑で死刑を適用できるほどであり、「命がけの危険なスポーツ」的な楽しみ方をされていたという。

またアメリカなど西側諸では、反共の一環として「理想と現実」のギャップをし示すようなこのようなジョークが好んで宣伝的に取り上げられたため、世界でも広く知られるようになったと言われる。

なお、ソ連が関連したジョークとしてほかに「ロシア的倒置法」というものがある。例としては「アメリカではあなたがテレビを観る(watch)。ソビエトロシアではテレビがあなたを見る(watch)!」など。これはソ連ネタとしてアメリカ合衆国で発祥したジョークでありアネクドートではない。だがソ連ネタにした政治風刺を含んでいるジョーク、という類似点があるため、アネクドートと混同されやすい。

一例

共産主義体制そのものに対するもの

スターリンに関するもの

  • 「同士スターリン。この男はあなたそっくりです」「射殺せよ!」
    ひげを剃ってしまえばそっくりではなくなりますよ」「ひげを剃ってから射殺せよ!」
  • スターリン演説中、かがくしゃみをした。「くしゃみをしたのは誰だ!」。も答えなかった。
    「第一列起立! 射殺せよ!」「くしゃみをしたのは誰だ!」。も答えなかった。
    「第二列起立! 射殺せよ!」。「くしゃみをしたのは誰だ!」。最後列からおびえ切った男がおずおずと手を上げた。
    「私です・・・」「お大事に! 同志!」
  • スターリンが船遊び中、に落ちて溺れたところをたまたま助けた農民がいた。
    「褒美を取らせる。なんでも言ってみろ」「では同志を助けたことを国家機密にしてください」

フルシチョフに関するもの

  • 世界で一番のマジシャンって誰だろう?」「フルシチョフさ。カザフに麦の種をまいて、カナダで収穫したんだ」
  • コルホーズを視察したフルシチョフが冗談交じりで尋ねた「調子はどうだい?」。農民も負けじと陽気な冗談で答えた「大変うまくいってますよ!」

ブレジネフに関するもの

アンドロポフ、チェルネンコに関するもの

二人ともアネクドート作る前に死んじまったよ。実はあるんだなこれが。掲示板>>2より

  • あの世にて
    レジネフ「アンドロポフくん、私の机の上の眼鏡はとってきてくれたかな?」
    アンドロポフ「申し訳ない同志、忘れてしまいました。しかしチェルネンコくんがすぐにとってきてくれるでしょう」
  • 専制君主制において権は親から子供に受け継がれる。
    ソ連においては老人から老人に受け継がれる!

ゴルバチョフに関するもの

エリツィンに関するもの

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/27(火) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/27(火) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP