今注目のニュース
子持ち家庭の幸福度は「子供が成長後も同居」で意外な結果に…
宮野真守、他ジャンルへの挑戦を経て「声優、得意だな」という境地に
繰り返される「のぞき見採用」 リクナビ問題に透ける新卒採用の“勘違い”

ブレスオブファイア単語

ブレスオブファイア

掲示板をみる(270)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

『ブレスオブファイア』とは、カプコンから発売されたRPGシリーズである。略称BOF、ブレス
英語の表記だと、「Breath of Fire」となる。

この記事ではシリーズ初代作品「ブレスオブファイア~戦士~」を解説するほか、のちのシリーズについても簡単に触れていく。

概要

ブレスオブファイア1993年カプコン初の本格RPGとしてスーパーファミコン用に発売。以来シリーズを重ねて通算販売数300万本以上の実績を作った。初代「戦士」は、歴代主人公リュウヒロインニーナの基本イメージが決められた記念すべき作品でもある。この役二人が手塚漫画スターシステムのごとく、設定やデザインを変更されながらも全シリーズ統一して登場することはよく知られているが、そのほかのキャラクターも幾人かのちの作品に登場している。

世界観はRPGによく見られる中世ヨーロッパの趣こそあるが、エルフドワーフといった種族に代わっての頭や尻尾をもついわゆる獣人たちが登場する。キャラクターをはじめトータルデザインを担当した吉川達哉強さと嬌を兼ね備えた絵の魅もあって、こうしたBOF独自の世界観は多くのファンタジーファンを呼び込んだ。

またBOFは各タイトルごとに独創的なシステムミニゲームを搭載する試みが行われており、初代では合体狩り釣りなどが挙げられる。特に釣りは好評で、BOFシリーズの名物としてマイナーチェンジを繰り返し、「」ではとうとう釣りコンへ対応するにまで至ったが、大幅な世界観の変更が行われた「Ⅴ」では残念ながら止されてしまった。

2001年にはゲームボーイアドバンス用としてリバイバル移植され、その際にインターフェイスなどが後継作品である「」と統一されるなど細部の変が行われた。

物語

数千年前、人々に望むものを与え争わせる邪悪な女神ミリアが現れた。彼女を巡り、強大なを持つ族が族と白竜族の二つに分かれて戦う「女神戦争」が勃発。しかし白竜族から現れた勇者たちの尽によりミリアは封印され、族もまた自分たちの行いを悔いてそのを封じた。

は流れ、白竜族の住まう村ドラグニールに突如として火の手が上がった。世界征服を図る族がミリア復活の手始めに、邪魔な白竜族を根絶やしにすべく動いたのだ。村の元締めであるおばばのへ避難した住人は抗戦をするが、おばばは族のはとうに捨てたと彼らを制止する。そんな中、村のセイラが皆を守ろうと魔法で自分以外の村人を石化し、ひとり族へ立ち向かった。しかし及ばず、彼女族に連れ去られてしまう。

石化の解けた村人たちの前には、族もセイラの姿もなく、ただ廃墟だけが残されていた。セイラのリュウは、をとりもどし、族の野望を打ち砕くために立った。

キャラクター

リュウ
白竜族の少年である主人公。封印を解くことにより強戦闘力を持つドラゴン変身できる。戦士系として高いパラメータを持ち、頼れる前衛として活躍できる。固有アクション釣りで手に入れられるは、様々な効果を持つアイテムとして使用可である。

ニーナ
ウィンディア王女族の陰謀によって倒れたを救うためリュウ仲間に加わる。レイピアを使う魔法の装備だが、後述のディースと並ぶ魔法使いとしての素養があり、に後方からの回復や支援が役となる。

ギリアム
の民()族の狩人。礼儀正しい性格での名手。狩りミニゲーム担当であるほか、彼がいないとフィールド上のを通過できない。戦闘メンバーとしては頼りになる方だが、を持てないため防御に若干の不安がある。

ダンク
盗賊見習いの少年。武器はナイフで、素さを生かした抜群の先制、回避で戦う。の開錠やの回避といった個人アクションを持つ。ネタバレにつき反転実は合体を持つ種族の末裔であることが後半明らかとなるが、以降のシリーズではモブですら彼と同種族が登場しない。絶滅してしまったのか……?

マニーロ
に汚い魚人族の出身で、商売手口のあくどさから元締めに破門された問題児。個人アクションフリーマーケットで、アイテムを高く売り出すことができる。水中では役に立つが、地上での戦としては弱い。しかしそのがめつい個性はひときわ強く、「」以降からお染みの商売人キャラとしての立ち位置を獲得。「」まで欠かさず登場するが、すべてが同一人物かは不明。

ビルダー
鍛冶屋職人集団「鉄鬼衆」のひとり。気は優しくて持ちの。見た通りのパワーファイターで、素さこそ低いが役や攻撃の要として重宝する。多少の魔法も使えるが、APが低いのであまり頼りにはできない。個人アクションでヒビの入ったをぶちやぶれる。

モグ
地中で暮らす土喰(モグラ)族の少年族により夢の中に閉じ込められていたが、リュウたちに助けられて仲間に加わる。個人アクション掘りは、屋外でなら確実な逃走が見込める。攻撃が高い強みはあるが、体格の小ささゆえに防御HPが低く、長期戦には不利な面も。

ディース
下半身がになっている美女魔法使い。見たによらず(?)大雑把放な性格。かつてはカンスト級の実を持っていたが、長く眠っている間に魔法のほとんどを忘れてしまった。回復系のニーナに対して、攻撃的な魔法を得意とする。歳をとらないこともあって、共通の世界背景を持つⅠ~までの作品に同一人物として登場する一のキャラクターネタバレにつき反転実はにも登場するが、こちらはスターシステム的な別人)。

音楽

『ブレスオブファイア~戦士~』のCMで使用された曲名も「BREATH OF FIRE」(原曲 RUNNING WILD演奏ToshiX JAPAN)with Night Hawks。ToshiヴァージョンCD化されていないようだが(原曲 RUNNING WILDはされている)バック演奏を勤めたナイト・ホークスアルバム「ザ・ミッドナイトホークス」でカヴァーし、収録されている。

また、RUNNING WILD作詞TOSHIだが、BREATH OF FIRE作詞小林まさみとナイト・ホークスヴォーカルギターリーダー青木秀一である。また、作曲青木秀一である。

余談であるが原曲 RUNNING WILD日本テレビロックの鳴缶オープニングテーマで使用されている。

シリーズの歴史

BOFは「」以降もリュウ主人公ニーナヒロインとして続くシリーズとして確立され、「」以降は世界観が変わるようにこそなったものの、ありがちな中世ファンタジーに陥ることなく、獣人たちが活躍するというBOFの伝統を継続した。

各作品ともストーリー子は、吉川による万人受けしそうなキャラデザインと相反するようにハードであり、タイトルが意味するのごときを持った「」を縦糸に、登場人物たちの宿命や野心を横糸として物語られた。もちろんコミカルな部分もあるが、悲劇的、残酷なシーンの印が強く、多くのプレイヤーの心をゆさぶった。

ブレスオブファイアⅡ~使命の子~(SFC、GBA)

ブレスオブファイアⅡ1994年スーパーファミコンで発売された続編。合体システムが練り直されたほか、対話した人物との関係性を示す「ドラゴンズティア」、主人公たちが造るとして共同体を導入。ドラゴンズティアは本作のみに終わったが、共同体は採用する職人、商人によっての雰囲気から商品のラインナップまで変わるという画期的なシステムが評価された。以降は妖精がこの手伝いをするようになり、これは細部の変更を繰り返しながらもVまで継承された。

ブレスオブファイアⅢ(PS、PSP)

ブレスオブファイアⅢ1997年プレイステーション用として発売。ハード進化に合わせてフィールドポリゴン化されるいっぽう、キャラクターは2Dに留まったが、当時のカプコンのお芸ともいえるドットアニメーション3Dさながらの滑らかな動きを見せた。新システムでは師匠制度を導入。これはパーティーメンバー特定キャラ子となることで、伸びるステータスを変化させられるもの。基本的にキャラの長所を伸ばす師匠が有利になるが、変身APを消費するリュウ魔法使い系の子になると長時間ドラゴンとして戦える、といった方向性も生み出せた。

本作ではCM専用のアニメーションが作られており、その印的なCMを覚えている人も多いだろう。そして何故そのCMソングアニメーション本編かったのか嘆いたファンもいることだろう。 

ブレスオブファイアⅣ~うつろわざるもの~(PS、PSP)

ブレスオブファイアⅣ2000年プレイステーション用として発売。「」を区切りとして従来の世界観がされた。「」ではカプコンの十八番である格闘ゲームの要素をとりこんだコンボシステムを導入。コンボを連ねるほど後に出す攻撃が強になり、コンボ練習専用の敵も用意されていたことから、どれだけコンボ数を稼いで強な攻撃を叩き込むか、という研究が熱中要素のひとつになった。

ほかにはチュートリアル用のモブキャラとして「おしえたガール」が登場。システムの解説をする便利キャラであることから、彼女たちは「V」にも引き続き出演した。

ブレスオブファイアV ドラゴンクォーター(PS2)

ブレスオブファイアⅤ「Ⅴ」では世界観がガラリと変わったこともあり、「」までに登場したほとんどのサブシステムミニゲームが姿を消し、周回プレイを補助するSOLシナリオオーバーレイ)、100%に達するとゲームオーバーになるDカウンター戦闘中の行動数を制限するAPS(アクティブポイントシステム)、フィールド上の戦略を構築するPETS(ポジティブエンカウンタータクティクスシステム)が新規導入されるという大胆な試みが行われた。これらシステムは評価こそ高いものの、プレイの敷居をあげ、また世界観があまりに暗くなったなどの理由から従来ファンが離れ、シリーズスタッフ解散という結果に至ってしまった。

ブレスオブファイア6 白竜の守護者たち(PC、スマートフォン、タブレット端末)

ブレスオブファイア62015年開始予定。なぜかナンバリングタイトルアラビア数字になってしまった第6作。オンラインゲームという方向性は時流に合わせた傾向であろうが、旧ブレスシリーズスタッフが一人もからんでいないこと、媒体がスマートフォンなどであることから従来ファンから失望のがあがっている。通称「お手軽タッチRPGがこんなものを出せと言った)


なお「」以降はハード進化にともない、キャラクターボイスが付いているが、リュウニーナ声優が固定されている。
リュウ山口勝平 (の幼年時代のみ高井智子が担当)
ニーナ氷上恭子 
ほかには渡辺久美子石塚運昇が全く別の役でとⅤに連続出演している。

現在は「Ⅴ」までのシリーズ開発が解散してしまったこともあり、(正当な)次回作の予定は未定ファンからはディレクター池原まことデザイナー吉川達哉シリーズスタッフによる続編を待ち望むが強い。

関連項目

 

関連動画

関連商品

ゲームソフト

書籍・サウンドトラックetc

関連コミュニティ

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP