今注目のニュース
チーズトーストに犯ニャンの肉球がくっきり 「やっちまったニャ……」気まずそうな猫の表情もかわいい
「現実逃避で下半身露出した男」でねづっち謎掛け 「まさにチン事だ」
「俺の知ってるジオン水泳部じゃない…?」“色物キャラ”で終わらない脇役たちの魅力

上方落語単語

カミガタラクゴ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

上方落語(かみがたらくご)とは、関西地方で発展を遂げた落語である。

定義

上方(かみがた)とは江戸時代など近代以前での、大坂などの畿内地方での呼び名であり、名の通り皇居を構えてたことから、大坂も含め上方(かみがた)と呼ばれた。後に天皇東京遷都させられてしまうが、慣習的に上方落語という名称が残っている。また、かつては大坂だけでなくでも落語という独自の落語が存在したそうだが、今日では大坂落語だけが残り(あるいは落語を吸収し)、大阪で演じられる、そして関西弁を用いる落語をそのように呼んでいる。

上方落語という呼び名は相対的な呼称であり、上方落語も江戸落語も広義の落語に含まれるものである。しかしながら関東地方など関西以外では落語江戸落語し、それと差別化を図る意味で上方落語と呼んでいるケースも少なくない。

歴史

上方落語の始祖と呼ばれる人が大坂にそれぞれいる。にいたのが初代露の五郎兵衛という人物で、江戸時代初期に、日蓮宗の談義僧から還俗し、咄と呼ばれる笑い話や歌舞伎役者物真似などのパフォーマンスを披露したとされる。なお、露の五郎兵衛という名跡は今も残っているが、初代と二代300年近くいており、先人へのリスペクトで名乗ったものである。

かたや、大坂にいたのが米沢という人物であり、落語家というよりは軽業師、大芸人の類であった。だが、小咄も評判を呼んだので、自ら軽口本集を上している。これが後に数年と続く上方落語へとつながっていくのである。その後は松田彌助という人物が現れ、その子に初代文治が現れ、大坂で、江戸のような寄席を開き、また鳴物具を用いたとされ、今の上方落語のスタイル確立していったとされる。後に文治は東西にわかれ、上方では文枝が止め名として受け継がれた。また、に並ぶ屋号、笑福亭一門は保から安永に成立したと伝わっている。また、立川屋も上方で勢を効かせたことがあった。

なお、江戸落語の祖と呼ばれる鹿野武左衛門も元は難波、あるいはの出身といわれている。

衰退と復活

明治には好対照な保守)、三友(笑福亭が軸で手で陽気な笑いを提供した)の切磋磨などもあり盛を迎えるが、大正から横山エンタツ、アチャコに代表される新漫才が台頭し、吉本行部が漫才に注してしまった(落語用の寄席を漫才用に買収した)ため、落語は大きく衰退し、存亡の危機に立たされる(滅びたわけではなく、面下の隙間産業となってしまった)。

しかし、そんな中でも落語の復権をしたのが5代目笑福亭松鶴や4代治らであり、後に彼らの次世代となって、後に上方落語四天王と呼ばれる三代目桂米朝、六代笑福亭松鶴、五代桂文枝、そして三代目桂春團治らが台頭したことで、復活を遂げることになる。この復権の陰には民放系ラジオ放送の開局もあり、聴取率を取れる落語白羽の矢が立ったのである。その後テレビメディア役になると、笑福亭仁鶴を筆頭に、桂三枝現在六代・桂文枝)、笑福亭鶴光などが人気を集めた。

1980年代からは、横山やすし・西川きよし(いわゆる「やすきよ」)、オール阪神巨人今いくよ・くるよ宮川大助花子などの漫才が絶大な人気を誇り、また東京から訪れたコントブームも浸透していく(クレイジーキャッツザ・ドリフターズ大阪でも絶大な人気を誇った)が、浪速の爆笑王といわれた桂枝雀を筆頭に、桂南光月亭八方桂文珍らが芸界に入り込み大健闘を見せた。その一方で桂枝雀自殺、また桂吉朝、笑福亭松葉など将来を嘱望された実落語家の相次ぐ世という不運にも見舞われた。

後に、上方落語界は東京との交流が密接となり、江戸落語一辺倒だった東京などでも上方落語は増えることとなる。特にNHK連続テレビ小説ちりとてちん」は上方落語ブームにとって追いとなり、兄さんを演じた吉弥は一躍時の人となった。また、大名跡の襲名も相次いでいる。治、、そして桂三枝桂文枝を襲名したことも話題となった。

また、「天神亭」は日本初の落語専門寄席であり、オープンからずっと安定した人気を保ち、若い世代の落語人気確保にも一役買っている。

江戸落語との違い

  • ベースとなる言葉
    上方落語は当然ながら上方言葉(いわゆる関西弁)がとなる。そのため、他地方の人は習得しにくく、また観賞しようにも聞き取りにくい、意味が伝わりにくいことがあったりするので、まずは聞いてを慣らそう(落語好きなのに江戸、上方双方楽しめないのは体ない)。尚、現在大阪でもおなごし(女中)、お弁を使う(弁当を食べる)、もみない(まずい)、ざんない(見るに堪えない)など、現在では古死語となっている言葉も多数あり、桂米朝などはこのような古を好んで用いている一方で、桂枝雀などはある程度わかりやすい言葉に差し替えている。
  • 噺の種類
    よく言われる点として、江戸落語較すると大半がいわゆる滑稽噺であり、また、その多くが幕末から明治にかけて、江戸東京)に移入されている。また、上方落語はお代を演芸の最後に徴収していたため、どうしても客を留まらせる必要があった。そのため、で客の注を引き(上方落語ではで10分程度喋ることなんてザラである)、そしてオチもしっかり付けていたのである。更に、近代から戦後になって、漫才という強敵と対峙した過去があるため、笑える噺でないと客を呼べなかったことで、他の要素がれたという部分もある。したがって、笑いに特化した話芸となっている現状があり、逆に笑える落語を聴きたいなら、上方落語を選べばほぼ間違いない。対して人情噺は昔から圧倒的に少ない。これは、人情ものに関しては浄瑠璃市民権を得ていたためではないか、と上方文化史の第一人者でも知られた桂米朝は推測している。
  • はめもの
    全ての演に当てはまるわけではないが、上方落語ではよく「はめもの」というお囃子(三味線)を用いる。これは噺と言われた露商売の名残で、行く人の注を引く必要があったからであり、昔は踊り子などもいたそうだ。よく宴の賑やかしや寂しい山村中で用いられ、ある程度パターンがあり、噺が「この中の賑やかなことー!」とまくし立てれば、ほぼ間違いなくはめものが流れてくる。近年は電子楽器などを用いる人もいるが、基本は三味線である。

  • 扇子や手拭いのほかに、上方落語では見台と呼ばれる小さな机、小拍子(こびょうし)といわれる小さな拍子木、膝隠(ひざかくし)と呼ばれる小さな衝立が使われることが多い(噺によって、ど使わない人もいる)。
  • 人物
    大坂は商人の町であり、商人が関係する噺が多いのが特徴。有名な噺では千両蜜柑口入屋寝床質屋蔵百年目など枚挙に遑がない。旦那と番頭、そして丁稚(定吉が多い)というのは定番である。また、粗者の町人が役の噺も多い(宿替い、くっしゃみ講釈、池田の猪買い子ほめ道具屋など)。一方で、大坂には武が存在しなかったため、武士が出てくる噺はあまり見られない。江戸落語では有名な「井戸の茶碗」、「目黒さんま」などが演じられることは極めて稀であり、「将棋の殿様」など、舞台を紀州に変えて演じているものもある。また、「宿屋仇」などでは武士を、得体の知れない恐ろしいもの扱いするなど、武士を異様に怖がる町人の演出も多い(武士が多く往来していた江戸とは対照的)。
    また、江戸落語では定番のさんと八さんは出てこずに、二人組といえば喜六と清八が定番である。一方、糊屋の婆さんや丁稚の定吉などはどちらにも登場する。
  • 制度
    上方落語には真打制度はない大正時代に止された)。なので、自分で稼いで客を呼ぶことがめられる。そのために、門戸も広い反面、うまく行かずに業する人も多い。だが、香盤と呼ばれる制度が真打の代わりに格付を決めており、前座、二つ、トリなどといったものは存在している。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/08/18(日) 23:55:12 ID: VVvQ6KFsF1

    作成乙です 江戸落語より詳しく書かれているのではなかろうか

急上昇ワード

最終更新:2020/01/29(水) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/29(水) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP