今注目のニュース
マックのナゲット15ピースが安いので買うなら今
【サトシ超人説】「ピカチュウを肩に乗せて歩く」ってよく考えたらキツくない? → 検証してみたら肩こりどころじゃ済まなかった
「ゲーム部」運営会社、メンバーの声優変更を認める

明王朝単語

ミンオウチョウ

掲示板をみる(22)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

明王朝とは、中国にあった王である。

概要

1368年に朱元璋が建し、1644年に自成が滅ぼすまで中国を統一した王である。250年続いた王ではあるが、北から南から、内から外からと色々と攻められて苦労の多い王であった。

最後の民族皇帝の王でもある。日本史だと足利義満の勘合貿易や秀吉大陸侵攻なんかで出てくる。

勃興

末期政治が乱れ財政が苦しくなった元政府重い民に課していたため、これに堪え兼ねた民衆は1351年に各地で反乱を起こした。この反乱の中心となったのは秘密結社の白蓮教徒である。白蓮教徒は印にい頭巾をつけていたので、この反乱は巾の乱と呼ばれるようになった。この乱には、後に明朝を建てる朱元璋も参加している。

朱元璋は貧農の生まれであり、若い頃は乞食坊主をするなどの過酷な生活を送っていたが、巾の乱に参加してからは一大勢であるに認められ、1355年にはの後を継いで一軍を揮するまでになった。朱元璋江南の中心地である集慶路(南)を攻め落とし、と名をめここを本拠地とした。応府は地や知識人が多く集まっており、その中で農民軍の導者であったの勧めを受けて朱元璋巾の乱から離脱して天下統一し始める。

当時の中国には元の他にも陳友諒などの朱元璋ライバルが数多く存在していたが、朱元璋1363年に鄱陽の戦いで陳友諒を上戦にて破り、67年には州の戦いでを倒し、その後、元の首都の大都に軍を進めた。68年には応府(南)にてとうとう皇位につき、朱元璋洪武帝を名乗った。即位した洪武帝一世一元の制を唱え、それまで何かあるたびにコロコロ変えていた元号を、一人の皇帝が一つの元号を用いるとした。

さらに洪武帝は、当時を荒し回っていた、日明高麗その他、様々な人々によって構成されていた武装商人、通称と呼ばれる海賊に対抗するため高麗日本琉球に使者を送り、対倭同盟を呼びかけた。当時の日本南北朝時代であり、しっちゃかめっちゃかな政治情勢であった。明の大使九州に勢を誇る南の拠点、征西将軍府の懐良親王(かねよししんのう)の下を訪れるが、南北朝混乱もあって貢関係は結べなかった。

一方で洪武帝疑心暗鬼の病にかかり始めていた。地方の役人数千人を処刑追放した印の案と呼ばれる事件を起こし、さらに丞相胡惟庸(こいよう)を処刑し、関連のある人15000人を殺した。この中には明建に手柄のあるものも多くあった。

行政に関しては、現場と皇帝の取り次ぎを行う中書止して、六部と呼ばれる6つの行政機関(役人を統括する吏部、徴税・財政を担当する戸部科挙や外交を担当する礼部、軍政を兵部、懲罰や裁判を担当する刑部、宮殿の造営や河川の修復を行う工部)を皇帝が直接統治できるように革を行った。更に土地台帳の鱗図冊、課税のための戸籍・租税台帳の賦役を作り、税や労役の負担をにした。また10戸を1グループにして、一番裕福なに課税と労役を管理させる里甲制をしいて農民の生活を安定させた。

しかし洪武帝疑心暗鬼は治ることはなく、粛正のは吹き止まなかった。洪武帝は跡継ぎを孫の允炆(後の建文)に決めたが、自分の息子である25人の皇子をすべて地方に送り、洪武帝の死後も都に入る事を禁じた。更に建以来の忠臣であったを謀反の罪で逮捕し、関連人物をすべて処刑するという暴挙に出る。洪武帝によって処刑された人物は数万人に上るとされている。

永楽帝

洪武帝の死後、位を継いだ建文は自分の叔父達(洪武帝子供)に皇帝位を奪われる事を恐れ、有皇子達を次々と逮捕していった。これに対抗した北京王、洪武帝第四子、朱棣(しゅてい、後の永楽帝)はクーデタを起こし、応府を陥落させた。これを靖難(せいなん)の役という。

1402年朱棣は応府で永楽帝となったが、永楽帝クーデターによって生まれた皇帝であったため、建文に仕えていた儒者の方孝孺(ほうこうじゅ)から賊簒位(えんぞくさんい、皇帝の位を奪い取ったの賊の意)と非難されるなど、知識人からの評判が非常に悪かった。そこで永楽帝儒教の教典の大編纂事業を起こした。多くの学者を集めて『四書大全』『五経大全』『性理大全』などを刊行し、これを科挙の試験科とした。これは永楽帝批判的な学者を取り除く政策でもあった。

永楽帝は応府から自分の本拠地である北京遷都し、民間上交通や漁業活動、貿易を制限するを出して貿易はが認めるものに限って利益を独占しようとした。この頃、室町幕府足利義満永楽帝に使節を送り、日本国王として認められ、勘合貿易を開始する。それに伴い室町幕府は倭取り締まりを強めたため明だけでなく朝鮮琉球日本をも苦しめていた倭の数も徐々に減っていった。明は日本だけでなく、朝鮮東南アジア々にも使節を送り、東アジアには明を中心とした際秩序が生まれていった。

しかし、このような中で明に従わなかったのが北方モンゴル系勢であった。当時、明朝によって中原を追われた北元は東方ドチン・モンゴル漢文史料では韃靼だったん)と西方ドルベン・オイラト(瓦刺、わら)に分裂して抗争しており、これにつけ込む形で永楽帝は五度にわたるモンゴリア親征を試みた。1410年にはオノン河畔にてモンゴル軍を破ったが、その後は敵のをうまく捉えられず、見るべき成果を残せなかった。また1406年にはベトナム(れいきり)が陳を滅ぼし明から独立してしまったために80万の軍を差し向けて明の支配下に置いたが、ベトナムの抵抗は根強く統治は安定しなかった。

一方で、永楽帝1405年にイスラーム宦官鄭和62隻の「宝船」と呼ばれる船と27800人の兵で構成された大船団を南に向かわせた。鄭和はチャンパー(現ベトナム)、マジャパヒト(ジャワ)を経て、スマトのパレンバン、更にはインドのカリカットまで達した。明の船団は兵隊も乗せており、パレンバンでは海賊の施進卿と協して同じく海賊の陳祖議を戦にて打ち破った。更に鄭和は4回以降の航ではアラビアえてホルズム、メッカアフリカにまで到達した。鄭和がアフリカから持ち帰ったキリン永楽帝を大層喜ばせ、明の栄徴ともなった。

北虜南倭

永楽帝の死後、北方ではオイラトが強大になり東方モンゴルや女に勢を延ばしていた。オイラトはティムール帝国をはじめとするペルシャやアラビアと明の貿易の仲介を行っていたが、明との折り合いが合わず交渉は破綻してしまった。そのためオイラトのリーダーであるエセン1449年に明の大同に攻め入った。これに対して有宦官の王振は親征を、謙は守備をしたが、時の皇帝正統は出を決意する。しかし、土木堡にて大敗し、王振は戦死、正統エセンに捕えられてしまった。これを土木の変という。

皇帝が捕まったことを知った謙は新皇帝をたて、北京にてオイラトとの戦いに挑み、防衛に成功する。その後、人質としての価値を失った正統が送り返されてくるも、既に皇帝でなくなっていたため上皇としてに監禁された。しかし、1457年に皇太子のいなかったが病死すると、クーデターが起こり、再び正統として皇位についた。このように同じ人物が二度皇位につくことを重祚(ちょうそ)という。謙をはじめとしたに組した人々をすべて死刑に処す。その後エセンは亡くなったが、モンゴリアの遊牧民の侵入は止まらず、から皇帝を継いだ成化万里の長城の補修拡大事業に乗り出したため、国家の財政はかなり苦しい状況に陥った。

16世紀になると民間貿易を制限する禁政策を破って、密貿易がさかんになった。特に商人であった王直は密貿易で多額の利益をあげた。日本種子島を伝えたポルトガル船も王直所有のものであったとされる。しかし明の役人である朱紈しゅがん)が密貿易を厳しく取り締まったために王直は日本長崎に拠点を移して密貿易を続けた。王直は大船団を作り、やがて海賊の様相を呈し始めた。彼らは日本刀を持ちチョンマゲをして日本人に扮していた。これが後期倭である。後期倭のほとんどは明人だというのが通説であるが、実際の所は人種籍というのが曖昧な時代でもあったため、一概に「倭は〜人」と言い切る事もできない。

の勢はとてつもなく、時の皇帝年号をとって嘉靖の大倭と呼ばれた。更に北方では右翼モンゴルの有アルタン=ハーンが明に侵入を開始する。北からはモンゴル、南からは倭という北虜南倭という逼迫の状況に対して、政治に関心がなかった時の皇帝、嘉靖は対策をすべて宰相に投げっぱなしにしてしまった。官僚達は軍事費を調達するためにの徴収をしたが、これはの価値をあげ、の貿易をしていた倭の財を高めるという皮な結果になっていまった。

しかしその後、1553年に倭を鎮圧するために胡宗浙(びんせつ)総督に着任し、王直をにはめ捕縛した後に処刑。更に浙江では戚継を倭討伐に派遣し、勝利をつかみ取っていった。1566年、皇帝は倭を静まらせ禁政策をやめて、71年にはトゥメト部のアルタンと講和したため、北虜南倭はほぼ収まった。

滅亡

1572年万暦帝が14代の皇帝についたが、わずか10歳であったために大臣の居正政治を行っていた。居正の革によって財政とも安定したが、居正の死後、革反対が勢を盛り返し、居正の財産の没収や家族の追放が行われた。万暦帝政治に関心は薄く、モンゴルハイで反乱が起きたり、秀吉大陸に進出してきても、いまいち対応は鈍かった。更に土であった応龍秀吉の出兵に乗じて反乱を起こした。これら三つの戦乱を、万の三征と呼ぶ。

数々の戦争の負担は重税となって民衆にのしかかり、さらに宮廷では宦官と東党と呼ばれる学者が政治を巡ってしく争い、国家はきわめて不安定な状況にあった。
万暦帝の後に即位した泰は名君として期待されていた人物であったが数ヶの在位で急死。その後を継いだ息子暗君宦官忠賢の台頭を許してしまう。彼によって大勢の人々が殺され、東でヌルハチが台頭するのを視して賄賂と苛斂誅が横行、政治は腐敗の一途を辿って行った。

この世の栄を極めた忠賢であったがが崩御し、の崇が即位すると没落、自殺に追い込まれるが時、既に遅かった。攻め寄せる後(清)軍を前に、傾きかけた勢を立て直そうと崇は奮闘するが疑心の強さによって、名将を処刑をしてしまったり、戦費を賄うために増税をしたり駄をくそうとすれば反乱分子を増やしてしまうなど、やることなすが裏に出てしまい、反乱軍自成によって1644年北京を占領され、17代にして最後の皇帝。崇自殺。明王朝は滅んだ。

南明による抵抗

その後、生き残った一部の有者と彼らに擁立された生き残りの皇族を中心に、明の影がまだ残っていた中・華南の残党勢を糾合、「南明」と呼ばれる一種の亡命政権を築き上げ、新たな王を打ち立てようと論む自成ら反乱軍や尚も侵攻を続ける清軍に対し、「反清復明」をスローガンに掲げて頑強に抵抗を続けた。反乱軍が清に滅ぼされるとその残党をも取り込み、1646年の永の代には名相・鄭成功の活躍と尽もあり、一時的に清軍を圧倒して押し返してしまうほどの勢いを見せた。

しかし、下を前にして時流に乗る清の勢いそのものを止めることは出来ず、次第に形勢を逆転されると南方へと追い詰められ、1662年には最後の皇帝が死去して南明は滅亡した。その後も意志を継いだ鄭成功を祖とする鄭氏政権が台湾に渡ってまで尚も抵抗を続け、日本を含む周辺諸に形振り構わず援軍を要請(江戸幕府に対する「日本乞師」など)するなどしたが、こちらも1683年には追い詰められて降伏。ここに約300年続いた明の命脈は、再の夢と共に全に絶たれることとなった。

明代の政治

洪武帝は統一後の粛清人事において、君独裁を底的に高めていた。そのうちの一つが宰相で、丞相の胡惟庸を処刑した後は宰相職はおかず、皇帝自らが上奏文をチェックして決済をするという手法を取っていた。宰相が行っていた事務処理も皇帝自らが行うことによって他者の専横を防ぐというものであったが、上奏文は膨大な量に登り、とてもではないが一人で出来るものではなかった。

このため、複数の秘書官が上奏文をチェックして、決済文の原案を作っておくのだが、いつしか原案がそのまま決済として通るようになり、従って原案を作る権限を持つ秘書官が事実上の宰相として扱われるようになっていった。つまり、胡惟庸以外の宰相と呼ばれる人物は正式の宰相ではなかったということに留意する必要がある。皇帝の出来不出来がダイレクトに出てしまうのが明代の政治の特徴で、名君の治世が短く、暗君の治世が長かったのが明の不幸と言われているが、運だけの問題ではなかったかもしれない。皇帝の責務は務であり、時には神経を磨り減らす決断をしなければならず、そのストレスがのし掛ったと考えられるが、暗君の場合にはに政務を執らないのでプレッシャーそのものがかからないと思われるからである。

明代の宰相は強い権限を持っていたが、制度で定められた訳でもなく、軍権を持っていたわけでもなく、皇帝の命を偽ることを周囲から黙認されることによって権を持つという、冷静に考えてみれば洪武帝が聞いたら関係者たちを一族族滅するほどにとんでもない方法で権を得ていたので、立場が曖昧で、この世の謳歌していた寵臣が、皇帝の不を買って処刑されることも当たり前だったので、他とは違い、権臣が皇帝擁立することは考えられないことだった。勤に至っては皇帝死亡後に失脚することを恐れて謀反を企てたほどである。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 20ななしのよっしん

    2018/10/20(土) 15:47:31 ID: KR466vQ6VZ

    >>19
    というより、万暦帝居正の時代の遺産を食いつぶしたしたのがあまりに大きい。
    万暦帝の即位初期は、実は明王朝全盛期だったかもしれないんだぜ…

  • 21ななしのよっしん

    2018/12/23(日) 22:32:56 ID: 7zQ9XHt06e

    確かに万歴はひどすぎる
    しかし、こういう好き放題するあほじゃないと長生きできないんだろうな。

  • 22ななしのよっしん

    2019/06/12(水) 23:54:49 ID: es1D9Vqs5H

    忠賢がぶっちぎりで酷すぎるんだよなあ

    ・驚異的な記憶法律や敵の名前を全部暗記
    ・やられた恨みは絶対復讐
    ・秘密警察を組織して反対拷問
    ・敵との戦で負けてもワイロで負けを帳消し
    皇帝と同じ様に自分を称えさせるため「九千歳」と呼ばせる
    ・散々やらかした挙句、首をって自害

    マジでこいつが明崩壊の大戦犯だと思う

急上昇ワード

最終更新:2019/07/19(金) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/19(金) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP