今注目のニュース
小池都知事が“夜の繁華街”の利用自粛要請…箕輪厚介氏「名指しされた業種の“死刑宣告”のようになってしまうのはおかしい」
乙武洋匡さん「明日はエイプリルフールですが、コロナ関連の嘘だけはやめにしませんか」ツイートに反響
「VALU」がサービスを終了 ビットコインの出金手続きは期間を延長して対応

神獄塔メアリスケルター単語

カンゴクトウメアリスケルター

  • 1
  • 0
掲示板をみる(49)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

神獄塔メアリスケルターとは、2016年10月13日に発売されたPSPvita専用ソフトである。
開発はコンパイルハートで、ジャンルRPGは「かんごく」と読む。

あらすじ

宇宙から、悪夢の種が降ってきた。それは東京の一に落着すると、急速に根を伸ばした。同時に大地を腐らせ、一つを地下600m以上の底に落とした。そこに住む人々と一緒に。
穿たれた巨大なには膜がられ、外界と隔絶。底に太陽は届かない。また最大の高層ビル250m程度で、脱出は困難だった。地獄の底に落とした植物の事を、いつしか人々は「生きる監ジェイ」と呼んだ。

巻き込まれた人々の受難は、これで終わらなかった。ジェイルにはメルヒェンと呼ばれる異形の怪物が跋扈し、人をさらっては独房に収監。不条理な拷問に付した。抵抗する者は片端から殺され、逃げ延びた人間メルヒェンに怯えながら日々を過ごしていた。
そんな監から「脱獄」しようと、日研究と抵抗を続ける者たちがいた。それが明(れいめい)と言う人類の抵抗組織であった。が監に収容されてから20年が経過した頃、物語が動き出そうとしていた。

概要

Wizライクなダンジョン探索RPGで、一人称視点3Dと化したダンジョン攻略する。最終的な標は、ジェイルからの脱出である。

童話の登場人物をモチーフにした可らしい女性キャラクターが多数登場し、お色気要素や恋愛要素もあるなど、男性向けの内容に仕上がっている。一方、世界観は容赦のダークなもので禍々しい。理不尽な拷問に、けらのように殺される人々等、えぐい描写が多い。
「血」と「狂気」を題材にしており、至るところで血液が関わってくる(とはいえ人間の血が出る事は少なく、メルヒェンのピンク色の血がど。多少のCERO対策はね?)

本作最大の特徴として、ジェノサイド化とブラッドスケルター化がある。雑魚敵(メルヒェン)の返り血を浴びる事でヒロインがこれらの強化形態になるのだが、前者が制御できるのに対し、後者暴走状態で味方も血祭りにするやべーやつである。この形態はどんなに弱い相手でも起こりうるため、一定の緊感が保たれている。全滅すればコンティニューしでタイトル画面に戻される点も緊感の維持に一役買っている。
定時間経過で配置されるナイトメア(後述)の存在が、恐怖感を倍増させる。

発売当初はフリーズバグといった致命的な不具合が多かったものの、度重なるアップデートにより善。現在は快適にプレイする事が出来る。故にアップデートしでのプレイは推奨されない。

よく玉に挙げられるのが、ダンジョン異常な広さ。三章の時点で、他作品のラスダンに匹敵する広大さを誇り、マップ全埋め憤死させている。さらに、トラップも散在しているためダメージもよく受ける。一度行った所なら自動的に進んでくれるオートパイロットが付いており、便利だが先述のトラップに引っかかると中断してしまう。
あまりにも批判が多かったためか、次回作を製作するにあたって、コンパイルハート側が「ダンジョンを縮小した」と発表するほど。加えて、武器・防具の購入がで出来ず(強化とアイテムの購入のみ)、ダンジョン内でランダム出現する商人からしか買えないという点も非難を浴びやすい点である。

電撃playstationタイアップしており、ゲーム本編と同じ時系列を描いたライトノベルが刊行されている。公式ホームページには前日譚無料開されており、プレイする前に読んでおくと世界観の味わいが深まる。

2018年6月28日PS4で神獄塔メアリスケルター2が発売予定……だったが、7月12日に延期される。
キャラとして「つう」と「人魚姫」を役に据え、新しい物語が始まる。
公式いわく2→1でプレイして欲しいとの事。これもうわかんねぇな

用語

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/04/01(水) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/01(水) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP