イサム・ダイソン単語

イサムダイソン

イサム・ダイソンとは、アニメマクロスプラス』の主人公

フルネームイサムアルヴァ・ダイソン:山崎たくみ

マクロスF(小説版)』及び『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』にも登場している。

マクロスプラス

2015年3月27日生まれ。年齢は24歳。

幼少より大に魅せられており、ダルメシアンハイスクール時代のある事件をきっかけに惑星エデンを離れ、統合軍に入隊。本編での階級は中尉
統合軍の優秀なパイロットに授与されるロイ・フォッカー勲章を3回も受けるほどの一流のパイロットだが、自由奔放な性格で軍規違反を繰り返し、3回とも剥奪されるほどの問題児
隊長資格も剥奪されており、統合軍内をたらい回しにされた挙句に辺警備隊の一隊員としてはぐれゼントラーディと戦っていた。

作中では統合軍の次期可変戦闘機の採用コンペティション「プロジェクトスーパーノヴァ」において、新インダストリー社の試作機「YF-19」のテストパイロットとして惑星エデンに配属された。それをきっかけに、かつての親友ガルド・ゴア・ボーマン幼馴染音楽プロデューサーのミュン・ファン・ローンと再会。
ハイスクール時代の事件でイサムを憎むガルドは「YF-19」の対抗ゼネラルギャラクシー社「YF-21」の主任テストパイロットであった。イサムガルドは意地と誇りとミュンを賭けて、トライアルしく競い合うこととなる。

しかし全自立人工知能搭載戦闘機ゴーストX-9」が統合軍の次期機に内定したことで事態は一転。「プロジェクトスーパーノヴァ」は頓挫してしまう。

統合軍の第一次戦争終戦30周年記念式典で「ゴーストX-9」が正式に発表されることを知ったイサムと「YF-19」の設計者ヤンは、ゴーストに一泡吹かせるために、機体を断で持ち出し地球に向かう。
これを追撃するために発進したガルドの「YF-21」と地球で壮絶なドックファイトを繰り広げたが(ある意味銀河駄な戦闘)、戦闘中ガルドが7年前の真実を思い出したことにより、両者は和解。痛み分けという形で決着がついた。

かしこの時、ミュンがプロデュースするバーチャルアイドルシャロン・アップル」が三角関係に悩む彼女の深層心理を取り込んで暴走(後に『シャロン・アップル事件』と呼ばれる)。SDF-1 マクロスの中枢コンピューターを乗っ取り、マクロスティの人々はシャロンマインドコントロール下に置かれることになる。そしてシャロンイサムガルドの元に「ゴーストX-9」を差し向ける。

ミュンに危険が迫っていることを察知したガルドは、イサムマクロスティに向かうように促し、ゴーストと対峙した。

イサムマクロスティシャロンに惑わされるも、ミュンの歌により正気を取り戻し、単機でSDF-1 マクロスに特攻。中枢コンピュータを破壊して、事態を収拾すると同時に、ミュンの救出に成功した。

マクロスプラスエンディングは昇る朝日を見つめながら、寄り添うイサムとミュンの姿で締めくくられている。

※なお死亡フラグを立ててしまったガルドゴーストX-9と刺し違えて死亡。最後の言葉は「7年ぶりの再会を祝って、杯さ……! じゃあ先に逝ってるぜ……」

マクロスF(小説版)

小太刀右京小説テレビ版準拠)最終巻では少佐に昇進したイサム本人らしき人物が登場している。

マクロスF2059年)の時期、イサムは予備役だが、グレイスオコナーに操られたバジュラが惑星エデンに襲来した際、周囲の反対を押し切り「YF-24」で出撃。若き日と変わらぬかしい実を発揮している。

ちなみにVF-19VF-22の後継機「YF-24 エボリューション」のテストパイロットであったイサムは、2057年のYF-24評価テストおいて単機で、VF-19VF-22Sを合わせて24機撃墜している。

その後のテストでも500機をえる戦闘機編隊と60隻の宇宙艦隊を、やはり単機で突破して大空母に模擬ミサイルを直撃させるという離れ業を成し遂げた。

イサムの腕が一流であることは言うまでもないが、この時代、無人機の台頭でパイロットの標準技量が低下していたというのも要因の一つのようだ。

またS.M.Sに入隊したばかりの早乙女アルトが、シミュレーションで対戦して惨敗した「ロイ・フォッカー勲章を6回授与されたパイロット」はイサムの可性が高い。そう仮定した場合、2059年時点でマクロスプラス本編後に3回授与されたことになる。

小説のアナザーストーリーでは若き日の早乙女アルト蔵とイサムの出会いを描いたエピソードも存在する。

劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~

終盤応援に到着した部隊の中にイサムがいる。

搭乗機体は2059年の技術で強化されたVF-19 ADVANCE、通称「イサムスペシャル」とのこと。

43歳になったイサムの姿は見られないが、山崎たくみ

「いくぜカワイコちゃん! イヤッホー!」というを発しながら突撃していく機体が描かれている。

劇場版ではこの1シーンのみの登場であったが、小説版のサヨナラツバサではその活躍が描かれている。

最新のVF-25ですら苦戦するはずのゴーストV-9やバジュラを「殺」、さらにサイボーグ兵士専用で一般のパイロットでは付いていけないと言われるVF-27と対峙した時にはエンジンの全エネルギーをピンポイントリアの出へ回した状態で特攻し、機体で敵機をぶった切るという破天荒極まりない技で撃破している(そんなことをしたので、論機体はコントロールを失うが、地面へ衝突2前にレベルの操縦で持ち直し、そのまま戦闘続行というオマケつき)。

ちなみにVF-27を撃破した後の台詞は「アホが!ハイテクに頼りすぎなんだよっ!」、「ガルドタコの動きとは段違いなんだよっ!生まれ変わって出直してこいや!!」である。

さらにこの戦場にはマックスことマクシミリアン・ジーナスミリアの2人もVF-25(機体色はもちろん)で参戦しており、イサムマックスとどちらが凄腕のパイロットり合おうとしているシーンもある。

人柄と伝説

自分の欲求に忠実で、協調性は皆無。作中では「ケダモノ」「ふざけた」呼ばわりされている。
しかし意外にも天才肌のパイロットで、その実マクロス歴代パイロットの中でもトップクラス

前述で記載していない伝説を紹介する。

関連動画

 

商品 

               

 

                                                                                                     

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イサム・ダイソン

61 ななしのよっしん
2016/09/22(木) 22:13:22 ID: NtwHFtglC4
Fの頃の軍人「今の統合軍ではイサム・ダイソンには勝てん!」
部下「!?
軍人「だが学生の頃のイサム・ダイソンになら勝てるかもしれん!」
62 ななしのよっしん
2016/09/26(月) 11:21:44 ID: aBsY7BXsr2
ジャーク将軍かな?
63 ななしのよっしん
2017/02/25(土) 09:17:03 ID: AlFw0rTafY
マクロスシリーズ主人公最強

>>53
チャック・イェーガーモデルなのか・・・
64 ななしのよっしん
2017/05/11(木) 02:39:47 ID: 7W9h6c95Ob
>>59
ゼントラ由来の技術には医療とかいんじゃないかな。
設計レベルで長持ちするようにはできてるかもしれないけど
保守とか整備という発想がない連中だし。
65 ななしのよっしん
2017/06/13(火) 17:19:19 ID: KJmzJf8o1G
今年で2歳かあ……
66 ななしのよっしん
2017/06/13(火) 23:28:49 ID: wtfkzIbjHO
過去の事件でガルドに殴られても
セルフ記憶竄してたガルドから色々言われても
トライアル中の事故ガルドに潰されて入院する羽になっても
治療が済んでない状態でガルド暴力振るわれても
ガルドから本気で撃墜する気マンマンな攻撃されても

全部に流すイサムは良いだな。
67 ななしのよっしん
2017/06/13(火) 23:32:51 ID: +6MOMZ9LMS
仲違いしてからしか描かれてないけど、おそらく全部ガルドの誤解だと確信して許せるほどの友情がそこにはあったんだろうな。小説版FでVF-27VF-19ADVANCEでぶっ壊してる時でもガルドタコとは大違いだと放ったほどだし。
68 ななしのよっしん
2017/06/15(木) 09:27:56 ID: wtfkzIbjHO
墜落しそうになったガルド機をギリギリまで救助しなかったのはガルドの腕を信頼していたからかな?
69 ななしのよっしん
2017/10/10(火) 13:39:49 ID: Rmvin/Yum7
信頼だなんて口にしないだろうけど、やれば出来るヤツに
手を貸すことが、相手への侮辱になるとでも思ってそう。
70 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 16:38:19 ID: SzNyBCsnhE
機のかわいこちゃん共々総選挙でも高順位!されてますねぇ…
それでもイサムには総選挙の結果なんて気にせず今日もかわいこちゃんとを飛んでいて欲しいですね

急上昇ワード