タシュケント(艦これ)単語

タシュケント

同志諸君、用意はいい? よし!

艦隊旗艦、Ташкент! 出撃だ!

タシュケントТашкент)とは、ブラウザゲーム艦隊これくしょん艦これ』に登場する、ソビエト連邦の嚮導駆逐艦「タシュケント」をモチーフとしたキャラクター艦娘)である。
デザイン:やどかり、CV宮川若菜

嚮導駆逐艦・タシュケント、はるばる来てみたよ!

2018年イベント捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)」にて新規追加された艦娘ソビエト連邦(またはロシア帝国)に所属する艦娘としては、ヴェールヌイ、ガングートに次いで3人。ただし、生ソ連艦ということで数えるならば2人となる。名前はウズベキスタン首都「タシュケント」にちなむものであるが、1917年から1922年にかけて起こったロシア内戦での殊勲艦を記念する意味合いもある。

イベント開始時から公式Twitter邂逅できることがめかされていたが、ドロップするのは最後から2番域であるE6おまけにこの域はボス3体を倒さねばならないトリプルゲージであるうえ、その最後のボスからしドロップしない設定となっている。低難易度で周回し、ボスが倒れそうになったらリセットしてまた周回という方法は、第一のボスからやり直さなければならないという労苦を強いられるために闊に用いることができない。おまけに甲難易度に至っては、第3のボスそのものにたどり着くことすら容易ではない鬼畜難易度となっている。そのため数々の提督に「難易度を落として一旦クリアし、また捜索しに来るか」「高難易度での攻略中にドロップすることに賭けるか」という選択を強いている。

その後、2019年イベント発動!友軍救援「第二次ハワイ作戦」で再度邂逅できるチャンスがあることが運営側よりアナウンスされ、同イベントの第三ボスを撃破することで獲得できる可性が出た。こちらの域は2018年ほど鬼畜ではないが、最後のボスに辿り着くために第一のボスを倒し、さらにいくつかのギミックを解除しなければならないため、それなりに戦は必要となる。

ちなみに、未ドロップ提督の間では「タシュケントを助けんと」(「タシュケントをたしゅけんと」とも)というシベリアよりも寒い駄洒落合言葉となっている。なお、一応補足しておくと、この駄洒落自体はWoWs戦艦少女Rなど艦これよりも先にタシュケント実装されていた艦船ものゲームプレイヤーの間では以前から頻繫に使われており、艦これ初出のネタではないので話題にする際は注意すること

略歴は大事だよね。いつだってそうさ。はい。

艦種の「嚮導駆逐艦」とは、駆逐艦隊を揮する役割を持った大駆逐艦す。この嚮導駆逐艦として、1駆逐艦レニングラード級)に続き設計・建造されたのが、20I計画駆逐艦タシュケントである。当時、革命と動乱を経たソビエトロシア軍関係技術は遅れており、これを取り戻すべく副でおなじみイタリアOTO社のリヴォルノ造船所で建造された。兵装は130mm連装3基などを搭載、基準排水量2893tで、これは日本海軍巡洋艦夕張と同等(というか夕張が小さいのだが)。その最大の特徴は、重巡洋艦クラスの推進から発せられる43.5knを誇る最大速であった。同艦3隻がソ連で建造予定だったが、計画段階で中止されている。

1939年5月工しオデッサでソ連軍に引き渡されたタシュケントだったが、折しも同年9月には第二次世界大戦が勃発。不穏を極める大西洋を経由して本来所属予定であったバルト艦隊への編入は不可能となり、そのまま艦隊への所属となった。1941年には独ソ戦がはじまったが、枢軸諸はモントルー条約により艦をに投入不可、沿ルーマニア軍も駆逐艦以下の艦艇しかもたないという状況下では積極的な戦は発生せず、もっぱらオデッサやセヴァストーポリの防衛のため対地支援や船団護衛に従事した。

翌1942年6月、セヴァストーポリの補給支援市民の脱出援護にあたっていたところ襲を受け損傷する。7月2日にはノヴォロシースク寄港中の再爆撃によって直撃弾を受けて着底し、放棄された。戦後、解体。

嚮導駆逐艦・タシュケント、抜錨! さあ同志、行こうか!

極寒の地・ソビエト連邦艦娘らしく、いタートルネックシャツの上にい長袖シャツ、その上にロングコート、さらに色のケープを着用し、かなりの厚着である。頭にはウシャンカ(毛皮で出来たつばしの帽子)をかぶり、両手はオープンフィンガーグローブを着けている。瞳の色はガングートと同じく琥珀色

このようにいかにもロシア人らしい格好をした彼女であるが、前述の通り実はロシアの生まれではなく、イタリアトスカーナ地方で建造されたという経歴を持つ。建造計画当時は「I」と呼ばれていたが、これは「輸入品」を意味する他に、イタリア頭文字「I 」から取って「イタリア製」という意味を持っていた。この経歴から、「イタリヤーンスキーイタリア人)」というあだ名も持っていた。

性格は特に癖のなさそうな素直な少女であるが、艦隊の仲間を「同志諸君」と呼ぶなど、言動の所々がロシア軍人にありがちな「ウラー!(Урааа!)」という鬨のも、ガングートやヴェールヌイがそのまま「ウラー!」という発音なのに対し、タシュケントのそれは「ウルルァァァァァァ!」というような、見事な巻き舌の入った気合の入りようである。

衣装装のところどころに色が用いられているが、これは彼女が「色の巡洋艦」とあだ名されていたことに由来する。巡洋艦と呼ばれてはいるものの(基準排水量からし夕張越え、満載なら天龍よりも大きいのだから「巡洋艦」呼ばわりも納得だが)、あくまでも彼女は「大きい駆逐艦」である。それを現すかのように胸部装甲が大きめであることが中破時のイラストで見てとれる。それだけではなく、初期段階で装備スロットを3つ持っていることも大きな特徴である(一応ドイツ駆逐艦も初期からスロットは3つになっている)。

LV50で「タシュケント」に装可となるが、なんと駆逐艦としては史上初の4つの装備スロットを獲得するクラスが1つ上の軽巡洋艦でさえ、4スロットを持つのは大淀夕張といったごく限られた艦でしかないことを考えると、彼女が如何に駆逐艦としては規格外であるかがおわかりいただけるだろう。さらに運も43あり、魚雷カットインも十分に狙える。また装以外のステータスも高く、4つのスロット+増設施設の恩恵で先制爆や対射撃の両立や夜戦向けの補助装備を満載するなどの装備選択の幅が広く駆逐艦でありながら様々な任務に対応できるのも魅

19年1月アップデートにて自前の装備である「130mm B-13連装」に+補正(修可)が付くようになり、4スロット全てに載せると火力91」と駆逐艦火力トップクラスであり(修資材は膨大であるが)フル修すると実質的な火力は「102」になる。なるほど確かに駆逐艦というより巡洋艦である(汗)基本的に駆逐艦夜戦で本領発揮だが、彼女はほぼ例外とえる戦で全発揮出来るタイプえる。

駆逐艦としては初の射程「中」となっている。メリットにもデメリットにもなりうるなので、どのように生かしていくかしっかり考えて運用しよう。なお、素の射程が「中」なのは5周年時点では一で、装備で射程を「中」にできるのを含めても他に霞改二(18イベE6甲報酬のSK+SGレーダー装備時)がいるくらいだったが・・・18年10月秋刀魚祭りの最終報酬として小電探のGFCS Mk.37レーダー実装。一応他の駆逐艦も射程「中」になるがタシュケントの場合は装備で可な上に4スロットなのでアドバンテージは減ったものの、装備選択の幅ではやはり他の駆逐艦の追従を許さない。

ドロップしたあかつきには強な戦となるであろうことは間違いないため、再邂逅には資と時間の許す限り狙っていきたい。

外部出演

2018年11月10日コンプティーク12月号にて連載開始された森永ミキ氏による漫画今宵もサルーテ!コマンダン・テストガンビア・ベイと共に演。バー開設の発起人である。
バーテンダーの姿に扮した彼女の姿(先の2人とべてボーイッシュスタイル)に「が意外と長い」との感想が相次いだ(中破時に確認できるが、通常の衣装だとウシャンカをそのまま被っている上にかなり後ろに流れる感じなので視認しづらい)

に関する知識は豊富だがテイスティング自体は経験がく、まだまだ勉強中の様子。

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

2018年イベント 捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)新規実装艦娘
日振海防艦 - 日振 大東
夕雲型駆逐艦浜波(濱波)
英J級駆逐艦Jervis
カサブランカ級護衛空母 - Gambier Bay
エセックス級正規空母Intrepid
20号計画級嚮導駆逐艦Ташкент

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%BF%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%88%28%E8%89%A6%E3%81%93%E3%82%8C%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

タシュケント(艦これ)

84 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 15:14:05 ID: 7sZvx3E7wt
発注されたのは致命的にソ連イタリアの仲が悪くなるスペイン内戦よりも前なんや…
当時のソ連休日ガン視(ワシントン軍縮条約参加してないから当たり前だが)で五ヵ年計画ぶち上げて軍戦増強してたからイタリアの造船技術欲しくてイタリア発注したんよ
ちなみにソ連に渡したくないあまり日本出して買い上げる計画があったらしい
85 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 01:13:27 ID: sxNYs3tD3e
タシュケントの命運が尽きた理由。

ブラウ(作戦発動:1942年6月28日
タシュケント戦没:同7月2日

これまでの付近の戦いは、ルーマニア軍がチンタラ進めていたという感じだったのが、今度はドイツ軍本隊が本を入れて仕掛けていたという具合で、時期的にも、位置的にも、その初撃を食らったと言える。

色の巡洋艦」とその雄姿を称えられた本艦が、
作戦」によってその命運を絶たれるというのは
何とも因縁めいた結末と言うべきか…?
86 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 13:36:47 ID: I6Mnw3FbB6
マンシュタインのドイツ11軍がクリミア戦当初から枢軸国メインだぞ
マンシュタインが実はルーマニア軍人だったとしたら頷けるが
87 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 12:04:16 ID: sxNYs3tD3e
>>86
・総兵が足りなかったから南部は割とルーマニア軍任せ(オデッサとか)
・モントール条約の制約上、イスタンブールを越えての軍増援は不可能だった(ルーマニアvsソ連艦隊の地元対決)
独ソ戦初期は全面攻勢だったため、もまばら(出撃回数で補っていたという話も…)
・チンタラしていたら、肝心のセヴァストポリ要塞も覚束ない雰囲気になってきたので、マンシュタイ元帥をテコ入れした。
・制権足りないと聞いて、ついでにカール自走臼砲も持ってきた。

いてもよかったかなぁと思っていたが、
そういう摘が出たなら折だからもう少し掘り下げてみた。
88 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 12:29:34 ID: uFuGAsVhQL
頭ん中なのに色とはこれいかに
89 ななしのよっしん
2019/05/31(金) 14:15:46 ID: I6Mnw3FbB6
>>87
うーん、ドイツ11軍によるクリミア攻略、その最初のペレコープ攻撃では前線のルーマニアドイツ軍率がLIVXXXによる3:2でルーマニアが多いけど
攻撃から半月後にはドイツ増援によって2:3になるよ
むしろ翌年(セヴァストポリ陥落時)で人員率は同じくらいになる、この辺はドイツの消耗具合がしいのもあるし、装備量は前年とはべ物にならない程にドイツは増加してるけど…
マンシュタインもテコ入れじゃなく前任者のオイゲンさんが戦死したからの後継者って事だしね
そも11軍は416月での主任務がクリミア制圧なので最初から本気ですよ、本中腰いよ

何言いたいかってソレや何作戦で劇的に戦線が変化した訳ではなく、順当に兵と装備を増やして投入し続けたドイツルーマニアの正攻法勝ちだと言いたかったかな、解りにくくコメントしてゴメン
90 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 09:57:47 ID: M0Xbfnn60e
現状では一の4スロ駆逐艦ということもあって
攻略サイトでは至極当然のように推奨編成に含まれててグギギ
実装イベで逃して以来ずっと取り逃がしまくりで泣ける
官ガ着任シテクレナイノデ同士ガングートハ泣ヒテオルゾ
91 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 18:19:17 ID: 4tAjQNTd7N
>>90
って掘りましょう(無慈悲な宣告)
なお輸送艦隊で掘る手も有りますよ。
>>sm35267188exit_nicovideo
92 ななしのよっしん
2019/07/07(日) 02:27:50 ID: TSBp4r0gW9
何だろう…二次創作ではつまらないキャラにされた感じ…
93 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 13:05:36 ID: /FyHOhZK/N
>>92
大体いどさんのせい

急上昇ワード

2019/09/18(水)10時更新