ガングート(艦これ)単語

ガングート
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

ははっ、痛快だな! 突撃する、に続け! Ураааааааааа!

Гангутガングート)とは、角川ゲームス開発、DMM.comより提供されている
艦隊育成シミュレーション艦隊これくしょん~艦これ~』に登場する艦娘である。

CV瀬戸麻沙美 イラストレーター:やどかり

私がガングート級1番艦、ガングートだ。貴様が閲覧者という奴か?

2017年5月に行われたイベント出撃!北東方面 第五艦隊」の最終域突破報酬として登場した艦娘

ロシア帝国海軍のガングート級戦艦1番艦「ガングート」をモデルとした艦娘。この戦艦ロシア革命にてロシア帝国が倒れてソビエト連邦となった後はソビエト連邦海軍戦艦Октябрьская революцияクチャブリスカヤ・レボリューツィヤ、「10月革命」という意味)」に装され、再装を受けてガングートの名前に戻ったという経歴がある(ただし現在では、名前が「ガングート」に戻ったというのは誤りであったという見方が強い[1] )。そのため、装後(""相当)はオクチャブリスカヤ・レボリューツィヤと名乗り、再装後("改二"相当)は再びガングート(正式名称はГангут дваガングート・ドヴァー)。ドヴァー「2」という意味)に戻る。なお、どの形態においてもカードのルビは「ガングート」のままで変化しない。

軍服い軍帽という装に、4つの独立可動する装を背負ってくる。オクチャブリスカヤ・レボリューツィヤになると帽子ツートンカラーに、軍服の肩章などもになる。ドヴァーになると軍服を肩にひっかけて羽織るだけになり、中に着込んでいるいシャツを見られるようになる。
の下には一筋の傷跡が走っており、歴戦の勇士であることをうかがわせる。また、煙管を所持しており、喫煙習慣があることがわかる。

性格としては、軍人気質な面と、好戦的な面を併せ持っており、おさわり(港でクリック)すると「貴様、気安いな」と返事をすることがある。このような返事は他の艦娘も返してくるのでさしたる問題はないが、その後の発言が物騒極まりなく「銃殺刑にしてやってもいいのだぞ」と脅しをかけてくる。
本人なりのジョークなのだろうが、やはりロシア戦艦おそロシアである。

夜戦に入ったら入ったで「ははっ、痛快だな! 突撃する、に続け! Ураааааааааа(ウラーーー)!!」と鬨のを上げて突貫する。このように男っぽく軍人気質が立つが、装してあげたり放置していたりするとデレた一面を見せる。先述の銃殺刑の一件も、最初は「次はないと思え」と言われるだけだったのが、装を進めると「まあいい。貴様と私の仲だ、今は許してやろう。が、任務中はしっかり頼むぞ!」と、あっさり許してくれる。このあたりのセリフは男の親友とつるむかのような言い方をしている。
また、日本式の時間の読み方(マルヒトルマルなど)は不慣れである模様で、ちっこいの(おそらく)に書いて貰ったルビを読み、うまく読み上げると「どうだ? どうだー?」と子供っぽく自慢してきたりする。ロシア繋がりで「でかいヴェールヌイ)」という呼び方をする者もいるが、常にクールに振る舞うよりはビスマルクに近い性格である。この他、ご飯時にはボルシチピロシキなどのロシア料理を振る舞ってくれるなど、世話好きな部分もある。

このように、軍人気質なのに妙に子供っぽい一面やクーデレな一面、ボーイッシュな性格、世話好きなお姉さんなど様々な要素を併せ持つ艦娘であり、提督たちの間では速「銃殺刑にされたい」という信奉者が出始めている。

なお、ガングート級戦艦金剛のような「戦艦」ではなく、それ以前に活躍していた「戦艦」である。よって、第2次世界大戦戦艦の中では一番の古である。本艦の収録によってお婆ちゃんの座は金剛からガングートにおや、誰か来たようだ[2]

なんだ、特徴か? 待て待て、取ってやる。

速度が低速でありながら、消費燃料や弾薬が他の低速戦艦べて軽い。ただし、火力耐久などは戦艦の中でワースト1になってしまった。
それを補う特徴として「装値を持ち、魚雷を撃てる(装備はできない)」「連合艦隊第二艦隊に編成可」「入渠時間が重巡並みで済む」など、低速艦でありながら高速戦艦のような一面を持つ。
クチャブリスカヤ・レボリューツィヤになると一旦魚雷を撃てなくなってしまうが、ドヴァーになると再び撃てるようになり、大和武蔵Bismarck Dreiに次いで第4位の夜戦火力を持つに至る。

なお、艦これにおいて戦艦は表示上は同じ「戦艦」であっても実際には「高速戦艦」と「戦艦」に分類されているのだが、ガングートは低速でありながら「高速戦艦」に分類される。
そのため、速を高速+以上にしなくても連合艦隊第2艦隊に編成できるし、「高速戦艦」は可だが「戦艦」は出撃不可の出撃制限がかかる域でも問題なく出撃可という特徴がある。

フン、大した史実ではないが、一応な。

日露戦争後のロシア帝国は、(日本のせいで)艦をほとんど失ってしまい壊滅状態に陥っていた。さらに、イギリスで建造された戦艦ドレッドノートの登場により、残っていた艦も一気に陳腐化してしまった。この状況を打開すべく建造されたのがガングート級戦艦である。……といっても、ロシア帝国に最新鋭の戦艦を設計するなどなかったため、アメリカイギリスイタリアドイツの4カの造船会社に技術協を要請し、実に27社から51種の設計案を貰った。しかし、結局は「自で設計を行う」ことになったのだが、出来上がった設計図はどう見てもイタリア案とドイツ案を混ぜたようなものだった模様。
名前は、18世紀にロシア帝国海軍スウェーデン海軍を破ってバルトの制権を手にした戦い「ガングートの戦」に由来する。

ガングート級戦艦バルト艦隊向け戦艦として全部で4隻の建造が計画され、1番艦「ガングート」、2番艦「ペトロパブロフスク」、3番艦「ポルタワ」、4番艦「セバストーポリ」が建造された。実はガングートの起工時点では弾薬の設計が終わっておらず、その状態で起工するという見切り発だった。さらに議会の反対で予算をもらえず、紆余曲折を経て進したのは1911年10月7日、就役は1914年12月末だった。これは姉妹の中で最も遅いものであり、一番かったのは4番艦のセバストーポリだった。このためロシアでは「セバストーポリ級」と呼ぶ人が多い。

ガングート4姉妹は、のガングート以外にも第2次世界大戦時に近代装と名を経験している。

ガングート→「オクチャブリスカヤ・レボリューツィヤ」(→「ガングート」?)
トロパブロフスク→「マラート」→「ペトロパブロフスク」→「ヴォルコフ」
ポルタ→「ミハイルフルンゼ」
セバストーポリ→「パリスカヤ・コンムナ」→「セバストーポリ」

なんでこんなに名前を変えたかと言えば、やはりロシア帝国ソビエト連邦自体が変わったことやボリシェヴィキ政権確立の過程でのゴタゴタが大きいと思われる。
ちなみにガングートの近代装では、艦がどこかの戦艦のごとき独特な形状となっている。

1941年、オクチャブリスカヤ・レボリューツィヤに名・装後、マラートともども、ドイツ爆撃ハンス・ウルリッヒ・ルーデルにより爆撃され、マラートを撃沈されているが、ガングートは撃沈をかろうじて免れた。
このこともあり、ルーデルが乗っていた爆撃機スツーカに対しては「あれは音も嫌なもんだ」と嫌な思い出があるとる。
港での時報ボイスに「1人か2人には、また会える気がするな!」とっているので、今後の実装に期待がかかる。

基本的にソビエトとしていたのは陸軍であり、海軍は結局沿警備以上のことが出来ず艦隊行動など取れようはずもない、という状態であった。そもそもソ連にまともに艦を運用できる沿部は極東とバルトしかないため、3箇所に戦を振り分けざるを得ない(バルトから極東に艦隊を移動させようとしたあげくにまとめて撃破されたのが日本海戦である)。そんなわけで、第二次大戦独ソ戦でも艦隊戦を行うことも出来なかったが、バルト艦隊に所属していたガングートとマラートは、そのバルトに位置するレニングラード包囲戦に際しては上から支援撃を行い、そのため前述したとおりルーデル達から爆撃を受けつつも、ついにレニングラードを守り抜くことに貢献した。1944年1月レニングラードの包囲が解けるまでにガングートが行った撃は、実に1,140回に達するという。1944年7月にはそれを評して旗勲章も授与されている。

戦争終結後も現役を続けたガングートだったが、1954年には一線を退き練習艦となる。しかし老朽化はいかんともしがたく、1956年に除籍。1958年から59年にかけて解体された。なお、バルト艦隊の軍港だったクロンシュタットの都市公園記念碑として、彼女の76mm高射砲と錨、後部の装甲が置かれている。

余談だが、ガングートは基本的にバルトを活動領域としており、戦後極東の太平洋艦隊に配属された〈ヴェールヌイ〉こと〈〉や、〈EK-31〉こと〈占守〉とは面識はないと思われる。

関連動画、捉えたぞ。艦隊、砲戦用意!

これはありがたい関連静画だ。спасибо!

カンレンコー…モク。フン、これでいいのだろう?楽勝だな、ハハッ。

脚注

  1. *日本語の資料では媒体のものも含め「再名された」というのが従来の通説であったが、ロシア語での資料にはそのような事実の記述がなく、更に彼女の退役後に発行された切手exitに”Краснознаменный линейный корабль ≪Октябрьская революция≫”つまり「旗勲章受勲・戦艦クチャブリスカヤ・レヴォリューツィヤ」と記されており、退役までに再名がなされた可性が極めて低いことを物語っている。日本では「再名された」という見解が一般的だったので艦これ運営が間違えたのも仕方ないね
  2. *厳密に言えば、金剛とはほぼ同世代であり、起工・進こそ金剛よりいが、ガングートが建造時にgdgdしたせいで、就役は金剛の方が先だったりする。ガングートは起工~就役が5年4ヶかかったのに対し、金剛は2年7ヶという高速建造であった。

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%88%28%E8%89%A6%E3%81%93%E3%82%8C%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガングート(艦これ)

309 ななしのよっしん
2020/02/15(土) 19:44:42 ID: mDVrXGsXsL
サルーテ2巻の90ページの1コマ「…く」のガングートの顔すこすこスコティッシュフォールド

労働者諸君はすべからく買おう(ダイマ
310 ななしのよっしん
2020/02/28(金) 17:37:41 ID: +KxVReNb9m
>>306
革命ギロチンの迫った貴族が軍に入って忠を誓うのはままある。性格は武人肌だけど血筋はお嬢様なんだな

革命成就直後の赤軍にも新政府の軍門に下った元帝国軍の将校がそれなりに残ってたなので、ガングートみたいな前線指揮官も少なくなかったろう。こういう隊長に仕えたい
311 ななしのよっしん
2020/04/13(月) 07:45:29 ID: Vg6d6JyhFx
>>310
スターリン「元帝国軍の将校?危険分子だな。粛清せよ」
312 名無し
2020/06/18(木) 17:08:27 ID: T8cnRQoAtL
その帝国軍の将校にスターリンのお気に入りがいて粛清を免れた人もいたけれどね
313 ななしのよっしん
2020/06/18(木) 18:01:18 ID: 2pxO3pgW1F
戦艦だけど建造世代が古い事もあって機関的にはヴェールヌイにも劣るって言うのは
旧世代のスーパーカーが新世代の大衆に追い抜かれて行く様な諸行無常の虚しさを感じた。
314 ななしのよっしん
2020/06/18(木) 21:41:15 ID: ftNW36u4HT
軍艦だけじゃなく大戦時の兵器進化は凄まじいからなぁ
戦艦三笠もあっという間に海防艦扱いにされたり

だからこそせめてフィクションで活躍させてあげたいけど
未だにドロップ大型建造ですら入手手段がないのが絶望的すぎる
今回のイベントでもまず出ることはないだろうし
315 くりはし
2020/10/20(火) 00:10:00 ID: XVE2MfBjlU
今日10月20日はガングートさんの進日(109周年)、おめでとうございます
316 ななしのよっしん
2020/12/30(水) 21:50:00 ID: b2faVe+P97
ルーデル閣下回顧録によるとガングートも爆撃はしていたんだな
不発だったから逃したらしいが
317 ななしのよっしん
2021/01/26(火) 17:07:56 ID: hKviiA24T8
所によって「でかい」という
異名が付けられているのに笑ったw
318 ななしのよっしん
2021/03/14(日) 01:06:16 ID: sAhmG+6sRK
もしかしてガングートをウサビッチ化したらエロいのでは?