フリオーソ単語

47件
フリオーソ
3.7千文字の記事
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

フリオーソとは、元競走馬種牡馬である。名はイタリア語で「しく」「熱狂的に」などの意味を持つ。

過去イギリスインドにも同名の競走馬がいたらしいが、今回取り上げるのは船橋競馬に所属した2004年生まれのフリオーソである。交流GI(JpnI)6勝と南関東エースとして活躍した。シルバーコレクターでもある。

な勝ち
2006年:全日本2歳優駿(GI)
2007年:ジャパンダートダービー(JpnI)
2008年:帝王賞(JpnI)ダイオライト記念(JpnII)
2009年:ダイオライト記念(JpnII)
2010年:帝王賞(JpnI)日本テレビ盃(JpnII)
2011年:川崎記念(JpnI)かしわ記念(JpnI)

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
フリオーソ(ウマ娘)を参照してください。

概要

2歳

は大種牡馬ブライアンズタイムファーザ、ミスタープロスペクター牝系は代々フランス重賞ホースで4代GI。近にはかの「鉄の女トリプティク英愛ダービージェネラスがいるほか、日本だとオースミタイクーンやクロカミファミリーという相当な良血。なんで地方競馬に行ったんだろう?というレベルである。

船橋の名門川島正行厩舎に所属したフリオーソは、石崎之を背に2歳7月デビュー。危なげなく2連勝するが、3戦南関東GIII平和賞でハナ差2着に敗れる。しかし強気に交流GI(JpnI)全日本2歳優駿に出走すると、中央を退け2身差で優勝一気にGI(JpnI)まで駆け上がる。

3歳

川島正行調教師の意向もあり、中央の芝レースに挑戦するが共同通信杯で7着、スプリングSで最下位11着と惨敗。南関東クラシック標を切り替えるが、こちらでも羽田盃3着、東京ダービー2着と勝ちきれないレースが続く。しかしジャパンダートダービーでは今野忠成を背に勝。中央勢が1番人気ロングプライドというしょっぱいメンツだったとはいえ、東京ダービーアンパサンド地方ワンツーを飾る。

JBCクラシック@大井競馬場に参戦するがヴァーミリアンぶっちぎられ2着。ジャパンカップダートで10着に惨敗すると、東京大賞典ヴァーミリアンぶっちぎられ2着。シーズンヴァーミリアンの前に手も足も出ずに3歳シーズンを終える。

4歳

明けて4歳は川崎記念から始動。ヴァーミリアンがいないここはチャンスだったはずが、フィールドルージュにちぎられまたも2着。しかしダイオライト記念で終生のパートナーとなる戸崎圭太と初コンビを組むと、アジュディミツオーボンネビルレコードを5身ちぎり捨て圧勝。続く帝王賞逃げ切って勝し、念願の交流GI(JpnI)3勝を挙げる。

の休養明けの日本テレビ盃では圧倒的1番人気に推されるがは抑えてたはずのボンネビルレコードに差され2着。これでケチがついたか、初めて関東を飛び出したJBCクラシック@園田競馬場ではヴァーミリアンどころかメイショウトウコンにもかわされ4着。ジャパンカップダート復活したカネヒキリの前に7着。東京大賞典メンバーったとはいえ5着と不完全燃焼に終わる。

5歳

初戦の川崎記念逃げるがカネヒキリに捉えられ惜しい2着。しかし相手が一気に軽くなったダイオライト記念は楽々逃げ切り久々勝利を挙げる。しかしこの後、かしわ記念は新エスポワールシチーの前に5着。帝王賞ヴァーミリアンにまたも突き放され2着。ブリーダーズゴールドカップは当時まだ交流GIII&GII大将だったスマートファルコン相手に4着。脚部不安でしばらく休養し、ぶっつけで東京大賞典に挑むがサクセスブロッケン!!!!!!らにあっさりかわされ7着。前年以上に煮え切らないまま1年を終え、2年連続で受賞していたNAR年度代表馬の座も逃してしまう。ちなみにこの年のNAR年度代表馬全日本2歳優駿を制したの2歳ラブミーチャンだった。こちらが勝ってない交流GI(JpnI)勝たれちゃ仕方ない。

6歳

3年連続で川崎記念に出走。ミルコ・デムーロ上に迎えたこのレースでは前年に続いて逃げの手に出るが、後ろにり付いていたヴァーミリアンにかわされクビ差2着。ダイオライト記念はやはり逃げるが5着に沈み3連覇を逃す。かしわ記念エスポワールシチーに差されて2着とどうにもこうにも勝ちきれないレースが続いた。しかし帝王賞、先行2番手から直線ではカネヒキリ以下を完璧に封じ込め、2身半の差をつけ勝。丸2年ぶりのGI(JpnI)勝利を飾る。

初戦の日本テレビ盃トランセンドスマートファルコンの強2頭を相手に回し2身半差で勝。これで本格化かと思われたが、JBCクラシック@大井競馬場東京大賞典スマートファルコンの前に手も足も出ず2着敗。それでも久々GI(JpnI)勝ちもあり年度代表馬に返り咲く。

7歳

4年連続で川崎記念に出走。有が次々と回避しまくった結果、当時な勝ち1600万下だったボランタスとメイショウタメトモが2,3番人気というあまりにもしょぼいメンツになる。こうなれば歴戦のフリオーソの敵ではなく、単勝元返しの1番人気に応え逃げて5身差の楽勝。4度の挑戦で念願の川崎記念制覇を果たす。中央はフェブラリーステークスに挑戦し、しく後方から上がり最速の末脚で迫るがトランセンドをかわすには至らず2着。この2着でGI(JpnI)通算10度の2着となり、シーキングザダイヤを抜いて史上最多となった。

かしわ記念では3番手から進出すると、今度はエスポワールシチーを寄せ付けず優勝アジュディミツオーえるGI6勝を地元船橋マークする。しかしその後は脚部不安などもあり長期休養に入った。

8歳

8歳になった2012年も現役を続行。5年連続で川崎記念に挑むが伸びを欠き、スマートファルコンから大きく離された3着に敗れ連覇を逃す。この後はダイオライト記念は5着、かしわ記念は再びエスポワールシチーの前に突き放され2着、引退レース東京大賞典逃げるが6着。南関東先輩ボンネビルレコードと共に引退式を挙げ、惜しまれつつ引退した。

通算39戦11勝。2着が14回でうち11回はGI(JpnI)という詰めの甘いところもあったが、勝つときにはカネヒキリエスポワールシチーも寄せ付けないほどの強さも見せた。獲得賞8億4544万6000円はあのアブクマポーロ地方所属として史上最多。史上初めてNAR年度代表馬を4回も受賞した。さらに、GI(JpnI)での2着11回と17連対は日本記録である。バケモノぞろいのダート戦線にあってきを放ち続けたこのの実と息の長さを物語っていると言ってもよかろう。

引退後は馬主の系列会社であるダーレー・ジャパンスタリオンコンプレックス種牡馬入りした。地方だけに状況は厳しいが、ヴァーミリアンと同じ種付け料と較的期待された。産駒は初年度から地方で活躍し、NARファーストシーズンリーディン種牡馬を獲得。その後も順調に地方競馬で成績を伸ばしている。中央では厳しい戦いが続いているが、リステッド競走を勝ったテルリオンが出るなど少しずつ実績を残す産駒も現れつつあり、大物の誕生が待たれる。2019年には地方サイヤーランキング5位にまで活躍した。

血統表

*ブライアンズタイム
1985 黒鹿毛
Roberto
1969 鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
Kelley's Day
1977 鹿毛
Graustark Ribot
Flower Bowl
Golden Trail Hasty Road
Sunny Vale
*ファーザ
1995 栗毛
FNo.4-n
Mr. Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
Baya
1990 栗毛
Nureyev Northern Dancer
Special
Barger Riverman
Trillion

クロスHail to Reason 3×5(15.63)、Nashua 4×4(12.50%)

主な産駒

関連動画

地方英雄

シルコレキング(多すぎるので一部のみ紹介)

関連コミュニティ

関連項目

ライバルの皆さん

シルコレ仲間の皆さん

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

>>3が理解できることが不幸 (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: ゲスト
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フリオーソ

10 ななしのよっしん
2021/12/14(火) 02:53:45 ID: Xlhg85wy4u
ダートブライアンズタイムは異系に入ってからは活躍結構出すから直系がそこまで絶望的って訳でもない そもそもフリオーソヒカリオーソ以降あんまり活躍出せてないって事が問題ではあるが
👍
高評価
0
👎
低評価
0
11 ななしのよっしん
2021/12/18(土) 04:18:37 ID: 6JyEp1utJi
全然関係ないけどリンクのところの!!!!!!は全角にせんのか?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
12 ななしのよっしん
2022/07/30(土) 10:21:16 ID: YLQCJwx4BA
最強クラスには一歩及ばなかったが勝てる相手に堅実に勝利して積み上げたJpnI6勝
このころは役者ってたな(懐古厨
👍
高評価
0
👎
低評価
1
13 ななしのよっしん
2022/09/21(水) 08:00:07 ID: pZb4P181aq
船橋の代表といえばアブクマポーロフリオーソどっち選ぶ人多いかな

戦績などはアブクマポーロのが圧倒感、絶対王者感あるけど
戦ってきた相手はフリオーソのが強ひしめいてたと思う
ブロッケンスマファルエスポ、カネヒキリヴァーミリアンワンダーアキュート
👍
高評価
2
👎
低評価
0
14 ななしのよっしん
2023/02/19(日) 16:12:49 ID: gthzI9/CIg
記事をざっと見てるとビッグネームがわんさか出てきてなんかわくわくするわね
凄い時代だ
👍
高評価
4
👎
低評価
0
15 ななしのよっしん
2023/07/19(水) 14:16:46 ID: 1olqJ3p/Yu
重賞として行われてきたフリオーソレジェンドカップが今年から重賞に昇格し、もうすぐ重賞としての第一回が開催。
長く続いて欲しい。


出来たらホクトベガのようにグッズ制作したり、戸崎とかを呼んでトークショーやって欲しいな。
👍
高評価
4
👎
低評価
0
16 ななし
2024/02/26(月) 21:06:37 ID: +V8Ab1R44V
記事でも書かれてるけどホンマこの血統でなんで地方競馬に行ったんだ…?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
17 ななしのよっしん
2024/02/28(水) 22:13:50 ID: 7W7DCP5QpU
>>16
ダーレージャパンゴドルフィン)の日本進出沿革はファインニードル記事が詳しい。
ザックリ言えば、フリオーソ現役当時は地方馬主資格しか持ってなかった。
👍
高評価
2
👎
低評価
0
18 ななしのよっしん
2024/03/05(火) 17:48:59 ID: IprFYRTi6W
この時期のダートレジェンド級の強だらけで魔通り越して煉、そんな中で結果出したコイツ化け物の一頭。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
19 ななしのよっしん
2024/03/08(金) 22:57:19 ID: NFHoAaF1ba
>>17
この記事良い内容なのにダーレー馬主な事にはど触れてないのが惜しい
👍
高評価
2
👎
低評価
0