ミッキーロケット単語

ミッキーロケット

ミッキーロケットとは、2013年まれの日本の元競走馬・種である。

な勝ち2018年宝塚記念

血統

キングカメハメハマネーキャントバイミーラヴPivotalという血統。は非SS系では当代最高の大種アイルランドで英GⅠ3着の実績がある。英国で、短距離GⅠ1勝ながら種としては短距離マイルを中心に活躍を多数輩出しており、になると長距離で活躍した産駒も生まれている。血統表だけ見ると欧州の名前が並び少々重たそうだが、日本でも産駒が活躍したカーリアンミスワキなどの種の名前も見られる。

競争概要

~3歳

2歳12月デビューし年が明けた2戦で勝ち上がると、自己条件の連続2着とスプリンS5着を経て皐月賞に出走。しかし13着と粉砕される。これでダービー戦線をあきらめ、北海道に向かい3戦2勝2着1回と安定した成績で競馬に向かう。後に戦となった和田竜二騎手が初めて騎乗した神戸新聞杯では、ダービー2着のサトノダイヤモンドを上がり最速の末脚でクビ差まで追い詰め2着を確保。菊花賞に向かうが5着に終わった。

4歳

休養し4歳初戦に選んだ日経杯では1番人気に推され、遅れてきた新シャケトラハナ差下して重賞初制覇。2頭とも舌をブラブラさせながらゴールしており、判定写真がちょっとシュールである。
しかしその後先行しても追い込んでも勝てなくなってしまう。4歳になってミッキーロケットは長く良い脚を使うタイプになっていったのだが、以前よりあった出遅れ癖が酷くなり、脚質が活かせないようになっていたのである。営は宝塚記念後にみっちりゲート練習を行ったが、結局この年はGⅢ中日新聞杯で2着になった他は全て圏外に終わってしまう。しかしこゲート練習が翌年身を結ぶことになる。

5歳春

2018年日経杯4着、和田騎手が騎乗停止となり騎手へと乗り代わった京都記念では7着。天皇賞(春)でも追い込み届かず4着に終わるが、この頃には安定してゲートを出られるようになっており、好位の内側に着け終盤ロングパートを掛ける戦術が確立されていた。

続いて出走した宝塚記念は、実績も新も不安材料を抱えた混戦模様。ミッキーロケットは7番人気に落ち着く。24番から発走したミッキーロケットは中団のインで前を追走する形。1000m594というみないペースに乗り快調に競馬を進める。インコースを利して3,4ポジションを押し上げ、直線で外のサトノダイヤモンドとほぼ同時に先頭に躍り出る。サトノは先に脚が上がり後退したが、ミッキーロケットは脚色が衰えない。大外から突っ込んできた香港ワーザーに追い詰められたが、最後まで脚が切れることはなく、クビ差振り切って勝利。GⅠ初制覇を果たした。

上の和田竜二にとってはテイエムオペラオーで勝った'01年天皇賞(春)以来17年ぶりのGⅠ勝利。そのテイエムオペラオーはこの年の5月に亡くなったばかりであり、和田騎手は「オペラオーが後押ししてくれたんだと思います」と述べた。なお、ミッキーロケットが7番人気、ワーザーが10番人気だったことに加え、3着にも12番人気ノーブルマーズが食い込んだことで、3連単492560円という大波乱が巻き起こった。

5歳秋

は休暇に入り京都大賞典から始動する予定であったが、ここから歯車が噛み合わなくなってしまう。疲労回復の遅れから始動が天皇賞になってしまい、距離の短さによる不安を抱えながらも奮戦し5着。この時も舌をベロンロンしながら走っていた。

次走はジャパンカップを予定していたが、11月戦である和田騎手が落事故に合いを4本折る重症を負ってしまう。代打騎乗として戸崎圭太騎手が選ばれるも、今度は追い切り中にミッキーロケットが筋肉痛を発症。有馬記念が最大標出会った為、大事を取って回避することとなる。天皇賞で騎乗予定だったダンビュライトが放して乗れなかったことといい、この年のの戸崎騎手は運が悪かったなぁ。

和田騎手が驚異の回復を見せ12月初頭に復帰するも、有馬記念の騎乗は短期免許で来日したヨーロッパの若き有名騎手、オイシンマーフィー騎手であった。当初和田騎手の復帰は年内間に合うかどうか?という報道であった為代理に選ばれたと思われるが、和田騎手にとっては念だったであろう。レースマーフィー騎手がテン乗りながら好位に付ける戦術を踏襲するも、追い込みは今一歩届かず4着入線となった。

2019年ラストシーズンとして現役続行を予定していたが、始動戦としていた京都記念前に脚部不安が判明。オーナー側が現役続行を希望するも、音無調教師の決断により電撃引退優駿スタリオンステーションにスタッドインすることになった。

結局は宝塚記念が最後の勝利となり、和田騎手は実質的なラストランに騎乗することは出来なかった。が、ミッキーロケットの引退発表直後、和田騎手は房でのツーショット写真twitterに上げている。

競走馬としての特徴

宝塚記念優勝後に和田騎手がった内容によれば、3歳の神戸新聞杯にて初めて騎乗した時のミッキーロケットは全身がバネのようであり「このどこまで行くんやろ?」とかなりの好感触であったらしいが、ずっと物足りなさも感じていたともいう。それまでのミッキーロケットの特徴は、

という中々の癖で、和田騎手の総評としても「G1ではまともに乗ってもちょっと足りず、GⅡGⅢでも展開が上手く嵌らないと勝ちきれない」とかなり厳しく見ていた。

優勝した宝塚記念では「相手に恵まれた」とのもあるが、サトノダイヤモンドといったGⅠと渡り合い、最後に猛な勢いで突っ込んできたワーザーを押さえての勝利は、色褪せることのない勲章であろう。

関連動画

関連商品

ミッキーロケットに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ミッキーロケット

13 ななしのよっしん
2019/01/24(木) 16:29:47 ID: HI23+Xo4OJ
ツイッターでこんな時期にトレンド入りしてたから嫌な予感はしたが現役続行からの脚部不安で電撃引退か・・・去年の有馬も内不利の馬場で先行勢が沈む中先行勢最速で駆け抜け相変わらずの悪適正を見せてくれてたから六歳も期待だったのだが・・・
とりあえずに決まったようで第二の人生を頑って欲しい
おつかれさまミッキーロケット 
14 ななしのよっしん
2019/01/24(木) 19:05:28 ID: HI23+Xo4OJ
>>6 あとこれだけは言いたいけど日本人はワーザーをめすぎてた 体重減で割引される前から5番人気とかにいたし、あのボウマン載せたワーザーの評価としてはめまくってる セン六歳で前のG1二着だからロートルって訳でもないし 
があったからこそってのはあると思うけど内有利の展開で外からあがり35・3の脚でぶっ刺して2着にったとおり「(周りが弱くて)ワーザーがあそこまでこれた」じゃなくて「(体重が落ちてても)ワーザーだからあそこまでやれる」が正解
タイムとあがり見りゃわかるが稍重の宝塚としてはミキロワーザー共に歴代でみてもまぁ優秀なタイムだからね ワーザーに至っては良馬場のゴルシに匹敵するあがりを出してるイカれ具合 というかラブリーデイ宝塚が遅すぎる ゴルシが出た宝塚は基本タイムクソ遅い
宝塚は焦ったサトダイとそれに乗せられた上位勢、そして焦らずじっくり仕掛けたワーザーと強く仕掛けて焦らずったミキロの違い、ジョッキーの腕の差が結構出たレースだったと思う。
メンツのレベルが近年でトップクラスに低かったのは間違いないが、それが結
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
15 ななしのよっしん
2019/01/25(金) 12:27:20 ID: gx/XsVIMZb
低く見すぎってワーザーは宝塚前も宝塚後の戦績見ても
もうG2やGⅢも勝てないようなピークを過ぎたじゃん
そんなのが2着に来る宝塚は間違いなくレベル低い

というかキセキ調子が落ちてたから勝てただけ
16 ななしのよっしん
2019/01/26(土) 17:44:34 ID: mSDm7sGegN
1戦だけでも和田さんとのラストランが見たかったな…
17 ななしのよっしん
2019/01/26(土) 20:59:52 ID: TiBKDIBY+C
としてはどうなんだろうね
SSが入ってないキングマンボ系だから血統だけ見れば相手に困らなそうだけど
18 ななしのよっしん
2019/02/02(土) 02:00:02 ID: HI23+Xo4OJ
としては長距離寄りはルーラー 短距離寄りはカナロアがいるから中距離キンカメとして活躍して欲しいがもう少ししたらレイデオロが来ちゃうからめに結果出して欲しいね
そもそもミッキーロケットはどの距離の産駒を産むのだろう?ってのもある やはり中~長距離だろうか
19 ななしのよっしん
2019/03/05(火) 04:56:00 ID: J0rwKy7Wk7
同じ宝塚記念オサイチジョージと同じぐらいにはやれるだろ
20 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 18:58:55 ID: mSDm7sGegN
一々競走馬の記事にGIのレベルガーなんて書かなくて良いと思うんだが…
21 ななしのよっしん
2019/03/12(火) 01:00:28 ID: HI23+Xo4OJ
>>20ほんとそれよ 全盛期より劣るのは間違いないがその年のG1複勝圏から外れてなかった捕まえて「ワーザー程度」とかいう文章も失礼極まりないしそもそも文章が不快でしかない 外に何か恨みでもあるのかってレベル 

ミッキーロケットページでミキロやそいつにかかわったすべてを扱き下ろすような文章載せられてもねぇ・・・
22 ななしのよっしん
2019/03/12(火) 01:04:16 ID: HI23+Xo4OJ
最後の宝塚メンバー扱き下ろし文章だけは本当に不快だから編集したい