三種の神器単語

サンシュノジンギ
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

三種の神器とは、古代より日本天皇が皇位のとして即位の際に継承する3つの宝物のことである。
「さんしゅのじんぎ」または「みくさのかむだから」と読む。

概要

三種の神器は以下の剣、玉の3つである。以下は『古事記』に基づく伝承。

八咫(やたのかがみ
岩戸(あめのいわと)物語において登場。
天照大御神須佐之男命藉を嘆き、岩戸に籠る。これによって太陽が消え、闇に覆われた高天原(たかまがはら:上)にも中国(あしはらのなかつくに:地上)にも災いが満ちた。
そこで八百万々は「の安河」に集まり、対策を協議する。(オモイカネノカミ)は、金山を取って天津麻羅(アマツマラに鍛えさせ、斯許理度売命(イシコリドメノミコトに大きなを作らせた。他にも儀式を整え、岩戸の前で受売命(アメノウズメミコト日本初のストリップ……もとい半裸になってしく舞い踊り、これを見た々は大笑いした。
外の騒ぎに「自分がいないのに何故々は笑っているのか」と天照大御神が尋ねると、受売命は「あなたさまよりも尊いが生まれたので皆が喜んでおります」と答える。気になった天照大御神が僅かに岩戸を開くと、児屋命(アメノコヤネノミコト玉命(フトダマノミコトが八咫を差し出した。そこに映った自分の顔を見た天照大御神は驚き、もっとよく見ようと岩戸を開く。そこで岩戸の陰に隠れていた天手力男神(アメノタヂカラオノカミ)が手を取って引き出し、世界に再びが戻った。
叢雲(あめのむらくもつるぎ
八俣遠呂智ヤマタノオロチ)退治において登場。
先の藉を罪に問われて高天原を追放された須佐之男命が、出雲現在島根県)のという地にやって来る。そこでの上流から箸が流れて来て、人が住んでいると思った須佐之男命が尋ねていくと、老爺と老女が一人の少女を間に置いて泣いていた。聞けば、ヤマタノオロチという怪物が一年ごとに現れてを食い、8人いたのがいまや櫛名田比売(クシナダヒメ)一人になってしまったという。そこで須佐之男命は己の正体を明かし、怪物を退治したら彼女にしたいと申し出た。
準備を整えて待っているとヤマタノオロチが姿を現し、かねて用意の八折之(やしおりのさけ)を飲んで酔いつぶれる。すかさず須佐之男命は十拳を抜いてズタズタにり殺した。ところが、中ほどの尾をった時にが欠けてしまう。驚いて尾を切り裂くと、そこから「都刈大」(つむがりのたち:鋭い切れ味のが出てきた。
須佐之男命はこの天照大御神に献上し、孫降臨において邇邇芸命(ニニギノミコトと共にから下った。崇神天皇の時代に形代が作られ、本体は伊勢神宮に、形代は宮中に置かれる事となる。
後に倭建命ヤマトタケルノミコトの東征において、伊勢神宮命(ヤマトヒメノミコトは彼にこのを渡す。相模現在静岡県)で地元の造(くにのみやつこ族)に欺かれ、野原に火を放たれて窮地に陥った際、倭建命は周囲のをこので切り払い、火打石で火をつける「迎え火」によって形勢を逆転、勝利した。この事から草薙」(くさなぎつるぎと呼ばれるようになり、その土地は(やいづ)と呼ばれるようになった。
八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
岩戸(あめのいわと)物語において登場。
八咫とは別に、玉祖命(タマノオヤノミコトによって作られた勾玉。「八尺」はおおよそ140180cmで、かなり大きなものとなる。また「瓊」は「い玉」を意味し、瑪瑙と考えられている。
之美須麻流之玉(いおつのみすまるのたま:沢山の玉を連ねた首飾り)として仕上げられ、の岩戸前に飾られた賢木(いおつまかさき:沢山のの上の枝に取りつけられたという。
「璽」とも呼ばれ、と合わせて「璽」と称される。

天皇徴である事から歴史上様々な変遷を辿ったが、現在ではそれぞれ以下の場所にあるとされる。
なお形代とは身代わりとして造られた複製のこと。

三種の神器を取り扱う儀式

関連動画に記載の動画のうち、「《映像の平成史》 昭和のいちばん最期の日」sm1920657exit_nicovideo(17:15~)は今上天皇即位の際の儀式璽等承継の儀」(けんじとうしょうけいのぎ)を中継で伝えるニュース映像「即位の礼4」sm5287184exit_nicovideoは同様に「即位礼正殿の儀」の中継映像である。これらは三種の神器を実際に扱う様子を見ることができる重な場面である。

璽等承継の儀」では、始めに2人の従が天皇陛下の前に置かれた3つの机のうち両側の机に置いたものが、映像手前から順に八尺瓊勾玉叢雲(形代)である。なお、続いて3人従が中央の机に置いたものは、八咫のではなく璽と御璽である。
八咫の(形代)は御体であるため動かすことはく、「璽等承継の儀」と同時刻に賢所にて天皇の即位をに告げる「賢所の儀」が行われている。

派生

この意味から転じて「何かの威徴する3つのアイテム」をして「三種の神器」ということがある。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E7%A8%AE%E3%81%AE%E7%A5%9E%E5%99%A8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三種の神器

98 削除しました
削除しました ID: 5Bcxa/HCD8
削除しました
99 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 14:51:11 ID: FQREO4Nkyr
おい、どこの編集者だ。
が「草薙」を伊勢神宮に奉納したとか書いたのは!
八咫だろうがw
100 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 16:57:23 ID: 9yaQ/Nyoby
>>99
草薙と呼ばれる前の叢雲については形代が宮中、本体は最初奈良、後に伊勢神宮に移された
景行天皇の代に倭建命の東征に際して、伊勢神宮の倭命が本体を彼に授けて、その後草薙に名前を変えた
倭建命は妻であり尾造のの美売にを預けたまま病死
は美売の一族によって守られて、これを御霊代としたことが熱田神宮の始まりになった
だから伊勢神宮に「あった」のはじゃないよ
101 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 17:19:15 ID: 9yaQ/Nyoby
>>99
ごめんね補足 最後うっかり言い切りの形になったけど
熱田神宮は御由緒やらの奉納の時期についても諸説あるので(盗難事件とか何とか色々)
「~始まりになったとされている」って言い方が適切です
102 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 17:29:16 ID: FQREO4Nkyr
なるほど『古拾遺』だと、草薙も八咫と同時に形代が作られて、に移したと読めるか
異説もあるみたいだけど、出典がある以上取り下げよう
103 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 01:03:26 ID: gtLBcnkpwy
なんか草薙を外に出してから多くない?
104 ななしのよっしん
2019/05/01(水) 18:08:52 ID: bUuj4tksGZ
103>>
草薙叢雲)ですし
やはりっているのですかね…
曇りが多いですね…継承されてから
105 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 00:58:11 ID: QKZpdImAzV
場所によっては異例の暑さで不足だったから丁度よかったのでは?
106 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 11:37:51 ID: FQREO4Nkyr
安徳が、そろそろ本物の叢雲を返せやと降臨するのかもね
そろそろ梅雨ですな
107 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 22:01:55 ID: AMivuKXHIj
八咫を移動させた最後の機会のお話
>>sm35051899exit_nicovideo

急上昇ワード

2019/12/06(金)22時更新