大迷宮バハムート単語

ダイメイキュウバハムート
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

大迷宮バハムートとは、新生FF14ハイエンドコンテンツである。

概要

レイドダンジョンの一つ。新生FF14パッチ2.xシリーズにおける最難関コンテンツある意味では大迷宮バハムートのクリアがこのゲームプレイヤー達の標になる。
旧FF14終末である「第七霊災」の裏側・真実を知るといった内容となっている。 おおよそ半年ごとに章が追加され、全三部作。それぞれのタイトル

 1.邂逅編 (ver2.0実装
 2.侵攻編 (ver2.2実装
 3.成編 (ver2.4実装

となっている。
予習練習必須と言われる程の高難度が特徴で、初見パーティクリアする事はほぼ不可能初見で下見だけの場合や、攻略段階に合わせた練習を行う場合は、それを的としたパーティを編成することが多い。 未緩和の状態ではクリアに数かを要することもしくないため、固定と言われる同じPTメンバー練習を繰り返す事も多く、団体行動練習する様はさながら部活と言われる事もしばしば。ニコニコ動画にも様々な攻略動画解説動画があげられている。

システム

各章はそれぞれ複数のコンテンツにより構成されており、各コンテンツは「○○編x」という名称になっている。
迷宮とは言うもののプレイヤー行動範囲は狭く、いきなりボス前から開始する層もある。
報酬はそのverにおける最強クラスの装備である。特に武器最強といっていい性を誇る。
各層は週に1度クリアすると報酬の獲得権利を失う。
また、参加可な層が複数ある状態で下の層を飛ばして上の層に挑戦した場合、下の層はクリア済み扱いとなる。
手伝いなどで参加した場合は、クリア済みメンバーの数によって報酬が減少する。
新たに章が追加されると、既存の章には複数の緩和が行われる。

このうち「える」についてはユーザー側で解除することができる。(全滅すると再付与される)

ストーリー

コンテンツ名の通りバハムートに関わる話が中心となっている。

メインストーリーの中盤でアルフィノと袂を分かったアリゼーは、バハムートにより引き起こされた第七霊災の真実と、祖イゾワの行方を追っていた。
バハムートを封印していた「メテオ」は古代ラグ帝国の構造物であり、墜落した破片が遺跡として点在している。
冒険者とアリゼーはメテオ探索に挑む。

コンテンツ内容

これ以降は各コンテンツネタバレが含まれます。
また、特に断りがない場合、記載内容は実装当時での情報であり、現在の状況とは異なる場合があります。

邂逅編

大迷宮バハムートの導入編となる。パッチが進むにつれ装備レベルの上昇や、攻略の洗練・浸透によって難度がかなり低くなっている。ただし5層は未だにギミックを理解しないで挑むのは危険。

1層 制御装置

FF4でお染みのアレ攻略開始直後に遭遇するが、小手調べとばかりに、止め損ねるとエスナ不可の全体麻痺攻撃をくりだし、HPが一定値より低くなると増援として防衛システムプレイヤーの後方に召喚し奇襲をかけてくる。
それまでとは違う難易度ボスプレイヤーもが洗礼を受け、攻略開始数分で全滅するパーティが多発。

エリア:「メテオ坑浅部
戦闘曲:「試練をえる

1層 カドゥケウス

見たまんまモードゥナに出現する雑魚mob「レイクコブラ」を大きくしただけ。一定時間ごとに自己強化を重ねがけし、一定以上の強化が貯まるとタンクが即死する程の火力を持つ。
エリアギミックにより出現するスライムボス近くに誘導し捕食させることで自己強化を防ぐことができるが、出現直後にスライムを食べさせるとボスHP回復してしまう。またスライムと誘導者が距離をおきすぎると即死級ダメージをばら撒きつつ爆散するという曲者。
さらに、ボスHPが一定以下になると分裂するが、分裂した二体をそのまま放置すると再融合し自己強化速度が跳ね上がるため、分裂した際に二匹を引き離して各個撃破する必要がある。

エリア:「メテオ坑浅部
戦闘曲:「試練をえる

2層 制御システム

1層の制御装置とは別物。邂逅編2層はこれまでの「避ける」「削る」「調べる」を基本とした戦闘とはまったく異なる「ギミック処理」という要素が本格的に出てくる最初の層である。この層以降からフォーカスターゲットの存在を初めて知ったというプレイヤーも少なからずいるはず。
この層の制御システムは、1層の制御システムと同じく全体麻痺攻撃に加え、第I区画からVI区画までに倒したシステムの強化バフ倒さなかったシステムのWSを得る。

第I区画
第Ⅰ区画:監視システム(WS:真空波 強化バフ:与ダメージ増加)
II区画
━━━━
III区画
区画:浄化システム(WS:バラスト 強化バフ:突耐性)
区画:防衛システム(WS:チェインライトニング 強化バフ耐性)
IV区画
第V区画
区画:迎撃システム(WS:重力場 強化バフ:打耐性)
VI区画
第Ⅴ区画:焼却システム(WS:ファイアストリーム 強化バフ魔法耐性)
区画:制御システム(WS:- 強化バフ:-)
VII区画
区画:防疫システム(WS:アラガンロット 強化バフヘイスト

「アラガンロット」は邂逅2層を徴するギミックである。
パーティメンバーの一人に、時間制限15の「爆弾」が付与される。この「爆弾」は他プレイヤーに近づくことで、そのプレイヤーに「渡す」ことができるが、一度渡したプレイヤー40間再度受け取りができなくなる。
この爆弾爆発すればほぼ壊滅で、かといって受け渡しがすぎると全員が受け取り不可状態となり爆発する。
 
数々のプレイヤーを苦しめ難所と言われたが、攻略タイムリミット付近でボス暴走し強攻撃のみを連打するモードになることを逆手に取り、あえて時間をギリギリにした上で回復連打と火力ゴリ押しする戦術が開発され難易度がかなり下がった。
今ではゴリ押し流の為、ロット回しする正攻法でプレイする事は少ない。

エリア:「メテオ坑深部
戦闘曲:「試練をえる

3層

マップ各所の長距離ジャンプ台でスーパーマリオの気分が味わえる。ぶっちゃけると雑魚のみが配置された何も無い層で通過ステージである。ある意味、最速でクリアする場合は全層でもっとも死者が出やすい層である。
(いや、単なる雑魚マラソンで死んでるだけだけど…)

エリア:「ラグナロク拘束

4層 アラガンワークシリーズ、ルークスピナー、ドレッドノート

いわゆる中ボスラッシュ。
waveごとに出現する敵は以下の通り。

1分おきにwaveが進行するためDPS火力が不足するとジリ貧になる、いわゆるDPS火力チェック層である。
敵の攻撃、特にドレッドノートの攻撃は尋常ではないうえにアラガンワークバグを吸収する度に攻撃が上がるためタンクのバフ回しやヒールワークを綿密に組み立てる必要もある。
アラガンワーク・ナイトは魔法キンが、アラガンワークソルジャー物理キンpop直後からかかっているためDPSは殴る相手を考える必要がある。
リスクは高いが、これに対応する攻撃でスキンを剥がすことによって敵がショートし動かなくなる。
ルークスピナーがヘイトトップに対して使用するポックスは食らうと最大HPが低下する極悪デバフが付く。
元々はクリア出来るかどうかがかなりピーキーな層であったが、装備の充実により火力が上昇し現在はただの雑魚ラッシュと化している。クリア報酬の素材アイテム的として周回している人も多い。

エリア:「稼働隔
戦闘曲:「試練をえる

5層 ツインタニア

邂逅編のラスボス元ネタFF5
これまでの敵は雑魚だったと言わせかねない悪なスキル目白押しのボスである。
なお邂逅編ではこの層に限り、エリア外周のラインに触れるとHP残量に関係なく即死する。ツインタニア本体は即死級ダメージの「デスセンテンス」を撃ってくるため防御バフ合わせを失敗すると途端に崩壊する。

邂逅編のラスボスといっていい悪さを誇るが、パッチが進むにつれ装備が強化され、火力・防御面ではかなり楽になってはいる。ただし、ギミック面の緩和は行われていないため予備知識なしでのクリアは困難である。


エリア:「中枢区画
戦闘曲:「鳴」

侵攻編

第二編となる。ここから全4層構成となる。ver2.2に実装
大迷宮バハムートでも特に即死ギミックが多く、ある程度の装備があってもギミック処理に失敗すると問答用で即死するため、全体を通して予備知識なしの挑戦は謀。緩和が行われた現在もそれは変わらない。
侵攻編全体を通して「火力が上がりすぎると、ボスの攻撃パターンが面倒なタイミングで切り替わり、最悪対処不能になる」という問題が摘されている。
高難度版として「侵攻編零式」というバージョンが存在する。

1層 ラフレシア

ロックオンしたプレイヤーを吸い込みにより捕食し、自身を強化するを持つ。
強化が重なると全体攻撃のダメージが大きく上がり、一気に戦況が悪くなるため、フィールドギミックの利用により吸い込みを耐える・吸い込まれる間に背後に回るなどの対応が必要。
意図的に吸い込まれることが必要な場面があるほか、動けば即死ダメージを受ける「ブライデットブーケ」、一定時間以内に殺さなければ即死攻撃をしてくるホーネット、徐々にダメージエリアを広げる球根など関門が多い。

エリア:「メテオの陰地
戦闘曲:「試練をえる

2層 メリュジーヌ 

みんなのトラウマ。人によっては最高難度と設定された侵攻4層よりも難しいとさえ揶揄された高難度層。製作からしてやりすぎましたという発言が出た代物。
「範囲内の他者を石化させる」というデバフが止めどなくプレイヤーを襲い、石化状態で攻撃を被弾すれば即死。
味方のミスにより、ミスした本人以外が死ぬという「テロ」という通称が生まれたコンテンツである。
また、頻繁にエオルゼア最強モンスタールノー先輩が出現し、攻撃を受ければワンパン3万ダメージでもれなく昇天
8人の内かが1ミスすれば全滅する事が多く、gdり始め集中をなくした人がミスを誘発し、さらにgdり始めるという悪循環を生んだ。
いかに「ルノー」のみに「石化」を当てるかが攻略カギであり、誘導に適正の高い(かつ人口の少ない)召喚士が非常に不足する事態となった。
大幅な緩和措置がとられ、石化しても即死しない・ルノーの攻撃が大幅ダウンルノー石化時間延長など、もはや別物と化している。

エリア:「バイディンコイル
戦闘曲:「試練をえる

3層 アバター

通称:アラガン木人・極木人。定位置から動かない、膨大なHPボスを制限時間以内に倒せるかという層。
周囲のに貯まるエネルギーが一定値に達するごとにギミックが発動する。複数のエネルギーが同時に貯まるとボスが強化されるため、意図的に貯まるエネルギーめ調整することが必要。
いかに影の少ないタイミングで、最低限のギミックを発動させるかが重要であるため、プレイヤーにより単位で処理タイミングが検討された挙句、「そのすべてをタンクがマクロ告知する」という末期的な攻略方法が定着した。
「アラガンフィールド」等ギミックも存在しているが1層・2層にべるとギミック自体は緩め。しかしその分DPS火力に大きな重がかかっている。

エリア:「ラグナロク級三番艦:艦体中央部
戦闘曲:「試練をえる

 

4層 ネール・デウス・ダーナス

侵攻編のラスボス。旧版のラスボスでもあり、バトルフィールドは旧版の最終決戦の再演をイメージしている。
展開の推移がいのが特徴で、様々な攻撃を繰り出してくる。
かなり覚えゲー要素が強く、クリアする為にはまず多種多様なギミックの理解が必要不可欠
ほぼすべての攻撃で処理ミスが即死に至る。

パッチ進行に伴う緩和により1~3層はギミックの緩和が行われたが、4層はえるの適用のみであるため、ギミック対処が出来なければクリアは出来ない。その為ライトプレイヤーにとっては未だに関門となっている。

エリア:「ラグナロク級三番艦:作戦
戦闘曲:「戦乱」、「白銀飛翔せり」

真成編

大迷宮バハムート完結編としてver2.4に実装された。
侵攻編にべると即死ギミックはあるもののその数は減っており、高い攻撃や要火力シンプルに手強いボスが多い調整となっている。また、侵攻編で不満にあげられた火力が高くなると逆に難易度が高くなるといった問題に対していくらかの配慮が行われている。
吉田く「今回はお金かけてます」との事。第3層クリア時のイベントムービーは必見。
実質的な2.xシリーズグランドフィナーレであり、最後に現れるのは論・・・。

1層 イムドゥグド

散開しなければならない攻撃、集合し頭割りで受けなければならない攻撃、増援として出現する雑魚など、これまでにあったギミックの復習的なモノがっている。フェイズの進行に伴い種類や組み合わせが増える上、時間経過に伴い戦闘フィールドが徐々に狭くなるため、素い状況判断と位置取りの調整が不可欠。最終フェイズは混迷を極める。
ギミック対処を失敗し場合、立て直す事は容易ではなくじわじわと全滅に追いやられる。

エリア:「ラグナロク級六番艦:艦体中央部
戦闘曲:「試練をえる

2層 カーリア

広範囲攻撃の「ナーブガス」や効果範囲が異なる2種類の技を立て続けに繰り出す通称「ミサイル」などは序の口。
中盤はフィールド外周を巡回する3タイプの制御システム系の敵を、タイミングを合わせて撃破する必要があり、最終フェイズでは「科学粒子αβ」によって2人のプレイヤーが「離れると死ぬ」「別の組と近づいても死ぬ」という状態にされた上で、序盤のギミックに対応しなければならない。はい、二人組つくってー
制御システム系の敵を追う様子を玉転がし、科学粒子による拘束二人三脚に例え、運動会などと呼ばれることがある。
魔法系攻撃がかなりしく、また要火力も高い。それでも成編の中では最も簡単な層とされる。

エリア:「ラグナロク級六番艦:再生制御区
戦闘曲:「試練をえる

3層 フェニックス

最終層にたどり着く為の最後の関門としてプレイヤーの前に立ちはだかる。
これまで3層はDPSチェック層の役割を担っていたが、この層もその役割を担っている。1分ごとにPOPする雑魚が中盤開始時に一斉に復活すると同時にボス無敵モードに移行し、雑魚を再度全滅させるまで徐々に強になる全エリア攻撃を繰り返す。そのため、いかに雑魚の出現数を少なく抑えつつ、ボスHPを削って中盤に移行できるかが鍵となる。
雑魚雑魚とは言うもののタンク以外が攻撃を受ければ2~3発で死ぬ強さである)
ボスの全範囲攻撃の連打に耐えきれるギリギリのラインが「雑魚5匹以内」であり、火力が低いパーティでは突破は不可能。反面、高火力パーティ雑魚を4匹以内に抑えればかなり余裕をもって後半に移行することが出来る。
これ以外にも多数のギミックが存在し、かつシビアなタイミングを要される物が多い。

エリア:「ラグナロク級六番艦:第一艦
戦闘曲:「より生まれし者」

4層 バハムート・プライム

成編の、ひいては大迷宮バハムートのラスボスである。
最高レベルの装備をえ、ギミックを正しく処理し、それでもなお即死の危険が常につきまとう悪な威の攻撃が目白押しとなっている。また、ギミック処理にパーティメンバー間のアドリブが必要な部分も多く、とっさの判断められる。
ボスの攻撃はFFシリーズでもおなじみのメガフレア関連の技が多く、フェイズが進むごとにギミックが増える「メガフレア」、バフデバフがなければ全滅必死の「ギガフレア」、即死となるフィールド外へ大きな範囲で吹き飛ばす、最終層定番の吹っ飛ばし技「メガフレアダイブ」、フィールドギミックを使用し、さらにタンクの最大レベルリミットブレイクがなければ全滅必至の「テラフレア」などを駆使してプレイヤーに襲いかかる。
その他、発動の予兆が読みづらく事故の起きやすい「アースシェイカー」、対処の決め打ちが困難な「テンペストウィング」、タンクの無敵アビリティを前提としたような鬼畜ダメージを連発する「アク・モーン」等がある。
まさに、装備と知識と判断を兼ねえる必要がある最終戦にふさわしい高難度の戦いとなっている。

エリア:「バハムートコア
戦闘曲:「Answers」

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E8%BF%B7%E5%AE%AE%E3%83%90%E3%83%8F%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大迷宮バハムート

19 ななしのよっしん
2015/08/09(日) 19:09:00 ID: fp/HzkWx0z
成3層のBGMの曲名は「より生まれし者」とのこと
20 ななしのよっしん
2015/11/06(金) 04:50:40 ID: FFe2XO2rae
ちょいと前に成を1~4クリアした。
4層の演出で鳥肌たった。

成3のクリアムービーは是非、飛ばさずに見て欲しい。
21 ななしのよっしん
2016/01/09(土) 11:49:16 ID: +GvPtCdEaV
今は制限解除&Lv60の暴力のお陰でギミック視でもゴリ押しできるな
22 ななしのよっしん
2016/02/29(月) 00:02:19 ID: yoNR04Xvrz
楽譜&設計図の実装でまた通うプレイヤーも多そうだな
23 ななしのよっしん
2017/05/19(金) 00:07:24 ID: xBsQhC0nPm
3.x々にアレキが全然面くない&リアル忙しいで引退しちゃったけど、成編は面かったなぁ。侵攻はつまんなかった
24 ななしのよっしん
2017/10/23(月) 01:18:23 ID: Il/sq/Wzw8
今まじめにやるとしても一部の開発さえ失敗を認めるレベルクソギミック以外は結構ぬるいよね
まぁ慣れただけかも知れないけど
25 ななしのよっしん
2017/10/23(月) 02:16:08 ID: yoNR04Xvrz
制限解除すれば赤魔道士ソロでもそこそこいけるんじゃなかろうか
26 ななしのよっしん
2017/12/20(水) 01:42:09 ID: UYlJIUgsUE
侵攻4は即死とかゴチゴチャややこしいわ
3.0から緩和らしい緩和もない
2世代も古いコンテンツなんだから楽しくやらせて欲しい
27 ななしのよっしん
2017/12/20(水) 19:35:13 ID: yoNR04Xvrz
制限解除でどうぞ
28 ななしのよっしん
2018/01/13(土) 12:26:14 ID: Il/sq/Wzw8
侵攻4はゴーレムがあるから制限解除でもだるいのはわからなくもない
解除なら人数えて火力高いけりゃ確か最初のデブ詠唱中に何もさせずに死んだだから
えて殴るのが一番楽じゃないかなー