宮崎吾朗単語

ミヤザキゴロウ

宮崎吾朗(みやざき ごろう)とは、日本アニメーション映画監督である。

概要

1967年1月21日生まれ。信州大学農学部森林工学科卒。
アニメーション映画監督宮崎駿

大学卒業後は公園等の設計を行い、三鷹の森ジブリ美術館建築にも関わる。その縁で三鷹の森ジブリ美術館初代館長に就任。

その後、2006年7月開されたゲド戦記監督デビュー
ゲド戦記を手がけるまではアニメーション仕事はしたことがなく、このようなことは異例である。
当時のスタジオジブリ社長である鈴木敏夫の提案で実現。

当初から駿から猛反対を喰らい、一切アニメの経験のない人間、それも宮崎駿息子監督やらせという情報スタジオジブリベテラン製作ファンからも反対のが上がっていた。駿は当然の如くノータッチを宣言し、くも暗が立ち込める。

※ただ、この駿ノータッチ宣言にはいろいろとあり、若いころゲド戦記監督をやるつもりで企画を出したものの「日本なんかでアニメできるわけがない」と突っ返されてしまったことがある。結局後にナウシカラピュタジブリが有名になった際にオファーが来たのだがその時にはすっかりヘソを曲げてしまった駿が「今のこの年齢では主人公の気持ちはわからない」と監督を拒否している。また、監督鈴木敏夫原作者の了解を取り付けに現地へ行った際にはこれに同行、自分の描いたイメージスケッチスケッチブック4冊ほど持って行き、監督の描いたイメージボード底的に扱き下ろし「こいつには理だ」と原作者に訴えている(その際原作者から「あなたがやればいいじゃないか」といわれた際にも「絶対にはやらない」と否定している)。

最大の問題点は「そもそも素人に絵コンテが描けるのか」というところだったが元々建築・設計関係の仕事をしていたことや父親譲りの才もあり、ある程度の絵は描くことができた。鈴木Pく「彼の書いた絵コンテを見せるとスタッフ駿は黙り込んでしまった」とのこと(悪い意味ではなく)。

第1作・ゲド戦記

2006年に初監督映画ゲド戦記』が完成、封切られたのだが、中身は案の定、貧弱なイマジネーション、坦な描画(絵は描けたが絵コンテとしてはやはり稚拙だった)、安い世界観、アレな演出と、ジブリネームバリューもあってとりあえず収益はあがったものの内ばかりか各映画祭からも酷評を受けた。

「初監督、初アニメーション作品」という観点から見れば、締切を守り、作品として仕上げたことは立ではある。
が、それをスタジオジブリ総出で、しかもゲド戦記という名作でやってしまったことから彼への批判は消しがたいものになった。

押井守など一部のアニメーターは肯定的な意見を持っており、特に押井は『初めて作った映画がこんなに面いのはすごい。これにめげずアニメーターとしてもっと成長していけるよう努すべきだ』とエールを送った。

第2作・コクリコ坂から

2009年4月ジブリ日誌において、「次の長編製作に向けて始動する、3作品が同時進行することになる」とジブリ側から発表があり、さらに鈴木プロデューサーインタビューなどから、米林宏昌、宮崎吾朗、高畑勲の順で長編映画製作することが発表された。

第2作は、高橋千鶴原作少女マンガコクリコ坂から』。
今作は前作の反点を活かし、企画と第一脚本に宮崎駿、第二脚本家として『借りぐらしのアリエッティ』の丹羽子が参加。そこから先を朗が担当することになった(余談だが、『コクリコ坂から』は駿読書)。
朗本人も自ら監督に立補、「この作品に監督生命を賭ける」と言した。

しかしゲド戦記でついた悪いイメージは四年経っても払拭されておらず前評は否定的、開が近付くにつれて「演に岡田准一・主題歌手島」「原作から大幅に修正されているらしい」「ヒロイン長澤まさみの演技が悪い方向にヤバい」等の嫌な噂が流れだし、東日本大震災によりスケジュールが大幅にズレこんだが封切り日には変更がなく、クオリティ大丈夫なのかというもあがる。そしてトドメに開直前にゲド戦記を大々的に宣伝して地上波放送というセルネガキャンまでぶちかまし、最悪の流れで封切られることに。

が、開されてみると四年間の日の中で「一応映画監督」から「新人映画監督」へと立に成長しており賛否は分かれるものの「前作にべれば全体的に良くなった」というが大半を占めている。信頼できるソースことYahoo!映画情報ユーザーレビューでも5段階評価で3.5点、観た人は900人でエアレビュアーが何故か1200人と、とりあえず及第点は突破したようだ。

ネタ的な意味ではなく、な意味で今後の活躍が期待される映画監督の一人である。

TVアニメ初監督作・山賊の娘ローニャ

次に選んだのは1981年に書かれたスウェーデンの児童文学作品「山賊のむすめローニャ」。テレビアニメ監督は初めてであり、3DCGアニメーションを使用した意欲作となっている。

今作ではスタジオジブリを離れて川上量生プロデューサーに迎えている。しかし川上氏はジブリ見習いでありアニメについてあまり詳しくないため「何もしないプロデューサー」であると自身で発言している。

スタジオジブリを離れた理由は、鈴木敏夫プロデューサーから「ジブリにいる限り、宮崎駿の影下からは逃れられない」と言われたからだそうだ。しかし3DCGアニメにした理由が「どうせ(ジブリの外で)やるんだったらCGにしなよ!」と鈴木Pに言われたからだというあたり結局影されてるんじゃねえかという気がしないでもない。

アニメーション制作ポリゴンピクチュアズ、スタジオジブリ制作という立ち位置で一応参加している。主題歌は前2作に続き手嶌葵が担当。

子どもたちに見てもらいたい」をキャッチコピーとし、「難しいテーマを扱った原作理やり映像化しようと試みるよりも、子どもたちにむけた作品をきちんとやるべきではないかと思った」とっている。

2014年10月よりNHK BSプレミアムにて放送中。BSでの放映のため注度が前2作にべ低いことは残念である。ニコニコ生放送でも配信中。

逸話

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E5%90%BE%E6%9C%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

宮崎吾朗

262 ななしのよっしん
2017/05/29(月) 20:11:35 ID: n7gd5i6HEm
ジブリが足枷になってる気もするがそのジブリがなきゃ注されなかっただろうというジレンマ
263 ななしのよっしん
2017/05/31(水) 18:32:17 ID: cHJUsTjCgZ
>>259
当たり前だろw勝手に勘違いしてんなよハゲw
>>262そのジレンマを作品に活かせたらいいんだけどねー
264 ななしのよっしん
2018/01/17(水) 01:13:21 ID: 8mJlLBNZfx
たぶん才はそこそこある人なんだろうにな……
元々建築士でいきなりゲド戦記やってってのがな
まぁあれは酷かったけどほぼ経験0でやったことを思えば充分すげえよ
親父と同じようにちゃんと若い頃に下積み経験してから
演出監督と進んでいれば立な作品作ってたと思う
もう言っても遅いだろうけど
265 ななしのよっしん
2018/01/20(土) 21:04:48 ID: LAycsQ2zjY
2作の「コクリコ坂から」は主題歌が何故か暗い以外は概ね良かったと思う。
素直に楽しめる。

現在制作中らしい3作映画は「コクリコ」を越える面い作品であることを祈る!!http://www.ghibli.jp/info/012821/exit
266 ななしのよっしん
2018/07/16(月) 23:18:08 ID: jsg2jWVuOK
朗ちゃんは父親に才を潰されかけたけど、結局このしかなかったんじゃないかな

彼がゲド戦記監督した時、監督の世襲ってマジかよ鈴木敏夫考えなおせ、と思ったけど、元々アニメーター志望だったって後から知った。
267 ななしのよっしん
2018/09/01(土) 10:20:31 ID: yJvlUsHSoD
正直才監督より上だと思う
268 ななしのよっしん
2018/09/01(土) 19:11:34 ID: AOa2CFU41r
>>267

全に合意。
彼はとてつもない物を持っているゴローは将来大物になるよ。
監督であれをやらされてあそこまでの物を作れるのは才
正直才だけならば駿を軽く駕していると思う。
遅咲きの天才なんてレベルじゃい。普通天才でも幼い頃から叩き込まれてやっと一人前になれるのに。
絵心はあったにしても建築家からいきなりアニメーターとか助走時間の短いなんて話じゃない。
彼には産まれ持った巨大ながある。
269 ななしのよっしん
2018/09/01(土) 19:34:49 ID: 4DgcvnVS3i
むしろ初監督ゲド戦記が大成功して社会起こしてたら文字通りとして崇拝されてただろう。
建築家からいきなりアニメ監督とかそんな経歴が注されあえて建築家す若手アニメーターが出現していたかも知れないw
格化の果てに鈴木Pが欲掻いて暴走ラピュタ2も理矢理作らせて大ヒットする。
金曜ロードショーでも「またゲド戦記か」という状態となる。
一言一句が注され語録が誕生する。
そして数十年後、ルグィンの息子小説家としてデビューする事となりゲド戦記のノベライズ版を作らせて欲しいと打診される。
ルグィンは自分で書きたいと駄々を捏ねるが結局説得され息子小説化する。

こうしてアースシー世界黒歴史が刻まれる事となる。
270 ななしのよっしん
2019/08/24(土) 23:41:29 ID: b0GXh14Syc
>初監督であれをやらされてあそこまでの物を
「初めてにしては良くやったなんてのは作家にとって侮辱だからね」(by駿

やっぱりものづくりの姿勢からして違うんやなあ…
個人的にはゲド戦記クソ撒かなければ何処で何やってもいいです(半ギレ)
271 ななしのよっしん
2019/09/13(金) 18:30:47 ID: EXO1egHVFs
最初から枯れちゃってる人だなと思った
クリエイターとしてそこそこのレベル完成してる人がアニメ監督の模倣を思ったより上手くやれてる以上の何でもない
なんで全般的に○○っぽいものを作る印があるしこれは今後も変わらないだろうなと思ってる
小手先が上手くなって完成度自体は上げるかもしれないが