日産・スカイライン単語

ニッサンスカイライン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

日産・スカイライン(SKYLINE)は日産自動車が製造・販売している乗用車である。前身はプリンス自動車が製造をしていたプリンス・スカイライン。

概要

1957年富士精密工業(プリンス自動車工業)の種として生産を開始。1966年プリンス日産自動車と合併した後も名が引き継がれ、長期に渡って生産されてきた。

名は「山並みと青空を区切る稜線」に由来する。2007年3月21日、名付け親の桜井一朗がこの名を思いついた場所である群馬県草津町の山小屋「芳ヶヒュッテ」に、生産50周年を記念して「スカイライン命名の地」のプレートが設置される。

スカイライン2013年9月に13代(V37)が登場し、日本では2014年2月に発売された。
2代目であるS5から10代であるR34までは、日産モータースポーツにおけるフラグシップモデルとしても使われ、特に3代C10(ハコスカ)で初めてラインナップされたGT-Rは、レースに勝つことを宿命づけられたトップモデルであった。4代で途絶え、6代では鉄仮面のRSターボが代わりに登場したが、8代R32から復活した。

しかし、11代になるV35からは一転、スポーティさを兼ね備えた高級セダンとなった。それまで速さに憧れていたユーザーからは「スカイラインではない」と批判を受けた。な理由としてV35は本来、インフィニティブランド用に開発されていたまったく別の新セダンを、急遽スカイラインとして発売することになったものであるため[1]というのが挙げられる。後継のV36では再び「スカイラインらしさ」を念頭に置いて開発が行われたが、その意味ではV35は歴代のスカイラインの中でも異質なモデルである。
インフィニティブランドとしては、V35とV36はインフィニティ・Gとして、V37からは2013年に発表されたインフィニティの新ネーミング戦略により、Q+グレードを表す二桁の数字[2]の命名規則に基づき、インフィニティ・Q50として発売された。 

一方で従来のスポーツモデルとしての意は、「日産・GT-R」 として独立した。

ラインナップは4ドアセダンと2ドアクーペがあるが、過去には5ドアハッチバックステーションゴンラインアップされていた[3]。5ドアハッチバックヒッチバックライトバン(エステート)もラインアップに存在した時期もある[4]。なお12代目クーペは2007年10月に発売された。

 かつての最大の競合種はトヨタ・マークII(現マークX)、チェイサークレスタであった。過去姉妹として、同じ村山工場で生産されていたローレルセフィーロもあった。

長野県岡谷市には、単一種の博物館としては異例ともいえる「プリンス&スカイラインミュウジアム」がある。

歴代モデル

  1. ALSI(1957~1963年) - 排気量を拡大したモデルは、今上天皇(当時皇太子)のごであった。
  2. S50(1963~1968年) - モータースポーツへの参戦を始めたモデル
  3. C10(1968~1972年) - ハコスカ。スカイラインCM開始。初代GT-Rもここから。
  4. C110(1972~1977年) - ケンメリ(ケンメリースカイライン)。排ガス規制GT-Rは短命に。
  5. C210(1977~1981年) - ジャパン西部警察マシンXとしても登場。
  6. R30(1981~1985年) - ポール・ニューマンCMに登場。RSターボは鉄仮面と呼ばれた。
  7. R31(1985~1989年) - 7th。都市工学スカイライン
  8. R32(1989~1993年) - 感覚スカイラインGT-R復活。
  9. R33(19931998年) - 本流グランドツーリングカーマイナス21ロマン(GT-R)。
  10. R34(19982001年) - ドライビングボディ。
  11. V35(2001~2006年) - スポーツイメージを薄め、GT-R独立種(R35)となる。海外ではインフィニティ・Gとして発売。
  12. V36(2006~2015年) - トキメキが帰ってくる。
  13. V37(2013年[5]~) - 新生SKYLINE上陸。日本においては、このモデルから日産エンブレムではなく、海外モデルと同じインフィニティエンブレムが装着され、カタログ広告等も極日産色を表に出さなくなっている。
    日本ではハイブリッド車のみのラインアップだったが、2014年5月ダイムラー社製直噴ターボエンジンを搭載したガソリンも追加された。海外ではインフィニティ・Q50として発売。

関連動画 

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *この急な方針転換により、R34は全体でおよそ3年1ヶマイナーチェンジモデルに限ってはわずか10ヶという歴代で最も短命なモデルとなってしまった。
  2. *例としてセダン50クーペおよびコンバーチブルが60クロスオーバーおよびSUVがQX50となる。
  3. *後継は日産・アベニールに一旦統合、後にLクラスステーションゴンとして発売された日産・ステージア(現在生産終了)。
  4. *後継はアベニールカーゴ→エキスパート→ADエキスパート
  5. *日本では2014年

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

日産・スカイライン

35 ななしのよっしん
2015/07/04(土) 20:13:15 ID: lj6I7W0PgM
32 4ドアリアシートは本当に使い辛かった。
本当物置。
トランクスルーもまだい時代。

だがそれがイイ
36 ななしのよっしん
2016/01/11(月) 12:03:01 ID: TM9zGi8URp
デザインは好みが分かれるからいいとしても、2.0Lダウンサイジングターボ何かいまいち。
V6、2.5LのVQエンジン捨ててしまったの勿体無いなぁ……
ダウンサイジングターボのパワーの上がり方とか静粛性とか品がくて嫌い。
37 ななしのよっしん
2016/01/24(日) 21:42:00 ID: NE4PNvc4OP
次期スカクーもといQ60には日産謹製3Lターボが載るな
そもそも日本で売るかというのは禁句だ
>>36
正直、ダウンサイズターボって小以外に合わない印
38 ななしのよっしん
2016/06/19(日) 16:15:35 ID: 2a8UrGhOCw
ATのみってのがなぁ…やっぱMT欲しいよ
そしてクーペはこないかんじだなこれは
39 ななしのよっしん
2017/04/06(木) 10:01:16 ID: NE4PNvc4OP
日産はかなりシビアだからなあ、クーペもMTも口だけで買わないのがわかってるから
40 ななしのよっしん
2017/04/20(木) 19:24:08 ID: Fd8lDfk1TZ
>>lv296112594exit_nicolive
41 ななしのよっしん
2018/11/21(水) 12:24:11 ID: 4pmuy2h71g
ゴーン解任でいちばんチャンスがあるのがスカイライン!!
V35以降の肥大化しつつBMWをパクったスカイラインの名を付けた売国スカイラインから脱却して
体寸法を32GTRのころに戻し、体形状は現行の安全基準にあわせるしかないし、V6エンジンFRはむしろ歓迎だが・・・少なくとも日本スカイラインというを支えてきたユーザー視したインフィニティエンブレムぐらいはNISSANに戻すべきだろう!!
・・・・・・まぁなんて買うもないのにありがたがってV37を横から絶賛する連中ばかりのところで言ってもしかたないけどな(笑)
42 ななしのよっしん
2019/04/25(木) 21:01:38 ID: Mcr6m7qDF1
セリカマークXは生産を終了し、スカイライングロバルカー化でファンから批判を受けつつもまだ生きている
そのスカイラインR34まで売り上げを下げ続けていたわけで…
スカイラインらしさって、なんなのでしょうね
43 ななしのよっしん
2019/04/27(土) 21:56:48 ID: Fd8lDfk1TZ
32GTRって全幅1,755mmしかなかったのか……もっと大きいと思っていた
ベンチマークとしているだろうBMW・3シリーズが全幅1,825mmになった
スカイラインが現状1,820mmなのを考えると、(あるとすれば)次期は1,825mmよりでかくなると思うけどなあ
それ以前に、日本だと4ドアセダンが売れないんだよねえ。スカイラインセレナのどっちを買う?って聞かれたら、普通セレナと答えるわな
44 ななしのよっしん
2019/07/15(月) 20:58:56 ID: Fd8lDfk1TZ
>>lv321033299exit_nicolive